鼻腔の細菌叢と上皮細胞






グラム陽性の病原体






感染生物学(細菌学)研究室のHPへようこそ!

研究内容

 グラム陽性病原細菌の進化・適応メカニズムを研究をしています。主な研究対象は黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus )です。本菌はヒトの鼻腔に棲む常在細菌ですが、食中毒・表皮の膿瘍といったものから敗血症・髄膜炎・骨髄炎・毒素性ショック症候群といった重篤なものまで、多様な感染症を引き起こす病源細菌でもあります。当研究室では、病原性・薬剤耐性の進化を続ける本菌の進化能力、環境適応能力について、以下の異なる視点から研究をすすめています。

 また、常在細菌叢や上皮細胞から成る鼻腔環境の研究を発展させるため、新しいin vitroのシステムの構築も目指しています。