ER (救急外来)

救急診療体制

当院は大学病院の特色を生かし、夜間帯も救急部のみならず、眼科、精神科も含めた多様な科が当直しており、専門的な救急診療も可能な体制を整えています。診療体制の特徴は下記の通りです。

  1. 汎用性 救急患者の初期診療は基本的に救急科が行っています。大学病院特有の様々な症例を経験することができます(小児・産科は除く)
  2. 専門性 様々な専門診療科が休日夜間も当直またはオンコール体制をとっており各グループの協力により専門的治療を行うことが可能です。
  3. 迅速性虚血性心疾患・末梢血管疾患・脳卒中(脳梗塞・脳出血)などの様々な血管疾患に対して手術を含めた治療を迅速に行うことが可能です。

実績


  • 経験可能な主要な救急手技:
  • ACLS、緊急気管挿管、胸腔ドレーン挿入、骨折整復・牽引・固定、気管挿管、創傷処置、消化管除染、CVカテ−テル挿入、Aライン挿入、腰椎穿刺、PCPS、骨髄路確保、同期電気ショック、緊急ペーシング

ICU/HCU

重症病棟診療体制

ICU 12床
HCU 28床

救急外来や病棟急変後に入室した重症患者は当科が主体となり、各診療科と協力しながら診療を行っています。
また、急性期の術後患者に対しても積極的な関わりをもち、安定した術後経過をたどれるようにサポートしています。

急性期管理を脱した後は、該当科があれば該当科での治療を継続し、ない場合は当科で退院まで診療する場合もあります。
重症病棟以外での事象に関してもRST(Respiratory Support Team)、RRT(Rapid Response Team)などの中心的な
役割を担っています。

実績

症例(併診は除く)

手技、デバイス、特殊治療

緊急気管挿管、CVカテーテル挿入(エコーガイド下)、気管切開(外科的/経皮的)、胸腔ドレナージ、腹腔穿刺
人工呼吸管理、ICPモニタリング、膀胱内圧モニタリング、IABP、PCPS、ECMO、CHDF、低体温療法、高圧酸素療法

小児ICU

診療体制

8床 (オープン床 6床 個室 2床)
小児科、小児外科、循環器外科、脳外科をはじめ、当院で診療する小児重症患者は小児ICUで治療を行われます。
また、新生児症例でも血液透析、体外補助循環を行う可能性のあるケースなどは小児ICUでの治療が考慮されています。

当科も各診療科とともに、重症小児患者の診療に関わっています。


LinkIcon筑波大学附属病院 小児ICU



実績

入室患者数 233(例)
人工呼吸 93(例)、vaECMO 4(例)

心臓外科術後 65(例)
転院 26(例) 
救急外来からの直接入院 48(例)
(2013年)



研修施設認定

専門医施設認定

救急科専門医指定施設
集中治療専門医研修施設

熱傷学会熱傷専門医認定研修施設
呼吸療法医学会 専門医研修施設

内科学会認定施設
循環器学会認定施設
脳神経外科学会専門医訓練施設
整形外科学会臨床研修施設
小児科学会専門医研修指定施設

レジストリー参加

日本外傷データバンク(JTDB)
ECMO プロジェクト
日本重篤小児診療レジストリ(JaRPAC)