小児内科
| TOP | お問い合わせ |  
 
診療のご案内
初診の方へ
外来表
専門外来
小児科病棟のご案内
 
小児科のご案内
ご挨拶
スタッフ紹介
臨床研究グループ
関連施設
Academic Meeting
トピックス
フォトギャラリー
 
研修のご案内
初期臨床研修について
後期専門研修について
教育関連病院情報
その他の情報
メッセージ
 
   
   
診療グループ長挨拶
 

筑波大学附属病院では、日本ではじめて医局講座制を廃して、診療グループ制や6年制のレジデント制度を発足させました。筑波大学小児科は、毎日カンファレンスで1日が始まります。小児外科との合同カンファレンスです。「協力して最善の診療をめざす事」、「全員が教育を受け、教育する事」、「正確な情報を収集し、新たな情報を発信すること」が習慣となり文化として定着しています。プライマリーケア、小児救急・集中治療、未熟児の管理といった「子どもたちの総合医」としての診療と、血液・がん、免疫・膠原病、アレルギー、循環器、神経、内分泌・代謝、消化器、新生児、救急、遺伝、腎、といった高度な専門診療を担う拠点診療とに、全員がまい進しています。小児外科をはじめとする多くの診療グループとの間に構築された強固な信頼関係を基盤として、小児救命救急センターを擁し、陽子線治療による小児がん治療を行い、緩和ケアチームが活動し、小児精神診療やこどものこころの診療など、診療体制が整備されている点は、筑波大学の先進性を示していると言えます。これらをさらに充実させる様、皆で研鑽を積んでいます。

 筑波研究学園都市の中核として創建された筑波大学は、研究機関と連携した学際的研究が盛んです。陽子線治療の小児への応用、胎児心磁図の臨床研究、癒し型ロボット「パロ」の実用化研究、患児を対象とした「テディベア」研究等の実績があり、さらに学内基礎医学系の諸研究室や理化学研究所つくばライフサイエンスセンター、産業技術総合研究所等との間で、活発に共同研究が行われています。血液内科との共同で行っている「再発白血病に対する遺伝子治療」研究等、他の診療科や基礎医学との連携も活発です。

 小児科の診療は、大変やりがいのある仕事だと思います。困難を乗り越えて成長していく患児たちの笑顔は、我々の支えになっています。我々と一緒に白血病を克服した男の子が野球チームのピッチャーとなり、国体で大活躍している姿が新聞に載りました。病院開設時に720gで出生した患児から、30年以上にわたり毎年年賀状が送られてきます。小児科の診療や研究は興味が尽きません。診断の難しい患者さん、重症な患者さんをみれば、頑張らなければならないと奮い立ちます。一同、子どもたちの幸福のための診療、医学研究を一生懸命やっていきます。

 このような我々のチームに加わってくれる若い医師たちに大きな期待を寄せています。

筑波大学医学医療系小児科教授
高田 英俊

 
ページトップへ
  講義資料
同門会
遺伝子治療
こどもの救急
茨城の周産期を守ろう
筑波大学
筑波大学附属病院
 
筑波大学