トップページお問い合せ
筑波大学医学部麻酔科
  

mission statement


最新情報、マニュアルはこちらです!

更新履歴

   

筑波大学附属病院麻酔科の任務

   

当科の任務は、麻酔診療を受ける全ての患者様に対し、安全で苦痛の少ない周術期ケアを提供すること、円滑な手術進行に協力すること、研修医教育と麻酔専門医育成を通じ地域の急性期医療を支えることであります。

筑波大学麻酔診療グループは、以下のことに最大限の努力を払っています。

  1. 成人及び小児の手術患者に対し、急性・慢性痛のコントロールも含め、現代の医療水準に照らし合わせ、最善の術前・術中・術後管理を施します。
  2. 医学生や初期研修医には、その到達度に合わせ、麻酔科専門医もしくは指導医が全身管理に必要な知識・技能を教授します。また後期研修医に対しては、効率的な研修教育プログラムと学会認定施設である関連病院群へのローテーションを通じ、麻酔科専門医に加えサブスペシャリティーとなる専門医資格を短い年限で取得できるよう配慮します。
  3. 基礎医科学や臨床医学の発展に寄与し得る研究を精力的に遂行し、エビデンスに基づいた診療を目指すと共に、アカデミックな環境を醸成します。
  4. 診療・教育活動を通じ、関連病院群と連携しながら地域における保健・福祉に貢献します。
  5. 全ての麻酔診療グループの医師や研修医が、その職責を全うしうる職場環境、労働条件を追求します。
  6. 個々の医師の社会的背景、到達目標、健康、価値観を尊重し、生涯地域で活躍できる麻酔科医をサポートします。