研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2004年


<原著論文:10件>
No.1 Homma M, Matsuzaki Y, Inoue Y, Shibata M, Mitamura K, Tanaka N, Kohda Y: Marked elevation of erythrocyte ribavirin levels in interferon and ribavirin-induced anemia Clin Gastroenterol Hepatol 2(4) : 337-339, 2004 No.2 Doki K, Homma M, Kuga K, Watanabe S, Yamaguchi I, Kohda Y: Simultaneous determination of serum flecainide and its metabolites by using highperformance liquid chromatography J Pharm Biomed Anal 35(5) : 1307-1312, 2004 No.3 Inoue Y, Homma M, Matsuzaki Y, Shibata M, Matsumura T, Ito T, Mitamura K, Tanaka N, Kohda Y: Liquid chromatography assay for routine monitoring of cellular ribavirin levels in blood Antimicrob Agents Chemother 48(10) : 3813-3816, 2004 No.4Itagaki F, Homma M, Yuzawa K, Nishimura M, Naito S, Ueda N, Ohkohchi N, Kohda Y: Effect of lansoprazole and rabeprazole on tacrolimus pharmacokinetics in healthy volunteers with CYP2C19 mutations J Pharm Pharmacol 56(8) : 1055-1059, 2004 No.5 Itagaki F, Homma M, Takara K, Ohnishi N, Yokoyama T, Sakaeda T, Yagami T, Kobayashi H, Okamura N, Kohda Y: Effect of rabeprazole on MDR1-mediated transport of Rhodamine 123 in Caco-2 and Hvr100-6 cells Biol Pharm Bull 27(10) : 1694-1696, 2004 No.6 Momo K, Doki K, Hosono H, Homma M, Kohda Y: Drug interaction of tizanidine and fluvoxamine Clin Pharmacol Ther 76(5) : 509-510 , 2004 No.7 Nakayama S, Miyabe M, Kakiuchi Y, Inomata S, Osaka Y, Fukuda T, Kohda Y, Toyooka H: Propofol does not inhibit lidocaine metabolism during epidural anesthesia Anesth Analg 99(4) : 1131-1135, 2004 No.8 山城 智美,本間 真人,幸田 幸直: 患者の満足感を考慮した睡眠薬の選択 医療薬学 30(6) : 363-367, 2004 No.9 垣内 祥宏,本間 真人,宮部 雅幸,中山 慎,猪股 伸一,豊岡 秀訓,幸田 幸直: プロポフォール麻酔が硬膜外投与リドカインの代謝に及ぼす影響 TDM研究 21(2) : 141-142, 2004 No.10 富田 隆,本間 真人,板垣 文雄,長谷川 雄一,向井 陽美,小島 寛,長澤 俊郎, 湯澤 賢治,大河内 信弘,幸田 幸直: ヘマトクリット値の低下がMEIA法によるタクロリムスTDMに及ぼす影響 TDM研究 21(2) : 207-208, 2004 <総 説:6件> No.1 赤座 英之,幸田 幸直: 生物学的製剤の新薬開発の現状と問題点 1.悪性腫瘍領域 臨床薬理 35(3) : 159-160, 2004 No.2 本間 真人: 経口糖尿病薬に対する治療応答性とHNF-1α遺伝子 ファルマシア 40(6) : 543-544, 2004 No.3 樋之津 史郎,垣内 祥宏,幸田 幸直,赤座 英之: 筑波大学の治験責任医師 PHARM STAGE 3(10) : 9-14, 2004 No.4 細野 浩之,幸田 幸直: てんかん治療薬と患者への説明 薬局 55(増刊) : 215-244, 2004 No.5 土岐 浩介,幸田 幸直: 各疾患でよくみる長期投薬における薬学的管理 消化器疾患 薬局 55(9) : 49-61, 2004 No.6 香取 久美,神林 泰行,幸田 幸直: 外来化学療法の取り組み:外来における化学療法の展開と処方監査ツールの活用 薬事新報 No.2348 : 1323-1327, 2004 <著 書:2件> No.1 幸田 幸直: 強心配糖体 ジゴキシン、ジギトキシン, 薬剤師・薬学生のための実践TDMマニュア ル/初版(伊賀 立二、乾 賢一 編) じほう, 東京, pp. 103-121, 2004 No.2 幸田 幸直: 総論:薬物治療の基礎, 治療薬イラストレイテッド/初版(山田 信博 編) 羊土社, 東京, pp. 18-28, 2004 <学会発表:30件> No.1 石原 三也,本間 真人,千 文,角田 肇,神林 泰行,幸田 幸直: 芍薬甘草湯による低K血症の発症要因 日本薬学会 第124年会 (大阪) 3月 : 2004 No.2 土岐 浩介,本間 真人,久賀 圭祐,渡邉 重行,香取 久美,山口 巖,幸田 幸直: 頻脈性不整脈患者における血中フレカイニドおよびその代謝物の同時定量 日本薬学会 第124年会 (大阪) 3月 : 2004 No.3 Kuga K, Watanabe S, Yamaguchi I, Doki K, Katori K, Homma M, Kohda Y: Relationship between the activity of p450-CYP2D6 and serum level of flecainide 第68回日本循環器学会総会・学術集会 (東京) 3月 : 2004 Circ J 68(suppl 1) : 532, 2004 No.4 Hosono H, Homma M, Inoue Y, Hasegawa Y, Nagasawa T, Kohda Y: Morphological transformation and phosphatidylserine exposure in erythrocytes treated with ribavirin Pharmaceutical Sciences World Congress (Kyoto) 5-6月 : 2004 No.5 板垣 文雄,本間 真人,湯沢 賢治,大河内 信弘,幸田 幸直: CYP2C19遺伝子多型がプロトンポンプ阻害薬とタクロリムスの相互作用に及ぼす影響 第21回日本TDM学会・学術大会 (大阪) 6月 : 2004 No.6 本間 真人: 漢方薬の作用機序的解析−薬物速度論解析に基づく漢方薬の薬効評価 第55回日本東洋医学会学術大会(横浜) 6月 : 2004 No.7 石川 智景,西川 征孝,垣内 祥宏,宮本 昌二,神林 泰行,本間 真人, 幸田 幸直: 塩酸オキシコドン徐放錠使用時におけるオピオイドレスキューの実態 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.8 香取 久美,土岐 浩介,細野 浩之,磯山 亜希,神林 泰行,本間 真人, 幸田 幸直: 外来化学療法に用いる管理表と抗癌剤チェックリストの活用(第2報) 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.9 蛯名 清華,百 賢二,垣内 祥宏,畑中 公孝,大久保 英樹,原 晃,本間 真人, 幸田 幸直: フルボキサミンによるセロトニン症候群が疑われた一症例 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.10 山城 智美,住谷 賢治,石原 三也,神林 泰行,本間 真人,幸田 幸直: 診療支援システムと連動した薬剤管理指導支援システム(第2報) 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.11 菅 真悠子,土田 美奈子,宮澤 麻由,富田 隆,林 昭弘,神林 泰行,本間 真人, 幸田 幸直: アントラサイクリン系抗癌剤による心毒性の発症と累積投与量 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.12 小南 京子,高嶋 泰之,酒井 光昭,石川 成美,鬼塚 正孝,佐野 悦子, 西村 京子,鈴木 君江,神林 泰行,本間 真人,幸田 幸直: 開胸肺切除術におけるクリニカルパス導入による薬剤使用の変動 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.13 江戸 知子,細野 浩之,土岐 浩介,本間 真人,神林 泰行,須磨崎 亮, 松井 陽,増田 康輔,幸田 幸直: ベクロメタゾン注腸により経口プレドニゾロンを減量できた潰瘍性大腸炎の小児例 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.14 堀内 学,加藤 誠,垣内 祥宏,関野 洋一,高崎 茂雄,黒澤 忠雄,松原 史典, 勢司 益夫,青山 芳文,浅井 良,田村 明広,百 賢二,本間 真人,幸田 幸直: 茨城県民を対象とした健康食品(サプリメント)に関するアンケート調査 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.15 久能 英子,中村 泰子,本間 真人,幸田 幸直,大塚 盛男: ドーピング規制薬チェック機能を有する薬歴・在庫管理システムの試作 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会 (つくば) 8月 : 2004 No.16 Homma M, Inoue Y, Hosono H, Matsuzaki Y, Tanaka N, Shibata M, Mitamura K, Hasegawa Y, Nagasawa T, Kohda Y: Impact of erythrocyte ribavirin concentration in hemoglobin reduction induced by interferon and ribavirin combination therapy World Conference on Dosing of Anti-infectives (Nurnberg) 9月 : 2004 No.17 井上 洋一,本間 真人,松ア 靖司,田中 直見,松村 卓哉,伊藤 敬義,柴田 実, 三田村 圭二,幸田 幸直: ヘモグロビン低下に及ぼす赤血球リバビリン濃度の影響 第25回日本臨床薬理学会年会 (静岡) 9月 : 2004 臨床薬理 35(suppl) : S171, 2004 No.18 土岐 浩介,本間 真人,久賀 圭祐,渡邉 重行,香取 久美,山口 巖,幸田 幸直: フレカイニドのクリアランスに及ぼす性差の影響 第25回日本臨床薬理学会年会 (静岡) 9月 : 2004 臨床薬理 35(suppl) : S152, 2004 No.19 百 賢二,土岐 浩介,細野 浩之,本間 真人,幸田 幸直: Fluvoxamineの併用によりtizanidineの副作用が発症した一症例 第14回日本医療薬学会 (幕張) 10月 : 2004 No.20 富田 隆,本間 真人,板垣 文雄,神林 泰行,長谷川 雄一,小島 寛, 長澤 俊郎,幸田 幸直: ヘマトクリット値を変数としたMEIA法によるタクロリムス測定値の補正式 第14回日本医療薬学会 (幕張) 10月 : 2004 No.21 永野 聡子,渡邊 真知子,柳 真志帆,本間 真人,幸田 幸直,井上 圭三: RT-PCR-HPLC法による末梢血中CYP2D6mRNAの微量検出系の確立 第14回日本医療薬学会 (幕張) 10月 : 2004 No.22 幸田 幸直: 骨粗鬆症の薬物治療における薬剤師の役割(オーガナイザー講演) 第14回日本医療薬学会 (幕張) 10月 : 2004 No.23 久能 英子,中村 泰子,本間 真人,幸田 幸直,大塚 盛男: 筑波大学保健管理センターにおける薬歴データとリンクした在庫管理システムの構築 第42回全国大学保険管理研究集会 (大阪) 10月 : 2004 No.24 横橋 祐子,垣内 祥宏,柳沢 和彦,湯沢 賢治,鈴木 君江,中原 綾子,北川 明, 田中 俊一,本間 真人,幸田 幸直,赤座 英之: 電子CRFの使用経験と医療機関側からの評価 第4回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 (宇部) 10月 : 2004 No.25 嶋 泰之,神林 泰行,本間 真人,大野 国弘,長澤 勲,五十嵐 徹也, 幸田 幸直: 製品規格選択の最適化が医薬品費に及ぼす影響 第24回医療情報学連合大会第5回日本医療情報学会学術大会(愛知) 11月 : 2004 No.26 石原 三也,本間 真人,田中 直見,幸田 幸直: 芍薬甘草湯と小柴胡湯の連用が低K血症の発症に及ぼす影響 日本東洋医学会 第61回関東甲信越支部学術総会 (つくば) 11月 : 2004 No.27 本間 真人,石原 三也,湯澤 賢治,大河内 信弘,幸田 幸直: ミコフェノール酸モフェチルで誘発された下痢症状に半夏瀉心湯が有効であった腎移植症例 日本東洋医学会 第61回関東甲信越支部学術総会 (つくば) 11月 : 2004 No.28 渡辺 江美,横橋 祐子,垣内 祥宏,本間 真人,幸田 幸直,赤座 英之: 胃がん術後補助化学療法比較試験におけるCRC業務の実際 第4回茨城胃癌化学療法研究会 (茨城) 11月 : 2004 No.29 菅 真悠子,本間 真人,板垣 文雄,神林 泰行,幸田 幸直: アントラサイクリン系抗癌剤による心毒性の発症と累積投与量 第15回茨城県薬剤師学術大会 (茨城) 12月 : 2004 No.30 中尾 滋久,河田 健,堀内 学,山下 篤,神林 泰行,本間 真人,幸田 幸直: 多量の水分摂取により浮腫を認めたアロプリノールとフロセミドの併用例 第15回茨城県薬剤師学術大会 (茨城) 12月 : 2004 <班研究報告:1件> No.1 幸田 幸直,堀内 龍也,藤上 雅子,藤田 利治: 医薬品、医療機器等の安全性情報の提供・収集・解析方法及び企業による市販後安全 管理のあり方に関する研究 厚生労働科学研究費補助金 医薬品等医療技術リスク評価研究事業 平成15年度 総括・分担研究報告書 : 2004 <その他:12件> No.1 百 賢二,土岐 浩介,香取 久美,本間 真人,幸田 幸直: トリアゾラムの処方量に及ぼす消化性潰瘍治療薬の影響 茨城県病院薬剤師会会誌 46(2) : 127-129 , 2004 No.2 蛯名 清華,垣内 祥宏,畑中 公孝,西村 文吾,大久保 英樹,原 晃,本間 真人, 幸田 幸直: フルボキサミンによるセロトニン症候群が疑われた一症例 茨城県病院薬剤師会会誌 46(2) : 131-132 , 2004 No.3 幸田 幸直: 病院薬剤部実習を考える 日本医療薬学会会報 8(2) : 1-2, 2004 No.4 幸田 幸直: 病院薬剤師と生涯研修 ながのけん病薬誌 No.11 : 1, 2004 No.5 幸田 幸直: 日本病院薬剤師会関東ブロック第34回学術大会会議開催報告 Tsuchiura・Tsukuba Convention News vol.22 : 2, 2004 No.6 本間 真人: 20年前の病院実習から思うこと 薬事新報 No.2313 : 414, 2004 No.7 幸田 幸直: 第34回日病薬関東ブロック学術大会 薬事新報 No.2336 : 1004, 2004 No.8 幸田 幸直: 排尿障害、前立腺癌のお薬の安全な使い方 市民公開講座 おしっこで困っていませんか? (つくば) 2月 : 2004 No.9 幸田 幸直: 茨城県病院薬剤師会の説明および薬剤師の生涯研修 第27回茨城県病院薬剤師会新任薬剤師研修会 (水戸) 6月 : 2004 No.10 本間 真人: 症例から考える薬物相互作用と副作用 第8回薬剤師スキルアップ講座 (山梨) 9月 : 2004 No.11 幸田 幸直: 病院における薬剤師の役割 千葉科学大学 開学記念薬学部公開講座 (千葉) 10月 : 2004 No.12 井上 洋一,本間 真人,松崎 靖司,田中 直見,柴田 実,三田村 圭二, 幸田 幸直: 溶血性貧血予測のためのHPLCによる赤血球内リバビリン濃度測定 臨床薬理 35(1) : 250S, 2004