研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2012年


<原著論文>
No.1 Doki K, Homma M, Kuga K, Aonuma K, Kohda Y: CYP2D6 genotype affects age-related decline in flecainide clearance: a population pharmacokinetic analysis Pharmacogenet Genomics 22(11), 777-783, 2012 No.2 Ikeda N, Murata S, Maruyama T, Tamura T, Nozaki R, Kawasaki T, Fukunaga K, Oda T, Sasaki R, Homma M, Ohkohchi N: Platelet-derived adenosine 5'-triphosphate suppresses activation of human hepatic stellate cell: In vitro study. Hepatol Res 42 (1), 91-102, 2012 <総 説> No.1 幸田幸直, 本間真人 薬物療法に寄与する臨床薬剤 薬剤学, 72(1), 47-52, 2012 No.2 百 賢二, 本間真人, 神林泰行, 幸田幸直 がん治療誘発性の口腔粘膜炎に対するインドメタシンスプレー製剤 薬剤学, 72(1), 15-19, 2012 No.3 百 賢二, 本間真人, 神林泰行, 幸田幸直 口腔粘膜炎の疼痛緩和に用いるインドメタシンスプレー 月刊薬事, 54(2), 339-343, 2012 No.4 本間真人 医薬品適正使用を目指した薬物相互作用・副作用症例の解析研究 医療薬学, 38(3), 154-162, 2012 No.5 百 賢二 トピックス:新規抗凝固薬リバーロキサバンは心房細動患者の脳卒中予防に有効である ファルマシア, 48(8), 799, 2012 No.6 百 賢二,本間真人,神林泰行,幸田幸直 口腔粘膜炎に対するインドメタシンスプレーの有用性 医薬ジャーナル, 48(10), 135-141, 2012 No.7 本間真人: 薬物応答性に影響する遺伝子多型―添付文書に見られる情報 Organ Biology 19 (1), 91-97, 2012 No.8 本間真人: 個別化薬物療法―始まっている臨床応用―フレカイニド−CYP2D6 遺伝子多型解析の意義 薬事54 (6), 937-940, 2012 No.9 幸田幸直: 日本における標準的治療薬の現状と新たな展開―ジェネリック医薬品とエスタブリッシュ医薬品― 医薬ジャーナル 48(7), 159-161, 2012 <受 賞> No.1 土岐浩介: SCN5Aプロモーターハプロタイプがフレカイニドの有効血中濃度におよぼす影響 第29回日本TDM学会・学術大会プログラム委員会推薦演題最優秀賞, 2012