Kazutaka Aonuma


青沼 和隆

 

筑波大学研究者総覧ページ


ウィンドウを閉じる

職種 筑波大学 医学医療系 循環器内科 教授
卒業年 1977年 山口大学医学部 卒業
1982年 東京医科歯科大学大学院医学研究科 内科学 修了
専門領域 臨床電気生理学、臨床不整脈学、循環器病学、心臓病学
研究分野 臨床電気生理学、不整脈の非薬物治療、不整脈の薬物治療
ご挨拶 昨今の医療、特に循環器疾患においてはその進歩は目覚ましいものがあります。たとえば虚血性心疾患に対するPCI・ステント・DCA治療、不整脈に対するカテーテルアブレーション・植込み型除細動器、そして心不全に対するペーシングによる非薬物治療などです。当グループでは、循環器外科グループとの相互協力と緊密な連携により、これらの高度最新医療を次々に導入し研鑚を続けており、虚血性心疾患、高血圧、心不全、不整脈、心筋症、弁膜症、先天性心疾患はもとより、閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患、肺高血圧など、あらゆる循環器疾患に対応しております。また、いつでも緊急心臓カテーテル検査が可能な体制をとっており、緊急例、重症例に対応していきたいと考えております。循環器疾患は生活習慣病であると同時に、緊急性の高い疾患であるため、その診断と治療に際しては、地域医療機関との連携が必要不可欠であると考えております。
Copyright(C) Tsukuba University Hospital,All Rights Reserved