筑波大学大学院 循環器内科

筑波大学大学院 循環器内科 〒305-8575つくば市天王台1-1-1 筑波大学医学系棟314 TEL 029-853-3143 FAX 029-853-3143

TOP > 循環器内科の紹介 >  研究活動

循環器内科の紹介

研究活動

以下に当科で現在行っております臨床および基礎研究をご紹介します。
各研究名をクリックすると概要がご覧いただけます。

■臨床研究

「ブルガダ症候群を含む特発性心室細動の長期予後調査とリスク評価」について
「心房細動を合併した左室駆出率保持性心不全症例におけるリズムコントロールの臨床的意義」について
「乳頭筋近傍のPurkinje網を起源とする特発性左室心室頻拍」について
「大心静脈遠位枝近傍を起源とする心室性不整脈」について
「SATAKE・HotBalloonカテーテル使用症例に対する全国観察研究」について
「重症心不全症例に対するSGLT2阻害薬の効果」について
「カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト (J-ABレジストリ)」について
「持続性心室頻拍に対するカテーテルアブレーション治療時の3Dマッピングシステムにおける高頻度ペースマッピングテクニックにより作成されるCorrelation score mapの有用性についての検討」について
「心房細動に対するテーラーメイド医療の実現」について
「循環器疾患の包括的遺伝子解析」「不整脈疾患における遺伝子変異・遺伝子多型と臨床経過・予後との関連性」について
「肺高血圧患者に関する後ろ向き大規模実態調査」について
「虚血性心疾患における心室細動アブレーション後の心室頻拍化」について
慢性心不全患者における運動療法の心エコーパラメータに与える影響
虚血性心筋症患者における心臓再同期療法後の予後予測に対する左室逆リモデリングの最適カットオフ値に関する検討
血栓凝固阻止薬の観察研究(ワーファリンの有効性及び安全性の検討)
成人先天性心疾患患者における上室性不整脈と血栓塞栓症の発症頻度に関する検討
血栓凝固阻止薬の観察研究(リバーロキサバンの有効性及び安全性の検討)
持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション後の再発予測因子の調査
茨城高血圧評価試験 Ibaraki Hypertension Assessment Trial(I-HAT):予後追跡調査研究
茨城心血管疾患評価研究 Ibaraki Cardiovascular Assessment Study - Coronary Artery Disease(ICAS-CAD) registry研究


■基礎研究

心房細動に対する有効な治療法の基礎研究


Copyright(C) Tsukuba University Hospital,All Rights Reserved