PICUにおけるせん妄、痛み、離脱症状



「小児集中治療におけるせん妄、痛み、離脱症状に関する研究」

 筑波大学附属病院小児集中治療室では、標題の臨床研究を実施しております。
本研究に関する問い合わせ、または研究への参加を希望しない場合は、担当者までご連
絡をお願いいたします。本研究の概要は以下のとおりです。
【研究対象】
研究対象は、2016年8月1日から2021年8月1日までに当院の小児集中治療室に入室した患者様です。

【研究の意義・目的】
 せん妄は手術や病気のなどの影響により、意識が変調する症候群の一つです。成人患者では、せん妄が長期的な予後に影響していることから、せん妄を評価されています。これまで小児患者のせん妄を評価できるツールがなく、小児せん妄に関する調査はほとんど行われていませんでした。近年海外で、小児せん妄ツールが開発され、簡便に評価できるようになりました。しかしながら、小児せん妄ツールは日本語訳され、使用されているものはありません。そのため、当施設は小児せん妄ツールを日本で使用できるように研究を行っております。精神科医のせん妄の診断結果と、小児せん妄ツールの結果を比較して、日本で小児せん妄ツールが使用できるか評価します。

敗血症



使用モデル
リポポリサッカライド(LPS) 投与モデル
Cecal Ligation Puncture (CLP)モデル
予後予測因子および新治療法の検討を行う

•交感神経の抑制と炎症性サイトカインあるいは、内皮機能と炎症性サイトカインの関係に着目して研究と進めている
•LPS投与敗血症モデルラットに対して、ランジオロール(短 時間型β1選択的遮断薬)の投与は末梢循環不全を改善した。
・腎臓への直接の抗炎症作用を示すデータを示した
・敗血症に関連したICU-AWの予防に関する研究を進めている。

International Emergency Medicine
(開発途上国における救急医療システムの構築支援)




近年、開発途上国においては、交通外傷や心疾患・脳卒中等の非感染性疾患の急激な増加が認められる。また同地域においては自然災害や感染症の流行等の公衆衛生危機に曝される事も少なくない。しかしながら、同地域における救急医療システムの整備は先進国と比較し大幅な遅れを取っている。
上記の背景を踏まえて、当科ではASEAN諸国を中心に開発途上国に対する継続的な支援実施による、防ぎ得た死亡の減少、後遺症の軽減を目指した活動を展開している。

・人材育成(研修受け入れ、専門家派遣)
国立国際医療研究センター病院(救命救急センター)、国士舘大学大学院(救急システム研究科)等の国内機関と連携して、新興メコン諸国(ラオス、カンボジア等)からの研修生受け入れ、現地への専門家派遣を通じた、救急医療人材育成に関するプロジェクトを実施している(医療技術等国際展開推進事業など)。
また、ソウル大学校、シンガポール国立大学、国立台湾大学等の海外機関と連携して、ASEAN諸国における救急・災害医療に関する標準化コースの実施、救急医療の質向上を目指した活動を行っている。
*海外からの医療関係者(医学生含む)が当科での研修受入れを希望される場合、まずは当院の国際医療センター(http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/imc/)までご連絡ください。

・研究活動
本学の国際社会医学研究室と連携して、開発途上国における効果的な救急医療システムの構築による交通事故死減少に関する研究を行っている。
アジアにおける外傷死減少を目指した多施設多国間共同研究 Pan-Asian Trauma Outcome Study (Asian Association for EMS学会主導)にも参加している。

近赤外線(NIRS)を用いた心肺停止患者の評価



心肺だけでなく「脳」機能が回復しなければ、 「人を助けた」とはいえません。
心肺は臓器移植できますが、脳は臓器移植 できません。「脳」蘇生ができるかが重要です。
今まで心肺蘇生中に脳機能評価は不可能でしたが、
世界初のリアルタイムに脳血流・機能を評価できる機器を開発、臨床使用や動物実験をしています。
「リアルタイムで行うオーダー メイド蘇生」の実現に向けてチャレンジします

HALを用いた重症患者の早期・身体的リハビリテーションの検討





呼吸管理に関する研究

ARDS(呼吸窮迫症候群)は死亡率の高い非常に予後の悪い疾患 です。しかし、その原因も解明されておらず、確かな治療法もありません。臨床現場では、呼吸管理のみが重要な対症療法と言え ます。一方、喀痰の排出のできない人工呼吸患者において定期的に 行われる気管吸引により、肺胞気の吸引による気道内圧の低下や肺胞虚脱がおこり、人工呼吸中の肺合併症であるVentilator induced lung injury(VILI)を引き起こします。痰の吸引方法、理学 的な手法などを導入して、ARDSモデル動物を用いて、その効果を 比較します。

二酸化炭素中毒



致死レベルの二酸化炭素中毒が体に及ぼす影響は、
まだ、わかっていません。
閉鎖空間 でCO2の濃度を調整して中毒モデル動物を作成し
研究を行っています


ECMOプロジェクト

筑波大学附属病院では重症呼吸不全(呼吸状態の重篤化により、人工呼吸管理などの高度な集中治療を要する状態、ARDSを含む)に対して、様々な条件の人工呼吸を用いた治療に加えて、体外心肺装置を用いた治療を行っています。これらの装置はExtracorporeal membrane oxygenation(ECMO)とよばれ、機械が心臓と肺の役割を果たします。具体的には、ポンプで体内から血液を膜型の人工肺に誘導し、十分な酸素を付与して体内に戻す装置です。
 これまで日本国内では、対応できる施設が限られ、症例数も少ないため、このECMOを用いた治療成績が未だ明らかにされておりませんでした。そこで、日本呼吸療法学会が主導して、『ECMOプロジェクト』を計画しております。これは全国のECMO症例をデータベースに集めて、日本独自の成績と問題点を抽出し、重症呼吸不全に対するECMO治療成績向上をもたらすECMO管理システムを構築することを目的としたプロジェクトです。筑波大学附属病院は本プロジェクトに参加しています。
 治療上ECMOが必要になった患者様の貴重な臨床データについて、日本国内におけるECMO治療の現状の把握と、治療成績の向上のため、本データベースに登録させていただきたいと考えております。