研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2009年


<原著論文:7件>
No.1 Suzuki K, Doki K, Homma M, Tamaki H, Hori S, Ohtani H, Sawada Y, Kohda Y: Co-administration of proton pump inhibitors delays elimination of plasma methotrexate in high-dose methotrexate therapy Br J Clin Pharmacol 67 (1), 44-49, 2009 No.2 Doki K, Homma M, Kuga K, Aonuma K, Kohda Y: Effects of CYP2D6 genotypes on age-related change of flecainide metabolism: involvement of CYP1A2-mediated metabolism Br J Clin Pharmacol 68 (1), 89-96, 2009 No.3 Homma M, Hosono H, Hasegawa Y, Kohda Y: Morphological transformation and phosphatidylserine exposure in erythrocytes treated with ribavirin Biol Pharm Bull 32 (11), 1940-1942, 2009 No.4 Nagano S, Hosono H, Negishi F, Yanagi M, Homma M, Kohda Y, Watanabe M: Quantification of the levels of CYP2D6 mRNA in peripheral blood leukocytes by reverse transcriptase polymerase chain reaction HPLC Chem Pharm Bull 57 (11), 1278-1281, 2009 No.5 中島 綾, 土岐浩介, 本間真人, 寒河江照美, 齋藤玲子, 伊藤 聡, 住田孝之, 幸田幸直: 膠原病患者におけるグルココルチコイド製剤による副作用発現に関する実態調査 YAKUGAKU ZASSHI 129 (4), 445-450, 2009 No.6 中澤佑介, 武田光志, 百 賢二, 堀内 学, 神林泰行, 本間真人, 幸田幸直: 調剤効率化を目指した処方せんおよび薬袋作成システムの改良 -薬学生の調剤実習における評価- 日本病院薬剤師会雑誌 45 (6), 801-804, 2009 No.7 青木 愛, 神林泰行, 平賀秀明, 土岐浩介, 宮本昌二, 百 賢二, 中尾滋久, 本間真人, 幸田幸直: 処方オーダーシステムと連動した麻薬管理システムの開発と評価 日本病院薬剤師会雑誌 45 (8), 1099-1101, 2009 <総 説:5件> No.1 幸田幸直: 期待される新しい薬剤師の誕生-6年制薬剤師への期待- Global Pharmacists 5 (3), 2, 2009 No.2 青木 愛, 幸田幸直: 脂質異常症治療薬と薬剤・飲食物との相互作用について知りたい -脂質異常症治療薬の相互作用- 治療学43 (8), 907-909, 2009 No.3 神林泰行, 幸田幸直: 口腔内適用製剤はこれ以上改善する点はないか?「医療現場で行なわれてきたことを振り返って」 PHARM STAGE 9 (8), 4-7, 2009 No.4 幸田幸直, 香取久美, 濱田洋実: 「妊娠と薬外来」における薬剤相談の取り組み Pharmacy Today 22 (2), 9-13, 2009 No.5 百 賢二, 幸田幸直: チザニジンの体内動態変動により副作用症状を呈した3患者 治療学43 (12), 1347-1350, 2009 <著 書:2件> No.1 幸田幸直: 薬物治療の基礎, 治療薬イラストレイテッド改訂版(山田信博編) 羊土社, 東京, pp20-31, 2009 No.2 幸田幸直: アロプリノール, 他(全14項目担当), 医学大辞典第2版(伊藤正男, 井村裕夫, 高久史麿総編集) 医学書院, 東京, 2009 <学会発表:21件> No.1 堀内 学, 平塚春菜, 本間真人, 神林泰行, 五十嵐徹也, 幸田幸直: 病名および検査データ等を記載した調剤サポートせんの試作とその有用性 平成20年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議(大分)1月, 2009 No.2 山城智美, 本間真人, 幸田幸直: ゾルピデムとブロチゾラムの睡眠効果に及ぼす性差の影響 性差医学・医療学会 第2回学術集会(東京)2月, 2009 No.3 百 賢二, 本間真人, 田中敏雄, 仲野弘子, 脇田由貴子, 幸田幸直: LC/MS/MSによる血中および尿中チザニジン濃度測定 日本薬学会第129年会(京都)3月, 2009 No.4 小林紀美, 本間真人, 小林大介, 幸田幸直: HPLCによる血中ノルフロキサシン濃度の簡易測定法の開発 日本薬剤学会第24年会(静岡)5月, 2009 No.5 幸田幸直, 神林泰行: 患者ベネフィットを大切にした製剤設計(シンポジウム基調講演) 日本薬剤学会第24年会(静岡)5月, 2009 No.6 土岐浩介, 本間真人, 幸田幸直: ACMIA法を用いた血中タクロリムス濃度測定における試薬カートリッジの開封後安定性 第26回日本TDM学会学術大会(新潟)6月, 2009 No.7 神林泰行, 幸田幸直: 院内製剤の臨床応用 −小児を対象とした製剤− 日本薬剤学会 製剤セミナー(浜松)7月, 2009 No.8 大畑 瞳, 堀内 学, 平塚春菜, 山本理恵子, 金子宜令, 本間真人, 神林泰行, 幸田幸直: 病名及び検査データ等を記載した調剤サポートせんの評価(第2報) 日本病院薬剤師会関東ブロック 第39回学術大会(長野)8月, 2009 No.9 藤井美帆, 本間真人, 山崎 浩, 青沼和隆, 木津純子, 幸田幸直: カテーテルアブレーション施行後の非分画ヘパリン持続投与が肝機能検査値に及ぼす影響 日本病院薬剤師会関東ブロック 第39回学術大会(長野)8月, 2009 No.10 宮本千穂, 金子宜令, 中澤佑介, 百 賢二, 堀内 学, 神林泰行, 本間真人, 幸田幸直: 処方オーダーシステムと連動した在庫管理システムの有用性評価 日本病院薬剤師会関東ブロック 第39回学術大会(長野)8月, 2009 No.11 本間真人: 一次情報を発信するための臨床研究 -病院薬剤部の立場から- 日本病院薬剤師会関東ブロック 第39回学術大会(長野)8月, 2009 No.12 小林紀美, 本間真人, 小林大介, 幸田幸直: HPLCによる血中および尿中ノルフロキサシン、エノキサシン濃度の簡易測定法 第53回日本薬学会関東支部大会(埼玉)10月, 2009 No.13 井坂由佳, 本間真人, 森脇俊和, 柴原 健, 中原 朗, 兵頭一之介, 幸田幸直: mFOLFOX6療法におけるoxaliplatinの休薬が副作用の発現に及ぼす影響 第19回日本医療薬学会年会(長崎)10月, 2009 No.14 鈴木嘉治, 本間真人, 幸田幸直: 末梢血リンパ球SLC29A1 mRNA発現にSLC29A1遺伝子多型が与える影響 第19回日本医療薬学会年会(長崎)10月, 2009 No.15 本間真人, 大澤靖子, 幸田幸直: 癌化学療法の副作用に対する芍薬甘草湯と牛車腎気丸の使用実態 第19回日本医療薬学会年会(長崎)10月, 2009 No.16 嶋田沙織, 本間真人, 幸田幸直: 血清カリウム値に及ぼす抑肝散投与の影響 日本東洋医学会関東甲信越支部 第17回茨城県部会学術集会(つくば)11月, 2009 No.17 奥田拓也, 中島正人, 鈴木嘉治, 本間真人, 神林泰行, 幸田幸直: ICUにおける薬剤情報提供の解析 第20回茨城県薬剤師学術大会 (つくば)11月, 2009 No.18 Shimada S, Homma M, Kohda Y: Change in urinary cortisol/17-OHCS ratio in healthy subjects after administration of Shakuyaku-kanzo-To 第3回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(博多)11月, 2009 No.19 中島正人, 本間真人, 大原 信, 神林泰行, 幸田幸直, 五十嵐徹也: スイッチOTCの代替が薬剤費削減に及ぼす効果 第29回医療情報学連合大会(広島)11月, 2009 No.20 土岐浩介, 本間真人, 久賀圭祐, 青沼和隆, 幸田幸直: フレカイニドの体内動態におよぼす加齢とCYP2D6遺伝子多型の影響 第30回日本臨床薬理学会年会(横浜)12月, 2009 No.21 本間真人, 土岐浩介, 久賀圭祐, 青沼和隆, 幸田幸直: SCN5Aプロモーターハプロタイプがフレカイニドの効果に及ぼす影響 第30回日本臨床薬理学会年会(横浜)12月, 2009 <受 賞:2件> No.1 住谷賢治: クロニジン含有製剤の調製と臨床評価 日本薬剤学会 Postdoctoral Presentation Award, 2009 No.2 山城智美: 睡眠薬の効果に及ぼす性差の影響 日本性差医学・医療学会優秀発表症, 2009 <その他:7件> No.1 幸田幸直, 神林泰行, 青木 愛: 処方オーダーシステムと連動した麻薬管理システムの開発と評価 Pharma Scope 4, 7-8, 2009 No.2 本間真人: 性差医療を考える, これからの薬剤師(木津純子 編) からだの科学増刊(2月号), 141, 2009 No.3 本間真人: 薬物の適正使用を目指したCYPの臨床研究 第17回臨床薬剤師のための講習会(金沢)6月, 2009 No.4 幸田幸直: 妊婦における薬物動態の特徴 京都薬科大学卒後教育講座(京都)9月, 2009 No.5 幸田幸直: 薬物相互作用, 症例の解析と健常人試験による検証 P & Pセミナー(相模原)10月, 2009 No.6 幸田幸直: 薬剤師からみた配合剤の位置 岡山県病院薬剤師会学術講演会(岡山)12月, 2009 No.7 本間真人, 五十嵐徹也: スイッチOTCの代替が薬剤費削減に及ぼす効果 医療統計情報プラットフォーム(CISA)研究会シンポジウム2009(東京)12月, 2009