研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2000年


<原著論文:17件>
No.1 Homma M, Minami M, Taniguchi C, Oka K, Morita S, Niitsuma T, Hayashi T: Inhibitory effects of lignans and flavonoids in saiboku-to, a herbal medicine for bronchial astthma, on the release of leukotrienes from human polymorphonuclear leukocytes. Planta Med. 66(1):88-91, 2000 No.2 坂井みどり, 加藤直人, 住谷賢治, 須賀肇, 幸田 幸直: 治験実施計画遵守のための調剤手順の構築  日本病院薬剤師会雑誌 36(2):179-182, 2000 No.3 吉田直弘, 新井克明, 幸田幸直: 注腸投与を目的とした抱水クロラール水溶液の安定性  病院薬学 26(2):198-201, 2000 No.4 Hirano T, Tsuboi N, Homma M, Oka K, Takekoshi T, Tafara K, Takanashi H, Abe H, Urata Y, Hayashi T: Comparative study of lymphocyte-suppressive potensy between prednisolone and methylprednisolone in rheumatoid arthritis.  Immunopharmacol. 49(3): 411-417, 2000 No.5 鈴木勝, 宮本昌二, 幸田幸直: 調剤工程おとび包装材料への付着による薬剤損失-カプセル開封を伴う調剤-  日本病院薬剤師会雑誌 36(3):347-351, 2000 No.6 Fukada T, Kakiuchi Y, Miyabe M, Okubo N, Yaguchi Y, Kohda Y, Toyooka H: Plasma lidocaine, monoethylglycinexylide, and glycinexylidide concentrations after epidural administration in geriatric patients Reg. Anesth. Pain Med. 25(3): 268-273, 2000 No.7 板垣文雄, 垣内祥宏, 山本由里子, 幸田幸直: 蛍光偏光免疫測定キットにおけるトレーサーロット変更がシクロスポリン濃度測定に与える影響 TDM研究 17(3):303-307, 2000 No.8 Kihara S, Inomata S, Yaguchi Y, Toyooka H, Baba Y, Kohda Y: The awakening concentration of sevoflurane in childre Anesth. Analg. 91(2):305-308, 2000 No.9 山本由里子, 垣内祥宏, 板垣文雄, 加藤茂, 佐藤重仁, 幸田幸直: リドカインンを用いた肝代謝能試験の成績に及ぼすリドカインのタンパク結合率およびα1-酸性糖蛋白濃度の影響 TDM研究 17(4):390-395, 2000 No.10 Inomata S, Kihara S, Yaguchi Y, Baba Y, Kohda Y, Toyooka H: Reduction in standard MAC and MAC for intubation after clonidine premedication in children Br. J. Anesth. 85(5):700-704, 2000 No.11 住谷賢治, 馬場泰行, 猪股伸一, 豊岡秀訓, 幸田幸直: 麻酔前投薬に用いる塩酸クロニジン口腔内崩壊錠の調製と臨床評価 YAKUGAKU ZASSHI 120(7):652-656, 2000 No.12 Taniguchi C, Homma M, Takano O, Hirano T, Oka K, Aoyagi Y, Niitsuma T, Hayashi T: Pharmacological effects of urinary products pbtained after treatment with saiboku-to, a harbal medicine for bronchial asthma, on type W allergic reaction. Planta Med. 66(7):607-611, 2000 No.13 Hayashi S, Beckerman K, Homma M, Kosel BW, Aweeka FT: Pharmacokinetics of indinavir in HIV-positive pregnant women. AIDS 14(8): 1061-1062, 2000 No.14 Homma M, Beckerman K, Hayashi S, Jayewardene AL, Gambertoglio JG: Liquid chromatographic determination of urinary 6βhydroxycortisol to assess cytochrome p-450 3A activity in HIV positive pregnant women. J. Pharm. Biomed. Anal. 23: 629-635, 2000 No.15 本間真人, 武田光志, 山本由里子, 須賀肇, 堀内学, 佐藤信一, 幸田幸直: 西洋オトギリソウ(St. John's Wort)と相互作用する薬剤を処方された外来患者に対する服薬指導と併用実態調査 YAKUGAKU ZASSHI 120(12):1435-1440, 2000 No.16 石原三也, 宮本昌二, 幸田幸直: 調剤用および服薬用ディスペンサーの計量精度 日本病院薬剤師会雑誌 36(12):1705-1707, 2000 No.17 坂本岳志, 新井克明, 吉田直弘, 佐藤信一, 幸田幸直: 専用処方せんと施用記録票を用いた血漿分画製剤の管理 日本病院薬剤師会雑誌 36(12):1723-1726, 2000 <総 説:9件> No.1 山本由里子, 垣内祥宏, 板垣文雄, 加藤茂, 佐藤重仁, 幸田幸直: リドカインの非結合型分立およびα1-酸性糖蛋白濃度がMEGX試験の成績に及ぼす影響 TDM研究 17(2):205-206, 2000 No.2 本間真人: カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)におけるPost Pharm D プログラム(その1) Clinical Pharmacist 32:16, 2000 No.3 幸田幸直: TDMの臨床上での有用性 TDM研究 17(3):267-240, 2000 No.4 本間真人: カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)におけるPost Pharm D プログラム(その2) Clinical Pharmacist 33:16, 2000 No.5 本間真人, 幸田幸直: 食品と医薬品-その適切な関わりとは, 食品と医薬品の薬物動態学的相互作用 臨床と薬物治療 19(9):836-840, 2000 No.6 渡邊真知子, 幸田幸直: 食品と医薬品-その適切な関わりとは, サプリメントをよくとる人への指導 臨床と薬物治療 19(9):850-854, 2000 No.7 幸田幸直: 中毒治療に生かされるTDM 中毒研究 13(4):371-377, 2000 No.8 山本由里子, 武田光志, 佐藤信一, 本間真人, 幸田幸直: 西洋オトギリソウ(St. John's Wort)の製品写真を用いた薬物相互作用の服薬指導 茨城県病院薬剤師会会報 57:102-106, 2000 No.9 堀籠大之, 本間真人, 平野俊彦, 岡希太郎: 薬物による11β-HSDの調節と免疫細胞のアポトーシス ホルモンと臨床 48(増刊号):188-193, 2000 <著 書:1件> No.1 幸田幸直: ジゴキシン, ジギトキシン 検査値のみいかた(中井利昭 編), 改訂2版 中外医学社, 東京, pp. 1026-1028, 2000 <学会発表:21件> No.1 住谷賢治, 馬場泰行, 幸田幸直, 猪股伸一, 豊岡秀訓: 麻酔前投薬に用いる塩酸クロニジン含有口腔内崩壊錠の調製と臨床評価 日本薬学会第120年会(岐阜)3月, 2000 No.2 石原三也, 宮本昌二, 幸田幸直: 調剤用および服薬用ディスペンサーの目盛精度 日本薬学会第120年会(岐阜)3月, 2000 No.3 垣内祥宏, 幸田幸直, 宮部雅幸: 乳幼児リドカイン持続硬膜外麻酔時の血漿中α1-酸性糖蛋白濃度を指標としたリドカイン活性代謝物濃度の予測 日本薬学会第120年会(岐阜)3月, 2000 No.4 輿石徹, 本間真人, 岡希太郎, 沖田美佐, 桜井かほり, 馬島英輔, 小口安美, 丸山教隆, 森田園子, 露口都子, 松村康広い, 新妻知行, 林徹: 気管支喘息患者患者の副腎皮質機能に及ぼす吸入ステロイド剤Beclomethasone dipropionateと Fluticasone propionateの比較 第63回東京医科大学・免疫アレルギー研究会(東京)5月, 2000 No.5 Koyama K, Hirose Y, Tase C, Kohriyama K, Ohashi N, Goto Ka, Okuda T, Akuzawa H, Kohda Y, Goto Ky: Serum glufosinate level predicts severity of poisoning caused by the herbicide containing glufosinate. 20th International Congress of European Association of Poisons Centres and Clinical Toxicologist (Amsterdam) May, 2000 No.6 Koyama K, Hirose Y, Iimori E, Kohriyama K, Tase C, Kohda Y, Goto K: Toxicokinetics of glufosinate-analyses in 2 patients with acute oral BASTA poisoning. 20th International Congress of European Association of Poisons Centres and Clinical Toxicologist (Amsterdam) May, 2000 No.7 垣内祥宏, 幸田幸直, 福田妙子, 宮部雅幸, 豊岡秀訓 老人における硬膜外麻酔時のリドカインとその活性代謝物の体内動態-リドカインの適正使用を目指して- 第8回クリニカルファーマシーシンポジウム(仙台)7月, 2000 No.8 高橋絵里子, 恩田健二, 本間真人, 岡希太郎, 松村康広, 森田園子, 新妻知之, 林徹, 小林仁, 細田順一 気管支喘息患者の周術期管理に関する検討 第8回クリニカルファーマシーシンポジウム(仙台)7月, 2000 No.9 工藤寿美, 堀哲夫, 金子道夫, 岩川眞由美, 池袋賢一, 雨海照祥, 瓜田泰久, 井上成一郎, 的場公男, 高田泰二, 大塚雅昭, 湯沢賢治, 深尾立, 遠藤隆志, 中山凱夫, 松井陽, 垣内祥宏, 幸田幸直, 窪田敬一, 河原崎秀雄: 生体部分肝移植手術後に大量の乳糜腹水を認めた1例 第3回肝移植臨床検討会(東京)7月, 2000 No.10 堀寧, 小山完二, 藤澤真奈美, 中嶋真理子, 嶋田健次, 幸田幸直, 広瀬保夫, 阿久沢尚士: グルホシネートのヒト血清蛋白結合 第22回日本中毒学会総会(広島)7月, 2000 No.11 本間真人, 幸田幸直, 御滝朋美, 山田遊, 岡希太郎: 腸内細菌での代謝を考慮した漢方成分の血中濃度解析モデルの構築 第6回白樺湖シンポジウム(千葉)7月, 2000 No.12 高橋昌也, 新井克明, 佐藤信一, 本間真人, 幸田幸直, 鈴木勝: 錠剤・カプセル剤の包装への使用期限等の記載状況 日本病院薬剤師会関東ブロック第30回学術大会(東京)8月, 2000 No.13 武田光志, 石崎美智代, 須賀肇, 佐藤信一, 本間真人, 幸田幸直: 抗アレルギー剤服用患者の自動車運転に対する意識 日本病院薬剤師会関東ブロック第30回学術大会(東京)8月, 2000 No.14 本間真人, 山田遊, 御滝朋美, 佐藤信一, 岡希太郎, 新妻知行, 林徹, 幸田幸直: 小柴胡湯投与後のグリチルレチン酸およびフェノール性化合物の血中濃度解析 第17回和漢医薬学会大会(愛知)9月, 2000 No.15 馬場泰行, 住谷賢二, 猪股伸一, 本間真人, 豊岡秀訓, 幸田幸直: 小児における麻酔前投薬用塩酸クロニジン製剤の調製と臨床評価 第21回日本臨床薬理学会(札幌)9月, 2000 No.14 本間真人, 輿石真, 前田芳里, 岡希太郎, 幸田幸直: 妊娠経過に伴うCYP3A活性(6β-hydroxycortisol/17-OHCS比)の変動 第21回日本臨床薬理学会(札幌)9月, 2000 No.16 柳健一, Thein Tun, Tun Aung, 谷口英樹, 垣内祥宏, 三好浩稔, 高田泰次, 幸田幸直, 深尾立, 大島宣雄: 充填層型バイオ人工肝臓の開発-リアクタのスケールアップと性能評価- 第38回日本人工臓器学会(三重)9月, 2000 No.17 山本由里子, 本間真人, 武田光志, 須賀肇, 堀内学, 佐藤信一, 幸田幸直: 外来患者を対象とした西洋オトギリソウ(St. John's Wort)薬物相互作用の服薬指導と併用実態調査 第44回日本薬学会関東支部大会(船橋)10月, 2000 No.18 板垣文雄, 富田隆, 垣内祥宏, 山本由里子, 本間真人, 幸田幸直, 堀哲夫, 金子道夫: 生体肝移植患者における血中及び腹水中タクロリムス濃度 第10回日本病院薬学会年会(京都)10月, 2000 No.19 富田隆, 山本由里子, 板垣文雄, 垣内祥宏, 本間真人, 幸田幸直: タクロリムス比服用患者末梢血にみられたMEIA法とELISA法の交叉反応性 第10回日本病院薬学会年会(京都)10月, 2000 No.20 本間真人, 幸田幸直, 富田隆, 板垣文雄, 垣内祥宏, 新井克明, 湯沢賢治, 深尾立: ランソプラゾール併用によってタクロリムス血中濃度が上昇した腎移植症例 第36回日本移植学会総会(岐阜)10月, 2000 No.21 Niitsuma T, Okita M, Sakurai K, Maruoka N, Hayashi T, Koshiishi T, Oka K, Homma M: Adrenal function assessed by low-dose ACTH test before and after switching inhaled corticosteroid from beclomethasone (BDP) to fluticasone (FP). ]Z International Congress of Allergology and Clinical Immunology (Sydney) October, 2000 <その他:4件> No.1 塚本晃子, 須賀肇, 武田光志, 佐藤信一, 幸田幸直, 久保田眞矢: 筑波大学附属病院における院外処方箋発光の変遷 茨城県病院薬剤師会会報 57:28-30, 2000 No.2 幸田幸直: 薬剤による医療事故の予防 茨城県看護協会平成11年度看護婦職能研修会(水戸), 2月, 2000 No.3 柳健一, Thein Tun, Tun Aung, 谷口英樹, 垣内祥宏, 三好浩稔, 高田泰次, 幸田幸直, 深尾立, 大島宣雄: 充填層型バイオ人工肝臓の開発-リアクタのスケールアップと性能評価- 人工臓器 29(3):S-142, 2000 No.4 Niitsuma T, Okita M, Sakurai K, Maruoka N, Hayashi T, Koshiishi T, Oka K, Homma M: Adrenal function assessed by low-dose ACTH test before and after switching inhaled corticosteroid from beclomethasone (BDP) to fluticasone (FP). ACI International, Supplement 2: P-492, 2000