筑波大学大学院 循環器内科

筑波大学大学院 循環器内科 〒305-8575つくば市天王台1-1-1 筑波大学医学系棟314 TEL 029-853-3143 FAX 029-853-3143

TOP患者様へ代表疾患の説明 > 治療法

患者様へ

治療法


■治療法

狭心症や心筋梗塞の治療法には、薬物療法や冠動脈バイパス術、そして、PTCAという方法があります。


 ・ 薬物療法

冠動脈をひろげたり、血管のれん縮を予防するためのお薬や心筋酸素需要を減少させるためのお薬、動脈硬化の進行を抑制するお薬、血栓をつくりにくくするお薬を組み合わせることにより、症状の改善を計ります。


 ・ PTCA

経皮的冠動脈形成術(風船療法)といわれている治療法のことです。冠動脈が狭くなったり、つまっている部分をバルーン(風船)のついた細い管(バルーンカテーテル)を使って広げる治療のことです。
冠動脈の狭くなった部分をバルーンを膨らませ血管の壁面を外側に押し広げます。このようにして狭くなった部分が改善されます。
詳しいことは、次の4つに分類されます。


<経皮的冠動脈形成術>

バルーンカテーテルによる風船療法

STENT植え込み術

DCA(動脈硬化の部分を削り取ってしまう方法)

ロータブレーター(動脈硬化の部分を粉砕する方法)

 ・冠動脈バイパス術

冠動脈の狭くなった部分、またはつまっている部分に自分の血管を用いて迂回路(バイパス)をかけて血液の流れる新しい血管路をつくる手術です。
バイパスの一端を大動脈に縫いつけもう一端を狭くなった部分、またはつまっている部分を飛び越えて冠動脈に縫いつけます。これで、血液は大動脈から狭くなった部分、またはつまっている部分を飛び越えて流れるようになります。


虚血性心疾患  不整脈  心不全 

Copyright(C) Tsukuba University Hospital,All Rights Reserved