研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2009年


<原著論文>
No.1 Suzuki K, Doki K, Homma M, Tamaki H, Hori S, Ohtani H, Sawada Y, Kohda Y: Co-administration of proton pump inhibitors delays elimination of plasma methotrexate in high-dose methotrexate therapy Br J Clin Pharmacol 67 (1), 44-49, 2009 No.2 Doki K, Homma M, Kuga K, Aonuma K, Kohda Y: Effects of CYP2D6 genotypes on age-related change of flecainide metabolism: involvement of CYP1A2-mediated metabolism Br J Clin Pharmacol 68 (1), 89-96, 2009 No.3 Homma M, Hosono H, Hasegawa Y, Kohda Y: Morphological transformation and phosphatidylserine exposure in erythrocytes treated with ribavirin Biol Pharm Bull 32 (11), 1940-1942, 2009 No.4 Nagano S, Hosono H, Negishi F, Yanagi M, Homma M, Kohda Y, Watanabe M: Quantification of the levels of CYP2D6 mRNA in peripheral blood leukocytes by reverse transcriptase polymerase chain reaction HPLC Chem Pharm Bull 57 (11), 1278-1281, 2009 No.5 中島 綾, 土岐浩介, 本間真人, 寒河江照美, 齋藤玲子, 伊藤 聡, 住田孝之, 幸田幸直: 膠原病患者におけるグルココルチコイド製剤による副作用発現に関する実態調査 YAKUGAKU ZASSHI 129 (4), 445-450, 2009 No.6 中澤佑介, 武田光志, 百 賢二, 堀内 学, 神林泰行, 本間真人, 幸田幸直: 調剤効率化を目指した処方せんおよび薬袋作成システムの改良 -薬学生の調剤実習における評価- 日本病院薬剤師会雑誌 45 (6), 801-804, 2009 No.7 青木 愛, 神林泰行, 平賀秀明, 土岐浩介, 宮本昌二, 百 賢二, 中尾滋久, 本間真人, 幸田幸直: 処方オーダーシステムと連動した麻薬管理システムの開発と評価 日本病院薬剤師会雑誌 45 (8), 1099-1101, 2009 <総 説> No.1 幸田幸直: 期待される新しい薬剤師の誕生-6年制薬剤師への期待- Global Pharmacists 5 (3), 2, 2009 No.2 青木 愛, 幸田幸直: 脂質異常症治療薬と薬剤・飲食物との相互作用について知りたい -脂質異常症治療薬の相互作用- 治療学43 (8), 907-909, 2009 No.3 神林泰行, 幸田幸直: 口腔内適用製剤はこれ以上改善する点はないか?「医療現場で行なわれてきたことを振り返って」 PHARM STAGE 9 (8), 4-7, 2009 No.4 幸田幸直, 香取久美, 濱田洋実: 「妊娠と薬外来」における薬剤相談の取り組み Pharmacy Today 22 (2), 9-13, 2009 No.5 百 賢二, 幸田幸直: チザニジンの体内動態変動により副作用症状を呈した3患者 治療学43 (12), 1347-1350, 2009 <受 賞> No.1 住谷賢治: クロニジン含有製剤の調製と臨床評価 日本薬剤学会 Postdoctoral Presentation Award, 2009 No.2 山城智美: 睡眠薬の効果に及ぼす性差の影響 日本性差医学・医療学会優秀発表症, 2009