各プログラム教育の特色

公衆衛生プログラム

概要

WHOなどの国連機関に保健医療の専門家として就職するには、MPHが必須だといわれています。また、欧米の医療機関や医療行政機関で管理職として勤務するには、医療マネージメントの技能が必須とされ、MPH修了が要件となっています。MPHプログラムでは、公衆衛生学研究者・教育者、公衆衛生行政官、産業医、企業の安全管理者などの育成を目指しています。必須科目として、疫学、生物統計学、医療政策学、精神保健学、社会行動科学、環境科学などを学びます。筑波大学のMPHプログラムは、公衆衛生学の専門家が独立して学生教育を行なうのではなく、広く臨床医学や基礎医学の研究教育者が所属するフロンティア医科学専攻の中にコースとして設置され、医学医療に関する包括的な教授陣による教育を受けながら公衆衛生学の専門家を育成するところに大きな特徴があります。

特徴

図 筑波大学MPHグランドデザイン

図 筑波大学MPHグランドデザイン

公衆衛生学プログラム主任

我妻 ゆき子

我妻 ゆき子

メールアドレス:ywagats@md.tsukuba.ac.jp

カリキュラム

TMS Press

医学カレンダー

パンフレット・ポスター

facebook twitter

pagetop