研究実績 > 学会発表 > 2013

  1. 中田由夫. メタボリックシンドローム予防・改善のための食事と運動. 第34回医療体育研究会・第17回日本アダプテッド体育・スポーツ学会・第15回合同大会, 宮城, 2013.12.7-8.
  2. 伊藤敦夫, 澤田賢則, 柳健一, 橋本幸一, 坂根正孝. 薬物・機器組み合わせ製品に関する体系的ガイドライン素案作成の試み. 第35回日本バイオマテリアル学会大会, 東京,2013/11/25-26.
  3. Irie S, Kamibayashi K, Eguchi K, Kubota S, Ariyasu R, Ueno Y, Kawamoto H, Matsushita A, Kadone H, Nakata Y, Sankai Y, Sakane M. Muscle activity in the lower limb during robot-assistive walking training using the Hybrid Assistive Limb. Neuroscience 2013, San Diego, 2013.11.9-13.
  4. 藤江敬子, 橋本幸一. 都道府県別データから見た市民によるAED使用除細動実施に関連する因子. 第62回日本農村医学会学術総会, 福島, 2013.11.7-8.
  5. 入江駿, 上林清孝, 江口清, 久保田茂希, 有安諒平, 上野有希子, 河本浩明, 松下明, 門根秀樹, 中田由夫, 山海嘉之, 坂根正孝. 装着型ロボットHybrid Assistive Limb(HAL)を用いた歩行訓練時における歩容の変化. 第29回日本義肢装具学会学術大会, 佐賀, 2013.10.26-27.
  6. 久保田友二, 馬見塚尚孝, 芋生祥之, 柏俊一, 椎名逸雄, 万本健生, 平野篤, 藤江敬子, 橋本幸一, 中田由夫, 坂根正孝, 山崎正志. 6分間歩行負荷試験を用いた腰部脊柱管狭窄症患者の歩行能力評価 文部科学省新体力テストの日本人健常値での正規化. 第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 熊本, 2013.10.25-26.
  7. 中田由夫, 井上茂, 大河原一憲, 岡浩一朗, 小熊祐子, 高田和子, 田中茂穂, 田中千晶. 質問紙で評価した身体活動ガイドライン達成者の活動レベルを加速度計で評価する. 第68回日本体力医学会大会, 東京, 2013.9.21-23.(プロジェクト研究発表)
  8. 額賀智恵子, 藤江敬子, 馬見塚尚孝, 中田由夫, 橋本幸一. 診療情報管理士がCRC業務を実施することによる自主臨床研究の効率化と質向上. 第13回CRCと臨床試験のあり方を考える会議, 千葉, 2013.9.15-16.
  9. 山口ひとみ, 石原恵, 飯泉祐一, 橋本幸一. 多施設共同自主臨床試験におけるCRC支援のあり方〜実施施設内の医療スタッフへのOJT教育を通して〜 . 第13回CRCと臨床試験のあり方を考える会議, 千葉, 2013.9.15-16.
  10. 有安諒平, 江口清, 上野有希子, 久保田茂希, 河本浩明, 中田由夫, 坂根正孝, 山海嘉之. 変形性関節症患者に対するロボットスーツHALを用いた訓練効果の検討. 第35回国立大学リハビリテーション療法士学術大会, 浜松, 2013.9.14.
  11. 澤田賢則, 伊藤敦夫, 柳健一, 小林文子,橋本幸一, 坂根正孝. 薬物・機器組合せ製品におけるレギュラトリーサイエンス−薬剤溶出性ステントの事例検討−. 第3回レギュラトリーサイエンス学会学術大会, 東京,2013/9/6-7.
  12. 江口清, 久保田茂希, 有安諒平, 中田由夫, 上林清孝, 河本浩明, 坂根正孝, 山海嘉之, 落合直之. 筋疾患患者における装着型ロボットHALを利用した歩行訓練についての予備的検討. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 東京, 2013.6.13-15.
  13. 江口清, 久保田茂希, 有安諒平, 中田由夫, 上林清孝, 河本浩明, 吉岡友和, 坂根正孝, 山海嘉之, 落合直之. ロボットスーツHALを用いた歩行練習を行った変形性膝関節症の一例. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 東京, 2013.6.13-15.
  14. 馬見塚尚孝,藤江敬子,椎名逸雄,平野篤,万本健生,橋本幸一中田由夫,坂根正孝. 腰部脊柱管狭窄症を対象としたチューリッヒ跛行質問票およびJOABPEQの内部一貫性. 第42回日本脊椎脊髄病学会, 沖縄, 2013.4.25-27.
  15. 中田由夫. 減量開始からの歩数増加がもたらすメタボリックシンドローム構成因子の改善効果. 第14回日本健康支援学会年次学術大会, 京都, 2013.3.7-8.
  16. 中山侑紀, 中田由夫, 川勝佐希, 青木拓巳, 大島秀武, 井門あゆみ, 石井好二郎. 国際標準化身体活動質問票(IPAQ)生徒期用の妥当性の検証. 第14回日本健康支援学会年次学術大会, 京都, 2013.3.7-8.
  17. 中田由夫. 3軸加速度計Active Style Proから評価した日米の身体活動ガイドライン達成状況の相違. 第12回日本体育測定評価学会, 神奈川, 2013.2.23.
  18. 土井麻理子,高木保子,慶野直人,田畑美奈子,藤江敬子,岡田昌史. EDCを利用した研究におけるクエリの記述疫学的検討. 日本臨床試験研究会第4回学術集会, 札幌, 2013.2.7-8.
  19. Kubota S, Nakata Y, Eguchi K, Kamibayashi K, Ariyasu R, Kawamoto H, Sakane M, Sankai Y, Ochiai N. New technique for rehabilitation using the robot suit HAL: a feasibility study. Orthopaedic Research Society Annual meeting 2013, Texas, USA, 2013.1.26-29.
  20. 中田由夫. 減量後の体重維持に対するweb支援の効果検証―研究デザイン―. 第23回日本疫学会学術総会, 大阪, 2013.1.24-26.

関連部門

連絡先

筑波大学医学医療系
JA茨城県厚生連寄附講座
臨床研究地域イノベーション学
    〒305-8575
    茨城県つくば市天王台1-1-1
    TEL/FAX 029-853-3076

ページの上部へ