研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2007年


<原著論文>
No.1 Doki K, Homma M, Kuga K, Kawano S, Aonuma K, Yamaguchi I, Kohda Y: Impact of serum flecainide level on control of atrial fibrillation in a case treated with cardiac resynchronization therapy J Clin Pharm Ther 32 (4), 409-411, 2007 No.2 Doki K, Homma M, Kuga K, Aonuma K, Sakai S, Yamaguchi I, Kohda Y: Gender-associated differences in pharmacokinetics and anti-arrhythmic effects of flecainide in Japanese patients with supraventricular tachyarrhythmia Eur J Clin Pharmacol 63 (10), 951-957, 2007 No.3 蛯名清華, 木澤義之, 本間真人, 和田哲郎, 百 賢二, 細野浩之, 幸田幸直: 放射線療法で誘発された口腔粘膜炎にインドメタシンスプレーが奏効した5症例 Palliative Care Research 2 (1), 301-306, 2007 No.4 塚本晶子, 本間真人, 神林泰行, 木津純子, 幸田幸直: 芍薬甘草湯誘因性低カリウム血症発現に及ぼす種々の併用薬の影響 医療薬学33 (8), 687-692, 2007 No.5 板垣文雄, 加藤裕芳, 元永伸也, 市田泰彦, 松井礼子, 遠藤一司, 神林泰行, 本間真人, 幸田幸直: がん化学療法を施行した外来患者における血清アルブミン濃度 医療薬学33 (12), 1032-1036, 2007 <総 説> No.1 熊田美由紀, 幸田幸直: 甲状腺疾患治療薬 薬局58(増刊), 1293-1302, 2007 No.2 鈴木嘉治, 幸田幸直: 病院感染対策からみた抗真菌薬の選択 感染制御3 (4), 337-341, 2007 No.3 本間真人, 幸田幸直: 女性にみられる薬物動態の特徴 ベンゾジアゼピン系薬剤における体内動態の性差と臨床効果 月刊薬事49 (8), 1121-1127, 2007 <受 賞:1件> No.1 土岐浩介: フレカイニドの薬物動態に関する研究 日本TDM学会海老原賞, 2007