小児内科
| TOP | お問い合わせ |  
 
診療のご案内
初診の方へ
外来表
専門外来
小児科病棟のご案内
 
小児科のご案内
ご挨拶
スタッフ紹介
臨床研究グループ
関連施設
Academic Meeting
トピックス
フォトギャラリー
 
研修のご案内
初期臨床研修について
後期専門研修について
教育関連病院情報
その他の情報
メッセージ
 
   
   
メッセージ

小児科より

 筑波大学小児科の後期研修プログラムは4年間で「小児科専門医として診療ができること」を目標としています。この目標には単に「小児科専門医を取得する」ということだけでなく、専門医としての十分な臨床能力、問題解決のためのプロセスの組み立て、他科との連携、病棟でのリーダーシップなども含まれています。
 このことを達成するため、筑波大学小児科では、大学病院などの専門施設だけでなく、NICU、市中の関連病院の研修を必須とし、バランスのとれた研修を行うことで、小児科に関する知識や技術を幅広く身に着けることが大切だと考えています。
 また、筑波大学附属病院の「小児総合医療センター」では小児科内の専門分野だけでなく、小児を扱う様々な診療科が連携することで、小児の多様な疾患に対して高度医療を提供しています。多くの専門医と共に診療を行うことで、貴重な経験を積むことができるでしょう。
 研修終了後には一般診療だけでなく、専門分野における高度な診療、研究を行えるように、国内外への留学、サブスペシャリティ専門医の取得、大学院での学位の取得などについても支援を行っており、各人の希望に応じて、多様な進路を選ぶことができます。
 質問があればいつでもお尋ねください。先生が筑波大学小児科グループに参加してくれるのを、大いに期待しています。

助教 福島紘子(後期研修修了,大学院修了)

 筑波大学附属病院での後期研修の特徴として、充実した研修と快適なレジデント生活への支援が上げられます。
 第一に、茨城県の人口は全国的に見て決して少なくないですが、県内に大学病院は当院だけであり、希少疾患が集中し、多彩な疾患の経験が可能となり、より専門性の高い医療、専門分野内での幅広い診療を研修できます。一方、関連病院も県内外に充実しておりレジデント研修中に一般診療も充分に経験可能です。また伝統的に指導医のレジデントへの教育も熱心で、日常的にプレゼンテーション能力や論文検索能力などが培われ積極的な学会発表、論文作成が行われています。
 また研修支援制度も充実しており、自分の興味によって研究費の申請が行え、レジデントを含めた若手研究者の海外派遣支援制度が設けられています。私自身もこの制度を利用し、約3か月間トロント小児病院、フィラデルフィア小児病院へ短期留学しました。また業務改善や研修生活への支援が盛んであることも特徴的です。レジデント代表者と臨床研修担当医師、看護部や薬剤部を含めた他業種とレジデント業務改善のため協議の場が設けられており、実際に業務改善が図られています。ほか、臨床研修センターが非常に充実しており、勤務環境改善、日常診療生活における細かな支援、心理サポートなどを行っており、快適なレジデント生活を送れるような工夫を日々行っています。
 このように当院では自分の興味や積極性に応じてより充実した研修が選択可能であり、「一人前の医師」への成長をサポートする制度や部署が設けられています。

後期研修レジデント 永藤 元道

 筑波大学附属病院小児科の後期研修ではまず大学病院研修を行った後、市中病院での一般小児科研修を行い、最後に自分の選択した専門分野を中心とした専門研修を行います。最初の大学病院では将来一般小児科医として希少疾患に遭遇した場合にも対応できるように、症候から適切な鑑別診断をたて、専門医へのコンサルテーションのタイミングや、プレゼンテーション技能、論文検索を念頭においた研修を行います。その中で小児科医としての一般常識を培うとともに、各カンファレンスでスタッフから最新の治療学の知見も吸収できます。新生児研修では重症管理だけでなく、一般的な新生児疾患から分娩立ち会い、蘇生、ご両親の説明まで小児科医として必要とされる診療能力を培うことができます。一般小児科研修では外来診療や乳児検診、予防接種を行いながら地域における小児科医としての役割を果たします。primary careや救急医療を上級医と相談をしながら、自分が中心となり患者さんをフォローアップしていくことで子供の成長を実感しながら長期的な視野をもって診療できるようになります。最後の専門研修では自分の選択する専門分野で診断治療計画の立案から外来でのフォローアップを各専門医の指導のもとで行うことができます。自分の将来設計にあわせて小児科医としての基礎を築くことができます。

講師 加藤 愛章

 忙しい合間を縫って勉強していくのは大変ですが、大学のなかでは学問に打ち込める環境が整っています。たとえば、県を代表するような小児科の専門分野の先生に気軽に相談でき、すぐに臨床に活かせるのも、大学病院の研修ならではだと思います。残念なことに亡くなる子も多いのですが、子供をどう看取るかという点についても、一般の病院ではなかなか学べないことです。悲しいことや苦しいこともありますが、未来あるこども達がニコニコしていると、こっちまでうれしくなるので、がんばれるのかもしれません。

 
ページトップへ
  講義資料
同門会
遺伝子治療
こどもの救急
茨城の周産期を守ろう
筑波大学
筑波大学附属病院
 
筑波大学