はじめに

救急医とは?

救急医とは、日本救急医学会HPによると下記の様に定義されます。
病気、けが、やけどや中毒などによる急病の方を診療科に関係なく診療し、
特に重症な場合に救命救急処置、集中治療を行う。
病気やけがの種類、治療の経過に応じて、適切な診療科と連携して診療に当たる。
救急医療の知識と技能を生かし、救急医療制度、メディカルコントロール体制や災害医療に指導的立場を発揮する。
つまり、重症度や診療科にかかわらず、いざという時に患者の状態を安定化させ、
必要な診療科に連携をとれる急性期治療のリーダーであり、オーガナイザーとなります。
救急医療・ICUがチーム医療の要といわれるゆえんです。



LinkIcon生命をつなぐバトンリレーが始まる (ハコヤ)

筑波大学附属病院救急・集中治療科の特徴とは?

当科スタッフは、救急専門医、循環器専門医、脳神経外科専門医、整形外科専門医、小児科専門医、
と多岐に渡る若手医師が集まっています。
そのため、小児から高齢者の患者さんに対して、内因性疾患から中毒・熱傷・外傷といった
外因性疾患に渡って、幅広く救急患者さんを受け入れています。
更にはwalk inの軽症患者さんから、心肺停止に至った超重症例まで、重症度も幅広く応需しています。
危機的な状況にある患者さんに対して、状態の安定化と診断を同時並行で進め、
重症症例は集中治療室で適切な診療科と連携しながら診療を進めます。
また四肢外傷や脳血管障害は、当科スタッフにて手術や血管内治療を実施します。
当科では現在の救急医に求められる幅広いニーズのいずれもカバーできる研修ができるよう、
新専門医制度に対応したプログラムを作成しています。


LinkIcon総合臨床教育センター

研修カリキュラム

•現在の医療は高度専門分化が進み、救急医に求められる診療も、ER診療から集中治療、外傷診療、災害医療、医療安全・院内急変対応、ドクターヘリ・ドクターカーなど病院前救護活動、地域メディカルコントロール、など多岐に渡ります。救急医療は人々に密接した、社会に最も近い医療であるため、社会が変われば、救急医に求められるニーズも自ずと変化するためです。このため、一施設で研修を完了することが困難な時代であり、各々の施設の特徴を生かした施設間連携によって救急医として育っていく必要があります。当院は新しく開始される専門医プログラムの基幹施設として、茨城県内救命センター全6施設と連携し、また地域救急医療の核となる救急病院6カ所と連携し、現在の救急医療に必要なすべての研修が可能なプログラムを構築しています。茨城県地域枠研修生の義務年限にも完全にマッチさせたプログラムとなっており、茨城県内全救急施設を連携し、時代と社会のニーズに対応可能な“次世代型救急医”を養成するプログラムです。筑波大学そして、茨城県の救急・集中治療を発展させ、地域のみなさんが安心して住める、地域の最後の砦・セーフティーネットの構築に是非参加してください。皆様のお越しを首を長くしてお待ちしております。

詳細はこちら!!
筑波大学附属病院研修カリキュラムLinkIcon
茨城県内連携救急科専門研修プログラムLinkIconNew!!

施設見学の申し込み

見学のご希望、進路の相談は下記までお問い合わせ下さい。

E-mail: er-icuあっとまーくmd.tsukuba.ac.jp


研修終了者からのメッセージ

医師 A (14年目)

私が救急・集中治療部での研修を始めたきっかけは、大きな手術を受けた患者や重症患者の術後管理について学び、術後管理を見据えた術中管理を行いたいと思ったからでした。私は元々麻酔科医として研修を始めローテーションをしなかったため術後管理について漠然とした知識しか知らず、集中治療領域の研修は間近で術後管理を見る良い機会だと思ったのです。様々な分野を専門とする医師が力を合わせ厳しいと思われていた患者を救命し人として社会に帰していくのを見てこのチームの一員になりたいと思い、また、救急や集中治療を専門とする医師が地元茨城では特に少なく医師不足解消の一助となればと思いこの分野での診療を続けています。
当院の救急・集中治療部の特徴はやはり各診療科から経験を積んだ医師が集まってきているところだと思います。大学病院では複雑な基礎疾患をもつ患者が多く、そういった患者が他の疾患に罹患してしまった際にそれぞれどのレベルでバランスを取ればいいか判断に迷うことがどうしても出てきますが、循環器内科・外科や脳神経外科、整形外科、麻酔科、総合診療科といった各診療科で経験を積んできた医師同士で議論ができるためうまく乗り切れることが多くあります。また、同じ専門分野に属する医師だけで議論をしているとどうしても見方が偏ってしまうことがありますが、各診療科の先生と議論していると様々な視点があることに気付かされます。また、各検査や手技についても高いレベルで指導を受けることが出来るのも利点の一つだと思います。
当院の救急・集中治療部は出来てからまだ数年の新しい診療グループです。屋上ヘリポートや高気圧酸素治療装置の整備、救急や集中治療を専門に診療してきた先生方の加入、研修医の意見も取り入れての指導体制や勤務体制の整備など進化を続けています。私自身も新しい風に乗り遅れぬよう、チームの一員として誇りを持って診療にあたれるよう、日々精進しています。当科で研修し、救急、集中治療という非常にやりがいのある分野を共に支えてくれる医師が増えることを期待しています。

医師 B (6年目)

 私は、筑波大学附属病院救急・集中治療科で2012年度より後期研修医として診療に従事しております。
当科は、救急外来診療はもちろんのこと、院内の最重症例が集まる集中治療部門が充実しているのも特徴です。集中治療医学の主な目的は、中枢神経、循環動態、呼吸状態、すなわち「脳機能全般」、「心機能、血管抵抗、水分量」、「換気、酸素化」の最適化ですが、その応用領域は全身性炎症反応症候群(SIRS)、多臓器不全、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)のような特殊重症病態の治療をはじめ、多岐にわたります。高ストレス下にある生体の恒常性を維持するために適切な治療技術を提供し、短期、中期、長期的予後を常に見据えながら診療を行います。
大学病院の特徴として、単純な敗血症や呼吸不全、外傷のみならず、造血幹細胞移植後のSIRSやGVHD、自己免疫疾患など、実に多岐にわたる疾患が治療対象となっている点が挙げられます。いずれも治療が難しい症例ですが、丁寧に向き合うことで、他では得られない知識、技術が確実に習得されていくのを実感します。外科学、内科学、小児科学、麻酔科学などに高い専門性を有する指導医達との距離も近く、丁寧な指導を受けながら、各疾患領域の連関を非常によく理解した上で、安心して研修を行うことができます。技術習得を目的とした院外派遣にも積極的なプログラムであり、私も国内医療機関にて心臓血管外科を研修し、海外医療機関にて膜型人工肺の勉強をするなど、非常に貴重な経験を得ることができました。
ここで得られる知識や技術は、臨床医学に限らず、様々な分野に役立つものと思います。将来の目標が定まっている人も、あるいは迷っている人も、一度、診療領域の枠を超えた病態制御を経験してみませんか。

レジデントからのメッセージ

シニアレジデント(卒後3年目) 朴 啓俊

 私は,2017年度より,筑波大学附属病院 救急・集中治療科 後期研修医として診療に従事しています.また,当院が基幹施設となって新しく始まった『茨城県内連携次世代型救急専門医育成プログラム』の1期生です.
 私がこのコースを希望した理由は,臓器に関係なく,生命に関わるような重症病態に対応できる能力を身につけたいと思ったことにあります.初期研修中には受け持った担当患者さんが重症化する場面に少なからず遭遇しましたが,普段から重症病態を多く診ている状況ではなく戸惑ったことを覚えています.重症病態では臓器別のアプローチだけでなく,複数の臓器にまたがった全身管理としての視点が重要で,専門的なトレーニングが必要だと強く感じています.当科の研修では,そうした集中治療の専門的なトレーニングを存分に受けることができます.
 また,救急外来の対応も重要な研修現場です.軽症から重症まで,若年者から高齢者まで,多種多様な患者さんに対して緊急度を考慮しながら適切に対処できる能力を身につけるべく,日々研修しています.救急は医療の中で社会に最も近い分野の1つであり,ドクターヘリやドクターカーによる病院前救護や災害時の災害派遣医療チームといった病院の外での活動にもつながっています.指導医の先生方は多種多様な分野で活躍されており,私自身も日々そうした刺激をもらいながら研修を行っています.
 救急・集中治療は多様な可能性を持った分野であり,その後の進路も極めて多種多様だと思います.当科での研修は,茨城県内の多くの施設と連携しており,個人の希望に合わせて研修内容をカスタマイズできるのも大きな特徴です.救急や集中治療に少しでも興味のある方は,ぜひ一度ご相談ください!