HOME >臨床研究 >現在進行中の臨床研究
現在進行中の臨床研究
1)当院における婦人科がん患者に対する治療法と予後因子の調査研究 
2)思春期女性へのHPVワクチン公費助成開始後における子宮頸癌のHPV16/18陽性割合の推移に関する長期疫学研究 
3)再発子宮頸がんにおけるプラチナ製剤free期間が化学療法の効果に及ぼす影響の後方視的検討
4)腫瘍随伴症候群を伴う婦人科悪性腫瘍に対する臨床研究
5)子宮体部原発神経内分泌腫瘍に対する治療法・予後についての後方視的研究
6)卵巣神経内分泌腫瘍の病理組織学的再分類と臨床予後への影響に関する後方視的研究
7)子宮頸がんに対する根治目的の放射線治療または同時化学放射線療法後の頸部腫瘍残存例における救済的子宮摘出術の実施状況に関する調査研究
8)子宮頸部円錐切除術の実態調査
9)JCOG1203 上皮性卵巣癌の妊孕性温存治療の対象拡大のための非ランダム化検証的試験
10)「日本産科婦人科学会周産期委員会 周産期登録事業」への登録
11)「日本産婦人科医会 妊産婦死亡報告事業」への登録
12)婦人科がんにおける遺伝子・蛋白異常と治療反応性・予後との関連性の解析
13)BRCA遺伝子検査に関するデータベースの作成
14)「当院における10代女性の妊娠・分娩に関する後方視的検討」への登録
15)「子宮内膜間質肉腫の組織型別予後と治療法に関する調査研究」