筑波大学大学院 循環器内科

筑波大学大学院 循環器内科 〒305-8575つくば市天王台1-1-1 筑波大学医学系棟314 TEL 029-853-3143 FAX 029-853-3143

TOP患者様へ 代表疾患の説明治療法 > 心不全の原因は?

患者様へ

心不全

心不全とは何ですか? ・ 心不全の原因は?  ・ 心不全の危険性が高い人はどういう人?
心不全の症状にはどういうものがありますか? 
心不全はどうやって診断するのですか? ・ 心不全はどうやって治療するのですか? 
心不全を予防するにはどうすれば良いの? ・ Key Point キーポイント

■心不全の原因は?

心不全は、心筋に損傷を与えたり、心臓を過剰に働かせる病気が原因となって発生します。最初、心臓はいろいろな負荷に逆らってがんばって血液を送ろうとしますが、時間とともに弱ってしまい、身体が必要なだけの血液を送ることができなくなってしまいます。

  心不全の代表的な原因

・虚血性心疾患
・高血圧
・糖尿病

狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患は最も多い心不全の原因疾患です。虚血性心疾患の患者さんは心不全を合併する危険性が非常に高く注意が必要です。
心不全の大部分の患者さんは高血圧を合併しています。また、アメリカでは心不全の患者さんの約1/3に糖尿病が合併しているそうです。

心不全はこの他にも…

1.心筋症 (心筋自体の病気)
2.弁膜症
3.不整脈
4.先天性心疾患・心奇形

などによる心臓の異常でも発症しますが、このような心臓自体の疾患だけでなくて

5.悪性腫瘍に対する化学療法・放射線療法
6.甲状腺機能亢進症・バセドウ病
7.アルコール
8.HIVなどのウイルス感染症
9.コカインなどの違法な薬物中毒

などの全身性の疾患でも発生します。その場合には心臓だけではなくてそれぞれの疾患の治療も同時に平行して行わなければなりません。


虚血性心疾患  不整脈 心不全 

Copyright(C) Tsukuba University Hospital,All Rights Reserved