国際協力型がん臨床指導者養成プログラム(平成24年度以降入学者対象)

1専攻共通科目(C1)及び専門科目の必修科目(D1)

所属する専攻の必修科目〔医学セミナー、医学特別演習、医学特殊研究、医学研究概論、(専攻)概論 計12単位〕を履修する。
(ただし、平成21年度以降入学者は、生命システム医学専攻及び疾患制御医学専攻とも、イニシエーションセミナーを含む計13単位)

 

2専門科目(D1)

必修科目

科目番号 科目名 単位数 標準履修年次 実施学期 担当教員 Syllabus 備考
02ET051 がんの基盤的知識 2.0 1・2 通年 野口 雅之
加藤 光保
渋谷 彰
鈴木 裕之
南 学
榮 武二
大越 靖
Syllabus Download  
02ET052 総論:臨床腫瘍学 1.0 1・2 通年 兵頭 一之介
正田 純一
鈴木 英雄
小田 竜也
Syllabus Download  
02ET053 各論:臨床腫瘍学 1.0 1・2 通年 大河内 信弘
吉川 裕之
千葉 滋
近藤 匡
小田 竜也
森脇 俊和
石井 良征
柴田 靖
和田 哲郎
Syllabus Download  
02ET054 臨床研究と統計学 1.0 1・2 通年 我妻 ゆき子
橋本 幸一
岡田 昌史
大橋 順
Syllabus Download  
02ET055 がんと倫理 1.0 1・2 通年 小田 竜也 Syllabus Download  
02ET056 精神腫瘍学・社会腫瘍学 1.0 1・2 通年 朝田 隆
根本 清貴
Syllabus Download  
02ET057 緩和医療とチーム医療 1.0 1・2 通年 朝田 隆
本間 真人
水野 道代
Syllabus Download  

選択科目

科目番号 科目名 単位数 標準履修年次 実施学期 担当教員 Syllabus 備考
02ET073 保健医学物理学講義 2.0 1・2 通年 榮 武二
磯辺 智範
熊田 博明
安岡 聖
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET151 臨床腫瘍学(消化器内科)講義及び実習 5.0 1・2 通年 兵頭 一之介
正田 純一
安部井 誠人
松井 裕史
福田 邦明
森脇 俊和
鈴木 英雄
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET152 臨床腫瘍学(消化器外科)講義及び実習 5.0 1・2 通年 大河内 信弘
寺島 秀夫
小田 竜也
近藤 匡
福永 潔
榎本 剛史
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET153 臨床腫瘍学(呼吸器内科)講義及び実習 5.0 1・2 通年 檜澤 伸之
大塚 盛男
坂本 透
佐藤 浩昭
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET154 臨床腫瘍学(呼吸器外科)講義及び実習 5.0 1・2 通年 佐藤 幸夫
鬼塚 正孝
酒井 光昭
後藤 行延
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET155 臨床腫瘍学(造血器)講義及び実習 5.0 1・2 通年 千葉 滋
長谷川 雄一
大越 靖
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET156 臨床腫瘍学(婦人科)講義及び実習 5.0 1・2 通年 吉川 裕之
沖 明典
佐藤 豊実
松本 光司
水口 剛雄
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET157 臨床腫瘍学(泌尿器)講義及び実習 5.0 1・2 通年 西山 博之
島居 徹
河合 弘二
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET158 臨床腫瘍学(小児)講義及び実習 5.0 1・2 通年 福島 敬   国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET159 臨床腫瘍学(脳・神経)講義及び実習 5.0 1・2 通年 坪井 康次
松村 明
高野 晋吾
柴田 靖
山本 哲哉
中井 啓
石川 栄一
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET160 臨床腫瘍学(運動器)講義及び実習 5.0 1・2 通年 坂根 正孝
西浦 康正
三島 初
金森 章浩
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET161 臨床腫瘍学(乳腺・内分泌)講義及び実習 5.0 1・2 通年 原 尚人
坂東 裕子
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET162 臨床腫瘍学(頭頸部)講義及び実習 5.0 1・2 通年 原 晃
和田 哲郎
大久保 英樹
田渕 経司
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET163 臨床腫瘍学(画像診断)講義及び実習 5.0 1・2 通年 南 学
田中 優美子
那須 克宏
森 健作
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET164 臨床腫瘍学(病理診断)講義及び実習 4.0 1・2 通年 野口 雅之   国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET165 基礎腫瘍学(放射線腫瘍学)講義及び実習 5.0 1・2 通年 櫻井 英幸
坪井 康次
榮 武二
奥村 敏之
石川 仁
熊田 博明
磯辺 智範
水本 斉志
安岡 聖
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET166 臨床緩和医療学・精神腫瘍学講義及び実習 5.0 1・2 通年 朝田 隆
前野 哲博
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET167 臨床腫瘍学(皮膚)講義及び実習 5.0 1・2 通年 藤本 学
古田 淳一
藤澤 康弘
石井 良征
  国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET168 臨床腫瘍学(口腔)講義及び実習 5.0 1・2 通年 武川 寛樹
柳川 徹
鬼澤 浩司郎
山縣 憲司
  国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET170 臨床腫瘍薬学特論講義及び実習 5.0 1・2 通年 本間 真人 Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET171 基礎腫瘍学(医療開発研究)講義及び実習 5.0 1・2 通年 加藤 光保   国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET172 診断医学物理学講義 2.0 1・2 通年 榮 武二
磯辺 智範
熊田 博明
安岡 聖
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象

選択必修科目

科目番号 科目名 単位数 標準履修年次 実施学期 担当教員 Syllabus 備考
02ET251 臨床腫瘍学(放射線腫瘍学)講義及び実習 4.0 1・2 通年 櫻井 英幸
坪井 康次
榮 武二
奥村 敏之
石川 仁
熊田 博明
磯辺 智範
水本 斉志
安岡 聖
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET252 臨床腫瘍学(外科系)講義及び実習 4.0 1・2 通年 吉川 裕之
大河内 信弘
松村 明
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET253 臨床腫瘍学(内科系)講義及び実習 4.0 1・2 通年 兵頭 一之介
千葉 滋
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET254 緩和医療・精神腫瘍学講義及び実習 4.0 1・2 通年 前野 哲博 Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET255 基礎腫瘍・がん医療開発講義及び実習 4.0 1・2 通年 加藤 光保   国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET351 基礎医学物理学 6.0 1・2 通年 榮 武二
磯辺 智範
熊田 博明
安岡 聖
Syllabus Download 必修
国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET354 治療医学物理学 6.0 1・2 通年 榮 武二
磯辺 智範
熊田 博明
安岡 聖
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET355 医学物理学総合実習 4.0 1・2 通年 榮 武二
磯辺 智範
熊田 博明
安岡 聖
Syllabus Download 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象
02ET451 臨床腫瘍学(薬学系)講義及び実習 4.0 1・2 通年 本間 真人 Syllabus Download 必修
国際協力型がん臨床指導者養成プログラム学生のみ対象

 

 

 

履修方法

このプログラムはがんプロフェッショナル養成基盤推進プラン「国際協力型 がん臨床指導者 養成拠点」の教育コースの一環として 開講するものである。

国際協力型がん臨床指導者養成プログラムを履修する者は、あらかじめ所属研究室の責任者の承諾を受けた上で、事前に 次頁の注)に示す、所定の手続きを行うこと。その上で以下の必修科目、選択必修科目及び選択科目を合わせて30単位以上 履修すること。

 

国際協力型がん臨床医指導者コース(放射線・粒子線腫瘍学指導者,腫瘍外科学指導者,集学的臨床腫瘍学指導者,包括的 がん治療・ケア医療者指導者,がん医療開発研究指導者の各養成コース)

1) 所属する専攻の必修科目(13単位)
2) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラムの定める必修科目(02ET051~02ET057の8単位)
3) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラムの定める選択必修科目のうち下記に定める1科目 (02ET251~02ET255のうち4単位)
 放射線・粒子線腫瘍学指導者コースにおいては 02ET251
 腫瘍外科学指導者コースにおいては 02ET252
 集学的臨床腫瘍学指導者コースにおいては 02ET253
 包括的がん治療・ケア医療者指導者コースにおいては 02ET254
 がん医療開発研究指導者コースにおいては 02ET255
4) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラムの定める選択科目 (02ET151~02ET171のうち、自分の所属するグループが開設している科目の5単位

 

国際協力型先端医療医学物理学指導者コース

1) 所属する専攻の必修科目(13単位)
2) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラムの定める必修科目(02ET051~02ET057の8単位)
3) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム(先端医療医学物理学指導者養成コース)の定める選択必修科目(12単位)
4) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラムの定める選択科目 (02ET151~02ET171のうち、自分の所属するグループが開設している科目の5単位)

 

国際協力型がん薬学研究指導者コース

1) 所属する専攻の必修科目(13単位)
2) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラムの定める必修科目(02ET051~02ET057の8単位)
3) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラム(がん薬学研究指導者養成コース)の定める選択必修科目(4単位)
4) 国際協力型がん臨床指導者養成プログラムの定める選択科目 (02ET151~02ET171のうち、自分の所属するグループが開設している科目の5単位)

 

なお、各コースとも履修単位の総数については、上記を満たしたうえで、50単位程度までの履修が望ましい。

(国際協力型がん臨床指導者養成プログラムで開設する上記2)及び3)に関しては、主にコンピュータ上で受講する がんプロ専用eラーニングシステムで行う)

注) 所定の手続きとは、通常のコンピュータ上(TWINS)での履修申請に加え、大学院教務へがんプロ教育コース 履修申請書(専用用紙)を提出する事である (がんプロ専用eラーニング聴講用ID、パスワード発行のため)

 

修了要件

※1 本プログラムの一部である「 国際協力型 先端医療医学物理学 指導者コース(修士)」と「国際協力型 高度実践看護学(がん看護)コース(修士)」の授業科目、履修方法については、それぞれ該当ページを参照すること。

上記の必修科目、選択必修科目及び選択科目を合わせて30単位以上を履修し、中間評価の合格を経て、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。

 

このプログラムは、本学独自のプログラムであり、プログラム修了者に人間総合科学研究科医学2専攻において『国際協力型がん臨床指導者養成プログラム修了』認定書を交付する。