研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2013年


<原著論文>
No.1 Suzuki Y, Homma M, Abei M, Hyodo I, Kohda Y: Impact of solute carrier family 29 member 1 (SLC29A1) single nucleotide polymorphisms on mRNA expression in peripheral blood mononuclear cells. Biol Pharm Bull 36(1), 144-146, 2013 No.2 Momo K, Homma M, Matsumoto S, Sasaki T, Kohda Y: Clinical survey of tizanidine-induced adverse effects ―Impact of concomitant drugs providing cytochrome P450 1A2 modification― YAKUGAKU ZASSHI 133(2), 275-281, 2013 No.3 Suzuki Y, Homma M, Abei M, Hyodo I, Kohda Y: Effects of dipyridamole coadministration on the pharmacokinetics of ribavirin in healthy volunteers. Drug Metab Pharmacokinet 28(5), 406-410, 2013 No.4 Doki K, Homma M, Kuga K, Aonuma K, Kohda Y: SCN5A promoter haplotype affects the therapeutic range for serum flecainide concentration in Asian patients. Pharmacogenet Genomics 23(7), 349-354, 2013 No.5 Momo K, Homma M, Kohda Y: Lower metabolic clearance of tizanidine in Japanese subjects. Int J Clin Pharmacol Ther 51(12), 986-988, 2013 No.6 松本和彦, 荒川義弘,小池竜司, 中村哲也,花岡英紀, 本間真人, 吉澤弘久: 大学病院間の共同IRB等の体制 大学病院臨床試験アライアンスにおける検討 臨床薬理 44(3) : 207-215, 2013 <総 説> No.1 幸田幸直: 国立大学病院における薬剤師レジデントプログラムの導入 日病薬誌 49(1), 44-45, 2013 No.2 土岐浩介, 本間真人: 治療における最近の新薬の位置付け 新薬の広場 オーファンドラッグ 医薬ジャーナル 49(増刊), 526-531, 2013 No.3 百 賢二, 幸田幸直: 長期実務実習生の効率的な受け入れ体制とその工夫 医薬ジャーナル 49(2),140-145, 2013 No.4 鶴嶋英夫, 本間真人, 土岐浩介, 幸田幸直: 臨床研究の進め方 医学物理 32(4), 209-212, 2013 No.5 大神正宏, 本間真人, 島田匡彦, 幸田幸直: チロシンキナーゼ阻害薬の血中濃度に及ぼす食事、制酸薬の影響 TDM研究 30(4), 125-133, 2013 No.6 Steve Kayser, 本間真人: 薬剤師外来 CDT 薬剤師主導の抗凝固療法クリニックの役割 日本病院薬剤師会雑誌 49(10), 1070-1074, 2013 <学会発表> No.1 幸田幸直, 間真人, 神林泰行, 百 賢二, 森山侑汰, 岡本祥史: 筑波大学附属病院における薬剤師レジデントプログラム 第2回薬剤師レジデント交流会 (神戸) 3月, 2013 No.2 土岐浩介, 本間真人, 青沼和隆, 久賀圭祐, 幸田幸直: フレカイニド光学異性体濃度測定のための逆相HPLC 第30回日本TDM学会・学術大会(熊本) 5月, 2013 No.3 本間真人: 今日の漢方治療 現代医療における漢方エキス製剤の使用実態と副作用 日本薬剤学会 第28年会 (愛知) 5月, 2013 No.4 百 賢二, 長岡広香, 神林泰行, 本間真人: インドメタシンスプレー使用患者におけるインドメタシン尿中排泄量の測定 第21回クリニカルファーマシーシンポジウム医療薬学フォーラム (金沢) 7月, 2013 No.5 鈴木嘉治, 中島 綾, 土岐浩介, 坪井洋人, 住田孝之, 本間真人: 偽陽性シクロスポリン血中濃度を認めた皮膚筋炎の一症例 医療薬学フォーラム2013/第21回クリニカルファーマシーシンポジウム (金沢) 7月, 2013 No.6 井坂由佳, 前島多絵, 渡邊雅明, 簑原豪人, 大畑 瞳, 奥田拓也, 谷田有妙枝,成瀬晴美, 堀内 学, 鈴木嘉治, 中島正人, 熊田美由紀, 土岐浩介, 神林泰行, 本間真人: 病棟薬剤業務実施に向けての業務シミュレーション(第2報)             日本病院薬剤師会関東ブロック第43回学術大会 (新潟) 8月, 2013 No.7 森山侑太, 岡本祥史, 百 賢二, 神林泰行, 本間真人: 筑波大学附属病院における薬剤師レジデントプログラム(第2報)             日本病院薬剤師会関東ブロック第43回学術大会 (新潟) 8月, 2013 No.8 嶋田沙織, 本間真人: 抑肝散投与患者における低カリウム血症の発症要因(第2報) 第30回和漢医薬学会学術大会 (金沢) 8月, 2013 No.9 Masato Homma, Hitomi Ohhata, Yoshiharu Suzuki, Nobuhiro Ohkochi, Shigeru Chiba: Impact of administration route on the drug interaction of tacrolimus and voriconazole 第13回アジア移植学会CAST2013 (京都) 9月, 2013 No.10 奥田拓也, 福島紘子, 福島 敬, 須磨崎亮, 本間真人: ボルテゾミブ併用によりクロバザムの血中濃度が上昇した小児患者の一例 第23回日本医療薬学会年会 (仙台) 9月, 2013 No.11 大畑 瞳, 鈴木嘉治, 石井亜紀子, 玉岡 晃, 本間真人: タクロリムスとアゾール系抗真菌薬の薬物相互作用が疑われた重症筋無力症の一例(第2報) 日本医療薬学会 第23年会 (仙台) 9月, 2013 No.12 成瀬晴美, 林 太智, 瀬尾由広, 住田孝之, 青沼和隆, 神林泰行, 本間真人: イグラチモドとワルファリンの薬物相互作用が疑われた一例 第57回日本薬学会関東支部大会 (東京) 10月, 2013 No.13 鈴木雄基, 降幡知巳, 松本渉吾, 鈴木嘉治, 本間真人, 水口美紗, 本橋新一郎,千葉 寛: 選択的プロモーター活性化により生じる種々のヒトがん細胞ENT1 mRNA発現プロファイル 第57回日本薬学会関東支部大会 (東京) 10月, 2013 No.14 金子宜令, 渡邊明子, 本間真人, 久賀圭祐: ドーピング規制薬の処方実態調査 第57回日本薬学会関東支部大会 (東京) 10月, 2013 No.15 鈴木雄基, 降幡知巳, 松本渉吾, 鈴木嘉治, 本間真人, 水口美紗, 本橋新一郎,千葉 寛: 選択的プロモーター活性化により生じる種々のヒトがん細胞ENT1 mRNA発現プロファイル 日本薬物動態学会第28回年会 (東京) 10月, 2013 No.16 嶋田沙織, 本間真人: 抑肝散投与患者の血清カリウム値に及ぼす利尿薬併用投与の影響 日本東洋医学会関東甲信越支部 第21回茨城県部会学術集会 (つくば) 11月, 2013 No.17 高梨典子, 飯田育子, 和田哲郎, 矢藤 繁, 堀内 学, 山口 剛, 中野良仁, 本間 覚: 新棟移転に伴う転倒転落発生率の変化 医療の質・安全学会 第8年会 (東京) 11月, 2013 No.18 矢藤 繁, 伊藤由美子, 高梨典子, 堀内 学, 飯田育子, 中野良仁, 山口 剛, 和田哲郎, 玉岡 晃, 本間 覚: インスリン皮下注射指示の電子化が医療の質と安全にもたらす影響についての検討 医療の質・安全学会 第8年会 (東京) 11月, 2013 No.19 本間 覚, 中野良仁, 高梨典子, 飯田育子, 堀内 学, 矢藤 繁, 和田哲郎, 玉岡 晃: 休日夜間の診療を単独の医師による医療ではなく、診療科を超えた病院 チーム医療にする利点 医療の質・安全学会 第8年会 (東京) 11月, 2013 No.20 飯田育子, 大山由美子, 金澤重乃, 寺田えり子, 白川洋子, 高梨典子, 矢藤 繁, 和田哲郎, 堀内 学, 本間 覚: ネームバンドの装着率及び装着したネームバンドによる患者認証率の100%を 目指して 医療の質・安全学会 第8年会 (東京) 11月, 2013 No.21 和田哲郎, 高梨典子, 平松祐司, 堤 徳正, 人見重美, 堀内 学, 飯田育子, 矢藤 繁, 本間 覚, 玉岡 晃: 筑波大学における閉鎖式輸液回路導入とその評価 医療の質・安全学会 第8年会 (東京) 11月, 2013 No.22 柳町直哉, 百 賢二, 熊田美由紀, 中島 綾, 中島正人, 細野智美, 堀内 学, 神林泰行, 本間真人: 持参薬の使用実態調査 第24回茨城県薬剤師学術大会 (茨城) 11月, 2013 No.23 鈴木嘉治, 高野恵輔, 福永 潔, 大河内信弘, 本間真人: タクロリムス徐放性カプセルの高用量投与が必要であった腎移植の一症例 第40回日本臓器保存生物医学会学術集会 (東京) 11月, 2013 No.24 土岐浩介, 関口幸夫, 久賀圭祐, 青沼和隆, 本間真人: β1-アドレナリン受容体Arg389Gly遺伝子多型がフレカイニドの治療効果に およぼす影響 第34回日本臨床薬理学会学術総会 (東京) 12月, 2013 No.25 飯村美波, 土岐浩介, 本間真人, 嶋田沙織, 水野美沙, 武石由香里, 鶴嶋英夫: 治験実施医療機関へのモニター訪問実態に関する調査(第2報) 第34回日本臨床薬理学会学術総会 (東京) 12月, 2013 <受 賞> No.1 土岐浩介: β1-アドレナリン受容体Arg389Gly遺伝子多型がフレカイニドの治療効果におよぼす影響 第34回日本臨床薬理学会学術総会 優秀演題賞(口演) 12月, 2013 <その他> No.1 土岐浩介: 臨床研究の倫理と実施上の注意点 東京理科大学 第3回臨床研究の実施及び倫理に関する講習会 (野田) 4月, 2013 No.2 本間真人: 薬物治療応答性と遺伝子検査 アークレイ臨床検査セミナー (さいたま) 4月, 2013 No.3 本間真人: 臨床研究の実施と論文作成の留意点 神奈川県病院薬剤師会 平成25年度医薬品情報スキルアップ講座 (横浜) 6月, 2013