筑波大学大学院 循環器内科

筑波大学大学院 循環器内科 〒305-8575つくば市天王台1-1-1 筑波大学医学系棟314 TEL 029-853-3143 FAX 029-853-3143

TOP > 循環器内科の紹介 > 研究発表業績(日本語論文)

循環器内科の紹介

研究発表業績(日本語論文)

<原著、総説・解説・他、著書> ■ 英文論文 ■ 日本語論文

<学会発表、その他> ■ 海外研究発表 ■ 国内研究発表

雑誌・新聞



 日本語論文


 2016年度(2016年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 黒木 健志, 青沼 和隆, 土岐 浩介, 本間 真人【病気とくすり2016 基礎と実践Expert's Guide】 循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 循環器系疾患 不整脈薬局(0044-0035)67巻4号 Page824-844(2016.03)

 2015年度(2015年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則:循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドラインTDM研究(0911-1026)33巻3号 Page123-157(2016.09)
  2. 青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則:循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン循環器病ガイドシリーズ(2189-1958)2015巻循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン Page55-89(2016.02)
  3. 青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則:循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン循環器病ガイドシリーズ(2189-1958)2015巻循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン Page3-54(2016.02)
  4. 黒木 健志, 青沼 和隆:【循環器疾患のtrends / topics 2015】 心房細動治療の到達点 Mebio(0910-0474)32巻7号 Page38-47(2015.07)

 2014年度(2014年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 中川和也,浅川哲也,清水琢也,松村国佳,山内康照,青沼和隆.下部共通路の存在にて興味ある頻拍開始様式を呈した稀有型房室結節リエントリー性頻拍(uncommonAVNRT) の1 例.臨床心臓電気生理37巻Page161-168(2014.05)
  2. 木全 啓,五十嵐都,黒木健志,山崎 浩,會田 敏,町野 毅,井藤葉子,関口幸夫,野上昭彦,青沼和隆.複数の逆行性遅伝導路を認め、右房側および左房側からの通電を要し治療に難渋した稀有型房室結節回帰性頻拍の1例.臨床心臓電気生理37巻Page145-152(2014.05)
  3. 柳下敦彦,山内康照,佐藤弘典,山下 周,平尾龍彦,臼井英祐,川初寛道,宮崎亮一,山口徹雄,原 信博,梅本朋幸,宮本貴庸,尾林 徹,平尾見三,青沼和隆.肺動脈隔離術が著効した肺動脈起源多形性心室頻拍の1 例.臨床心臓電気生理37巻Page111-118(2014.05)
  4. 渡部浩明,高岩 由,菅野昭憲,掛札雄基,相原英明,文蔵優子,平沼ゆり,仁科秀崇,野口祐一,青沼和隆.連合弁膜症に対する生体弁二弁置換術後急性期に血栓形成が原因となり僧帽弁機能不全を期した一例.茨城循環器研究雑誌15-20(21)2014
  5. 林 洋史,村田広茂,宮内靖史,林 明聡,岩崎雄樹,淀川顕司,高橋健太,植竹俊介,坪井一平,清水 渉,新田 隆,坂本俊一郎,藤井正大,功刀しのぶ,青沼和隆,林 英守,関田 学.切除不能な心臓腫瘍に関連した心室頻拍を開胸下凍結凝固により抑制しえたGorlin 症候群の1 例 病理学的見地も踏まえて.心臓46巻Suppl.3Page258-263(2014.12)
  6. 山下 周,山内康照,柳下敦彦,佐藤弘典,平尾龍彦,尾林 徹,宮本貴庸,梅本朋幸,原 信博,山口徹雄,宮崎亮一,臼井英祐,川初寛道,庄司 聡,平尾見三,青沼和隆.慢性期に肺静脈左房間の一方向性伝導ブロックを呈しその評価が非肺静脈起源の推測に有用であった発作性心房細動の1 例.心臓46巻Suppl.3 Page67-72(2014.12)
  7. 平谷太吾,春成智彦,星 智也,酒井 俊,青沼和隆.心房中隔欠損閉鎖術術後に増悪した肺高血圧症に対してシルデナフィルが有効であった1 例(原著論文/ 症例報告).Therapeutic Research 36巻1 号Page30-33(2015.01)
  8. 小川孝二郎,黒木健志,野上昭彦,津曲保彰,中務智文,本田洵也,丸田俊介,篠田康俊,タリブ・アハメド,蔡 栄鴻,酒井俊介,深田光敬,増田慶太,油井慶晃,町野 毅,五十嵐都,関口幸夫,青沼和隆.繰り返すVTstorm へのアミオダロンとカテーテルアブレーションのhybrid therapy 破壊性甲状腺炎でいったん投与中断後に再度VT storm となった1 例の経験から(原著論文/ 症例報告).Progress in Medicine 35巻Suppl.1 Page354-357(2015.03)
  9. 小原 浩(東邦大学医学部薬理学講座),中村裕二,曹  新,横山浩史,中瀬古寛子[泉],安東賢太郎,村越伸行,佐藤明,青沼和隆,高原章,池田隆徳,杉山 篤.腎デナベーションおよびアミオダロン慢性投与による心臓電気薬理学的作用の類似性 慢性房室ブロック犬モデルを用いての検討( 原著論文).Progress inMedicine 35巻Suppl.1 Page342-345(2015.03)

 2013年度(2013年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 鈴木 篤, 山内 康照, 柳下 敦彦, 佐藤 弘典, 川初 寛道, 臼井 英祐, 宮崎 亮一, 山口 徹雄, 小西 裕二, 原 信博, 梅本 朋幸, 宮本 貴庸, 尾林 徹, 田尾 進, 平尾 見三, 青沼和隆:高位右房中隔での焼灼により根治し得たperi-mitral atrial flutterの1例.心臓(0586-4488)45巻Suppl.3 :Page61-67,2013
  2. 縮 恭一, 関口 幸夫, 坂元 雄介, 赤星 博和, 茂木 芳賢, 古垣 達也, 山本 純偉, 油井 慶晃, 石津 智子, 瀬尾 由広, 河野 了, 青沼和隆, 吉川 裕之, 宮園 弥生, 榊原 謙:慢性心不全患者の出産時に補助循環およびスワンガンツ・カテーテル使用下での周産期治療の関わりについて.日本臨床工学技士会会誌(1341-3171)48号 :Page192,2013
  3. 浅川 哲也, 中川 和也, 望田 哲司, 松村 国佳, 山内 康照, 山崎 浩, 青沼和隆:非持続性心室頻拍様心電図所見とMobitz II型の偽性第2度房室ブロック所見を呈した心室二重応答の1例.臨床心臓電気生理(0285-1652)36巻 :Page169-176,2013
  4. 山崎 浩, 関口 幸夫, 夛田 浩, 町野 毅, 黒木 健志, 成瀬 代士久, 井藤 葉子, 五十嵐 都, 吉田 健太郎, 青沼和隆:"時計"および"反時計"方向に旋回する2種のLocalized Reentryが認められた僧帽弁輪峡部焼灼術後の1例.臨床心臓電気生理(0285-1652)36巻 :Page55-63,2013
  5. 田尾 進, 山内 康照, 岡田 寛之, 前田 真吾, 鍵山 暢之, 小西 裕二, 原 信博, 山口 徹雄, 内藤 貴基, 宮崎 亮一, 梅本 朋幸, 宮本 貴庸, 尾林 徹, 平尾 見三, 青沼和隆:肺静脈隔離中に肺静脈左房間の偽性一方向性伝導の所見を認めた持続性心房細動の1例.臨床心臓電気生理(0285-1652)36巻 :Page1-8,2013
  6. 安達 亨, 吉田 健太郎, 山崎 浩, 五十嵐 都, 関口 幸夫, 石津 智子, 瀬尾 由広, 夛田 浩, 久賀 圭祐, 青沼和隆:心室3点ペーシングの有効性が確認された拡張型心筋症による重症左心不全の1例.Therapeutic Research(0289-8020)34巻1号 :Page85-87,2013
  7. 五十嵐 都, 村越 伸行, 許 東洙, 夛田 浩, 関口 幸夫, 山崎 浩, 黒木 健志, 町野 毅, 井藤 葉子, 石津 智子, 瀬尾 由広, 久賀 圭祐, 青沼和隆:高血圧ラットにおけるアミオダロンの心房細動抑制のメカニズムについて ベプリジルとの比較検討.Progress in Medicine(0287-3648)33巻Suppl.1 :Page698-703,2013
  8. 奥村 謙, 相澤 義房, 相原 直彦, 青沼和隆, 沖重 薫, 熊谷 浩一郎, 庄田 守男, 住友 直方, 高橋 淳, 内藤 滋人, 中村 好秀, 野上 昭彦, 平尾 見三, 松本 万夫, 村川 裕二, 山根 禎一, 大和田 真玄, 佐々木 真吾, 里見 和浩, 夛田 浩, 池主 雅臣, 蜂谷 仁, 新 博次, 家坂 義人, 櫻田 春水, 筒井 裕之, 三田村 秀雄:日本循環器学会 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2010-2011年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】 カテーテルアブレーションの適応と手技に関するガイドライン 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2186-5973)2012巻 :Page69-88,2013
  9. 白井康大,野上昭彦,荻ノ沢泰司,小和瀬晋弥,黒崎健司,村瀬達彦,篠田康俊,佐々木法常,福澤朋幸,西山大樹,青木 元,柚本和彦,玉木利幸,加藤健一:頻拍中のみ心室刺激による室房伝導を認め,機序として遅伝導路の順行性潜在伝導が考えられたLong RP’頻拍の1例.臨床心臓電気生理36巻 :page117-126,2013
  10. 西内英,内藤滋人,佐々木健人,塚田直史,早野護,福家悦子,三樹祐子,坂本有,中村啓二郎,中村紘規,竃健一,熊谷浩司,大島茂,野上昭彦:多極電極カテーテルで記録された左室中中隔前収縮期電位を指標にとし,アブレーションに成功した上部中隔型特発性左側心室頻拍(ILVT)の1例.臨床心臓電気生理36巻 :page211-222,2013
  11. 野上昭彦:侵襲的治療の現状と可能性.最新医学68巻:page 1552-1563,2013
  12. 野上昭彦:基礎心疾患のない持続性心室頻拍の治療.Medicina,2013
  13. 宮本昭彦、渡辺重行:咽頭の診察所見(インフルエンザ濾胞)の意味と価値の考察.日大医学雑誌72巻:page11-18,2013.02
  14. 本田洵也、渡辺重行、外山昌弘、五十野博基、住谷智恵子、黒田裕久、仁科秀崇:V1のT波が陽性の右脚ブロックは何を意味するか.茨城循環器研究会雑誌20巻:page71-74,2013

   ■ 総説・解説・その他

  1. 青沼和隆:造影剤腎症ガイドラインから学ぶ事.学術講演会(つくば)1月,2013
  2. 青沼和隆:悪性心室性不整脈治療Up Dated.第27回不整脈外科研究会(東京)2月,2013
  3. 青沼和隆:炎症から不整脈をとらえる -心房細動に対する新たな考え方-.県北地区学術講演会(日立)3月,2013
  4. 青沼和隆:悪性心室性不整脈のトータル治療.第228回取手循環器研究会(取手)4月,2013
  5. 青沼和隆:「 高純度EPA・DHA製剤の多面的作用 」〜 Beyond LDL cholesterol lowering therapy 〜.玉川医師会学術講演会(東京)4月,2013
  6. 青沼和隆:心房細動最新の治療.日本医師会生涯教育協力講座セミナー心房細動と脳梗塞(兵庫)5月,2013
  7. 青沼和隆:心房細動の最新治療 -エビデンスから学ぶ治療の考え方-.水戸地区学術講演会(兵庫)5月,2013
  8. 青沼和隆:心房細動最新の考え方.日本医師会生涯教育協力講座セミナー心房細動と脳梗塞(大阪)5月,2013
  9. 青沼和隆:炎症と心房細動 ?心房細動の新しい考え方-.第17次会福岡山口先端不整脈治療研究会(北九州)5月,2013
  10. 青沼和隆:心房細動カテーテルアブレーション治療.心臓45(6):735-737,2013
  11. 青沼和隆:悪性心室性不整脈のトータル治療.第10回福島不整脈懇話会(福島)7月,2013
  12. 青沼和隆:デバイス治療の最前線.つくば循環器フォーラム〜最新治療最前線〜(つくば)7月,2013
  13. 青沼和隆:心保護の面から考える腎性貧血治療.こうのすCKDセミナー(埼玉)7月,2013
  14. 青沼和隆:心房細動の新たな考え方〜不整脈を炎症から捉える〜.第4回塩小路循環器カンファレンス(京都)7月,2013
  15. 青沼和隆:心房細動治療における新たな提案.不整脈フォーラムKANAZAWA2013(金沢)8月,2013
  16. 青沼和隆:エビデンスに基づいた心房細動の新たな考え方.柏市・我孫子市病診連携凝固研究会(柏)10月,2013
  17. 青沼和隆:致死性心室性不整脈のトータル治療.第51回静岡県不整脈カンファランス(静岡)10月,2013
  18. 青沼和隆:不整脈治療の最前線!「不整脈を知る・第1回市民公開講座」心臓突然死への挑戦(つくば)10月,2013
  19. 青沼和隆:エビデンスに基づいた心房細動治療の新しい考え方.鹿行地区Network Meeting(鹿島)10月,2013
  20. 青沼和隆:エビデンスに基づいた心房細動の最新の考え方.第13回東埼玉血管内治療倶楽部(越谷)10月,2013
  21. 青沼和隆:悪性心室性不整脈のトータル治療.第1回久留米循環器懇話会(久留米)11月,2013
  22. 青沼和隆:エビデンスに基づいた心房細動治療の新しい考え方.高血圧治療と抗凝固療法の臨床を考える会(横浜)11月,2013
  23. 青沼和隆:心房細動の最新治療〜エビデンスから学ぶ治療の考え方〜.取手・守谷心房細動治療地域連携懇話会(守谷)11月,2013
  24. 青沼和隆:心臓再同期療法の最前線.Rhythm Control Device研究会2013(名古屋)12月,2013
  25. 青沼和隆:第7回県南不整脈勉強会(秋田)12月,2013

   ■ 著書

  1. 町野 毅,青沼和隆:弁膜疾患(弁狭窄・弁閉鎖不全)に伴う心房細動の管理・治療.最新医学(別冊)新しい診断と治療のABC 弁膜疾患:203-208 2013
  2. 金城貴士,青沼和隆:心房細動に対する治療総論.日本臨牀社(東京)71(1): 60-66,2013
  3. 青沼和隆:カテーテル・アブレーション.今日の治療指針 -私はこう治療している-山口 徹,北原三夫,福井次矢 編 医学書院(東京):331-332,2013
  4. 関口幸夫,青沼和隆:緊急を要する不整脈の処置.今日の循環器疾患治療指針 井上 博,許 俊悦,檜垣寛男,代田浩之,筒井裕之 編 医学書院(東京):85-88,2013
  5. 五十嵐 都,青沼和隆:心房細動のカテーテルアブレーションの新しいエビデンス ?適応と成績を中心に.循環器 小室一成,佐地 勉,坂田隆造,赤坂隆史 編 中外医学社(東京):145-151,2013
  6. 黒木 健志,青沼和隆:心機能低下例に対するICD治療〜不適切作動回避のためのICD設定と薬物療法の実際〜.月刊循環器Circulation 医学出版(東京)3(2):35-42,2013
  7. 成瀬代士久,青沼和隆:再発予防(ステロイドetc).心房細動カテーテルアブレーション 山根禎一 編メジカルビュー社(東京):299-303,2013
  8. 成瀬代士久,瀬尾由広,青沼和隆:CRT-PとCRT-Dの選択と最適化の妙.ハートビュー 不整脈の非薬物療法 メジカルビュー社(東京):94-99,2013
  9. 星 智也,青沼和隆:ACSの不整脈 .月刊循環器Circulation医学出版(東京)3(5):92-102,2013
  10. 星 智也,青沼和隆:不安定狭心症.医学と薬学 69(5):751-760,2013
  11. 村越伸行,青沼和隆:心房細動の血圧管理 日本医師会雑誌 高血圧診療のすべて 刈尾七臣,斎藤能彦,長谷部直幸,弓倉 整 編 日本医師会(東京)142(1):244-266,2013
  12. 渡辺重行:B問題、C問題、D問題、F問題、I問題.第107回医師国家試験問題解説 メディックメディア(東京)1:136-137、173-175、226-228、367-368、552 ,2013
  13. 渡辺重行:主要疾患・症例群 心不全症例 クエスチョンバンク2 必修問題2014 メディックメディア(東京)15:375-376,2013

 2012年度(2012年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 村越伸行,常岡秀和,山岸良匡,横山泰廣,許 東洙,五十嵐都,山崎 浩,井藤葉子,北村明彦,岡田武夫,大平哲也,谷川 武,関口幸夫,夛田 浩,高木雅彦,磯 博康,青沼和隆,Brugada 症候群の長期予後調査研究班:厚生労働科学技術研究難治性疾患克服事業 心電図検診による長期にわたる疫学調査 一般住民検診におけるBrugada 型心電図の長期予後調査.心電図32(1): S-1-107-S-1-111,2012
  2. 横山泰廣,関口幸夫,高木雅彦,相原直彦,青沼和隆,平岡昌和,特発性心室細動研究会(J-IVFS) 事務局: J-IVFS 登録Brugada 症候群症例におけるストームの検討.心電図32(1):S-1-11-S-1-15,2012
  3. 高木雅彦,関口幸夫,横山泰廣,相原直彦,青沼和隆,平岡昌和,特発性心室細動研究会(J-IVFS) 事務局: Brugada 症候群症例の臨床経過と心事故予測因子について.心電図32(1):S-1-5-S-1-10,2012
  4. 椚田房紀,夛田浩,関口幸夫,黒木健志,山崎 浩,油井慶晃,中野恵美,井藤葉子,五十嵐都,金城貴士,吉田健太郎,青沼和隆:心室細動を惹起する肺動脈起源心室性期外収縮に対する焼灼術が著効した特発性心室細動の1例.心臓44(2)30-35,2012
  5. 安達 亨,関口幸夫,黒木健志,金城貴士,油井慶晃,中野恵美,井藤葉子,町野 毅,山崎 浩,五十嵐都,吉田健太郎,夛田 浩,久賀圭祐,青沼和隆:術式不詳の開心術後の心房粗動に対して詳細なマッピングにより回路を同定し得た1例.心臓44(3):190-196,2012
  6. 金城貴士,夛田 浩,成瀬代士久,吉田健太郎,中野恵美,町野 毅,黒木健志,井藤葉子,山崎 浩,五十嵐都,椚田房紀,関口幸夫,久賀圭祐,青沼和隆,野上昭彦:心室細動のトリガーとなる心室性期外収縮に対するカテーテル焼灼術が著効したカテコラミン誘発性多形性心室頻拍の1症例.臨床心臓電気生理35:231-240,2012
  7. 庄司正昭,横山泰廣,吉田善紀,関川雅裕,伊藤順子,加藤隆一,桜井 馨,小川 亨,足利貴志,佐藤康弘,小野裕一,蜂谷 仁,平尾見三,小西裕二,山内康照,青沼和隆:Termination without Capture 部位からScar BorderZone への線状焼灼が有効であったIschemic VT の1例.臨床心臓電気生理35:251-259,2012
  8. 山本昌良,石津智子,吉田健太郎,瀬尾由広,山口哲人,中馬越清隆,玉岡 晃,青沼和隆:新型インフルエンザ心筋炎に多発筋炎を併発した1例.心臓44(6):707-714,2012
  9. 前田真吾,山内康照,岡田寛之,田尾 進,関口幸夫,横山泰廣,青沼和隆,平尾見三:心室中隔基部の菲薄化領域に必須緩徐伝導路を有し,VT termination without global capture の所見を認めた心サルコイドーシスの1例.心電図32(4):346-354,2012
  10. 中川和也,浅川哲也,松村国佳,望田哲司,山内康照,青沼和隆:12誘導心電図では右室流出路起源が推定されたが,大動脈左冠尖からの通電にて根治した心室性期外収縮の2症例.心臓44(3):140-147,2012
  11. 平谷太吾,星 智也,崔 星河,安達 亨,油井慶晃,中野恵美,黒木健志,金城貴士,佐藤 明,青沼和隆:一時的心房ペーシングにより著明に循環動態を改善しえた急性下壁右室心筋梗塞の一例.茨城循環器研究会雑誌19:9-15,2012
  12. 針村佳江,文蔵優子,春成智彦,橘 貴廣,仁科秀崇,戸田 直,平沼ゆり,野口祐一,青沼和隆:一卵性双生児の兄弟ともに,アミオダロンによる破壊性甲状腺炎を来たした二症例.茨城循環器研究会雑誌19:17-20,2012
  13. 宮内 卓:エンドセリン受容体拮抗薬による肺高血圧症の治療:ETA 受容体拮抗薬とETA/B 両受容体拮抗薬について.リウマチ科 47(4),412-419,2012
  14. 宮内 卓:エンドセリン受容体拮抗薬治療を考察する.Vascular Medicine 8(1):26-31,2012
  15. 安達 亨,関口幸夫,黒木健志,金城貴士,油井慶晃,中野恵美,井藤葉子,町野 毅,山崎 浩,五十嵐 都,吉田健太郎,夛田 浩,久賀圭祐,青沼和隆:術式不詳の開心術後の心房粗動に対して詳細なマッピングにより回路を同定し得た1例.心臓44(3):190-196,2012
  16. 金城貴士,夛田 浩,成瀬代士久,吉田健太郎,中野恵美,町野 毅,黒木健志,井藤葉子,山崎 浩,五十嵐 都,椚田房紀,関口幸夫,久賀圭祐,青沼和隆,野上昭彦:心室細動のトリガーとなる心室性期外収縮に対するカテーテル焼灼術が著効したカテコラミン誘発性多形性心室頻拍の1症例.臨床心臓電気生理35:231-240,2012

   ■ 総説・解説・その他

  1. 太刀川弘和,堀 孝文,石井映美,金子 剛,大塚盛男,山本政江,平田三代子,寺門恵美子,久賀圭祐:学生健康診断におけるうつスクリーニング導入の予備的検討.CAMPUS HEALTH 2012; 49(1):218-219,2012
  2. 久賀圭祐:プライマリケア・マスターコース- 疾患別投薬アプローチ ここから始まる! 新薬情報(12)不整脈編.日本医事新報4584:38-42,2012
  3. 久賀圭祐:保健管理センターについて.つくばスチューデンツ1(635):16-16,2012
  4. 久賀圭祐:アダムス・ストークス症候群.内科109(6): 1018-1019,2012
  5. 腰野結希,佐藤 誠,青沼和隆:睡眠呼吸障害は不整脈の原因となるか.Heart View 16( 6):600-605,2012
  6. 小川 聡,相澤義房,青沼和隆,家坂義人,石川利之,井上 博,奥村 謙,加藤貴雄,鎌倉史郎,熊谷浩一郎,栗田隆志,小坂井嘉夫,小林洋一,庄田守男,杉  薫,住友直方,高月誠司,高柳 寛,中里祐二,平井真理,渡辺一郎,岩佐 篤,大西 哲,久賀圭祐,小林義典,里見和浩,丹野 郁,池主雅臣,永瀬 聡,藤木 明,安田正之:循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2010年度合同研究班報告) 臨床心臓電気生理検査に関するガイドライン(2011年度改訂版).編:日本循環器学会・京都,2012
  7. 小川 聡,相澤義房,青沼和隆,家坂義人,石川利之,井上 博,奥村 謙,加藤貴雄,鎌倉史郎,熊谷浩一郎,栗田隆志,小坂井嘉夫,小林洋一,庄田守男,杉  薫,住友直方,高月誠司,高柳 寛,中里祐二,平井真理,渡辺一郎,岩佐 篤,大西 哲,久賀圭祐,小林義典,里見和浩,丹野 郁,池主雅臣,永瀬 聡,藤木 明,安田正之:循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2010年度合同研究班報告) 臨床心臓電気生理検査に関するガイドライン(2011年度改訂版) 【ダイジェスト版】.編:日本循環器学会・京都,2012
  8. 佐藤 明,渡部浩明,青沼和隆:冠動脈インターベンション後の心筋トロポニンT 上昇の予測因子-冠動脈CT における点状石灰化の関連.循環器専門医20(2):230-236,2012
  9. 五十嵐都,夛田 浩:器質的心疾患に合併した致死的心室性不整脈のトータル・マネージメント 心室性不整脈に対する電気生理学的検査・カテーテルアブレーション.Medical Practice 29(10):1713-1717,2012
  10. 田尻和子,青沼和隆,今中恭子:心筋炎の病理.循環器内科72(6):557-563,2012
  11. 佐藤 明,青沼和隆:腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012 日本腎臓学会・日本医学放射線学会・日本循環器学会 共同編集:33-41,2012

   ■ 著書

  1. 山崎 浩,青沼和隆:カテーテルアブレーション.循環器疾患最新の治療 堀 正二,永井良三 編 南光堂(東京):362-364,2012
  2. 瀬尾由広,青沼和隆:CRT の効果予測.Annual Review 循環器2012 中外医学社(東京):130-136,2012
  3. 榎本真美,石津智子:肺塞栓症 心エコー診断100ステップ 中外医学社(東京):218-223,2012
  4. 吉田健太郎,青沼和隆:不整脈.診療ガイドラインUP TO-DATE 門脇 孝,小室一成,宮地良樹編 メディカルレビュー社(東京):205-216,2012
  5. 関口幸夫:心房頻拍(非持続性) 臨床医のための心電図レッスン 医学出版(東京):229-233,2012
  6. 関口幸夫:心房頻拍(持続性) 臨床医のための心電図レッスン 医学出版:234-238,2012
  7. 関口幸夫,青沼和隆:心室頻拍・心室細動に対するICD植え込みにカテーテルアブレーションをルーチンで加えるべきか? 循環器疾患の治療2012-2013堀正二,永井良編 南江堂(東京):335-338,2012
  8. 関口幸夫:3D マッピングシステムを用いた非虚血性心疾患由来心室頻拍に対するカテーテルアブレーション.循環器専門医 南光堂(東京)20(2):309-316,2012
  9. 関口幸夫:心外膜起源心室頻拍.心血管インターベンションエキスパートC『Eカテーテルアブレーション実践テクニック』山根禎一,夛田 浩 編 メジカルビュー社(東京):256-263,2012
  10. 関口幸夫:非薬物治療の実際 @カテーテルアブレーション.もう迷わない! 心房細動マネージメント 奥村 謙編 メジカルビュー社(東京):110-117,2012
  11. 関口幸夫: 心筋症に起因した持続性心室頻拍.Circulation up-to-date 増刊7メディカ出版(大阪):174-185,2012
  12. 関口幸夫:器質的心疾患に合併する心室頻拍の治療の現況.内科 南光堂(東京) 109(1):73-77,2012
  13. 吉田健太郎,青沼和隆:心房細動の起源.不整脈学 井上博,村川裕二編 南江堂(東京):356-359,2012
  14. 黒木健志,青沼和隆:心電図による心室頻拍の起源診断.月刊循環器(CIRCULATION) 医学出版(東京)6:64-72,2012
  15. 山崎 浩,青沼和隆:生命予後を改善するCRT-D.最新医学 最新医学社(大阪)67(7):70-76,2012

 2011年度(2011年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 石津智子: 心筋マーカの使い分け. 検査と技術39(1): 56-60,2011
  2. 中島和江,本間 覚,玉木長良: 国立大学附属病院における「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」の利用経験とその評価. 医療の質・安全学会誌 6(3):332-345,2011
  3. 武安法之: 抗血小板薬使用上の問題点と現状―心臓の立場から. 成人病と生活習慣病 41(10):1159-1165, 2011
  4. 下條信威,越田隆介,斉藤明允,中村泰大,萩谷圭一,西野衆文,安田 貢,河野 了,水谷太郎: 重症熱傷に合併したDIC症例に対してトロンボモデュリン アルファを使用した一例. Thrombosis Medicine 1(2): 219-233, 2011
  5. 星 智也,春成智彦,仁科秀崇,橘 賢廣,針村佳枝,高畑信子,戸田 直,文藏優子,平沼ゆり,野口祐一,内田 温,菊地和徳,今水流智浩,松崎寛二,軸屋智昭,吉田郁雄,遠藤優枝,青沼和隆: 心不全にて発症した梅毒性大動脈炎の一例. 茨城循環器研究会雑誌 18:7-13,2011
  6. 成瀬代士久,町野 毅,関口幸夫,井藤葉子,山崎 浩,小澤真人,五十嵐都,夛田 浩,青沼和隆: 頻拍回路固定にCARTOが有用であった脚枝間エントリー性心室頻拍の1例. 臨床心臓電気生理 34:129-138,2011
  7. 有本貴範,二藤部丈司,渡邉 哲,久保田功,関口幸夫,夛田 浩,青沼和隆: 右冠動脈内アセチルコリン投与で再現性を持って誘発された心室頻拍の1例. 臨床心臓電気生理 34:177-183,2011
  8. 浅川哲也,中川和也,望田哲司,松村国佳,桜林 耐,山内康照,青沼和隆: 頻拍中Slow/Slow型とFast/Intermediate型のAVNRTの移行を認め、遅伝導路と中間伝導路に上部共通路を想定し得た房室結節多重伝導路症例. 臨床心臓電気生理 34:217-225,2011
  9. 田尾 進,山内康照,岡田寛之,前田真吾,尾林 徹,浅川哲也,鈴木文男,青沼和隆: 第1度房室ブロックを伴うSlow-Fast AVNRTに対して左側中隔での逆伝導Fast Pathway Ablationに成功した1例. 臨床心臓電気生理 34:253-260,2011
  10. 針村佳江, 戸田 直, 高畑信子, 春成智彦, 橘 賢廣, 星 智也, 仁科秀崇, 文蔵優子, 平沼ゆり, 野口祐一, 青沼和隆: T波のオーバーセンシングにより有効なペーシング治療が行われなかったCRTDの1例. Therapeutic Research 32(4):473-475,2011
  11. 山崎 浩, 夛田 浩, 関口幸夫, 青沼和隆: 失神を契機に発見された不整脈源性右室心筋症類似病態を呈した全身性強皮症の1例. 心臓 43(2):136-143,2011
  12. 木村和正, 青沼和隆, 山海嘉之: 心房細動におけるComplex Fractionated Atrial Electrogramsの自動判定に関する研究. 生体医工学 49(1):62-68,2011
  13. 中野恵美,夛田 浩,吉田健太郎,関口幸夫,山崎 浩,五十嵐都,黒木健司,町野 毅,成瀬代士久,井藤葉子,椚田房紀,金城貴士,戸田 直,青沼和隆: カテーテル焼灼術により根治した難治性左室後乳頭筋起源心室性期外収縮の一例:術中・術後心エコー検査の有用性. 心臓43 (Supple 3):150-156, 2011
  14. 桑原大志, 高橋 淳, 高橋良英, 中島永美子, 藤井 昭, 久佐茂樹, 大久保健史, 藤野紀之, 野里寿史, 疋田浩之, 小堀敦志, 武居明日美, 佐藤 明, 青沼和隆: 高齢者の不整脈治療 高齢者における心房細動カテーテルアブレーション治療 治療成績、手術合併症、長期予後について. 心電図 31(1):3-9,2011

   ■ 総説・解説・その他

  1. 青沼和隆: 心房細動の予防と治療 リズムコントロールの薬物選択. 心臓 43(9):1270-1273,2011
  2. 青沼和隆: 心房細動治療の現状 薬物治療からカテーテルアブレーションまで. 日本医事新報 4561:71-79,2011
  3. 青沼和隆: 嵯峨論文に対するEditorial Comment. 心臓 43(5):680,2011
  4. Tada H: Unraveling the riddle of transient T-wave inversion (Wellens’ ECG pattern): T2-weighted magnetic resonance imaging identifies myocardial edema (Editorial Commentary) . Heart Rhythm 8(10):1635-1636, 2011
  5. 夛田 浩,中野恵美: 心エコーを行う上で知っておきたい不整脈の基礎知識. 心エコー 12(5):396-408,2011
  6. 久賀圭祐: 健康診断について. つくばスチューデンツ 2(625):14-14, 2011
  7. 佐藤 明: 心室リモデリングとテネイシンC. 呼吸と循環 59:1083-1088, 2011
  8. 佐藤 明,青沼和隆: 狭心症における薬物療法. Clinical Magazine 503:46-50, 2011
  9. 五十嵐 都, 夛田 浩, 関口幸夫,吉田健太郎,山崎 浩,町野 毅,黒木健志,成瀬代士久,井藤葉子,久賀圭祐,青沼和隆: 低心機能慢性心房細動患者におけるアミオダロンによる洞調律化の心機能改善と予後に関する効果. Progress in Medicine 31(Suppl1):656-660, 2011
  10. 吉田健太郎, 青沼和隆: 【循環器治療薬の選択と適正使用】心房細動のレートコントロールにはなにを使うべきか. Circulation 1(2):90-98,2011
  11. 山崎 浩, 青沼和隆: 【心不全診療-予防と治療の最前線】 心臓再同期療法・植込み型除細動器をどのような患者に使うか. 日本医師会雑誌 140(4): 767-771,2011
  12. 横山泰廣, 青沼和隆: 【内科診療における論点】 循環器 ICDの適応はどこまで拡大すべきか? 内科 107(6):1017-1022,2011
  13. 川村 龍,瀬尾由広: 3次元心エコーが有用であった心不全症例. 心エコー Jouranl of Clinical Echocardiography 12(11):1064-1069,2011
  14. 瀬尾由広,青沼和隆: 高齢者における心室再同期療法の現状. Medical Practice 29:316-318,2011
  15. 酒巻文子,瀬尾由広: ペースメーカ設定における心エコーの役割. 心エコー Jouranl of Clinical Echocardiography 12(5):468-478,2011
  16. 瀬尾由広,青沼和隆: 心臓再同期療法における心エコー図の役割:J-CRTからの検討. 日本循環器学会専門医誌 循環器専門医19:52-60,2011
  17. 山本昌良,瀬尾由広: 左室拡張機能の評価. 月刊レジデント7(4):28-39,2011
  18. 山崎 浩, 青沼和隆: 生命予後を改善するCRT-D. 最新医学, 最新医学社:1682-1688, 2011
  19. 山崎 浩, 青沼和隆: 心不全の非薬物療法. ペースメーカー, ICD, 心臓移植, Springer:71-73,2011
  20. 山崎 浩:: ジギタリスを使うとき. HEART, 医学出版:377-383, 2011
  21. 山崎 浩, 青沼和隆: 心不全モニタリング(St. Jude Medical社), . 遠隔モニタリング実践マニュアル, 文光堂:176-178, 2011
  22. 山崎 浩, 夛田 浩: New Strategy of Catheter Ablation for Chronic Atrial Fibrillation. 医学のあゆみ:1151-1153,2011
  23. 山崎 浩, 青沼和隆: カテーテルアブレーション. 循環器疾患最新の治療 2012-2013, 南江堂:362-364, 2011
  24. 山崎 浩,夛田 浩: 流出路起源PVC. 3-D mappingアブレーションにどう活用するか, メディカルビュー社:230-236, 2011

   ■ 著書

  1. 吉田健太郎,青沼和隆: 寝室期外収縮に対するアブレーションの適応と効果]について. 不整脈 奥村 謙 編 日本医事新報社(東京):111-115,2011
  2. 久賀圭祐: 医学専攻の聴覚障害学生の支援 . 障害学生支援入門-誰もが輝くキャンパスを- 鳥山由子,竹田一則 編 ジア-ス社(東京)121-125,2011
  3. 瀬尾由広: CRTをどうみるか. 心エコー図 知ってるつもりの基本と知識 吉川純一、渡辺弘之 編 メジカルビュー社(東京)358-363,2011
  4. 石津智子, 瀬尾由広: Tissue trackingの5W1H. 心エコー図 知ってるつもりの基本と知識 吉川純一、渡辺弘之 編 メジカルビュー社(東京)245-250,2011
  5. 瀬尾由広: Propagation velocityでなにがわかりますか? 今さら聞けない心エコー図100 村田和也 編 メジカルビュー社(東京)102-103,2011
  6. 瀬尾由広: 左室拡張末期圧(LVEDP),左室充満圧(LV filling pressure)ってなんですか? 今さら聞けない心エコー図100 村田和也 編 メジカルビュー社(東京)189-191,2011
  7. 瀬尾由広: ペースメーカ患者のAV delay設定に心エコー図検査をどう活用すればいいですか? 今さら聞けない心エコー図100 村田和也 編 メジカルビュー社(東京)247-248,2011
  8. 夛田 浩: 特発性心室頻拍:流出路起源. EPS概論 村川裕二・山下武志 編 南江堂(東京)276-297,2011
  9. 安部治彦, 井川 修, 石川利之, 今井克彦, 遠田賢治, 河野律子, 白石隆吉, 須賀 幾, 須藤恭一, 夛田 浩, 中井俊子, 中里祐二, 中島 博, 山田貴之: 『心臓デバイス植込み手技』執筆グループ. 心臓デバイス植込み手技 石川利之・中島 博 編 南江堂(東京),2011
  10. 山崎 浩,夛田 浩: 電気生理学的検査の適応と限界. 不整脈治療のThe Basics−臨床に役立つ電気生理学― 山下武志,野上昭彦,橋良英 監訳 メディカル・サイエンス・インターナショナル(東京)143-162,2011
  11. 夛田 浩: 心室頻拍に対するカテーテルアブレーション. CIRCULATION Up-to-Date 北村ひとみ・渡邉亜希子・出路賢之介 編 メディカ・アド(東京)20-41,2011
  12. 夛田 浩: 頻脈性心室性不整脈 心室頻拍・torsade de pointes. ステップアップのための不整脈ガイドブック 池田隆徳 編 メジカルビュー社 (東京)259-275,2011
  13. 河野 了: 第105回医師国家試験問題解説書. 第105回医師国家試験問題解説書 医師国家試験問題解説書編集委員会 編 医学評論社 (東京) 2011
  14. 山崎 浩,夛田 浩: 流出路起源PVC. 3-D mappingアブレーションにどう活用するか 山根禎一 編 メジカルビュー社(東京)230-236, 2011

 2010年度(2010年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 掛札雄基, 戸田 直, 月居信子, 春成智彦, 橘 賢廣, 星 智也, 仁科秀崇, 文蔵優子, 平沼ゆり, 野口祐一, 青沼和隆: Capture Management機能により急激な閾値変動の際にPacing Failureを認めた2例. Therapeutic Research 31 (5): 665-667, 2010
  2. 渥美安紀子, 本間 覚, 秋山大樹, 木村泰三, 森本隆史, 宇野希世子, 丸山秀和, 鈴木 豪, 林 大智, 住田孝之, 佐藤 明, 瀬尾由広, 河野 了, 青沼和隆: エポプロステロールの在宅持続静注療法から離脱した肺動脈性高血圧症の症例. Therapeutic Research 31 (10): 1405-1406, 2010
  3. 安倍大輔, 馬場雅子, 吉田健太郎, 鈴木祥司, 武安法之: ASV(adaptive servo-ventilation)が奏功した陳旧性前壁心筋梗塞の一例. 茨城循環器研究会雑誌 17: 31, 2010
  4. 秋山大樹, 黒田裕久, 渡辺重行, 山本昌良, 門田義弥, 木下賢輔, 小林裕幸, 徳田安春, 平野 篤, 青沼和隆: 長期間の自然歴を観察し得た冠動脈瘤の一症例. 茨城循環器研究会雑誌 17: 45-48, 2010
  5. 成瀬代士久, 夛田 浩, 町野 毅, 井藤葉子, 山崎 浩, 小澤真人, 五十嵐 都, 関口幸夫, 青沼和隆, 岩佐 篤: 拡張型心筋症に伴う心室頻拍に対し心外膜側アプローチによるカテーテル焼灼術が有効であった1例. 心臓 42 (2): 135-140, 2010
  6. 佐藤嘉洋, 小松 隆, 橘 英明, 椚田房紀, 小澤真人, 中村元行, 関口幸夫, 青沼和隆: 発作性心房細動に対する肺静脈隔離術後, 右上肺静脈−左房間を興奮旋回する心房頻拍が生じた1例. 心臓42 (4): 5-11, 2010
  7. 中川和也, 浅川哲也, 松村国佳, 桜林 耐, 山内康照, 青沼和隆: 通常型房室結節リエントリー性頻拍との鑑別に難渋し, slow pathway領域からの通電が有効であった, いわゆる房室接合部性頻拍の1例. 心臓 42 (4): 50-60, 2010
  8. 山崎 浩, 夛田 浩, 関口幸夫, 五十嵐 都, 黒木健志, 町野 毅, 小澤真人, 成瀬代士久, 井藤葉子, 青沼和隆: 右室ペーシングからup gradeした症例における心臓再同期療法の長期効果−新規植込み症例との比較検討−. 心臓 42 (7): 201-207, 2010
  9. 佐藤陽子, 村越伸行, 関口幸夫, 夛田 浩, 佐藤 明, 山崎 浩, 有本貴範, 久賀圭祐, 青沼和隆: 心内膜側高周波カテーテルアブレーションと化学的アブレーションの併用治療が奏功した急性冠症候群治療後薬剤抵抗性心室細動の1例. 心臓 42 (7): 889-896, 2010
  10. 夛田 浩: 12誘導心電図波形を用いた特発性心室不整脈龍起源の診断. 心電図 30: 453-465, 2010
  11. 瀬尾由広, 石津智子, 鶴田和太郎, 田口夏美, 鈴木謙介, 松村 明, 青沼和隆: B-flow imagingによる頸動脈プラーク内血管の抽出−頸動脈内膜剥離術施行症例での検討−. 超音波医学 37 (4): 463-467, 2010
  12. 夛田 浩, 小山 崇, 青沼和隆: Corticosteroid は心房細動に対するカテーテル焼灼術の再発を抑制する−前向き・ランダム化比較試験の結果から−. 日本循環器専門医 18: 258-265, 2010
  13. 岡田寛之, 山内康照, 鈴木 篤, 尾林 徹, 浅川哲也, 鈴木文男, 青沼和隆: Post-Pacing Intervalが頻拍周期より短縮する所見を認めた肺静脈隔離術後の肺静脈左房間リエントリー性頻拍の1例. 臨床心臓電気生理 33: e41-50, 2010
  14. 山崎 浩, 関口幸夫, 夛田 浩, 有本貴範, 黒木健志, 町野 毅, 五十嵐 都, 久賀圭祐, 青沼和隆, 榊原 謙, 新田 隆, 岡崎 修, 副島洋行, 廣江道昭: Electrical Stormを認めた拡張型心筋症に対する心内膜・心外膜Substrate Mapping Substrate Mappingガイド下のカテーテルアブレーションとクライオアブレーションの意義. 臨床心臓電気生理 33: 193-202, 2010
  15. 宮内 卓: 肺高血圧症治療におけるエンドセリン受容体拮抗薬の意義と展望. 薬理と治療38 (10): 859-864, 2010

   ■ 総説・解説・その他

  1. 青沼和隆: 最新のカテーテルアブレーション治療と将来の方向性. 循環器内科 67 (1): 1-2, 2010
  2. 久賀圭祐: 生活習慣病のための検査: 不整脈に関する検査. Life Style Medicine 16: 74-80, 2010
  3. 久賀圭祐: 特発性心室細動の非発作時心電図異常. 救急医学 34: 717-723, 2010
  4. 久賀圭祐: 保健管理センターのご紹介. つくばSTUDENTS 2: 14-14, 2010
  5. 吉田健太郎, 青沼和隆: [心室性期外収縮に対するアブレーションの適応と効果]について. 内科: 1022-1024, 2010
  6. 佐藤 明: MDCTで心臓を診る−冠動脈イメージングを越えて− 急性心筋梗塞直後のviability評価. 心CT 4 (1): 46-48, 2010
  7. 山崎 浩, 青沼和隆: 持続性心房細動の洞調律化により著明な左室収縮能の改善を認めた頻脈依存型心筋症の一例. Medical Practice 27: 1948-1953, 2010
  8. 瀬尾由広: 2D・3Dスペックルトラッキング法による心機能評価. Heart View 1: 22-34, 2010
  9. 瀬尾由広: CRT-Dとは何か? Life Support and Anesthesia 17 (7): 694-699, 2010
  10. 河野 了: 心筋症に対するペースメーカー治療. 綜合臨床 1733-1738, 2010
  11. 石津智子, 瀬尾由広, 青沼和隆: 3Dスペックルトラッキング法 目で見るページ検査. Cardiac Practice 21 (3): 6 (220)-9 (223), 2010
  12. 吉田健太郎, 青沼和隆, 安倍大輔, 武安法之: 不整脈 ペースメーカー. 内科106: 1022-1027, 2010

   ■ 著書

  1. 関口幸夫, 青沼和隆: 心外膜アプローチによるカテーテルアブレーション. カテーテルアブレーション基本から最新治療まで 相澤義房, 奥村 謙 編 メジカルビュー社(東京)279-287, 2010
  2. 吉田健太郎, 青沼和隆: 心臓再同期療法, 植込み型除細動器. 心不全 筒井裕之 編 羊土社(東京)81-84, 2010
  3. 青沼和隆: 心房細動. 今日の治療指針:私はこう治療している 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢 編 医学書院(東京)356-360, 2010
  4. 酒井 俊, 河野 了, 青沼和隆: 副腎皮質ステロイド合併症としてみられる病態−高血圧−. GUIDELINE 膠原病・リウマチ 改訂第2版 小池孝夫, 住田孝之 編 診断と治療社(東京)164-171, 2010
  5. 村越伸行, 青沼和隆: 生活習慣改善による疾病予防−エビデンスを求めて. 不整脈 日本成人病(生活習慣病)学会誌40: 1075-1079, 2010
  6. 久賀圭祐, 山口 巖: アミオダロンによる不整脈治療の実際. 不整脈にアミオダロンをどう使うか(新版) 有田 眞, 小川 聡, 山口 巖, 中谷晴昭, 平岡昌和 編 ライフメディコム社(東京)89-111, 2010
  7. 久賀圭祐, 青沼和隆: 不整脈. 病態生理 ビジュアルマップ1 呼吸器疾患・循環器疾患 佐藤千史, 井上智子 編 医学書院(東京)103-115, 2010
  8. 河野 了: 第104回医師国家試験問題解説書. 第104回医師国家試験問題解説書 医師国家試験問題解説書編集委員会 編 医学評論社(東京)2010
  9. 瀬尾由広: 心室内伝導障害. 拡張期学 大木 崇, 竹中 克 編 文光堂(東京)213-218, 2010
  10. 石津智子, 瀬尾由広: スペックルトラッキング法. 拡張期学 大木 崇, 竹中 克 編 文光堂(東京)98-105, 2010
  11. 夛田 浩: 心 6 不整脈疾患とMDCT. 心臓再同期療法とMDCT心臓再同期療法とMDCT 船橋伸禎 編 文光堂(東京)95-99, 2010
  12. 夛田 浩: 心室性不整脈に対するカテーテルアブレーション. 1冊でわかる 不整脈のカテーテル・デバイス治療 池田隆徳, 山根禎一 編 南江堂(東京)133-167, 2010
  13. 前田清司, 宮内裕美, 酒井 俊, 宮内 卓: 肺高血圧モデル. モデル動物利用マニュアル「疾患モデルの作製と利用−循環器疾患」 Information Center社(東京)123-136, 2010

 2009年度(2009年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 有本貴範, 関口幸夫, 小山 崇, 山崎 浩, 町野 毅, 黒木健志, 久賀圭祐, 山口 巖, 青沼和隆, 副島京子: 心外膜側からの生理食塩液Irrigation下アブレーションによって根治が得られた心室頻拍の一例. 臨床心臓電気生理32: 231-238, 2009
  2. 堀 泰彦, 佐藤千鶴, 入江忠信, 後藤貢士, 田中泰章, 岩本譲太郎, 万井弘基, 横川美樹, 夛田 浩, 内藤滋人, 梅谷 健: CS Musculature電位およびMitral-Isthmus Blockにより心房・心室電位の鑑別が困難で通電部位の同定に難渋したWPW症候群の1例. 臨床心臓電気生理32: 123-131, 2009
  3. 町野智子, 瀬尾由広, 石津智子, 関口幸夫, 夛田 浩, 青沼和隆: 心房細動に対する肺静脈隔離術は高齢者においても心機能改善をもたらす. 心臓41: 649-658, 2009
  4. 酒巻文子, 瀬尾由広, 石津智子, 五十嵐都, 文蔵優子, 河野 了, 野口祐一, 渡辺重行, 青沼和隆: 左室内非同期検出における任意方向Mモード法の有用性. J Cardiol Jpn Ed 4 (1): 20-28, 2009
  5. 大久保寛之, 中田由夫, 藤村透子, 宮内 卓, 家光素行, 前田清司, 田中喜代次: 運動習慣と骨関連遺伝子多型が中高年者の超音波骨指標に及ぼす影響. 体力科学58 (4): 421-430, 2009
  6. 町野 毅, 関口幸夫, 吉田健太郎, 黒木健志, 山崎 浩, 田上和幸, 瀬尾由広, 河野 了, 久賀圭祐, 渡辺重行, 山口 巖, 青沼和隆: カテーテルアブレーションによる肺静脈隔離術と経皮的僧帽弁形成術を施行した心房細動合併僧帽弁狭窄症の1例. 茨城県臨床医学雑誌 43: 19-20, 2009
  7. 山崎 浩, 関口幸夫, 夛田 浩, 有本貴範, 黒木健志, 町野 毅, 五十嵐都, 久賀圭祐, 青沼和隆, 榊原 謙, 新田 隆, 岡崎 修, 副島洋行, 廣江道昭: Electrical Stormを認めた拡張型心筋症に対する心内膜・心外膜Substrate Mapping Substrate Mappingガイド下のカテーテルアブレーションとクライオアブレーションの意義. Therapeutic Research 30 (9): 1453-1454, 2009
  8. 秋山大樹, 本間 覚, 古川大祐, 椎貝真成, 堀米仁志, 町野 毅, 黒木健志, 佐藤陽子, 渡部浩明, 佐藤 明, 瀬尾由広, 河野 了, 渡辺重行, 青沼和隆: 重症肺高血圧症の発見を契機に, 線維性筋異形成症が疑われた症例. Therapeutic Research 30 (10): 1543-1545, 2009

   ■ 総説・解説・その他

  1. 佐藤 明, 青沼和隆: β遮断薬: 虚血性心疾患. medicina 46: 46-48, 2009
  2. 瀬尾由広: 今, 私の考えるCRT(心臓再同期療法)適応基準. J Cardiol Jpn Ed 3: 144-150, 2009
  3. 瀬尾由広: ここまで知っておこう心エコーQ&A 2009(観察・診断編)Part3心機能・その他(3). 心エコー 10 (1): 92-98, 2009
  4. 瀬尾由広: Artidaによる心筋の内外分離ストレイン動態評価の臨床応用 心エコーの最新動向. 新超音波診断 Innervision 3: 2-5, 2009
  5. 久賀圭祐, 青沼和隆: 電気生理検査をどう活かすか 電気生理検査の適応. Heart View 13: 8-12, 2009
  6. 久賀圭祐: 心臓突然死の予知と予防. 第21回日本心臓病学会教育セミナーテキスト1: 34-63, 2009
  7. 河野 了: 心筋症-診断の進歩と治療のブレイクスルー2009- ペーシングによる心筋症の治療. 内科:511-515, 2009
  8. 関口幸夫, 青沼和隆: 心室性不整脈の管理の実際. medical practice 26: 267-272, 2009
  9. 青沼和隆: はじめに. 医学のあゆみ228 (12): 1135-1135, 2009
  10. 青沼和隆: 頻脈性心房細動. ICUとCCU 33 (1): 49-56, 2009
  11. 佐藤 明, 青沼和隆, 佐藤 誠: 高齢者の転倒予防と睡眠障害:重要文献紹介 閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP治療は冠動脈疾患のリスクを減少させる. ねむりと医療2 (1): 43-44, 2009
  12. 瀬尾由広: 3次元心エコー法によるdyssynchronyの評価. 心エコー10 (2): 152-163, 2009
  13. 夛田 浩: ヒトにおける心房細動の治療. 日本心電学会誌29 (S1): 62-68, 2009
  14. 五十嵐都, 青沼和隆: 上室性不整脈. 治療91 (4): 793-798, 2009
  15. 瀬尾由広: 心不全における心エコー図法の役割: 血行動態評価の重要性について. 画像情報Medical 41 (5): 532-536, 2009
  16. 夛田 浩: 心房細動の治療: カテーテルアブレーション. 診断と治療97: 1028-1037, 2009
  17. 久賀圭祐: 心臓突然死の予知と予防. 第22回日本心臓病学会教育セミナーテキスト1: 32-53, 2009
  18. 久賀圭祐: 「新型インフルエンザ」について. つくばステューデンツ3: 15-15, 2009
  19. 青沼和隆: 心房細動カテーテルアブレーションの適応 −現在の適応と今後の展望. 心臓41: 613-617, 2009
  20. 青沼和隆: 心房細動治療 最近の考え方. 呼吸と循環57 (8): 769-769, 2009
  21. 町野智子, 瀬尾由広: シリーズ 循環器系で行われる検査とその読み方 ?心臓超音波検査. 日本病院薬剤師会雑誌45 (8) 2009
  22. 夛田 浩: 【難治性不整脈に挑む】 治す 心臓術後の難治性心房性, 心室性不整脈のカテーテルアブレーション治療. Heart View 13 (9): 1054-1062, 2009
  23. 河野 了, 青沼和隆: 新しい診断と治療のABC 64心臓突然死 病理・病態拡張型心筋症. 最新医学社:27-34, 2009
  24. 青沼和隆: 肺動脈・大動脈の起始部から生じる心室頻拍の特性とその治療. 心電図29 (S5): 55-63, 2009
  25. 瀬尾由広: CRT適応決定における心エコー法の現状. 医学のあゆみ230: 1104-1109, 2009
  26. 関口幸夫, 青沼和隆: 陳旧性心筋梗塞に基づく心室頻拍に対する低電位領域内カテーテルアブレーション 新時代に入った心室不整脈の根治を目指して. 日本循環器学会専門医誌17 (2): 203-208, 2009
  27. 下條信威, 酒井 俊, 宮内裕美, 宮内 卓: 血管作動性物質―生合成, 分泌生理作用―エンドセリン, 高血圧(上). 日本臨床67 (6): 194-198, 2009
  28. 下條信威, 酒井 俊, 宮内裕美, 宮内 卓: エンドセリン拮抗薬, 高血圧(上). 日本臨床67 (6): 589-592, 2009
  29. 石津智子, 瀬尾由広: 右房機能とは. 心エコー 10 (10): 930-935, 2009
  30. 瀬尾由広: 壁運動評価で心エコーが役に立った2症例とそのポイント. 第7回日本心エコー図学会秋期講習会テキスト:51-55, 2009
  31. 本間 覚, 秋山大樹, 木村泰三, 森本隆史, 宇野希世子, 丸山秀和, 鈴木 豪, 林 太智, 住田孝之, 瀬尾由広, 河野 了, 青沼和隆: ボセンタン併用下にエポプロステノール在宅療法を離脱し, 約3年経過した肺動脈性肺高血圧症の症例. Modern Physician 29: 34-37, 2009
  32. 町野 毅, 青沼和隆: 心房細動を合併した拡張型心筋症に対するリズムコントロールの可能性. 循環器検査のグノーティ・セアウトン:223-227, 2009
  33. 瀬尾由広: 3D echoこそdyssynchrony評価に有用である. 心エコー 10 (11): 1028-1036, 2009
  34. 町野 毅, 青沼和隆: 特殊治療のすすみかた 心不全に合併する心房細動治療 −特にアブレーションの有用性−. medical practice 26: 1907-1912, 2009
  35. 青沼和隆: 第3回循環器病学の論点 -controversy in cardiology-. Therapeutic Research 30 (4): 421-432, 2009
  36. 久賀圭祐: 動悸. 内科6: 1045-1051, 2009
  37. 五十嵐都, 青沼和隆: 心臓電気生理学的検査の基礎. Clinical Engineering 20 (12): 1144-1149, 2009
  38. 山崎 浩, 青沼和隆: 我が国におけるBrugada症候群の臨床像─我が国におけるエビデンスから─. 最新医学64 (8): 112-119, 2009
  39. 青沼和隆: 植込み型除細動器Implantable cardioverter defibrillator (ICD). 今日の治療指針2010年版:291, 2009
  40. 山崎 浩, 青沼和隆: 不整脈と覚えておきたい心電図(房室接合部調律, 心室性期外収縮, 心室頻拍, 心室細動, 洞房ブロック, 房室ブロック, 房室ブロック). 循環器ケアのトレーニングブック:190-201, 2009

   ■ 著書

  1. 青沼和隆: 期外収縮・発作性上質頻拍・心室頻拍・心房細動・興奮伝導障害・WPW症候群・洞不全症候群. 臨床検査データブック 医学書院(東京)734-737, 2009
  2. 久賀圭祐, 山崎 浩, 青沼和隆: 不整脈. 病気と薬パーフェクトBOOK2009 南江堂(東京)171-180, 2009
  3. 久賀圭祐, 青沼和隆: 不整脈. 不整脈クリニカルプラクティス 南江堂(東京)198-206, 2009
  4. 青沼和隆: 不整脈を診る・治す. 新・心臓病診療プラクティス 13 文光堂(東京)2-4, 2009
  5. 久賀圭祐: 体表心電図による鑑別. 新・心臓病診療プラクティス 13 文光堂(東京)85-91, 2009
  6. 夛田 浩: 右室特発性心室頻拍. 新・心臓病診療プラクティス 13 文光堂(東京)300-311, 2009
  7. 関口幸夫: 陳旧性心筋梗塞. 新・心臓病診療プラクティス 13 文光堂(東京)390-396, 2009
  8. 瀬尾由広: 3点ペーシングtriple site pacing の効果. 新・心臓病診療プラクティス 13 文光堂(東京)482-486, 2009
  9. 河野 了: CBTこあかり1オリエンテーション. CBTこあかり1オリエンテーション第3版 医学評論社(東京)2009
  10. 河野 了: 第103回医師国家試験問題解説書. 第103回医師国家試験問題解説書 医学評論社(東京)2009
  11. 夛田 浩: その他の検査 2.画像検査. Brugada 症候群 メジカルビュー社(東京)75-84, 2009
  12. 山崎 浩, 青沼和隆: 機序・病態 9.薬剤との関係. Brugada 症候群 メジカルビュー社(東京)171-178, 2009
  13. 高木雅彦, 横山泰廣, 関口幸夫, 相原直彦, 青沼和隆, 平岡昌和: J-IVFS研究. Brugada 症候群 メジカルビュー社(東京)252-260, 2009
  14. 夛田 浩: カテコラミン感受性多形性心室頻脈. ICDとCRT-Dの臨床―心不全・致死性不整脈への対応 中山書店(東京)184-191, 2009
  15. 関口幸夫, 青沼和隆: 心房細動カテーテルアブレーションの適応(ガイドラインを含めて). 心房細動アブレーションを究める メジカルビュー社(東京)60-66, 2009
  16. 夛田 浩: 心房細動アブレーションの周辺: QOLの評価およびcost performance. 心房細動アブレーションを究める メジカルビュー社(東京)257-264, 2009
  17. 夛田 浩: 不整脈: 心室期外収縮. 最新循環器診療マニュアル 中山書店(東京)290-297, 2009
  18. 夛田 浩: 流出路起源心室性不整脈の臨床. 不整脈2009 メディカルレビュー社(東京)90-107, 2009
  19. 関口幸夫: 器質的心疾患に伴う心室頻拍・心室細動. 心臓リズムマネージメントを究める メジカルビュー社(東京)53-56, 2009
  20. 夛田 浩: デバイス交換法とリード追加法. 心臓リズムマネージメントを究める メジカルビュー社(東京)142-146, 2009
  21. 夛田 浩: 抗不整脈剤編 Q14 心房細動に対するwarfarinコントロールにおける本邦での至適PT-INRの値は?(Answer─1). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)50-53, 2009
  22. 夛田 浩: デバイス編 Q31 CRTD植込みは, QRS波が比較的狭い場合は適応がないのか?また, 右脚ブロックの場合はどうするか?(Answer─4). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)99-100, 2009
  23. 夛田 浩: デバイス編 Q34 ICDリードとしてtrue bipolarとintegrated bipolarのどちらがベター?(Answer─2). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)107-109, 2009
  24. 夛田 浩: デバイス編 Q35 CRTD植込み例は, NYHAクラス?では適応外か?(Answer─4). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)112-113, 2009
  25. 夛田 浩: カテーテルアブレーション編 Q62 EnSiteシステムの欠点は?(Answer─3). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)195-196, 2009
  26. 夛田 浩: カテーテルアブレーション編 Q62 CARTOシステムの欠点は?(Answer─2). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)198-199, 2009
  27. 夛田 浩: カテーテルアブレーション編 Q74 右室流出路起源心室頻拍のアブレーションで, いかなる場合に左バルサルバ通電が必要となるのか?その場合の通電エネルギーの設定は?(Answer─1). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)238-240, 2009
  28. 夛田 浩: カテーテルアブレーション編 Q76 経中隔穿刺法での, 重篤な合併症を回避するための重要なポイントは?(Answer─4). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)252-254, 2009
  29. 夛田 浩: カテーテルアブレーション編 Q78 左室流出路起源心室頻拍のアブレーションの具体的方法は?(Answer─2). 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)263-264, 2009
  30. 夛田 浩: カテーテルアブレーション編 Q79 いかなる上室性不整脈が大動脈弁無冠尖からの焼灼が必要となるのか? またその方法は? 不整脈診療Q&A エキスパート33人からの回答 中外医学社(東京)269-270, 2009
  31. 河野 了: CBTこあかり2オールチェック. CBTこあかり2オールチェック CBTこあかりシミュレーション編集委員会 編 医学評論社(東京)2009
  32. 吉田健太郎, 青沼和隆: 心房粗動を合併したら. 新しい診断と治療のABC心房細動 最新医学社(東京)369-375, 2009
  33. 酒井 俊, 下條信威, 宮内裕美, 宮内 卓: エンドセリン受容体拮抗薬tezosentanは心不全治療に有用か?─VERITASスタディー─. EBM循環器疾患の治療2010-2011 中外医学社(東京)275-279, 2009

 2008年度(2008年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 町野 毅, 久賀圭祐, 関口幸夫, 腰野結希, 吉田健太郎, 木村泰三, 金本 都, 黒木健志, 山崎 浩, 村越伸行, 田尻和子, 小山 崇, 樋ロ甚彦, 秋山大樹, 青沼和隆: 高周波力テーテル・アブレーション後に心電図上ε波の減少および加算平均心電図においてlatepotentia1の減少が認められた不整脈源性右室異形成症の1例. 心電図 28 (Suppl 1): 18-18, 2008
  2. 腰野結希, 佐藤 誠, 片寄泰子, 安田 京, 武安法之, 関口幸夫, 久賀圭祐, 渡辺重行, 青沼和隆: 心室性不整脈と睡眠呼吸障害の関連と特徴. 心電図 28 (Seppl 1): 17-17, 2008
  3. 飯田典子, 瀬尾由広, 石津智子, 中島英樹, 稲葉 武, 河野 了, 渡辺重行, 榊原 謙, 青沼和隆: 右心系に伸展した静脈内平滑筋腫症によって失神を生じた1例. 日本心臓病学会誌 1 (2): 107-110, 2008
  4. 中川義嗣, 渡辺重行, 武安法之, 新井恵美, 鰺坂隆一, 森本隆史, 仁科秀崇, 相原英明, 石山美樹, 梁 景岩, 青沼和隆: α-グルコシダーゼ阻害薬ミグリトールの心疾患患者の運動耐容能諸量に対する効果. 心臓 40 Suppl.2: 6-8, 2008
  5. 浅川哲也, 松村国佳, 野上昭彦, 青沼和隆: Short-Coupled Variant of Torsade de Pointesとの関連が示唆されたVerapamil感受性特発性心室頻拍の1例. 臨床心臓電気生理 31: 191-198, 2008
  6. 関口幸夫, 田上和幸, 吉田健太郎, 久賀圭祐, 山口 巖, 青沼和隆, 山内康照, 宮原健吉, 塗木徳人, 田中康博: 右房中隔に対する線状焼灼が有効であったMaze手術後持続性心房細動の1症例. 臨床心臓電気生理 31: 167-174, 2008
  7. 鈴木 篤, 山内康照, 久佐茂樹, 橋本敬史, 杉山知代, 大山明子, 嘉納寛人, 高村千智, 宮本貴庸, 尾林 徹, 丹羽明博, 関口幸夫, 青沼和隆, 堀之内直志, 宮原健吉: Maze手術後の右房切開線上の伝導ギャップが一方向性伝導特性を示した症候性心房性期外収縮の1例. 臨床心臓電気生理 31: 103-111, 2008
  8. ?野健一, 内藤滋人, 夛田 浩, 平松茂樹, 横川美樹, 後藤貢士, 大島 茂, 谷口興一: Non-Contact Mapping Systemを用いて根治しえた嚥下誘発性発作性心房頻拍の2例. 臨床心臓電気生理 31: 53-58, 2008
  9. 万井弘基, 内藤滋人, 夛田 浩, 横川美樹, 岩本譲太郎, 田中泰明, 後藤貢士, 堀 泰彦, 入江忠信, 大島 茂, 谷口興一: 心耳を起源とする心房頻拍の2症例. 心臓 40 (Suppl.4): 50-57, 2008
  10. 相澤義房, 田邉晃久, 青沼和隆, 井上 博, 小川 聡, 奥村 謙, 笠貫 宏, 加藤貴雄, 島本和明, 清水昭彦, 高柳 寛, 筒井裕之, 堀 江稔, 矢野捷介, 新 博次, 池田隆徳, 川村祐一郎, 高瀬凡平, 高田重男, 樗木晶子, 庭野慎一, 平尾見三, 三田村秀雄, 渡辺淳一, 渡邉英一, 井上智香子, 小田代敬太, 木村新平, 木村好邦, 久次米真吾, 西尾由貴子, 野呂眞人, 羽尾和久, 濱崎秀一, 平松伸一, 丸山 徹, 馬渡耕史, 宮内靖史, ホルター記録中の突然死調査委員会: ホルター記録中の突然死について ホルター記録中の突然死調査委員会の集計報告(第1報). 心電図 28 (3): 243-250, 2008
  11. 飯田典子, 瀬尾由広, 石津智子, 中島英樹, 稲葉 武, 河野 了, 渡辺重行, 榊原 謙, 青沼和隆: 右心系に伸展した静脈内平滑筋腫症によって失神を生じた1例 A Case with Syncope Caused by an Intravenous leiomyomatosis extending into the right-side cardiaol chambers. J Cardiol Jpn Ed 1: 107-110, 2008
  12. 佐藤陽子, 遠藤優枝, 吉田健太郎, 斉藤 巧, 相原英明, 村越伸行, 関口幸夫, 久賀圭祐, 青沼和隆: 心室期外収縮および心室頻拍基質に対するカテーテル焼灼術が奏功した心筋梗塞回復期electrical stormの1例. 心臓40 (8): 717-723, 2008
  13. 大江 透, 相澤義房, 新 博次, 奥村 謙, 笠貫 宏, 鎌倉史郎, 櫻田春水, 矢野捷介, 吉永正夫, 青沼和隆, 池田隆徳, 草野研吾, 清水 渉, 杉  薫, 住友直方, 永瀬 聡, 西崎光弘, 藤木 明, 蒔田直昌, 小川 聡, 児玉逸雄, 田中茂夫, 中田八洲郎, 平岡昌和(日本循環器学会): 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2005-2006年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】QT延長症候群(先天性・二次性)とBrugada症候群の診療に関するガイドライン. 日本心臓病学会誌 2 (2): 605-618, 2008
  14. 町野 毅, 関口幸夫, 吉田健太郎, 黒木健志, 山崎 浩, 田上和幸, 瀬尾由広, 河野 了, 久賀圭祐, 渡辺重行, 山口 巖, 青沼和隆: カテーテルアブレーションによる肺静脈隔離術と経皮的僧帽弁形成術を施行した心房細動合併僧帽弁狭窄症の1例. 茨城県臨床医学雑誌43: 19-20, 2008
  15. 田尻和子, 遠藤優枝, 相原英明, 斉藤 巧, 青沼和隆: 開心術後に遅発性心タンポナーデをきたした一例. 茨城循環器研究会雑誌15: 43-46, 2008
  16. 星 智也, 仁科秀崇, 掛札雄基, 橘 賢廣, 野口祐一, 佐藤 明, 渡辺重行, 青沼和隆: Metal Tipが有用であった総腸骨動脈完全閉塞および浅大腿動脈完全閉塞の2症例. Jpn J Interv Cardiol 23: 442-447, 2008

   ■ 総説・解説・その他

  1. 石川栄一, 馬場雅子, 田中喜美夫, 小宅康之, 山内孝義, 石津智子: 大動脈弁輪拡張症による重症大動脈弁閉鎖不全の3例. 画像情報Medical 40: 75-79, 2008
  2. 瀬尾由広, 青沼和隆: 診断と治療 最近の進歩 心不全 CRTの現状と問題点. Annual Review循環器2008: 203-211, 2008
  3. 酒井 俊, 宮内 卓: エンドセリン受容体拮抗薬の臨床応用. 日本医事新報4368: 62-64, 2008
  4. 瀬尾由広, 石津智子, 青沼和隆: スペックルトラッキング法による心臓壁運動評価と臨床応用. THE CIRCULATION FRONTIER 12 (1): 24-35, 2008
  5. 青沼和隆: 器質心疾患を有する致死性心室性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療. Cardiac Practice 19 (2): 189-194, 2008
  6. 河野 了: 第102回医師国家試験問題解説集. 医学評論社, 2008
  7. 山本昌良, 武安法之, 馬場雅子, 町野智子, 樋口甚彦, 有本貴範, 小山 崇, 渡辺重行, 青沼和隆: 冠動脈瘤・脳動脈瘤・大動脈瘤を認めた一例. 茨城循環器研究会雑誌 15: 1-4, 2008
  8. 中田智昭, 渡辺重行, 松尾仁司, 細川了平, 笹井督雄: 心臓核医学検査リスクマネージメント 負荷心筋シンチグラフィに関する安全指針WG報告. 日本心臓核医学会ニュースレター 3: 6-10, 2008
  9. 中川義嗣, 渡辺重行, 武安法之, 新井恵美, 鰺坂隆一, 森本隆史, 仁科秀崇, 相原英明, 石山美樹, 梁 景岩, 青沼和隆: α-グルコシダーゼ阻害薬ミグリトールの心疾患患者の運動耐容能諸量に対する効果. 心臓 40: 6-8, 2008
  10. 下條信威, 酒井 俊, 宮内 卓: エンドセリンの基礎と新たな可能性. 循環器科 CARDIOANGIOLOGY 64 (5): 430-437, 2008
  11. 久賀圭祐: 教育講演2 障害学生修学支援 「障害学生支援における保健管理センター施設などの関与について」. 第45回全国大学保健管理協会 関東甲信越地方部会研究集会報告書2008: 51-52, 2008
  12. 久賀圭祐: かぜと, 従来型ヒト・高病原性鳥および新型インフルエンザについて. つくばスチューデンツ 3: 18-18, 2008
  13. 青沼和隆: 心房細動のカテーテルアブレーション治療. 日本医師会雑誌137: S341-S342, 2008
  14. 青沼和隆: 特発性心室細動の病態, 機序および治療. 心電図28 (Suppl.3): S73-S83, 2008
  15. 瀬尾由広, 青沼和隆: CRT・CRT-Dの現状と新展開. Heart View 12 (7): 98-104, 2008
  16. 下條信威, 酒井 俊, 宮内 卓: 臨床でのエンドセリン拮抗薬. 細胞 The cell 40 (8): 12 (306) -15 (309) , 2008
  17. 佐藤 明, 青沼和隆, 廣江道昭: 心筋バイアビリティーの診断は可能か? MDCT. ICUとCCU 32 (8): 639-645, 2008
  18. 夛田 浩, 関口幸夫, 青沼和隆: 非薬物療法 治療するうえでのポイント 心室性不整脈に対するアブレーションを知る. 内科102 (3): 529-535, 2008
  19. 夛田 浩: 特発性心室頻拍のマッピング・アブレーションテクニック. 心臓 40 (8): 664-670, 2008
  20. 久賀圭祐: 主要薬剤の大規模臨床試験 アミオダロン. 大規模臨床試験 2008年増刊号 66: 285-301, 2008
  21. 瀬尾由広: 組織ドプラの臨床. 検査と技術 増刊号36 (10): 895-903, 2008
  22. 瀬尾由広: CRTレスポンダー予測における心エコー図法による心臓非同期の評価. Cardiac Rhythm Disease Management NEWS 1: 1-8, 2008
  23. 石津智子: 頸動脈エコー 不安定プラークの診断を中心に. 呼吸と循環56 (8): 845-849, 2008
  24. 石津智子: 生活習慣病のための検査. 第7回心機能検査 Life Style Medicine 2 (3): 62 (266) -69 (273) , 2008
  25. 奥村 謙, 安部治彦, 小川 聡, 笠貫 宏, 鎌倉史郎, 住友直方, 新田 隆, 野島俊雄, 堀江正知, 松崎益徳, 山口 巖, 江島浩一郎, 金丸 浩, 菅野重人, 佐々木真吾, 豊島 健, 長友敏寿, 野田 崇, 副島京子, 村田和也, 渡辺重行, 中島 博: 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006年度合同研究班報告)ペースメーカ, ICD, CRTを受けた患者の社会復帰・就学・就労に関するガイドライン. Circ J 72 (Suppl. IV): 1133-1174, 2008

   ■ 著書

  1. 久賀圭祐: 健康あっての学生生活 ?編. セイフティーライフ 筑波大学(つくば)7-9, 2008
  2. 久賀圭祐, 山崎 浩, 青沼和隆: 不整脈. 病気と薬 パーフェクトBOOK 2008 南山堂(東京)164-173, 2008
  3. 夛田 浩: 入門コース-4)カテーテル挿入方法, 留置部位. よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)11-15, 2008
  4. 夛田 浩: 入門コース-6)心内電位の計測法. よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)18-19, 2008
  5. 夛田 浩: 基礎コース-6)スキャン法とは? よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)98-100, 2008
  6. 夛田 浩: 入門コース-7)洞結節回帰頻拍とは? よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)101-104, 2008
  7. 夛田 浩: 入門コース-17)特発性心室頻拍1:右室流出路起源について. よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)136-143, 2008
  8. 夛田 浩: 入門コース-18) 特発性心室頻拍2:左室起源(Purkinje起源)について. よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)144-150, 2008
  9. 夛田 浩: 入門コース-19) 特発性心室頻拍3:左室流出路起源. よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)151-157, 2008
  10. 夛田 浩: 入門コース-22) 心室細動:特発性について. よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)162-167, 2008
  11. 夛田 浩: 応用コース-9) 電気生理検査による薬効評価法.電気生理検査による薬効評価法. よくわかる臨床電気生理学(2版) 中外医学社(東京)226-232, 2008
  12. 久賀圭祐, 青沼和隆: 不整脈. 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程+病態関連図  医学書院(東京)209-218, 2008

 2007年度(2007年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 山口 巖, 相澤義房, 井上 博, 石川利之, 大江 透, 小川 聡, 奥村 謙, 笠貫 宏, 加藤貴雄, 鎌倉史郎, 小坂井嘉夫, 小林洋一, 杉  薫, 高柳 寛, 中里祐二, 渡辺一郎, 家坂義人, 岩佐 篤, 大西 哲, 久賀圭祐, 熊谷浩一郎, 小林義典, 他: Endothelin Antagonism Normalizes VEGF Signaling and Cardiac Function in STZ-Induced Diabetic Rat Hearts. Circulation Journal 70, 1391-1462, 2007
  2. 山口 巖, 相澤義房, 井上 博, 石川利之, 大江 透, 小川 聡, 奥村 謙, 笠貫 宏, 加藤貴雄, 鎌倉史郎, 小坂井嘉夫, 小林洋一, 杉  薫, 高柳 寛, 中里祐二, 渡辺一郎, 家坂義人, 岩佐 篤, 大西 哲, 久賀圭祐, 熊谷浩一郎, 小林義典, 他: Gender-associated differences in pharmacokinetics and anti-arrhythmic effects of flecainide in Japanese patients with supraventricular tachyarrhythmia. Circulation Journal 70, 1463-1475, 2007
  3. 吉原正治, 久賀圭祐, 齋藤 巌, 近藤孝晴, 青野 充, 湊 義博, 齋藤郁夫, 松田正文, 久保田稔, 伊東 宏, 苗村育郎, 飯田紀彦, 長尾啓一, 浅沼義英, 川村 孝, 杉田義郎, 坂口 明, 佐藤和人, 五味愼太郎, 金野 滋, 葛 輝子, 影山任佐, 湊 博昭: Impact of serum flecainide level on control of atrial fibrillation in a case treated with cardiac tesynchronization therapy. CAMPUS HEALTH 44, 121-126, 2007
  4. 鰺坂隆一, 村上晴香, 前田清司, 久野譜也, 田中喜代次, 渡辺重行, 青沼和隆, 山口 巖, 大槻 毅, 家光素行, 曽根博仁: 逆伝導のみを有する副房室結節リエントリーによる心房頻拍の1例. 心臓 39 (2), 12-14, 2007
  5. 町野 毅, 久賀圭祐, 河野 了, 渡辺重行, 山口 巖, 青沼和隆, 土岐浩介, 香取久美, 本間真人, 幸田幸直: 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2004-2005年度合同研究班報告)「臨床心臓電気生理検査に関するガイドライン」 ダイジェスト版. 成人病と生活習慣病37, 572-573, 2007
  6. 吉田健太郎, 田上和幸, 吉田郁雄, 中西啓太, 山崎 浩, 黒木健志, 金本 都, 鈴木章弘, 遠藤優枝, 関口幸夫, 久賀圭祐, 山口 巖, 野上昭彦, 鈴木文男: 右室流出路起源心室性期外収縮に対するカテーテルアブレーション後, 著しく血行動態が改善した1症例. 臨床心臓電気生理 30, 145-156, 2007
  7. 山口 巖, 相澤義房, 井上 博, 石川利之, 大江 透, 小川 聡, 奥村 謙, 笠貫 宏, 加藤貴雄, 鎌倉史郎, 小坂井嘉夫, 小林洋一, 杉 薫, 高柳 寛, 中里祐二, 渡辺一郎, 家坂義人, 岩佐 篤, 大西 哲, 久賀圭祐, 熊谷浩一郎, 小林義典 他: Randomized Comparison of the Continuous vs Poin-by-Point Radiofrequency Ablation of the Cavotricuspid Isthmus for Atrial Flutter. Journal of Cardiology 50, 519-531, 2007
  8. 黒木健志, 関口幸夫, 佐藤陽子, 山崎 浩, 田上和幸, 吉田健太郎, 村越伸行, 二藤部丈司, 久賀圭祐, 青沼和隆, 山口 巖: 心筋梗塞二次予防に関するガイドライン(2006年改訂版). Circulation Journal 71, 943-943, 2007
  9. 佐藤陽子, 青沼和隆, 関口幸夫, 久賀圭祐, 吉田健太郎, 田上和幸, 村越伸行, 山崎 浩, 山口 巖, 齊藤 巧, 遠藤優枝, 相原英明, 黒木健志: Integral value of JT interval in magnetocardiography is sensitive to coronary stenosis and improves soon after coronary revascularization. Circulation Journal 71, 955-955, 2007
  10. 青沼和隆: 第101回医師国家試験問題解説集. 心臓39SUPPL. 5, 35-44, 2007
  11. 石川欽司, 上島弘嗣, 小川久雄, 金政 健, 齋藤宗靖, 佐々木淳, 筒井裕之, 中村保幸, 長尾 建, 林 孝浩, 山口 巖, 伊藤 昭, 浦澤一史, 木村彰男, 坂本知浩, 武安法之, 谷 樹昌, 笠貫 宏, 西山信一郎, 藤原久義, 永井良三, 日本循環器学会: 重症心不全の非薬物療法. 日本冠疾患学会雑誌 13 (1), S1-S9, 2007
  12. 中川義嗣, 渡辺重行, 武安法之, 木村泰三, 新井恵美: 集中治療における不整脈の管理 監視(モニター)と予測・予防・治療 危険な不整脈が予測される病態の管理, 心不全. 理学療法いばらき11, 74-77, 2007

   ■ 総説・解説・その他

  1. 星 智也, 河野 了, 飯田啓治: 非薬物治療の最近の話題 アブレーション−最近の進歩. 肥大型心筋症ハンドブック, 295-303, 2007
  2. 河野 了: 心不全 大改訂ガイドラインから第一線実地診療へ 心電図により心不全を評価する. 医学評論社, 2007
  3. 瀬尾由広: β遮断薬主要薬剤各論. Medtronic社, 2007
  4. 瀬尾由広: 心不全における非同期性心室収縮. The Circulation Frontier 11 (1), 5-17, 2007
  5. 本間 覚: 不整脈の電気的治療. Vascular Lab 4 増刊, 86-91, 2007
  6. 関口幸夫, 青沼和隆: ICD-最近の話題. ICUとCCU 31 (1), 13-19, 2007
  7. 関口幸夫, 青沼和隆: Brugada症候群におけるICD治療. 循環器科 61 (5), 436-441, 2007
  8. 河野 了, 山口 巖: カテーテルアブレーションの治療の現状. Medical Practice, 821-825, 2007
  9. 河野 了: CRT-Dの適応と治療効果の判定(解説). 日本臨床増刊号心不全(下), 91-97, 2007
  10. 瀬尾由広, 青沼和隆: スペックルトラッキング法により知りうる局所心筋の歪を臨床に応用する. Heart View 11 (6), 568-576, 2007
  11. 関口幸夫, 青沼和隆: 保健管理センター利用状況 −学生内科受診数−. 臨床検査 51 (7), 683-689, 2007
  12. 青沼和隆: 大学を襲った「麻疹」騒動. 心臓 39 (7), 595, 2007
  13. 横山泰廣, 佐藤康弘, 青沼和隆: 内科外来で見るウイメンズ・ヘルス 閉経後に増加する心血管疾患リスク. 心臓 39 (7), 601-605, 2007
  14. 青沼和隆, 中川 博, 野上昭彦: 重症虚血肢に対し複数回の経皮的血行再建術を施行した1例. The Circulation Frontier 11 (3), 5-15, 2007
  15. 瀬尾由広: 心不全診療の最前線 心不全と運動. 心臓 39 (7), 613-619, 2007
  16. 瀬尾由広, 水谷太郎: 循環器症候群II 非動脈硬化性冠疾患. ナーシングケア17, 52-53, 2007
  17. 瀬尾由広: 循環器症候群II 冠動脈起始異常. 映像情報メディカル 39 (9), 864-867, 2007
  18. 久賀圭祐: 不整脈. 平成18年度保健管理センター業務報告書(1), 29-32, 2007
  19. 久賀圭祐: 心臓再同期療法. つくばスチューデンツ5, 7, 2007
  20. 武安法之, 渡辺重行: 肥大型心筋症/治療 ペースメーカー. Medicina 44 (13), 2256-2259, 2007
  21. 川村 龍, 渡辺重行, 黒木健志, 町野 毅, 瀬尾由広, 武安法之, 山口 巖, 青沼和隆: アミオダロンによる不整脈治療の実際. Therapeutic Research 28 (9), 1831-1833, 2007
  22. 中川義嗣, 渡辺重行: 検査時のコミュニケーションと注意点(医師の立場から). 成人病と生活習慣病 37 (7), 801-807, 2007
  23. 木村泰三, 渡辺重行: 肥大型心筋症の失神・突然死. 日本臨床 新領域別症候群シリーズ 5, 228-233, 2007
  24. 佐藤陽子, 渡辺重行: フレカイニドのクリアランスに及ぼす性差の影響. 日本臨床 新領域別症候群シリーズ 5, 267-270, 2007

   ■ 著書

  1. 青沼和隆: 循環器疾患患者における睡眠時無呼吸症候群の頻度. 透析療法における心・血管系合併症と対策5. 日本メディカルセンター(東京)p144-160, 2007
  2. 青沼和隆: カテーテルアブレーションによる肺静脈隔離術と経皮的僧帽弁形成術を施行した心房細動合併僧帽弁狭窄症の1例. インフォームドコンセントのための図説シリーズ 心臓ペースメーカー・植込み型除細動器 改訂版 ? 医薬ジャーナル社(大阪)p92-96, 2007
  3. 河野 了, 山口 巖: 右室流出路起源心 室性期外収縮に対するカテーテルアブレーション後, 著しく血行動態が改善した一症例. 新目でみる循環器病シリーズ15 心筋症 メジカルビュー社(東京)p154-157, 2007
  4. 久賀圭祐, 山口 巖: 心房細動の治療 UP TO DATE. 不整脈にアミオダロンをどう使うか(改訂版) ライフメディコム(東京)P85-107, 2007
  5. 本間 覚: 足趾壊疽を伴うびまん性の下肢閉塞性動脈硬化症に対し複数回の経皮的血行再建術を施行した症例. 血管無侵襲診断テキスト 南江堂(東京)p57-61, 2007
  6. 青沼和隆: ミート・ザ・エキスパート:器質的心疾患に伴う心室頻拍アブレーション. 新・心臓病診療プラクティス 心筋症を識る・診る・治す10 文光堂(東京)p135-138, 2007

 2006年度(2006年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 原田智雄, 中沢 潔, 中野恵美, 脇本博文, 池田響子, 高木明彦, 長田圭三, 岸 良二, 桜井庸晴, 田中 修, 水野幸一, 青沼和隆, 鈴木文男, 三宅良彦: 非虚血性流出路起源心室頻拍におけるリエントリー回路の同定. 心電図26 (2), 162-174, 2006
  2. 熊谷浩司, 若山裕司, 福田浩二, 菅井義尚, 下川宏明, 山内康照, 横山泰廣, 高橋 淳, 青沼和隆: QRS波形が類似するAorto-Mitral Continuityと大動脈弁冠尖部起源の特発性左室流出路源性期外収縮の2例. 臨床心臓電気生理29, 215-222, 2006
  3. 吉田健太郎, 青沼和隆, 相原英明, 美崎昌子, 村越伸行, 金本 都, 鈴木章弘, 遠藤優枝, 久賀圭祐, 山口 巖, 関口幸夫, 山内康照, 横山泰廣, 高橋 淳: 詳細なEntrainment Mappingにより頻拍回路の同定が可能であったLower Loop Reentryの1例. 臨床心臓電気生理29, 37-50, 2006
  4. 山内康照, 関口幸夫, 鈴木 篤, 樋口晃司, 大山明子, 嘉納寛人, 大西健太郎, 久佐茂樹, 宮本貴庸, 尾林徹, 丹羽明博, 青沼和隆: 肺静脈隔離術後に生じた肺静脈左房間リエントリー性頻拍の1例. 臨床心臓電気生理29, 61-70, 2006
  5. 西崎光弘, 杉  薫, 泉田直己, 鎌倉史郎, 相原直彦, 青沼和隆, 新 博次, 高木雅彦, 中沢 潔, 横山泰廣, 金子睦雄, 須藤二朗, 犀川哲典, 岡本 登, 小川 聡, 平岡昌和, 日本心電学会: Brugada症候群自動診断ワーキンググループ 本邦におけるBrugada症候群に対する心電図自動診断基準. 心電図26 (5), 758-767, 2006
  6. 田上和幸, 石塚竜太郎, 吉田健太郎, 山崎 浩, 黒木健志, 久賀圭祐, 青沼和隆, 山口 巖, 馬場 良: 運動誘発性非持続性心室頻拍を認めた中年女性のBrugada症候群の1例. Japanese Journal of Electrocardiology 26, 73-78, 2006
  7. 横山泰廣, 青沼和隆, 宮崎晋介, 高橋 淳, 山口 巖: ICD患者へのamiodarone, d, l-sotalol投与に関する自験例の検討. Progress in Medicine 26 (9), 2358-2361, 2006
  8. 松崎寛二, 平松祐司, 本間 覚, 佐藤晶子, 阿部正一, 金本真也, 榊原 謙: 組織因子は in vitro 体外循環中の好中球変形能劣化を助長する. Hemorheology and Related Research 9, 3-8, 2006
  9. 大塚盛男,久賀圭祐,松井裕史,森 慶子,山本政江,平田三代子,田口紀美子,久松聡子, 久能英子,人美重美,本間敏明,関沢清久: 医療系学生における二段階ツベルクリン反応検査施行後のツベルクリン反応. Cumpus Health 43 (1), 184-184, 2006
  10. 吉原正治,三宅 仁,浅沼義英,苗村育郎,長尾啓一,金野 滋,影山任佐,坂口 明, 湊 博昭,近藤孝晴,川村 孝,青野 充,杉田義郎,湊 義博,久賀圭祐,斉籐郁夫, 松田正文,久保田稔,伊東 宏,飯田紀彦,佐藤和人,五味愼太朗,葛 輝子: 保健管理・健康支援における情報バリアフリーに関する調査・検討−Webによる全国調査結果と解析−. Cumpus Health 43 (2), 119-125, 2006
  11. 山本昌良,青沼和隆,田上和幸,吉田健太郎,久賀圭祐,渡辺重行,山口 巖,村田 実: 拡張型心筋症に合併した左脚前枝由来の撃発活動を機序とする心室頻拍の一例. Circ J 70, 1144-1144, 2006

   ■ 総説・解説・その他

  1. 山口 巖: 循環器疾患研究を支えた人々 伊藤 巖先生. CARDIAC PRACTICE 17 (1), 91-92, 2006 メディカルレビュー社(大阪)2006
  2. 山口 巖: AHA/ESC Atrial Fibrillation Management: A Shifting Paradigm. AHA Highlights 2005, 32-37, 2006 協和企画(東京)2006
  3. 河野 了: CBT共通試験問題(循環器)予想. CBTこあかり2シミュレーション, 2006 CBTこあかりシュミレーション編集委員会 編 医学評論社(東京)2006
  4. 渡辺重行, 新井恵美, 石井智香子: 心疾患患者における血管機能と運動耐容能・交感神経活性との関連. 循環器専門医14(1), 41-47, 2006
  5. 松尾博昭, 島野 仁, 大久保信司, 渡辺重行, 松田洋人, 野間重孝: 座談会「New evidence for event reduction in hypertensive patients」. Medical Tribune特別企画第2部, 1-4, 2006
  6. 渡辺重行: AHA学会報告「AHA-2005」. 日本心臓核医学会ニュースレター 心臓核医学29, 2006
  7. 熊谷浩司, 青沼和隆: 不整脈治療のマネジメント 非薬物治療 カテーテルアブレーション. クリニカルプラクティス25 (2), 99-103, 2006
  8. 森本隆史, 渡辺重行, 新井恵美, 木村泰三, 相原英明, 仁科秀崇, 石山美樹, 江田一彦, 坂本和彦, 外山昌弘, 斉藤 巧, 武安法之, 鰺坂隆一, 稲葉 武, 山口 巖: カルシウム拮抗薬benidipineの血管機能および運動耐容能に対する効果. 心臓38 (Suppl 2), 10-12, 2006
  9. 河野 了: 拡張期心不全. 心電図 26 (suppl 2), 39-55, 2006
  10. 瀬尾由広, 河野 了, 美崎昌子, 久賀圭祐, 青沼和隆, 渡辺重行, 山口 巖: 低心機能例におけるアミオダロンの位置づけ 心臓再同期療法を含む新しいアプローチ 心不全薬物療法. Prog Med 26 (Suppl 1), 1499-1503, 2006
  11. 青沼和隆, 河野 了, 瀬尾由広, 吉田健太郎, 田上和幸, 横山泰廣, 久賀圭祐, 山口 巖: 低心機能例におけるアミオダロンの位置づけ 心臓再同期療法を含む新しいアプローチ CRT療法. Prog Med 26 (Suppl 1), 1504-1508, 2006
  12. 青沼和隆: 循環器病学の論点 −controversy in cardiology−. Therapeutic Research 28 (4), 545-568, 2006
  13. 河野 了: 第100回医師国家試験問題(循環器)解説. 第100回医師国家試験問題解説書 医師国家試験問題解説書編集委員会 編 医学評論社(東京)2006
  14. 吉田健太郎, 青沼和隆: 心筋梗塞例の心室頻拍症. Pharma Medica 25 (5), 41-46, 2006
  15. 山内康照, 青沼和隆: プライマリー不整脈疾患 その病態理解から治療へ 診る プライマリー不整脈疾患の診断 その他の不整脈(short-coupled PVC型心室細動, RVOT型心室細動, short QT症候群). Heart View 10 (5), 533-539, 2006
  16. 渡辺重行, 山口 巖: 心磁図検査−虚血, 不整脈−. 臨床病理 54 (5), 466-476, 2006
  17. 本間 覚: 動脈硬化性疾患の疫学, 分類, 成因, 病態−閉塞性動脈硬化症−. 特集 動脈硬化のすべて 59 (Suppl 3), 397-401, 2006
  18. 渡辺重行: 不整脈とは−診断と治療法をめぐって−. 不整脈患者の自動車運転における諸問題 Cefiro 3, 61-66, 2006
  19. 瀬尾由広, 青沼和隆: 不整脈研究の最新動向 心不全の心臓再同期療法 心臓再同期療法の実際 適応と手技. 医学のあゆみ217 (6), 682-688, 2006
  20. 瀬尾由広, 渡辺重行: 動脈硬化性疾患の診断基準の標準−虚血性心疾患. 循環器科59 suppl (3), 414-425, 2006
  21. 田上和幸, 青沼和隆: 心不全UPDATE 心不全における不整脈の発症機序と治療戦略 頻脈性不整脈を伴う心不全患者に対するカテーテルアブレーション治療. 医学のあゆみ218 (14), 1217-1221, 2006
  22. 瀬尾由広, 河野 了, 美崎昌子, 久賀圭祐, 青沼和隆, 渡辺重行, 山口 巖: 心不全薬物療法. Progress in Medicine 26 (supple 1), 1499-1503, 2006
  23. 河野 了: チャートでみる生活習慣病の救急処置. 成人病と生活習慣病36 (9), 968-973, 2006
  24. 吉田健太郎, 青沼和隆: 管理不良不整脈へのアプローチ 難治性不整脈にどう対処するか カテーテルアブレーションによる難治性不整脈治療戦略 器質的心疾患に合併する心室頻拍に対するカテーテルアブレーション. Modern Physician 26 (10), 1614-1618, 2006
  25. 本間 覚: 救急−Vascular emergency 特集 血管疾患の診療−今なぜVascular Labか−. Heart View 10, 1164-1171, 2006
  26. 久賀圭祐: 系統的な心電図の読み方. 成人病と生活習慣病36 (11), 1268-1277, 2006
  27. 関口幸夫, 青沼和隆: 21世紀の不整脈診療 カテーテル治療のトピックス. 成人病と生活習慣病36 (11), 1371-1376, 2006
  28. 河野 了: CBT共通試験問題分析. CBTこあかり1シミュレーション(第2版) 安田幸雄, 松田重三 編 医学評論社(東京)2006
  29. 田上和幸, 青沼和隆, 吉田健太郎, 相原英明, 星 智也, 河野 了, 渡辺重行, 山口 巖: 診断にCARTO systemが有用であった不整脈源性右室心筋症の一例. 茨城循環器研究会雑誌 13, 57-62, 2006
  30. 仁科秀崇, 武安法之, 渡辺重行, 山口 巖: 心筋SPECTを臨床に生かすには─大規模データベースの臨床応用. ニュータウンカンファレンス2006, 27-32, 2006
  31. 久賀圭祐: 「メタボリック症候群」とは? つくばスチューデンツ 578, 6-6, 2006
  32. 本間 覚: ワーファリンはいつまで続けるか 特集 深部静脈血栓症の診療と治療の現況. Vascular Lab 3, 482-486, 2006

   ■ 著書

  1. 渡辺重行: 高安動脈炎(大動脈炎症候群). 循環器疾患最新の治療2006-2007 山口 徹, 堀 正二 編 南江堂(東京)345-349, 2006
  2. 渡辺重行, 山口 巖: 心電図を読むための基本事項. 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)18-23, 2006
  3. 渡辺重行: 正常心電図. 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)24-47, 2006
  4. 河野 了, 西  功: 正常なP-QRS関係がみられない, 基本調律の異常(頻脈を除く). 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)48-67, 2006
  5. 久賀圭祐: PQが短い, 長い. 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)80-91, 2006
  6. 武安法之: QRS幅が広い(QRS時間の延長), QRS平均電気軸が異常. 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)92-111, 2006
  7. 渡辺重行: 胸部誘導のR波の増高不良. 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)140-151, 2006
  8. 本間 覚: 右側胸部誘導のR波増高またはIや左側胸部誘導でS波が深い. 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)152-167, 2006
  9. 宮内 卓: QTの延長と短縮. 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)220-231, 2006
  10. 渡辺重行: U波の増高と陰転. 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)232-239, 2006
  11. 久賀圭祐: 頻脈(幅の狭いQRSで規則的なもの). 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)294-315, 2006
  12. 久賀圭祐: 頻脈(幅の広いQRSで規則的なもの). 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)316-331, 2006
  13. 大塚定徳: 頻脈(幅の狭いあるいは広いQRSで不規則的なもの). 心電図の読み方パーフェクトマニュアル 渡辺重行, 山口 巖 編 羊土社(東京)332-343, 2006
  14. 渡辺重行: 頻拍性不整脈を診る・治す, 論点一ICD植込み患者に対して運転免許はどうする? 新心臓病診療プラクティス 心電図で診る・治す 清水昭彦, 笠貫 宏 編 文光堂(東京)191-192, 2006
  15. 渡辺重行: 虚血性心疾患. 心磁図の読み方 塚田啓二, 山口 巖 編 コロナ社(東京)42-57, 2006
  16. 渡辺重行: バイパス術 −CABGの可能性−. 動脈硬化診療マニュアル 斉藤 康, 山田信博 編 南江堂(東京)164, 2006

 2005年度(2005年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 高木 雅彦,相原 直彦,横山 泰廣,青沼 和隆,平岡 昌和: Brugada症候群症例の安静時12誘導心電図所見と臨床経過について−有症候症例と無症候症例の比較検討−. 心電図25:11-16,2005
  2. 横山 泰廣,高木 雅彦,相原 直彦,青沼 和隆,平岡 昌和: J-IVFS症例登録の現況. 心電図25:17-18,2005
  3. 相原 英明,青沼 和隆,吉田健太郎,美崎 昌子,久賀 圭祐,渡辺 重行,山口 巖,遠藤 剛,堀 孝文,朝田 隆: 三環系抗うつ薬投与中に痙攣を伴う意識消失発作を生じBrugada症候群と診断した1例. 心電図25:44-49,2005
  4. 横山 泰廣,青沼 和隆,磯部 光章: III群抗不整脈薬ソタロールの実践的治療 ICDおよび他の抗不整脈薬との併用例 dl-ソタロール,アミオダロンの併用投与がelectrical stormの抑制に有効であったICD症例. Prog Med 25:616-618,2005
  5. 山口 巖: 心房細動の治療. 成人病と生活習慣病 35(5):543-544,2005
  6. 鰺坂 隆一,大森 肇,久野 譜也,渡辺 重行,山口 巖,勝田 茂,安田 俊広,川島 紫乃,大槻 毅,前田 清司,松田 光生: 後期高齢者の運動負荷 安全性および運動耐性. 心臓 37(特2):48-50,2005
  7. 大塚 定徳,山口 巖,呉 勁,武田 徹,兵藤 一行,安藤 正海: 放射光を用いた経静脈冠動脈造影の現況. 日本医用画像工学会誌 23:292-296,2005
  8. 宇野希世子,本間 覚,安倍 大輔,中西 啓太,武田 徹,榊原 謙,山口 巖: 深部静脈血栓症の診断 −超音波検査と核医学検査の比較検討−. 静脈学16:243-249,2005
  9. 吉田 郁雄,渡辺 重行,星 智也,村越 伸行,武安 法之,瀬尾 由広,青沼 和隆,久賀 圭祐,山口 巖: 左前下行枝領域の虚血発作を契機に完全房室ブロック・心停止となった1例. 心臓 37(10):837-843,2005
  10. 田中 泰章,横山 泰廣,小堀 敦志,野里 寿司,桑原 大志,佐藤 明,高橋 淳,青沼 和隆: ニアミス後にBrugada症候群と診断された2症例の検討. 日本心電学会誌 2005 特別号,2005
  11. 青沼 和隆,高橋 淳,横山 康廣,関口 幸夫,山内 康照,久賀 圭祐,山口 巖: アミオダロンと肺静脈アブレーションのハイブリッド治療による慢性心房細動の治療. PM 25:119-124,2005

   ■ 総説・解説・その他

  1. 前田 清司,宮内 卓,後藤 勝年: エンドセリンとエンドセリン拮抗薬. 血管28(4):121-132,2005
  2. 青沼 和隆,山口 巖: 急性冠症候群・セミナー「急性冠症候群における致死性不整脈」. Medical Practice 22 (1):101,2005
  3. 大塚 定徳,山口 巖: 心不全とマグネシウム. CLINICAL CALCIUM 15(2):37-42,2005
  4. 青沼 和隆,山口 巖: 基礎疾患を有する心室性不整脈の管理・治療 肥大型心筋症と心室性不整脈. 新しい診断と治療のABC 28:222-228,2005
  5. 関口 幸夫,青沼 和隆: 特発性心室頻拍・右室起源 idiopathic ventricular tachycardia originating from right ventricle. HeartView増刊号
  6. 瀬尾 由広: 虚血性心疾患における心エコー図診断法の進歩. 成人病と生活習慣病10:1121-1127,2005

   ■ 著書

  1. 宮内 卓,前田 清司: 心不全を知る・エンドセリン. 新・心臓病診療プラクティスシリーズ6 心不全に挑む・患者を救う 文光堂(東京),pp.75-77,2005
  2. 久賀 圭祐,山口 巖: 洞不全症候群(sick sinuis syndrome; SSS). 心臓ペースメーカ・植込み型除細動器 メジカルビュー社(東京),pp.74-83,2005
  3. 山口 巖: 心不全に伴う不整脈. 改訂第4版 疾患別最新治療 メジカルビュー社(東京),pp.2-3,2005
  4. 山内 孝義,渡辺 重行: 虚血性心疾患 虚血性心疾患に対する運動療法の生理学的効果機序. 理学療法MOOK12 循環器疾患のリハビリテーション 三輪書店(東京),pp.98-106,2005
  5. 横山 泰廣,青沼 和隆: 心室性不整脈 ブルガダ型心電図症例には全例?群薬静注負荷試験を行うべきか? EBM循環器疾患の治療2005-2007 中外医学社(東京),pp.422-425,2005
  6. 横山 泰廣,青沼 和隆: 心室性不整脈 突然死の家族歴のあるブルガダ型心電図症例にはICDを植え込むべきか? EBM循環器疾患の治療2005-2007 中外医学社(東京),pp.426-429,2005
  7. 山田さつき,渡辺 重行,山口 巖: 心磁図. 新・目でみる循環器病シリーズ7 不整脈 メジカルビュー社(東京),pp.103-107,2005
  8. 本間 覚: 血流障害の薬物療法. 血管疾患を知る メジカルビュー社(東京),pp.171-177,2005
  9. 相原 英明,渡辺 重行: Q&A 積極的血圧低下療法で注意することは. 糖尿病疾患の大血管障害予防ガイダンス ▲血糖値だけを診ていては危ない▲ メジカルビュー社(東京),pp.216-219,2005
  10. 渡辺 重行: 心磁図による不整脈診断. Medical Topics Series 不整脈2005
  11. 関口 幸夫,青沼 和隆: 心電図で診る・治す、頻拍性不整脈を診る・治す、心室性期外収縮・非持続性心室頻拍、非薬物治療. 新・心臓病診療プラクティス

 2004年度(2004年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 吉田健太郎,久賀 圭祐,遠藤 優枝,仁保 文平,鈴木 章弘,金本 都,柳田 葉子,山口 巖: 右副伝導路アブレーション5年後に左後壁および中位中隔にdormant accessory pathway conductionを生じたWPW症候群の1例. 臨床心臓電気生理:175−184,2004
  2. 松崎 寛二,平松 祐司,吉村 幸浩,本間 覚,佐藤 晶子,中西 啓太,榊原 謙: 好中球エラスターゼ阻害剤 Elaspol による in vitro 体外循環中の炎症機転制御および全microchannel 通過性改善効果. Hemorheology and Related Research 7:13-18,2004
  3. 鯵坂 隆一,勝田 茂,安田 俊広,川島(馬場)紫乃,大森 肇,松田 光生,渡辺 重行,山口 巖: 後期高齢アスリートにおける全身持久性運動の安全性. 筑波大学体育科学系紀要 27:9-19,2004
  4. 石井智香子,渡辺 重行,鯵坂 隆一,武安 法之,仁科 秀崇,新井 恵美,相原 英明,石山実樹,江田一彦,坂本和彦,外山昌弘,斉藤 巧,山内孝義,稲葉 武,山口 巖: 心疾患患者における内皮依存性および非依存性血管拡張能と運動耐容能. 心臓 36(特別号2):53-55,2004
  5. 吉田 郁雄,本間 覚,安部井誠人,村越 伸行,星 智也,宇野希世子,大塚 定徳,山口 巖: 肝臓内に多発性腫瘤を有する高度肺高血圧症の症例. Ther Res 25:1952-1954,2004
  6. 熊谷 浩司,高橋 淳,山内 義照,横山 泰廣,栗原 顕,田中 泰章,佐藤 明,青沼 和隆,家坂 義人: PTCAガイドワイヤーによる左冠動脈内マッピングにより心外膜側起源と推測された心室頻拍の1例. 日本心臓ペーシング・電気生理学会「不整脈」20(4):512-516,2004
  7. 山内 康照,関口 幸夫,佐々木毅,樋口 晃司,宮本 貴庸,久佐 茂樹,大西健太郎,尾林 徹,丹羽 明博,横山 康廣,熊谷 浩司,高橋 淳,野上 昭彦,家坂 義人,平尾 見三,磯部 光章,青沼 和隆,山口 巖: 左上下肺静脈間の電気的交通を有し肺静脈隔離に成功した発作性心房細動の1例 - 2本のLassoカテーテルによる左上下肺静脈同時マッピングの有用性 -. 日本心臓ペーシング・電気生理学会「不整脈」20(4):610-616,2004
  8. 山内 康照,関口 幸夫,佐々木毅,樋口 晃司,宮本 貴庸,久佐 茂樹,大西健太郎,尾林 徹,丹羽 明博,横山 康廣,熊谷 浩司,栗原 大志,小堀 敦志,高橋 淳,蜂谷 仁,新田 順一,野上 昭彦,家坂 義人,平尾 見三,磯部 光章,青沼 和隆,山口 巖: 胸部移行帯がV4誘導を呈した左冠尖起源特発性心室頻拍の2例. 日本心臓ペーシング・電気生理学会「不整脈」20(4):624-631,2004

   ■ 総説・解説・その他

  1. 大塚 定徳: 特集 “透析患者における心血管合併症の早期発見と対策”危険な不整脈と緊急的な対策. 腎と透析 56(1):119-123,2004
  2. 武安 法之,渡辺 重行,山口 巖: 心房細動治療. 臨床と研究 81(1): 88-92,(2003)2004
  3. 外山 昌弘,渡辺 重行: 糖尿病における冠動脈インターベンションとバイパス手術. 糖尿病と心血管障害59:52-58,2004
  4. 宮内 卓: エンドセリン受容体を標的とした心不全・肺高血圧治療. 医学のあゆみ208(5):377-381,2004
  5. 青沼和隆,山口 巖: 不整脈診療「心房細動のカテーテル・アブレーション」. 内科 94 (4):647,2004
  6. 宮内 卓: エンドセリン. 治療学38(8),21-25,2004
  7. 宮内 卓: 病態と疾患からみたエンドセリン. 日本臨床62 増刊号9:648-654,2004
  8. 宮内 卓: エンドセリン拮抗薬の臨床応用. BIO Clinica 19(12):1012-1016,2004
  9. 武安 法之,渡辺 重行,山口 巖: 不整脈のエビデンスに基ずく治療指針 心房細動治療. 臨床と研究 81:88-92,2004
  10. 渡辺 重行: ICD患者の自動車運転. Heart View 8:65-69,2004

   ■ 著書

  1. 武安 法之: アルコール性心筋症. 診断に迷う疾患の心臓核医学診断アプローチ メディカルチャー社(東京),PP.36-42,2004
  2. 宮内 卓: エンドセリン拮抗薬. 新世代の循環器薬物療法 メジカルレビュー社(東京),pp.112-119,2004
  3. 久賀 圭祐: 徐脈(洞不全症候群). 心電図を読む メジカルビュー社(東京), pp36−37,2004
  4. 本間 覚: 内科的治療法. 大動脈瘤・大動脈解離の臨床と病理 医学書院(東京),pp82-87,2004
  5. 渡辺 重行: 大動脈弁狭窄. 症例から学ぶ ACC/AHA/ASNC の心臓核医学ガイドライン メジカルセンス(東京),pp.141,2004
  6. 山口 巖: 心電図診断 ― Coumel現象による側副伝導路の部位同定. 不整脈診療のコツと落とし穴 中山書店(東京),pp94-95,2004
  7. 青沼 和隆,小川 聡: 肺静脈以外から出現する心房細動に対するカテーテルアブレーション. 不整脈診療のコツと落とし穴 中山書店 (東京),pp198,2004
  8. 青沼 和隆,小川 聡: 大動脈冠尖起源の心室頻拍. 不整脈診療のコツと落とし穴 中山書店 (東京),pp203,2004
  9. 青沼 和隆,小川 聡: His束部に局在する副伝導路症候群. 不整脈診療のコツと落とし穴 中山書店 (東京),pp224,2004
  10. 渡辺 重行: 膠原病と心臓病変. 診断にまよう疾患の心臓核医学診断アプローチ メディカルチャー(東京),pp.92-105,2004
  11. 山口 巖: 日本医師会生涯教育シリーズ65. 「主訴から考えられる心臓病―症候から原因疾患 動悸」「心臓病の外来診療」日本医師会雑誌特別号132(8) 医学書院(東京):pp.S28-S29,2004
  12. 蜂谷 仁,青沼 和隆,磯部 光章: 頻拍による血行動態の悪化で血液透析が困難であった慢性腎不全の53歳女性. ヴィジアルアプローチ循環器 症候と画像から考える循環器疾患67 中外医学者(東京),pp ,2004
  13. 久賀 圭祐,山口 巖: ペースメーカ治療の合併症−術後遠隔期. ペースメーカ治療 メジカルビュー社(東京), pp190−193,2004
  14. 渡辺 重行: ENTIRE-TIMI 23. DATA update 循環系 第3版 先端医学社(東京),pp.93-95,2004
  15. 江田 一彦,渡辺 重行: Grace. DATA update 循環系 第3版 先端医学社(東京),pp.102-104,2004

 2003年度(2003年1月〜12月)


   ■ 原著

  1. 森本 隆史,渡辺 重行,仁科 秀崇,新冨 義侯,武安 法之,江田 一彦,斉藤 巧,外山 昌弘,坂本 和彦,石山 実樹,石井智香子,新井 恵美,鯵坂 隆一,山口 巖: 運動開始時酸素摂取量応答と血管機能との関連. 心臓35(Suppl. 2):26-29,2003
  2. 金本 都,久賀 圭祐,遠藤 優枝,仁保 文平,鈴木 章弘,榎本 真美,李 愛燕,山口 巖: Slow pathwayとHis束の接近が確認された稀有型房室結節回帰性頻拍. 臨床心臓電気生理 26:137-143,2003
  3. 増見 智子,飯田 啓治,河野 了,西 功,美崎 昌子,星 智也,山田さつき,久賀 圭祐,渡辺 重行,山口 巖: アミオダロン長期投与による予後改善効果の後ろ向き検討. Progr Med 23(Suppl I):1245-1251,2003
  4. 山口 巖: 心疾患診療の新しい展開「序;心疾患診療の新しい展開」. 成人病と生活習慣病 33(5):526-527,2003
  5. 鈴木 康文,鯵坂 隆一,田辺 匠,大槻 毅,菅原 順,久野 譜也,松田 光生,渡辺 重行,山口 巖: 女性冠動脈疾患患者における下肢レジスタンス運動の安全性─運動様式の差異による比較. 心臓リハビリテーション8(1):177-183,2003
  6. 河野 了,山口 巖: カルシウム拮抗薬-不整脈における使い方. Medicina 40(8):1361-1363,2003
  7. 鯵坂 隆一,久野 譜也,松田 光生,渡辺 重行,山口 巖: 中高齢者の下肢レジスタンス運動における運動筋の酸素化動態─SATプロジェクト95. 脈管学 43(8):225-228,2003
  8. 森本 隆史,本間 覚,宇野希世子,小原 健一,中西 啓太,岡野 嘉明,安藤 太三,渡辺 重行,山口 巖: クエン酸シルデナフィルの内服を開始した慢性肺血栓塞栓症の症例. Therapeutic Res 24(9): 1812-1815, 2003
  9. 鰺坂 隆一,久野 譜也,松田 光生,渡辺 重行,山口 巖: 中高齢者の下肢レジスタンス運動における運動筋の酸素化動態 SATプロジェクト95. 脈管学 43:335-338,2003
  10. 武田 徹,呉 勁,大塚 定徳,梅谷 啓二,板井 悠二: III. 診断検査法の進歩 放射光心血管造影法-原理,特徴,問題点-. 日本臨床61巻,増刊号4:冠動脈の臨床(上)213-224頁,2003
  11. 森本 隆史,渡辺 重行,星 智也,柿沼 由彦,小原 健一,中西 啓太,山口 巖: 虚血性心疾患が疑われNifedipine が著効を示した全身性硬化症の一例. 茨城循環器研究会雑誌10: 21-24,2003
  12. 本間 覚,松尾 汎,林 富貴雄,野々木 宏,山口 巖: I閉塞性動脈硬化症を有する患者の生命予後と血管形成術後の開存期間:4大危険因子のI総合的重症度との関連. 循環器専門医 11(2): 241-246,2003
  13. 三井 利夫,山口 巖,相澤 義房,池口 滋,岡部 富士子,小川 聡,笠貫 宏,加藤 貴雄,岸 良示,久賀 圭祐,栗田 隆志,小坂井 嘉夫,相良 耕一,里見 和浩,下村 克朗,杉 薫,高柳 寛,田中 茂夫,新田 隆,堀 原一,松本 直樹,三崎 拓郎,三田村秀雄,坂本 徹,山口 徹,渡辺 重行: 不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適正検査施行の合同検討 委員会ステートメント. 不整脈19:502-512,2003

   ■ 総説・解説・その他

  1. 後藤 勝年,宮内 卓: エンドセリン研究の新しい展開 -受容体拮抗薬の臨床応用への展望-. 日本薬理学会誌 121:91-101,2003
  2. 石山 実樹,渡辺 重行,山口 巖: 母体症候 救急疾患の鑑別と初期対応 胸痛・上腹部痛. 臨床婦人科産科 57:261-265,2003
  3. 山田さつき,山口 巖: 冠動脈の臨床 21世紀の診断治療体系 診断検査法の進歩 心磁図検査. 日本臨床 61(増刊号4):413-417,2003
  4. 渡辺 重行: 非動脈硬化性冠疾患による狭心症、狭心症様病態 ─分類、病態生理、臨床─. 日本臨床 61(増刊号5):582-595,2003
  5. 石光 敏行: 弁膜症手術の最前線;最新の適応とは?いつ手術を行うか?c大動脈弁疾患:内科の立場から. Medio 20(5):82-83,2003
  6. 宮内 卓: エンドセリンと虚血性心疾患. 日本臨床 61(増刊号5):848-852,2003
  7. 山田さつき,山口 巖: シンポジウム アミオダロンはなぜ効くか心疾患治療におけるアミオダロンの新展開心不全とアミオダロン. Prog Med 23(suppl 1):136-142,2003
  8. 田辺 匠,前田 清司,菅原 順,大槻 毅,宮内 卓,久野 譜也,鰺坂 隆一,松田 光生: 高齢者における日常の身体活動量が収縮期血圧に及ぼす影響-動脈系コンプライアンスとの関連-. 体力科学 (Suppl) 52:167-176,2003
  9. 渡辺 重行: 頻脈性不整脈の非薬物療法─拡大する適応 運転免許と不整脈の非薬物療法. Heart View 7(8):83-88,2003
  10. 渡辺 重行: 高齢心疾患患者の日常生活指導. 総合臨床 52(9):2631-2632,2003
  11. 武安法之,渡辺 重行: 虚血性心疾患における高脂血症. 今月の治療 11(12): 48-49,2003
  12. 石山 実樹,渡辺 重行,山口 巖: 冠動脈疾患の薬物療法/狭心症と心筋梗塞の予防と治療─薬物療法の実際 抗不整脈薬. モダンフィジシャン 23(12):1380-1385,2003
  13. 武安 法之,渡辺 重行: 高脂血症をどうするか─動脈硬化予防の観点から─虚血性心疾患における高脂血症. 今月の治療 11(12):48-49,2003
  14. 石光 敏行: 不整脈の降圧療法と臓器保護. 成人病と生活習慣病 33(12):1522-1525,2003

   ■ 著書

  1. 渡辺 重行: 心疾患における交感神経機能の画像診断. Annual Review 循環器 杉下靖郎,門間和夫,矢崎義雄,高本眞一 編 中外医学社(東京)pp.134-141,2003
  2. 久賀 圭祐,山口 巖: 植込み型除細動器の適応症例と抗不整脈薬併用による治療戦略. 抗不整脈薬のすべて(第2版) 小川 聡、大江 透、井上 博 編 先端医学社(東京),pp.355-362,2003
  3. 渡辺 重行: 急性心筋梗塞初期治療におけるニトログリセリンの使い方と落とし穴. 虚血性心疾患診療のコツと落とし穴 上松瀬勝男 編 中山書店(東京),pp.134-135,2003
  4. 山田さつき,山口 巖: XIV 不整脈の薬物療法amiodarone -臨床-. 新不整脈学 杉本恒明、井上 博 編 南江堂(東京),pp.552-554,2003
  5. 渡辺 重行: リハビリテーション(運動療法)と心臓核医学. Q&A心臓核医学診断 山崎純一,廣江道昭 編 メジカルセンス(東京),pp.230,2003
  6. 河野 了: 完全房室ブロックに移行する分枝ブロックの診断のポイント-電気軸偏位の鑑別診断. 97回再現医師国家試験問題解説書 心電図検査のコツと落とし穴 小川 聡 編 医学評論社(東京),pp.126-127,2003
  7. 本間 覚: 肺塞栓症の診断のポイント. 97回再現医師国家試験問題解説書 心電図検査のコツと落とし穴 小川 聡 編 医学評論社(東京),pp224-225 ,2003
  8. 森本 隆史,渡辺 重行: 虚血性心疾患の核医学的診断法. 老年病診療Q&A 永野 允 編 六法出版(名古屋),pp.820-821,2003
  9. 新冨 義侯,渡辺 重行,山口 巖: 虚血性心疾患は心電図でどこまでわかりますか. 虚血性心疾患診療ガイダンス 上松瀬勝男 編 メジカルビュー社(東京),pp.106-109,2003
  10. 久賀 圭祐,山口 巖: 抗不整脈薬の禁忌と副作用:使用における注意点. 不整脈診療ガイダンス 相澤義房 編 メディカルビュー社(東京),pp.98-100,2003
  11. 吉田健太郎,久賀 圭祐: 脈の触れ方・数え方のコツ. 不整脈診療ガイダンス 相澤義房 編 メディカルビュー社(東京),pp.156-158,2003

Copyright(C) Tsukuba University Hospital,All Rights Reserved