筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻

 研究内容

組み換えワクチンの開発

教育方針イメージ

 核酸から生きたウイルスを人工的に作出するリバースジェネティクスの技術が開発され、ウイルスゲノムを自由に改変することが可能となってきました。
 当研究室では、パラミクソウイルス科である麻疹ウイルスや風疹ウイルスなどをリバースジェネティクス技術により人工的に作出し、組換えワクチン開発・病原性解明を行ってきました。パラミクソウイルス科はマイナス鎖RNAをゲノムにもち、ウイルスゲノム内に人工的に導入した外来遺伝子から外来タンパク質を発現する能力を持たせることができます。
 この技術を応用して、これまで作製が困難であった家畜に感染する病原性ウイルスに対する新規組換え生ワクチンの開発を試みております(動物衛生研究所との共同研究)。


E型肝炎ウイルスの研究

目標イメージ

 E型肝炎ウイルスは、急性あるいは劇症E型肝炎の原因ウイルスで、かつては輸入感染症として理解されていました。しかし2000年以降、渡航歴によらない散発性E型肝炎症例の存在が明らかになったにも関わらず、E型肝炎ウイルスは、基礎研究があまり進んでいない状態です。 当研究室では、E型肝炎ウイルスの細胞培養系の確立から増殖機構の解析、さらには病原性発現機構の解明、ワクチンの開発を目指しております。  


食べるワクチンの開発

     目標イメージ

私達の研究室では、植物ウイルスベクターを用いてミニトマト、レタスなどの植物でウイルス様粒子に大量に産生させ、食べるワクチンを作る研究を始めました。
(筑波大学遺伝子実験センターの小野道之先生、微生物学研究室の森川一也先生と共同研究)



information

筑波大学医学医療系環境微生物学竹内研究室

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学医学学系棟232
TEL.029-853-3472