研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2011年


<原著論文:3件>
No.1 Watanabe M, Homma M, Momo K, Okoshi Y, Wada T, Hara A, Chiba S, Kohda Y: Effects of voriconazole co-administration on oxycodone-induced adverse events: a case in the retrospective survey Eur J Clin Pharmacol 67(8), 859-861, 2011 No.2 Kobayashi T, Homma M, Momo K, Kobayashi D, Kohda Y: A simple high-performance liquid chromatographic method for determining norfloxacin and enoxacin in human serum and urine Biomed Chromatogr 25(4), 435-438, 2011 No.3 宮本千穂, 百 賢二, 金子宜令, 中澤佑介, 堀内 学, 本間真人, 神林泰行, 幸田幸直: 処方オーダーシステムと連動した在庫管理システムの有用性評価 日本病院薬剤師会雑誌 47(9), 1171-1174, 2011 <総 説:2件> No.1  本間真人 漢方薬の副作用と安全性 月刊薬事. 53(11):1725-9, 2011. No.2 吉澤弘久, 本間真人: UHCT アライアンス3 ヶ国視察レポート―韓国における産学官連携による臨床試験実施体制. 医薬ジャーナル 47 (7) 1825-1828, 2011 <著 書:1件> No.1 小西久美, 幸田幸直: 症例で理解するベッドサイドの臨床薬理学 6)妊産婦に対する薬物投与 (藤村昭夫 編) 診断と治療社, 東京, pp42-48, 2011 <学会発表:19件> No.1 堀内 学, 神林泰行, 本間真人, 大原 信, 本間 覚, 玉岡 晃, 幸田幸直: 医療情報システムを活用したアレルギー情報の提供とその利用状況 平成22年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 (つくば) 1月, 2011 No.2 細野智美, 本間真人, 佐藤 誠, 幸田幸直: ゾルピデムまたはブロチゾラム服用患者における不満要因の解析 第6回関東睡眠懇話会 (東京) 2月, 2011    No.3 百 賢二, 本間真人, 木澤義之, 長岡広香, 桜井 環, 鈴木嘉治, 土屋大樹, 神林泰行, 幸田幸直: 咽頭炎に対するインドメタシンスプレーの有効性評価(第2報) 日本薬剤学会第26年会 (東京) 5月, 2011 No.4 鈴木嘉治, 本間真人, 安部井誠人, 兵頭一之介, 幸田幸直: SLC29A1活性がリバビリンの薬物動態に及ぼす影響 第28回日本TDM学会・学術大会 (広島) 6月, 2011 No.5 増田智先, 村木優一, 竹内裕紀, 葛谷孝文, 本間真人: (日本TDM 学会ガイドライン策定委員会免疫抑制薬ワーキンググループ): 免疫抑制薬のTDM標準化に向けた中間報告(委員会報告) 第28回日本TDM学会・学術大会 (広島) 6 月, 2011 No.6 奥田拓也, 中島正人, 鈴木嘉治, 神林泰行, 本間真人, 幸田幸直, 高橋貞子, 河野 了, 水谷太郎: ICUにおける薬剤師の活動(第1報)―薬剤情報提供の解析― 第20回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (東京) 7月, 2011 No.7 本間真人: 漢方薬の薬物動態と医薬品情報 第14 回天然薬物研究方法論アカデミー (神奈川) 8 月, 2011 No.8 本間真人: 医薬品適正使用を目指した薬物相互作用・副作用症例の解析研究 日本医療薬学会第21 年会(神戸) 10 月, 2011 No.9 百 賢二, 本間真人, 木澤義之, 長岡広香, 桜井 環, 鈴木嘉治, 土屋大樹, 神林泰行, 幸田幸直: インドメタシン水溶液製剤の臨床評価(第3報)-口腔粘膜炎に対する有効性- 日本医療薬学会第21年会 (神戸) 10月, 2011 No.10 前島多絵, 土岐浩介, 鈴木邦広, 本間真人, 幸田幸直: 利尿剤の併用がメトトレキサートの腎障害におよぼす影響 日本医療薬学会第21年会 (神戸) 10月, 2011 No.11 橋本直明, 本間真人, 土岐浩介, 澤田光平, 青沼和隆, 幸田幸直: フレカイニドの新規代謝物の同定とNaチャネル阻害活性の検討 第55回日本薬学会関東支部大会 (千葉) 10月, 2011 No.12 堀内 学, 神林泰行, 本間真人, 大原 信, 五十嵐徹也,本間 覚, 玉岡 晃, 幸田幸直: 医療情報システムを活用したアレルギー情報の提供とその利用状況(第2報) 第12回日本医療マネジメント学会茨城県支部学術集会 (つくば) 11月, 2011 No.13 土岐浩介, 幸田幸直, 齋藤 豪, 岸 達康, 新妻 晶, 本間真人, 鶴嶋英夫, 松村 明, 武石由香里, 鈴木将貴, 高村浩亮, 氣田利正, 五十嵐徹也: いばらき治験活性化事業による茨城県内の治験活性化の取り組み 第12回日本医療マネジメント学会茨城県支部学術集会 (つくば) 11月, 2011 No.14 嶋田沙織, 本間真人, 水上勝義, 朝田 隆, 幸田幸直: 抑肝散投与による血清カリウム値への影響 日本東洋医学会関東甲信越支部 第19回茨城県部会学術集会 (つくば) 11月,2011 No.15 Watanabe M, Homma M, Momo K, Okoshi Y, Suzukawa K, Hasegawa Y, Wada T, Hara A, Chiba S, Kohda Y: Co-administration of azole antifungals enhances oxycodone-induced adverse reactions 第5回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム (名古屋) 11月, 2011 No.16 本間真人, 大木桜子, 鈴木嘉治, 小田竜也, 大河内信弘, 幸田幸直: SLC29A1 の遺伝子多型がゲムシタビンの末梢血リンパ球幼弱化抑制効果に及ぼす影響 第38 回日本臓器保存生物医学会学術集会 (仙台) 11月, 2011 No.17 本間真人, 百 賢二, 渡邊雅明, 大越 靖, 千葉 滋, 幸田幸直: イトラコナゾール併用による血中オキシコドン濃度の変動 第32 回日本臨床薬理学会年会 (浜松) 12 月, 2011 No.18 百 賢二, 本間真人, 大坂佳子, 猪股伸一, 田中 誠, 幸田幸直: チザニジンの血中濃度に及ぼすノルフロキサシン併用の影響 第32回日本臨床薬理学会年会 (浜松) 12月, 2011 No.19 土岐浩介, 本間真人, 久賀圭祐, 青沼和隆, 幸田幸直: 加齢に伴うフレカイニドの代謝クリアランス低下におよぼすCYP2D6遺伝子多型の影響 第32回日本臨床薬理学会年会 (浜松) 12月, 2011 <受 賞:2件> No.1 百 賢二: Effects of mexiletine, a CYP1A2 inhibitor, on tizanidine pharmacokinetics and pharmacodynamics. 2010年 筑波大学大学院人間総合科学研究科医学系専攻(博士課程)優秀論文賞, 2011 No.2 本間真人: 医薬品適正使用を目指した薬物相互作用・副作用症例の解析研究 2011年日本医療薬学会学術貢献賞, 2011 <その他:8件> No.1 本間真人: CYP を介した薬物相互作用 長野県病院薬剤師会北信支部学術講演会 第3回薬物動態TDM勉強会(長野)1月, 2011 No.2 土岐浩介: 臨床研究に関する倫理指針について 東京理科大学 第1回臨床研究の実施及び倫理に関する講習会 (野田) 4月, 2011 No.3 細野智美: 化学療法の患者指導―病院の立場から― 外来化学療法 第3回薬薬連携講演会 (つくば) 8月, 2011 No.4 土岐浩介: 抗不整脈薬のTDMとその臨床的意義 北海道TDM研究会 第35回ワークショップ (札幌) 8月, 2011 No.5 幸田幸直: 後発医薬品にみる製剤工夫 第12回DPC マネジメント研究会学術大会 (東京) 9月, 2011 No.6 幸田幸直: 薬剤師のキャリアパス:専門化教育と生涯教育の課題 病院薬剤師サミット (神戸) 9月, 2011 No.7 本間真人: TDM に基づく抗不整脈薬の適正使用 第14回千葉TDM セミナー (千葉) 11月, 2011 No.8 本間真人: プロパフェノンの薬物動態とその変動因子 筑波不整脈治療学術講演会 (つくば)11 月, 2011