スタッフ紹介・募集

スタッフ紹介

長田道夫写真

教授 長田 道夫

病理学の研究について

大学1年生の時に”比較生理学”という講義があり、腎臓はその生物が棲む環境に合わせて進化するという内容に大変興味を覚えました。卒後小児科医になり、最初に担当したのは腎臓病の患者さん。どうして蛋白尿が出るのかということが私の中で特別の疑問になりました。腎臓が病気になる仕組みを調べたいとドイツに留学し、帰国後もその熱はおさまらず、病理学を志し現在に至っています。人間のからだがいろいろな障害刺激にどの様に応答するのか、そのルールについて考えています。

日本腎臓学会理事、日本小児腎臓病学会理事、日本病理学会認定専門医など

趣味:マラソンとチェロを弾くこと
ちなみにフルマラソンは3時間53分(2011勝田全国マラソン)、2012サロマ湖100kmは12時間18分、2013年萩往還250kmは47時間10分で完走しました。
テーマ曲はタンポイザー序曲、マーラー5番、My favorite thingsです。

准教授 上杉 憲子
筑波大学卒。学生時代、腎臓内科の小山哲夫教授のループス腎炎の講義に感銘し、九州大学腎臓内科医に入局、その後糸球体病変の美しさを忘れることが出来ず、福岡大学病理学教室で腎臓や血管の病理学を中心に学びました。腎臓は、その特殊な血管により機能しています。現在は、バーチャルスライドを用いた腎血管の三次元構築について研究しています。具体的には、慢性腎臓病で腎臓が萎縮するという現象に腎血管はどのように関わるのか、詳しく調べたいと思っています。
博士課程4年(D4)  高島 康利 (Yasutoshi Takashima)
京都府出身。旭川医大を卒業後、京都市立病院、田附興風会北野病院 etcで内科・ICU研修をうけました。現在はHSPGによる増殖因子の調節という切り口から、タンパク尿が出現するメカニズムを研究しています。最終的には、形態変化がおこる原因を分子生物学的に説明することで、早期診断のためのバイオマーカーや新しい治療薬の開発に貢献できればと考えています。
趣味:にゃんこ鑑賞、バイオリン
e-mail:s1130401♪u.tsukuba.ac.jp(迷惑メール防止の為、お手数ですが♪を@に打ちなおして下さい)
博士課程4年(D4)  鈴木 智 (Suzuki Tomo)
東京都出身。2006年聖マリアンナ医科大学を卒業しました。東京大学医学部付属病院の初期研修終了後に、亀田総合病院腎臓高血圧内科で後期研修をしました。終了後、1年間膠原病関連の腎障害を学ぶため、千葉東病院で勤務し、2012年より聖マリアンナ医科大学腎臓高血圧内科に入局し、同時に大学院生となりました。形態学的なアプローチができる腎臓病学が面白いと考えており、2014年より当研 究室にお世話になっております。よろしくお願いします。
趣味:スポーツ
e-mail:t2suzuki♪marianna-u.ac.jp(迷惑メール防止の為、お手数ですが♪を@に打ちなおして下さい)
博士課程2年(D2)  眞部 俊 (Manabe Shun)
東京都出身。北海道大学卒業。聖路加国際病院で内科研修を行った後に、東京女子医科大学腎臓内科に入局して横浜労災病院で専門科勤務を経験しました。腎病理と病変を形成する機序を学ぶべく大学院に入学しました。現在は、PodocyteのEMTに興味を持っています。
趣味:テニス
e-mail:s1430436*u.tsukuba.ac.jp (迷惑メール防止の為、お手数ですが*を@に打ちなおして下さい)
博士課程2年(D2)  坂本 和雄 (Sakamoto Kazuo)
京都府出身。鳥取大学卒業。京都第一赤十字病院、飯塚病院にて研修後、半年間の当教室での研究期間(日本腎臓学会基礎支援プログラムによる)の後に大学院生として入学しました。
趣味:美味しいご飯を食べること
e-mail:s1430429*u.tsukuba.ac.jp (迷惑メール防止の為、お手数ですが*を@に打ちなおして下さい)
博士課程2年(D2)  蔵島 乾 (Takeshi Zoshima)
富山県出身。金沢大学卒業後、金沢大学附属病院リウマチ・膠原病内科に入局しました。腎臓の病変から疾患の病態や本質に迫ることを目標にしています。ループス腎炎や血管炎を中心に、当研究室で勉強させて頂いています。趣味:読書
博士課程1年(D1)  井藤 奈央子(Naoko Ito)
山口県出身。長崎大学卒業後、九州大学小児科に入局。小児腎疾患を専門として臨床経験を積む中で、腎障害の起こるメカニズムを深く知りたい、探求したいという思いに駆られ入学しました。
教室秘書       岩崎 江美 
いつもお世話になっております。   by スタッフ一同

学生の窓

スタッフ募集

長田研究室では大学院生(修士課程、博士課程)・学群学生を募集しています。

以下、メールでお問合せください。

連絡先:nagatamアットmd.tsukuba.ac.jp

迷惑メール防止のため、このように表記しています。お手数ですがアットを@に打ちなおして下さい。