HOME > ご挨拶 > ご挨拶
ご挨拶
吉川先生

筑波大学医学医療系

産科婦人科学 教授

佐藤豊実

 産婦人科は、女性のライフサイクルと密接に関係のある診療科です。日本女性のライフサイクルは、ほんの数十年間に、大きな変化を遂げています。初経が早くなり、晩婚化し、子供の生みはじめが遅くなっています。また閉経後の人生も昔に比べずっと長くなりました。晩婚化、少子化は、子宮内膜症、子宮体癌、卵巣癌などの増加をもたらし、周産期医療でも、経産婦と初産婦の比率が変化し、帝王切開などの分娩の取り扱いにも影響が出ています。また、避妊を要する期間も長くなっています。平均寿命が延びたことにより、閉経後の女性はその後の人生について、健康に生きるための対策が必要になってきました。いずれにしても、女性のライフサイクルの変化は産婦人科医療にも大きな影響を与えており、期待される医療も変化し続けています。

 産婦人科全体で最も革命的変化があったのは、生殖医療(不妊症治療など)であり、特に体外受精は、かつて妊娠が困難であった不妊症をかなり克服してきました。また、腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術は、不妊症や生殖に関係の深い疾患の治療の浸襲を軽減し、入院期間も短縮しました。たとえば、排卵障害のある多嚢胞性卵巣は、以前は開腹して楔状切除をしていましたが、現在は腹腔鏡下卵巣多孔術で同じ効果が得られます。子宮形態異常の一つである中隔子宮も、子宮鏡下に治療できるようになっています。
 体外受精による年間出生者数は3万人以上となり、全出生の3%以上を占め、既に特別な治療ではなくなっています。体外受精には、新鮮胚を使うもの、凍結胚を使うものに加え、顕微授精があります。また、治療困難な男性不妊も顕微下に精子を胚の細胞質に注入することにより、成功率が向上しています。筑波大学でも新鮮胚、凍結胚による体外受精、顕微授精を行っています。
 生殖医学の課題として、第1には、妊娠を阻む要因となっている卵巣・卵子の老化、胚や配偶子の異常、排卵障害、受精障害、子宮内膜症、着床不全等を生殖補助技術の進歩により解決することがあります。第2には、生殖医療の進歩に伴い妊娠中のトラブルが発生しやすい高齢妊娠の増加への医学的・社会的(総合周産母子医療センターの人的充実を含む整備など)対策、また卵巣腫大、腹水・胸水貯留などを来し、心不全や塞栓症発生の危険のある病態である卵巣過剰刺激症候群への対策が重要です。第3には、日本では公認されていない減数手術、非配偶者間体外受精などの問題などについて倫理の確立と社会の合意が必要です。研究や議論への参加を通してこれらの課題解決を目指します。

 婦人科がん(主に子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん)治療の最近の進歩は、まず、手術範囲の適正化があり、卵巣癌および子宮体癌治療では、拡大により治療成績の向上する一方、初期癌での縮小、中でも若年者には妊孕性温存が進み、高齢者に多い外陰癌手術では、個別化、縮小化が進んでいます。癌化学療法も標準化が進んでいます。また、子宮頸部上皮内病変の管理も適正化し、治療を行う場合でもレーザー蒸散などは外来でも治療が行える場合があります。
 Evidence based medicine(根拠に基いた医療)を積極的に取り入れると共に、より意義があるエビデンスの構築をめざし、Clinical trial(臨床試験)を自らが中心的に計画実行し、有意義な多施設共同研究に積極的に参加しています。卵巣癌や子宮体癌の一部に存在する家族性・遺伝性腫瘍への対応も進み遺伝外来との共同診療体制も出来つつあります。
 婦人科がん治療の将来展望は、他科のがん治療と多くは共通するものですが、標準治療と先端的治療を区別した対応を徹底させることや、新たな治療の開発は婦人科がんでも必要です。また、現在、中心的な治療である手術、化学療法、放射線も、対象の選択や方法を、現在より個別化・適正化してゆく努力がいっそう必要になると考えています。また、そのような治療で発生する有害事象(副作用や合併症)を予防する努力もしております。近年導入されたロボット手術は患者さんの術後の負担を大いに軽減するものとして期待されています。
 基礎研究、臨床研究、治験、先進医療の導入などを通して患者さんにBestの治療をご提供できるように努めて参ります。

 周産期医療の近年の進歩としては、まず、胎児の健康状態の評価の進歩が挙げられます。胎児心拍数モニタリングやパルスドップラーでの血流波形測定を含む超音波検査による診断は、適切な分娩時期の選定などに役立っています。出生前診断としては、羊水や絨毛での胎児染色体や遺伝子の検査、胎児採血、先天性形態異常の超音波診断が使われており、超音波による出生前診断により、胎児治療としての膀胱・羊水腔シャントの設置などで治療できるものが多くあります。
 周産期医療の将来展望としては、まず、低出生体重児において、神経学的後遺症を残さない生存をめざすことですが、産科医の役割としては、いかに早産を予防するかが最も大きな課題です。また、出生前診断については、倫理的問題の解決、社会的合意が課題です。これまでも周産期医療の進歩への貢献を続けてきましたが、これからもご期待に添えるよう邁進いたします。

 一般婦人科学の進歩としては、骨盤腹膜炎や卵管不妊の原因となるクラミジア感染の診断・治療が改善されつつあります。また、子宮脱などの脱疾患とそれに合併しやすい腹圧性尿失禁に対しては、泌尿器科と協力し同時治療が行われるようにもなりました。さらに、良性腫瘍性疾患に対する腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術を積極的に導入しております。今後は、低用量ピル、中高年女性へのホルモン補充療法をはじめとする女性ヘルスケア領域のプライマリーケアなどに加え、思春期、性成熟期、更年期、閉経後におこる女性の生理的な問題、性教育、女性アスリートが抱える問題に対応するスポーツ医学、性犯罪への対応も含めて、生涯を通じ女性の健康管理に対処し、社会的な啓蒙活動なども含めた活動を行って参ります。

 筑波大学医学医療系産科婦人科では、教育・研究・臨床の各々を充実させ、ご紹介してきたすべての分野をカバーし、個々の患者さんへはもちろん、広く社会への貢献も行ってまいります。