1. ホーム
  2. 医学生・研修医の皆さんへ

医学生・研修医の
皆さんへ

病院見学のお問合わせ先

筑波⼤学附属病院 循環器内科 ⼩松雄樹

Mail:yuki.komatsu@md.tsukuba.ac.jp
TEL:029-853-3143

筑波大学附属病院 総合臨床教育センター

https://www.hosp.tsukuba.ac.jp/sotsugo/

教授あいさつ

将来どの科に進んでどのような医師になろう、どの病院で臨床研修を受ければ良い医師になれるだろう、みなさま悩みはたくさんあると思います。私は研修医のころ将来の道を決めるとき、循環器内科が患者さんの命にかかわる重要な仕事であり、診断から治療まで多くを自分達で解決できる点でやりがいのある科だと感じました。また、医師として全身を診る内科学に興味を持ち、できれば最先端の医学を学びたいと思い、総合力のある大学病院で研修する道を選びました。筑波大学循環器内科の特徴として、都心にも近い国立大学であり最新の医療、研究を学べること、医師の数も多すぎず一人ひとりに目が行き届き、かつ若手にもたくさんチャンスがあるといった特徴があります。また、スタッフも臨床、研究の各分野で優れたキャリアを持つ医師がそろっており、個々の希望に沿った専門領域を伸ばす後期研修にも最適な病院だと感じています。私は、就任以来、温かいスタッフ、大学・病院関係者のみなさまに支えられ、そして、若くて元気な学生さんや先生方からエネルギーをもらい、毎日楽しく仕事をさせていただいております。これから一緒に仕事をしていくうえで大事にしたいことは、みなが楽しく幸せに働ける環境を提供することです。それが患者さんへの良い医療や素晴らしい研究成果につながっていくと信じています。このような筑波大学循環器内科に少しでも興味のある方はぜひ気軽にお問い合わせください。

筑波大学 医学医療系 循環器内科教授 家田真樹

筑波大学附属病院 循環器内科の専門研修について

内科専門医・循環器専門医を同時に取得できます

2018年度にスタートした新専門医制度では、基本領域(内科や外科、小児科など)の専門医取得のため、3年以上の専門研修プログラムを修了する必要があります。しかし、内科専門研修中に、内科系サブスペシャリティ専門研修(循環器専門研修など)を並行して行うことができるため、従来の卒後研修期間でサブスペシャリティ専門医まで取得することが可能です。

すべての内科疾患群の症例を網羅することができます

専門研修では、附属病院での循環器内科研修だけでなく、大学内の他の内科診療グループや、茨城県内の各連携施設でも研修できるため、すべての内科疾患群の症例を網羅することができます。

大学でしかできない経験を積むことが可能です

循環器診療において、専門性の高い検査や手技・治療の習得や、難病・希少疾患患者の診療など、大学でしかできない経験を積むことができます。

学会発表・論文発表の指導が受けられます

専門医取得に必要となる学会発表・論文発表について、経験豊富な指導医によるきめ細やかな指導が受けられます。多くの専攻医や研修医の先生が学会発表を経験しています。

様々なキャリアに合わせたサポートを行っています

専門医取得だけでなく、大学院での博士号の取得や海外留学の支援、出産育児支援など、皆さんの今後の様々なキャリアに合わせたサポートを積極的に行っています。

ページトップへ
ページトップへ