受診を希望される患者さんへ

対象疾患

どんな病気を治療しているの?

私たちが治療させて頂くのは、お腹の中にあり食べ物を消化して栄養分を吸収する事にに関わっている”消化器”に起こった病気です。すなわち、食道、胃、小腸、大腸、直腸、肛門といった消化管、もしくは肝臓、膵臓、胆嚢・胆管に出来た病気の中で、手術療法が治療の中心になる病気です。私たちの病院は特定機能病院に指定されており、胃がん、大腸癌はもとより、食道癌、膵臓癌、肝臓癌、胆道癌、肝移植など、中小規模の病院では対応が難しい病気の治療に積極的に取り組んでいます。

当科で行った手術件数

臓器 手術 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
食道 食道手術 13 17 23 25 21
その他 3 5 0 12 8
幽門側胃切除・幽門保存胃切除 開腹 31 28 38 24 12
腹腔鏡 0 0 10 21 21
噴門側胃切除 3 3 5 7 5
胃全摘(残胃全摘) 10 24 18 15 13
腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS) 0 0 0 4 5
その他 2 8 8 11 7

大腸

小腸

小腸切除 開腹 5 5 6 10 5
腹腔鏡 0 2 0 3 1
結腸癌手術 開腹 32 29 39 17 17
腹腔鏡 1 12 25 42 45
直腸癌手術 開腹 16 24 10 21 16
腹腔鏡 0 5 9 18 27
炎症性腸疾患 開腹 6 3 4 3 6
腹腔鏡 1 1 0 2 0
その他 19 34 30 41 51
肝臓 肝切除 開腹 27 28 47 48 40
腹腔鏡 0 0 0 1 15
その他 2 1 7 4 6
胆道 膵頭十二指腸切除術 7 3 13 12 8
肝門部胆管癌手術 3 1 7 4 1
胆嚢癌手術 7 4 3 5 5
その他(悪性) 3 1 5 0 1
胆嚢摘出(良性) 開腹 8 8 5 14 10
腹腔鏡 16 20 23 23 28
胆管切開 2 1 4 2 1
その他(良性) 3 3 2 3 1
膵臓 膵頭十二指腸切除 21 17 25 16 13
膵体尾部切除 開腹 13 6 9 13 9
腹腔鏡 0 0 0 0 1
その他 11 4 4 7 7
脾臓 脾臓摘出 開腹 6 3 2 1 0
腹腔鏡 0 1 5 1 4
移植 肝移植ドナー 2 0 0 1 0
腎移植 2 1 3 3 10
その他 鼠径ヘルニア 22 16 28 34 28
虫垂炎 開腹 5 8 8 6 13
腹腔鏡 0 0 0 2 1
痔・痔瘻 5 2 2 8 2
その他 50 61 57 63 94
合 計 357 389 484 547 568

 

食道

寺島秀夫,久倉勝治,小川光一 が中心に担当しております.

 高度先進医療機関の食道外科として,特殊な疾患も含め,外科治療が必要となる“すべての食道疾患”に対して万全の手術が実施できる体制を整えております.取り分け,食道癌の集学的治療に力を注いでおります.

(1) 手術単独治療により治癒可能な症例を正確に選別し,科学的根拠にもとに手術単独で治癒に導く

 私どもの指針として,リンパ節転移個数5個以内であることを手術治療の対象にしてきました.私どもの食道癌治療戦略と成績を示します.

食道癌

 抗癌剤や放射線による後療法を受けることなる手術単独で治癒できれば,患者さんにとっては最良の治療となります.

(2) 嚥下機能と自律神経を温存した独自の術式により術後の回復を促進

 生理機能の温存(特に嚥下機能)・安全性・根治性の3条件を満たす手術方法を独自に考案し,実践しています.術後在院日数は平均17日です.

(3) 腹腔鏡手術の導入

 食道癌術後は肺炎を合併することが多くその治療に難渋しますが,腹腔鏡を用いて腹筋が温存されることで術後もしっかりとした咳が可能となり,肺炎の頻度を減少させることができます.

(4) 高度進行食道癌に対する集学的治療

 食道癌に対する治療で最も成績が良いのは外科治療,という利点を生かし,通常切除不能と判断されるような症例に対しても,化学放射線療法(CRT)⇒手術といった集学的治療法に着目しております.手術とCRT相互の利点を生かした効果が期待されます.

(5) 合併症併存患者・高齢者に対する外科治療

 食道癌治療では,近年,低侵襲治療とされる根治的化学放射線療法が多く導入されています。ただし,未だ根治的化学放射線療法は,癌に対する治療の成績が外科治療に劣ることや,治療に難渋する副作用を呈することがあることがわかってきています.他疾患併存患者や高齢者においても,全診療科を併設する大学病院の特色を生かし,可能な限り外科手術を視野に入れた治療を行っています.

食道癌は無論のこと,食道憩室,アカラシア,食道裂孔ヘルニア,腐食性食道炎など,食道疾患全般に対しても,専門施設ならではの外科治療を積極的に行っています.

 

明石 義正,小川光一  が中心に担当しております。

  • 積極的に取り組んでいる疾患: 胃がん、GISTなど腫瘍性疾患

 ■ 診療について

 2013年の1年間,当科で外科手術を行った胃の疾患は,胃がん(食道胃接合部がんを含む)69例,胃粘膜下腫瘍(GIST)2例,良性疾患1例でした.外科治療の主な対象である胃がんは,部位別がん死亡数が2位(2012年:約5万人)と頻度が高く,未だに日本人を悩ませる主要ながんの1つです.当科では胃がんを中心に年間60-70件の手術を実施しております(図1).

図1 年度別胃がん手術症例数(2007-2013年)

年度別胃がん手術症例数

当科の外来を受診されましたら,まず胃がんの病状・病期(進行度)の診断のため,上部消化管内視鏡検査(胃カメラ,超音波内視鏡),上部消化管X線検査(バリウム),CT検査,超音波検査などの精密検査を行います.

その結果を元に,毎週実施している消化器内科医(内視鏡医・腫瘍内科医),放射線診断医,病理医との合同カンファレンスによって協議し,それぞれの患者さんに最も適した治療法を検討します.その結果,内視鏡下切除(EMR, ESD),化学療法の適応となる場合には内科医と連携して治療を進めます.

 

 ■ 外科治療・当科の特徴について

外科治療は患者さんの身体に人為的に傷をつけ,負担をかける治療ですから,「がんを治す」こと,つまり根治性を何よりも重視して治療にあたっております.それを基本として当科の外科治療には以下のような特徴があります.

1)高齢者・併存疾患を有するハイリスク患者さんの外科治療

胃がんはピロリ菌感染者の減少により若年人口においては今後減少していくことが予測されています.一方で,胃がん患者の高齢化が進んでおり,高血圧や糖尿病・心疾患などの併存疾患を抱えたハイリスク患者さんが増加しています.我々は総合病院の特徴を活かし,各分野の専門家のサポートを得ながらハイリスク患者さんに対しても適切なリスク評価を行った上で,外科治療を安全に実施しております.

2)患者さんの負担軽減を目指した腹腔鏡手術・機能温存手術

胃がんに対する腹腔鏡手術は2000年代初頭より右肩上がりに増加しています.腹腔鏡手術には,傷が小さいために術後の痛みが少ない,回復が早い,整容的に優れる,拡大したハイビジョン映像により精緻な手術・リンパ節郭清が行えるといった利点があります(図2).

図2 腹腔鏡手術の特徴

腹腔鏡手術の特徴

我々は「がんの根治性」,「患者さんの安全性」を追求する立場から,これまで腹腔鏡手術の導入に慎重であった経緯があります.しかしながらこの数年で,“早期胃がん”に関しては従来の開腹手術と遜色のない治療成績が報告されて参りましたので,当科でも国内有数の癌専門施設で研修を積み,腹腔鏡手術に習熟したスタッフ(日本内視鏡外科学会技術認定医)を2013年より加えて,現在はStageⅠA・ⅠBの早期胃がんを対象に積極的に腹腔鏡手術を行っております.

また患者さんの病状に応じて,手術後の生活の質(QOL: quality of life)を維持するための機能温存手術(幽門保存胃切除,迷走神経温存)も行っております.

当院で2006年から2010年までに胃がん手術治療を行った患者さんの治療成績は図3の通りです.

図3 2006〜2010年 胃がん手術治療成績(数字は5年生存率,胃癌取り扱い規約第14版)

胃がん手術治療成績

ご自身,ご家族,お知り合いが胃の病気でお悩みの時は,遠慮無く我々のグループにご相談下さい.

 

大腸・小腸・肛門

榎本剛史,大原佑介 が中心に担当しております。

  • 積極的に取り組んでいる疾患:
     直腸癌,結腸癌,炎症性腸疾患

    特に腹腔鏡下手術に積極的に取り組んでいます.

  • 当科ではあまり治療していない疾患:
     痔ろう,直腸脱
当科における大腸癌に対する外科治療

 茨城県内でも数少ない内視鏡外科学会技術認定医のもとで,安全で確実な大腸癌治療を心がけています.昨年度は76例の大腸癌手術中,腹腔鏡手術は28例(36%)であり,現在は,進行結腸癌・直腸癌にも対応しています.

 また,直腸癌では,術後に排便・排尿・性機能障害など,手術の後遺症に悩まれる患者さんも少なくありません.そのような場合でも,リハビリテーションやカウンセリングなど,細やかにサポートするスタッフがいるため,ご相談にいつでも応じることができます.また,病気のためやむを得ず人工肛門となった場合は,専任の皮膚排泄ケア認定看護師によるストーマ外来も行っています.当院で造設された方のみならず,門戸を大きく広げておりますので,人工肛門関係でお困りの場合はご連絡ください.
炎症性腸疾患

 潰瘍性大腸炎では,J型回腸嚢肛門管吻合を中心に行っています.2005年以降27名の方にこの手術を行ってきましたが,排便機能は良好で,残存直腸炎や回腸嚢炎といった後遺症は14-22%程度でした.炎症性腸疾患は,術前から術後を通して食事・生活・内服治療など内科的治療が重要なため,消化器内科の専門医と連携して診療に当たっております.

大腸癌成績

肝臓

大河内信弘,倉田昌直,高野恵輔,高橋一広 が中心に担当しております。

  • 積極的に取り組んでいる肝疾患
     肝細胞癌,大腸癌肝転移,その他の肝腫瘍,多発性肝嚢胞,肝膿瘍,肝内結石症
  • 当科ではあまり治療していない肝疾患
     急性肝炎,劇症肝炎,慢性肝炎,門脈圧亢進症

 

 私たちは主に肝臓がんの切除術を行っています.主な疾患は肝細胞癌および大腸癌の肝転移です.肝細胞癌は慢性肝疾患のある方に発生する腫瘍で,その原因はC型肝炎ウイルス,B型肝炎ウイルス,アルコール,脂肪性肝炎などがあります.もともと肝臓の機能が悪いので肝細胞癌の治療として切除を行うかどうかはよく考えなければなりません.癌を切除したけれども,手術後に腹水がたまり,日常生活に支障が生じるといったことがあるからです.最悪の場合には命を落とすこともあります.肝細胞癌の治療法は切除以外にラジオ波焼灼術,肝動脈化学塞栓療法があり,筑波大学では特殊な治療として陽子線治療を行うこともできます.それぞれの治療には特徴がありますので,患者さんにはその利点や欠点をよく理解して頂いて,一緒に治療法を考えていきます.
 当科で過去10年間(2004〜2013年)に肝細胞癌に対する肝切除術を受けた患者さんは約160名おられます.その内,退院できずに亡くなられた方は3名です(在院死亡率は1.9%).手術後6割の方は2週間以内に退院することができました.1割の方は1ヶ月以上の入院を必要としました.肝細胞癌の切除術後5年生存率は56%です.


 YouTubeで解説をしておりますので,ご参照下さい(OCW Tsukuba)。
 【肝細胞癌総論】http://www.youtube.com/watch?v=vsJsY_G1Q8Q
 【肝切除術】http://www.youtube.com/watch?v=Ye1Iiu74Hes

 大腸癌の肝転移は切除することができれば余命が延びることが分かっていますので,切除ができるかどうかを皆で知恵をしぼって考えます.門脈塞栓術という切除前の処置を行うこともあります.また,抗癌剤治療を行って,癌を小さくしてから切除することもあります.筑波大学の消化器内科は抗癌剤治療を得意としているので,私たち外科医にとっても頼もしい存在です.当科の過去10年間(2004〜2013年)の大腸癌肝転移に対する肝切除術は90例です.退院できずに亡くなられた方は1人おられ,大腸癌肝転移の術後在院死亡率は1.1%となります.手術後半数の方は2週間以内に退院することができました.2割の方は1ヶ月以上の入院を必要としました.入院が長くなった方のほとんどは大腸癌と肝転移を一緒に手術した方です.2カ所を同時に手術すると体力が落ち,術後の合併症の危険性が高くなります.このようなことを含めて,手術前に患者さんとご家族と良く話し合い,治療方法を決めていきます.

肝切除件数の推移

肝切 生存率

 

胆道

倉田昌直 が中心に担当しております。

  • 積極的に取り組んでいる疾患:
     胆道がん(肝門部胆管がん,胆嚢がん,胆管がん,ファーター乳頭部がん)
  • 良性疾患:
     胆のう結石,総胆管結石
  • 当科ではあまり治療していない疾患:
     胆道ジスキネジー

 胆道がんは,肝臓で作られた胆汁の通り道にできるがんで,大きく胆のうがんと胆管がんに分けることができます.胆のうは胆汁を濃縮して貯留する臓器で,胆管は胆汁の通る管です.十二指腸の出口はファーター乳頭部と呼ばれ,ここにできるがんはファーター乳頭部がんと呼ばれます.胆道がんの治療には以下の4つの治療法があります.1. 手術,2. 抗がん剤による化学療法,3. 放射線治療,4. 胆道ステント.がんを治すには手術で切除する治療が唯一の治療法で,その他の治療法で癌を治癒させることは難しいのが現状です.胆道がんは肝臓,膵臓,十二指腸に近接しているため,進行したがんではこれらの臓器を一緒に切り取る手術が必要なことがあり手術は難しく大きな手術となることがあります.また患者さんの手術の負担も大きいことが多いです.私たちの科では過去5年間に66人の患者さんに胆道がん(肝門部胆管癌:11例,中下部胆管癌:31例,ファーター乳頭部癌:11例,胆嚢癌:13例)の切除手術を行ってまいりました.私たちの科では肝臓,胆道,膵臓の手術を専門にしている医師が揃っており,県内で有数の手術経験を持つ施設です.また,放射線診断医,消化器内科医との連携を密にすることで,すべての胆道がん患者さんの詳しい診断と最もふさわしい治療方針を立てております.これらの過程を踏んだ上で,患者さんとご家族に病状をいつも充分にご説明し,よく話し合って治療を決めています.セカンドオピニオンも受け付けております.胆道がんでお困りの際には,ぜひご相談ください.

胆石症

 良性疾患は主に腹腔鏡で手術を行っています.
 総胆管結石がある場合も,消化器内科医と協力して,術前に内視鏡的に結石除去を行い,その後に腹腔鏡で胆のうを摘出しております.

胆管癌生存局曲線

膵臓

小田 竜也,倉田昌直 が中心に担当しております。

  • 積極的に取り組んでいる膵疾患:
     膵がん、嚢胞性膵腫瘍(IPMN)、膵内分泌腫瘍、その他の膵腫瘍、慢性膵炎、外傷性膵損傷
  • 当科ではあまり治療していない膵疾患:
     急性膵炎

 がん患者さんの半分程度が5年後も元気に生活が出来ている現在において尚、なかなか治りにくいのが膵臓がんで、当科でも特に力を入れて診療にあたっています。膵がんに対する代表的な手術方法である、”膵頭十二指腸切除(PD)”は5〜8時間の手術時間を要する、お腹の手術のうち最も技術を要する術式の1つです。私どもはこの手術を2003年以降に120例以上を行ってまいりました。それ以外の術式を含めて、2007年度、2008年度の膵切除例は36例、37例で、茨城県内でも特に膵手術を多く行っている代表的な施設です。以前は術後のQOL(生活の質)が決して十分とは言えなかったPDも、今では術後4日目から食事を開始し、平均21日で退院して頂ける標準手術になってきました。1ヶ月程度で社会復帰して頂く事も多くなり、大部分の患者さんは3〜6ヶ月後には、ほぼ手術前の生活にもどっています。
 これからの膵臓治療に大切なことは、患者さんへの侵襲の大きさを勘案した“適切な手術治療”と、その他の抗がん治療(放射線、抗癌剤)のバランスの取れた組み合わせだと私たちは考えます。医学、科学がずいぶん進歩した現在においても、その“さじ加減”は医師の経験に依る所が大きい事も確かです。
 一方、“膵臓に影がある”と言われた場合でも、膵臓がん以外の色々な病気であることも多く、その場合には治療方法が全く異なりますが、区別はなかなか難しいものです。私どもは、検査、診断を専門とする放射線診断医、消化器内科医、さらに病理医と毎週、緊密な会議を開催して、全ての膵疾患の患者さんの治療方針を議論して決定しています。一人の医師の、ある時には少し思い込みによる治療方針の決定ではなく、多くの医師の冷静で客観的な目を通して、患者さん毎の治療方針が決められるのも、大学病院の大きな利点です。
 もし、ご自身、ご家族、お知り合いが膵臓の病気でお悩みの時は、遠慮無く我々のグループにご相談下さい。

 

移植

高橋一広 が中心に担当しております。

 当科で行っているのは生体肝移植と献腎移植(亡くなった方から提供された腎臓を移植すること)です。移植医療は通常の医療と異なる面がたくさんあり、考える時間も必要です。移植を考えていらっしゃるときには早めにご相談ください。