研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2002年


<原著論文:13件>
No.1 Homma M, Itagaki F, Yuzawa K, Fukao K, Kohda Y: Effects of lansoprazole and rabeprazole on tacrolimus blood concentration: Case of renal transplanta recipient with CYP2C9 gene mutation. Transplantation. 73(2):303-304, 2002 No.2 高野操, 木下節子, 高橋秀人, 幸田幸直, 岡慎一: 血友病/HIV-1感染者の生存時間と多剤併用療法導入後の臨床経過に関する追跡調査-非血友病/HIV-1感染者との比較- 感染症学雑誌 76(3):203-211, 2002 No.3 富田隆, 本間真人, 板垣文雄, 山本由里子, 垣内祥宏, 湯沢賢治, 深尾立, 幸田幸直: MEIA法を用いたタクロリムスモニタリングにおける偽陽性タクロリムス血中濃度 TDM研究 19(4):123-124, 2002 No.4 板垣文雄, 富田隆, 本間真人, 垣内祥宏, 湯沢賢治, 深尾立, 幸田幸直: CYP2C19遺伝子変異を有する腎移植患者におけるプロトンポンプ阻害剤と免疫抑制剤の薬物相互作用 TDM研究 19(4):125-126, 2002 No.5 高嶋泰之, 小池美智代, 新井克明, 本間真人, 幸田幸直: タキソイド系抗悪性腫瘍剤の適正管理のための使用実態調査 医療薬学 28(4):327-330, 2002 No.6 高橋昌也, 新井克明, 本間真人, 鈴木勝, 佐藤信一, 幸田幸直: 錠剤・カプセル剤の包装への使用期限の表示と品質保証に関する調査 医療薬学 28(2):172-175, 2002 No.7 YamaguchiY, Inomata S, KIhara S, Baba Y, Kohda Y, Toyooka H: The reduction in minimum alveolar concentration for tracheal extubation after clonidine premedication in children Anesth. Analogue. 94(4): 863-866, 2002 No.8 Homma M, Tomita T, Yuzawa K, Takada Y, Kohda Y: False positive blood tcrolimus concentration in microparticle enzyme immunoassay Biol. Pharm. Bull. 25(8): 1119-1120, 2002 No.9 Miyabe M, Kakiuchi Y, Inomata S, Ohsaka Y, Kohda Y, Toyooka H: Epinephrine dose not reduce the plasma concentration of lidocaine during continuous epidural infusion in children Can. J. Anaesth. 49(7): 706-710, 2002 No.10 石原三也, 本間真人, 久能英子, 渡邊真知子, 幸田幸直: 腸内細菌叢に影響する薬剤と漢方薬の併用実態調査 YAKUGAKU ZASSHI 122(9): 695-701, 2001 No.11 板垣文雄, 本間真人, 富田隆, 湯沢賢治, 深尾立, 幸田幸直: CYP2C19遺伝子変異を有する腎移植患者におけるプロトンポンプ阻害剤と免疫抑制剤の薬物相互作用 TDM研究 19(4):338-342, 2002 No.12 Kakiuchi Y, Fukuda T, Miyabe M, Homma M, Toyooka H, Kohda Y: Chromatographic determination of free lidocaine and its active metabolites in plasma from patients under epidural anesthesia. Int. J. Clin. Pharmacol. Ther. 40(11): 493-498, 2002 No.13 Nakagawa R, Homma M, Kuga K, Yamaguchi I, Kobayashi D, Morimoto Y, Kohda Y: High performance liquid chromatography for routine monitoring of serum flecainide J. Pharm. Biomed. Anal. 30(1): 171-174, 2002 <総 説:7件> No.1 山本由里子, 本間真人, 幸田幸直: 添付文書におけるCYP分子腫情報の記載状況 医薬ジャーナル 38(4):171-177, 2002 No.2 板垣文雄,石原三也,幸田幸直: 不整脈治療薬と患者への説明 薬局 53(増刊号) : 564-575, 2002 No.3 幸田幸直: 知っておきたい拮抗薬,処置薬の使い方「医療の不確実性の再認識」 臨床と薬物治療 21(6) : 554-556, 2002 No.4 垣内祥宏,幸田幸直: 知っておきたい拮抗薬,処置薬の使い方「タバコ誤飲・誤食と催吐剤 ―トコン―」 臨床と薬物治療 21(6) : 583-586, 2002 No.5 井上洋一,本間真人,幸田幸直: 知っておきたい拮抗薬,処置薬の使い方「薬疹とステロイド」 臨床と薬物治療 21(6) : 570-573, 2002 No.6 中川 励,本間真人,久賀圭祐,山口 巌,小林大介,森本雍憲,幸田幸直: 頻脈性不整脈におけるフレカイニド有効血中濃度の検討 医薬ジャーナル 38(11): 3063-3067, 2002 No.7 本間真人: 漢方薬と西洋薬の薬物相互作用 ―漢方薬成分の体内動態に及ぼす新薬の影響― 日本東洋医学雑誌 52 : 443-481, 2002 <著 書:2件> No.1 Bellibas S E, Homma, M., Aweeka, F. Antiretroviral therapy: adverse effects and drug interactions Management of the HIV-Infected Patient SECOND EDITION : 97-116, 2002 No.2 本間真人: 薬剤管理指導業務の実際 わかりやすい調剤学第4版(岩川清吾, 河島進, 安原真人, 横山照由編) 廣川書店, 東京, pp.331-341, 2002 <学会発表:23件> No.1 本間真人,岡 希太郎,新妻知行,林 徹: ロイコトリエン遊離に及ぼす柴朴湯体内移行成分の影響 第20回 漢方免疫アレルギー研究会学術集会(東京)1月: 2002 No.2 高橋昌也,馬場泰行,石岡 聰,横山雄高,本間真人,幸田幸直: 注射薬処方監査支援システム(Mac-PIAS)の開発(第2報) 日本薬学会第122年会(千葉)3月: 2002 No.3 M. Homma: Pharmacokinetic investigation of active ingredients in herbal remedies The 75th Annual Meeting 日本薬理学会(Kumamoto)March: 2002 No.4 本間真人: 漢方薬の薬物速度論解析 日本薬学会第122年会(幕張)3月: 2002 No.5 石原三也,本間真人,久能英子,渡邊真知子,幸田幸直: 腸内細菌叢に影響する薬剤と漢方薬の併用実態調査 日本薬学会第122年会(千葉)3月: 2002 No.6 中川 励,本間真人,久賀圭祐,山口 巌,小林大介,森本雍憲,幸田幸直: 頻脈性不整脈におけるフレカイニド有効血中濃度の検討 日本薬学会第122年会(幕張)3月: 2002 No.7 板垣文雄,柳本寛子,本間真人,中嶋玲子,須摩崎 亮,松井 陽,幸田幸直: 潰瘍性大腸炎の病状変化に伴うシクロスポリン体内動態の変動 第19回日本TDM学会学術大会(熊本)5月: 2002 No.8 本間真人: 和漢薬活性成分の体内動態とPharmacogenomics 第53回日本東洋医学会学術総会(名古屋)5月: 2002 No.9 高嶋泰之,馬場泰行,大野国弘,本間真人,長澤 勲,幸田幸直: NaU DSPを用いた製品規格の最適化プログラムの試作 第10回クリニカルファーマシーシンポジウム(千葉)7月: 2002 No.10 垣内祥宏,高橋伸二,本間真人,宮部雅幸,佐藤重仁,豊岡秀訓,幸田幸直: 吸入麻酔薬のリドカイン血中濃度に及ぼす影響 第10回クリニカルファーマシーシンポジウム(千葉)7月: 2002 No.11 富田 隆,本間真人,高田泰次,湯沢賢治,幸田幸直: 貧血を伴った生体肝移植症例におけるヘマトクリット値の変動と偽陽性タクロリムス濃度 第10回クリニカルファーマシーシンポジウム(千葉)7月: 2002 No.12 Homma M, Matsui E, Oka K, Miwa T, Kanazawa M, Notoya Y, Niitsuma T, Hayashi T, Kohda Y: Altered 6β-hydroxycortisol/cortisol ration in diabetes mellitus 14th International Symposium on Microsomes and Drug Oxidations(Sapporo)July: 2002 No.13 高橋昌也,馬場泰行,石岡 聰,横山雄高,本間真人,幸田幸直: 注射薬処方監査支援システム(Mac-PIAS)の評価(第3報) 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会(横浜)8月: 2002 No.14 本間真人,田辺正樹,小宅典子,幸田幸直: 芍薬甘草湯による横紋筋融解症の一例 医療薬学会(福岡)9月: 2002 No.15 馬場泰行,高嶋泰之,大野国弘,本間真人,長澤 勲,幸田幸直: NaU DSPによる薬剤取り揃えの最適化と医療費に及ぼす影響 第12回日本医療薬学会年会(福岡)10月: 2002 No.16 板垣文雄,本間真人,湯沢賢治,幸田幸直: タクロリムスとプロトンポンプ阻害剤の相互作用に及ぼすCYP2C19とMDR1遺伝子型の影響 第17回日本薬物動態学会年会(東京)11月: 2002 No.17 高嶋泰之,馬場泰行,大野国弘,本間真人,長澤 勲,幸田幸直: NaU DSPを用いた製品規格の選択最適化プログラムによる薬剤費の削減 第8回 日本薬剤疫学会学術総会(東京)11月: 2002 No.18 石原三也,本間真人,幸田幸直: 腸内細菌叢に影響する薬剤と漢方薬の併用実態調査(第二報) 日本東洋医学会関東甲信越支部第11回茨城県部会学術集会(つくば)11月: 2002 No.19 山城智美,本間真人,石川智景,坂井みどり,石原三也,高嶋泰之,幸田幸直: 各種睡眠薬に対する入院患者の意識 第13回茨城県薬剤師学術大会(水戸)12月: 2002 No.20 細野浩之,垣内祥宏,本間真人,幸田幸直,赤座英之: 治験薬管理における使用期限の問題点 第23回日本臨床薬理学会(大坂)12月: 2002 No.21 本間真人,井上洋一,松崎靖司,柴田 実,三田村圭二,田中直見,幸田幸直: リバビリンとインターフェロン併用療法における血漿および赤血球内リバビリン濃度 第23回日本臨床薬理学会年会(大坂)12月: 2002 No.22 住谷賢治,本間真人,馬場泰行,猪股伸一,豊岡秀訓,幸田幸直: 小児に対する塩酸クロニジン口腔内崩壊錠の鎮静効果とクロニジン血中濃度 第23回日本臨床薬理学会(大坂)12月: 2002 No.23 土岐浩介,金子あき,馬場泰行,本間真人,佐藤信一,幸田幸直: ベンゾジアゼピン系睡眠薬の使用実態調査 第13回茨城県薬剤師学術大会(水戸)12月: 2002 <その他:18件> No.1 住谷賢治, 渡邊真知子, 本間真人, 馬場泰行, 猪股伸一, 豊岡秀訓, 幸田幸直: 小児麻酔前投薬に用いる塩酸クロニジンキャンディーの鎮静効果 臨床薬理, 33(1):83S-84S, 2002 No.2 堀内学, 加藤直人, 垣内祥宏, 佐藤信一, 本間真人, 赤座英之, 幸田幸直: 臨床薬理, 33(1):49S-50S, 2002 No.3 F. Itagaki Homma, M., Yuzawa, K., Fukao, K., Kohda, Y: Drug interaction of tacrolimus and proton pump inhibitors in renal transplant recipients with CYP2C19 gene mutation Transplantation Proceedings 34(7): 2777-2778, 2002 No.4 高嶋泰之,馬場泰行,大野国弘,本間真人,長澤 勲,幸田幸直: NaU DSPを用いた製品規格の選択最適化プログラムによる薬剤費の削減 Jpn. J. Pharmacoepidemiol. 7 (Oct)(Suppl) : S50-51, 2002 No.5 幸田幸直: 「続薬薬連携」〜医薬品とサプリメントの相互作用〜 特別講演:サプリメントと医薬品,その服薬指導のポイント 第16回 KANAZAWA Pharmaceutical Care 研究会(金沢) 2月-16 : 2002 No.6 幸田幸直: 経皮吸収型エストラジオール製剤をめぐる話題 日本短波放送 6月 : 2002 No.7 幸田幸直: 筑波大学附属病院の医療安全対策 日本短波放送 8月 : 2002 No.8 本間真人: 漢方薬成分の体内動態に及ぼす新薬の影響 日本東洋医学会雑誌 52(4,5(4月)) : 444-450, 2002 No.9 幸田幸直: 臨床の現場から問題点を探し出し解決できる能力をもつ薬剤師の養成をめざして Pharmacy Today 15(1) : 18-21, 2002 No.10 幸田幸直: 医療過誤防止と薬剤部の役割,「医療提供機能の充実・発展させるための薬剤業務の改善について」 平成14年度 国公私立大学病院薬剤部職員研修(東京) 5月 : 2002 No.11 堀内 学,加藤直人,垣内祥宏,佐藤信一,本間真人,赤座英之,幸田幸直: 漢方製剤のインタビューフォームにおける問題点 茨城県病院薬剤師会会誌 44(2(10月)) : 109-110, 2002 No.12 臼井正幸,吉久保宏明,井坂光利,垣内祥宏,馬場泰行,佐藤信一,本間真人,幸田幸直: 赤色3号含有製剤の調剤および服薬指導の留意点 茨城県病院薬剤師会会誌 44(2) : 115-116, 2002 No.13 本間真人: CYPを介した薬物相互作用 第17回つくば臨床薬剤セミナー(つくば)2月: 2002 No.14 本間真人: CYPを介した薬物相互作用 石岡市薬剤師会集合研修会(石岡)5月: 2002 No.15 本間真人: 役に立つ漢方・生薬の知識 新薬と漢方薬の併用 日本漢方協会第16回漢方特別講座(東京)8月: 2002 No.16 幸田幸直: 特別講演:筑波大学病院における薬剤師病棟活動, その問題点について 東京薬科大学第20回製剤研究会(東京)10月: 2002 No.17 本間真人: 漢方を科学する 常総漢方入門セミナー(茨城)10月: 2002 No.18 幸田幸直: 歯科治療に影響を与える医薬品 横浜市中区歯科医師会平成14年度第3回学術講演会(横浜)12月: 2002