この研究室では様々な腎臓病の発症と進展について研究しています。

また、患者さんのためになる腎生検病理診断とは何かをいつも考えています。

研究の動機とゴールは治療法の開発に向けて先鞭をつけることです。病変の中にそのアイデアがあると考えています。腎臓病には沢山の種類がありますが、発症のスイッチが何であっても多くの場合進展する機序はある程度共通していると考えています。この共通機序を理解する手段として実際のヒトからの腎生検材料や動物モデル、さらには培養細胞を使ってマクロからミクロへ、ミクロから分子へ、分子から個体へと、常に病気の本質を病理学的に捉える方向性で研究を進めています。

腎臓は機能とかたちが合理的に詰め込まれたコンパクトで高い機能を持つ臓器です。

この機能構築を可視化し病態を考えることこそ、本研究室のテーマです。

研究室からのお知らせ

新着情報

2017.06.19
長田教授の論文がPflügers Archiv - European Journal of Physiologyにアクセプトされました。
2016.11.09
長田教授の論文がCEN case reportに掲載されました。
2016.11.09
上杉准教授の論文が、Int J Mol Sciにアクセプトされました。
2016.11.09
井藤奈央子さんのC3腎症のreviewがCENにアクセプトされました。
2016.05.28
原怜史さんの論文がHuman Pathologyに掲載されました。
2016.04.04
新しいメンバー、佐賀信之君(D1)と引地ちひろさん(M1)が加わりました。
2016.03.25
小林凡子さんの論文が研究科長賞を受賞しました。
2016.03.16
長田教授のreviewがKidney International電子版に掲載されました。
2016.02.26
長田教授が日本腎臓財団学術賞を受賞しました。
2015.12.27
高島康利さんの論文がAm J Physiol Renal Physiolにアクセプトされました。
2015.08.14
眞部 俊さん(D2)の論文がAm J Kid Disにアクセプトされました。
2015.07.18
上杉憲子先生の論文がPathology Internationalにアクセプトされました。
2015.04.17
原 怜史君の論文がAmerican Journal of Pathologyにアクセプトされました。
2015.04.01
新しい大学院生、井藤奈央子さんと蔵島 乾君が加わりました。よろしくお願いします。
2015.01.12
D4小林凡子さんの論文がAm J Physiol Renal Physiolにアクセプトされました。
2014.05.20
原怜史君(D4)の論文が、Modern Rheumatologyにアクセプトされました。
2014.05.01
長田教授と上杉准教授が科学研究費を獲得しました。
2014.04.01
新しいメンバーが加わりました。坂本和雄(D1)、眞鍋 俊(D1)、高橋友紀奈(MT4)。がんばりましょう。
2014.03.23
大橋久美さん(卒研究生)が卒業し、臨床検査技師国家試験に合格しました。おめでとう。
2014.03.15
原怜史D4君の論文が、Plos Oneに掲載されました。
2014.01.13
坂本和雄(D1)くんの論文がAmerican Journal of Physiologyに掲載されました。
2013.08.21
小林凡子(D4)さんが、分子腎臓研究会にて研究奨励賞を受賞しました。
2013.06.05
上野智敏くんの論文がKidney Internationalに掲載され、commentaryがつきました。
2013.02.15
Dr. Krizとの共著review"The Podocyte's response to stress: the enigma of foot process effacementが掲載されました。

研究室からの最近の論文

  • Nagata M, Kobayashi N, Hara S Focal segmental glomerulosclerosis; Why does it occur segmentally? Pflügers Archiv - European Journal of Physiology (in press)
  • Manabe S, Hatano M, Nakano M, Fujii T, Nitta K, Nagata M. Myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody causes different renal diseases by immune-complex formation and pauci-immune mechanism: A case report. Pathol Int. 2017 Jun 4. doi: 10.1111/pin.12545.
  • Nagata M et al. Complex glomerular pathology of thrombotic microangiopathy and focal segmental glomerulosclerosis forms tumor-like mass in a renal transplant donor with severe renovascular hypertension CEN Case Report 2016
  • Uesugi N et al. Age-Related Renal Microvascular Changes: Evaluation by three-Dimensional Digital Imaging of the Human Renal Microcirculation Using Virtual Microscopy. International Journal of Molecular Sciences (in press)
  • Ito N et al. C3 glomerulopathy and current dilemmas Clin Exp Nephrol (in press)
  • Hara S et al. Distribution and components of interstitial inflammation and fibrosis in IgG4-related kidney disease: Analysis of autopsy specimens. Hum Pathol. 2016 May 28.
  • Podocyte Injury and Its Consequences. (Nagata M, Kidney International, 2016 in press)
  • Heparan Sulfate 6-O-EndoSulfatases, Sulf1 and Sulf2, Regulate Glomerular Integrity by Modulating Growth Factor Signaling. (Takashima Y et al. Am J Physiol Renal Physiol in press)
  • Renal AH amyloidosis associated with an immunostaining-undetectable truncated immunoglobulin heavy-chain. (Manabe S et al. Am J Kid Dis 2015 in press)
  • High-resolution three-dimensional digital imaging of the human renal microcirculation: An aid to evaluating microvascular alterations in chronic kidney disease in humans. (Uesugi et al. Pathol Int 2015 in press.)
  • Podocyte Injury-Driven Lipid Peroxidation Accelerates the Infiltration of Glomerular Foam Cells in Focal Segmental Glomerulosclerosis.(Hara et al. Am J Pathol 2015 in press)
  • Podocyte injury-driven intracapillary PAI-1 accelerates podocyte loss via beta 1 integrin endocytosis.(Kobayashi et al. Am J Physiol in press)
  • The direction and role of phenotypic transition between podocytes and parietal epithelial cells in focal segmental glomerulosclerosis. (Sakamoto et al. Am J Physiol Renal Physiol 2014)
  • Aberrant Notch1-dependent effects on glomerular parietal epithelial cells promotes collapsing focal segmental glomerulosclerosis with progressive podocyte loss.(Ueno et al, Kidney Int 2013)
  • Diffuse glomerular nodular lesions in diabetic pigs carrying a dominant-negative mutant hepatocyte nuclear factor 1-alpha, an inheritant diabetic gene in humans.(Hara et al, Plos One 2014)
  • Characteristic tubulointerstitial nephritis in IgG4-related disease.(Yamaguchi et al, Human Pathol 2012)
  • 病理学の研究について
  • 腎病理コラム
  • 長田研究室では大学院生学群学生を募集しています
  • 筑波大学
  • 筑波大学大学院生命システム医学専攻
  • 筑波大学大学院フロンティア医科学専攻
  • 日本腎病理協会