研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2014年


<原著論文>
No.1 Maie K, Okoshi Y, Takaiwa N, Kurita N, Hasegawa Y, Homma M, Ishii K, Kohda Y, Chiba S: Aprepitant does not alter prednisolone pharmacokinetics in patients treated with R-CHOP Ann Oncol 25(1), 298-299, 2014 No.2 Hosono T, Homma M, Satoh M, Kohda Y: Variables influencing patient satisfaction for hypnotics: difference between zolpidem and brotizolam J Clin Pharm Ther 39(5), 507-510, 2014 No.3 百 賢二, 本間真人, 鈴木嘉治, 神林泰行, 幸田幸直: 化学・放射線療法誘発性の口腔粘膜炎に用いるインドメタシン噴霧製剤の安定性 薬剤学74(3), 211-216, 2014 No.4 Doki K, Sekiguchi Y, Kuga K, Aonuma K, Kohda Y, Homma M: Stereoselective analysis of flecainide enantiomers using reversed-phase liquid chromatography for assessing CYP2D6 activity Biomed Chromatogr 28(9), 1193-1198, 2014 No.5 Maie K, Yokoyama Y, Kurita N, Minohara H, Yanagimoto S, Hasegawa Y, Homma M, Chiba S: Hypouricemic effect and safety of febuxostat used for prevention of tumor lysis syndrome Springerplus. 2014 Sep 5;3:501. <総 説> No.1 平塚春菜, 本間真人: 手術室における医薬品管理 薬事新報 2829号, 25-28, 2014 No.2 本間真人, 百 賢二: 薬物相互作用 薬の適正使用のために 薬物相互作用症例の解析 チザニジンを例に ファルマシア 50(7), 684-687, 2014 No.3 百 賢二: 口腔粘膜炎に対するインドメタシン噴霧製剤の安定性 医薬ジャーナル 50(12), 143-148, 2014 No.4 百 賢二, 幸田幸直: 坐剤挿入後の途中排出時の対応 薬局 65(9), 52-56, 2014 No.5 百 賢二: 化学療法および放射線療法の副作用として発症する口腔粘膜炎 安心処方infobox 薬の基礎知識, 2014.7.14 No.6 鈴木嘉治, 本間真人: 直腸の生理と直腸投与製剤の薬物動態学的特徴 薬局 65(9), 2383-2387, 2014 <著 書> No.1 百 賢二: 院内製剤学(花輪剛久編) 京都廣川, 東京, pp21-41, 51-61, 75-84, 2014 No.2 土岐浩介, 幸田幸直: TDM, 薬剤学実験必携マニュアル(日本薬剤学会出版委員会編) 南江堂, 東京, pp397-411, 2014 No.3 本間真人: 免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン(日本TDM学会・日本移植学会編) 金原出版, 東京, pp19-21, 75-85, 2014 <学会発表> No.1 百 賢二: 化学・放射線療法誘発性の口腔粘膜炎に用いるインドメタシン噴霧製剤 日本薬学会 第134年会(熊本)3月, 2014 No.2 降幡知巳, 坪田昭人, 本間真人, 千葉 寛: 第9回若手が拓く新しい薬剤学 個別・層別化医療へ向けた最新Clinical Pharmaco-omics研究 肝炎・膵がん個別化治療の基盤確立に向けた治療薬トランスポーターの遺伝子機能解明 日本薬学会 第134年会(熊本)3月, 2014 No.3 簑原豪人, 高岩直子, 小川晋一, 小原 直, 千葉 滋, 本間真人: 化学療法により発現した高尿酸血症に対するラスブリカーゼ投与症例の解析 日本薬学会 第134年会(熊本)3月,2014 No.4 森山侑太, 岡本祥史, 百 賢二, 神林泰行, 本間真人: 筑波大学附属病院における薬剤師レジデント初期研修プログラム 第3回薬剤師レジデント交流会(兵庫)3月, 2014 No.5 柳町直哉, 稲田 晴, 根本武和, 百 賢二, 神林泰行, 本間真人: 入院患者を対象とした持参薬の実態調査 第3回薬剤師レジデント交流会(兵庫)3月, 2014 No.6 土岐浩介, 関口幸夫, 久賀圭祐, 青沼和隆, 本間真人: 血中フレカイニドS/R比はCYP2D6活性を反映する 第31回日本TDM学会・学術大会(東京)5月, 2014 No.7 大神正宏, 本間真人, 坂東裕子, 原 尚人, 武井敬司: 高速液体クロマトグラフィーを用いたlapatinib血中濃度測定法の確立 第31回日本TDM学会・学術大会(東京)5月, 2014 No.8 本間真人: 免疫抑制剤TDMガイドライン(エベロリムスについて) 第31回日本TDM学会・学術大会(東京)5月, 2014 No.9 本間真人: 抗不整脈薬のTDMと臨床マネジメント 抗不整脈薬のTDMにおける遺伝子多型解析の意義 第31回日本TDM学会・学術大会(東京)5月, 2014 No.10 大畑 瞳, 鈴木嘉治, 百 賢二, 石井亜紀子, 玉岡 晃, 本間真人: タクロリムスとアゾール系抗真菌薬の薬物相互作用が疑われた重症筋無力症の一例(第3報) 医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム(東京) 6月, 2014 No.11 近藤愛子, 細野智美, 松本恵利華, 神林泰行, 相原有希子, 関堂 充,  本間真人: トラマドール/アセトアミノフェン配合錠とワルファリンの薬物相互作用が疑われた症例 医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム(東京) 6月, 2014 No.12  小西久美, 前島多絵, 濱田洋実, 本間真人: 「授乳と薬」外来における相談内容の解析            日本病院薬剤師会関東ブロック第44回学術大会(さいたま)8月, 2014 No.13 嶋田沙織, 朝田 隆, 本間真人: 抑肝散加陳皮半夏投与による血清カリウム値への影響 ―抑肝散との比較― 第31回和漢医薬学会学術大会(幕張)8月, 2014 No.14 本間真人: 甘草含有漢方薬における偽アルドステロン症のリスク因子 第31回和漢医薬学会学術大会(幕張)8月, 2014 No.15  本間真人, 増田智先: 免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン 現状と展望 免疫抑制薬のTDM標準化ガイドライン策定 エベロリムスについて 第50回日本移植学会総会(東京)9月, 2014 No.16 井坂由佳, 前島多絵, 渡邊雅明, 堀内 学, 細野智美, 小西久美, 鈴木嘉治, 中島 綾, 中島正人, 熊田美由紀, 神林泰行, 本間真人: 病棟薬剤業務が疑義照会へ及ぼす影響 第24回日本医療薬学会年会(名古屋) 9月, 2014 No.17 渡邊雅明, 百 賢二, 小原 直, 千葉 滋, 本間真人: アゾール系抗真菌薬の併用がオキシコドンの副作用症状に及ぼす影響 第24回日本医療薬学会年会(名古屋)9月, 2014 No.18 簑原豪人, 真家紘一郎, 小原 直, 千葉 滋, 久賀圭祐, 本間真人: 腫瘍崩壊症候群の高尿酸血症に対する個別化治療の一考察 第24回日本医療薬学会年会(名古屋)9月, 2014 No.19 中山直樹, 百 賢二, 三原 潔, 本間真人: 副作用データベースを用いたベプリジルの副作用解析 第58回日本薬学会関東支部大会(東京)10月, 2014 No.20 Homma M, Suzuki K, Doki K, Chiba S: Co-administration of intravenous proton pump inhibitors is a risk factor for delayed elimination of plasma methotrexate in high-dose methotrexate 19th North American ISSX / 29th JSSX Meeting(San Francisco)10月, 2014 No.21 Ohgami M, Homma M, Suzuki Y, Mitsuhashi S, Fujisawa F, Kaburagi T, Uchiumi K, Yamada Y, Bando H, Hara H, Takei K: A simple high-performance liquid chromatography for determining lapatinib and erlotinib in human plasma 19th North American ISSX / 29th JSSX Meeting(San Francisco)10月, 2014 No.22 堀内 学, 高梨典子, 飯田育子, 古田淳一, 和田哲朗, 山口 剛, 中野良仁, 本間真人, 本間 覚: 鎮静薬服用中の転倒転落について薬物血中濃度半減期からの考察 第9回医療の質・安全学会学術集会(東京) 11月, 2014 No.23 和田哲郎, 高梨典子, 飯田育子, 中野良仁, 平井理心, 山口 剛, 堀内 学, 古田淳一, 本間 覚, 原 晃: 患者誤認防止対策の実践とその評価 〜患者自らが本人確認に協力する文化を院内に根付かせるために〜 第9回医療の質・安全学会学術集会(東京) 11月, 2014 No.24 飯田育子, 高梨典子, 和田哲郎, 古田淳一, 堀内 学, 平井理心, 山口 剛, 中野良仁, 本間 覚: 口頭指示受けメモの作成と復唱率の調査 第9回医療の質・安全学会学術集会(東京) 11月, 2014 No.25 本間 覚, 高梨典子, 中野良仁, 和田哲郎, 堀内 学, 飯田育子, 平井理心, 山口 剛, 石塚 伸, 松村 明: Event-orientedな事例収集は医事紛争に要するコストを軽減する 第9回医療の質・安全学会学術集会(東京) 11月, 2014 No.26 鈴木嘉治, 高野恵輔, 福永 潔, 大河内信弘, 本間真人: タクロリムスのクリアランスにおけるCYP3A5 *1アレルの寄与 第41回日本臓器保存生物医学会学術集会(大阪) 11月, 2014 No.27 本間真人: 移植後管理における薬物療法 特にTDMについて(教育セミナー) 第41回日本臓器保存生物医学会学術集会(大阪) 11月, 2014 No.28 嶋田沙織, 朝田 隆, 本間真人: 抑肝散製剤とガランタミンの併用により低カリウム血症をきたした症例 日本東洋医学会第71回関東甲信越支部学術集会(つくば)11月, 2014 No.29 本間真人: 現代医療における漢方エキス製剤の使用実態と副作用 日本東洋医学会第71回関東甲信越支部学術集会(つくば)11月, 2014 No.30 Hashimoto N, Doki K, Homma M: Impact of novel hepatic metabolites on flecainide metabolism 第8回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(熊本)11月, 2014 No.31 稲田 晴, 百 賢二, 熊田美由紀, 久能英子, 神林泰行, 本間真人: 薬剤師が関わる手術室業務の検討 第25回茨城県薬剤師学術大会(茨城)11月, 2014 No.32 藤塚浩久, 百 賢二, 本間真人: アダリムマブの副作用使用成績調査の解析 第25回茨城県薬剤師学術大会(茨城)11月, 2014 No.33 百 賢二, 長岡広香, 渡邊雅明, 本間真人: 口腔粘膜炎の疼痛緩和に用いるインドメタシンスプレーの有効性(第4報) 第35回日本臨床薬理学会学術総会(愛媛)12月, 2014 No.34 飯村美波, 土岐浩介, 青沼和隆, 本間真人: ダビガトランの大規模臨床試験と実臨床における対象患者の相違 第35回日本臨床薬理学会学術総会(愛媛)12月, 2014 No.35 本間真人: アプレピタントとグルココルチコイド製剤の薬物相互作用(シンポジウム) 第35回日本臨床薬理学会学術総会(愛媛)12月, 2014 <受 賞> No.1 神林泰行, 池見亜也子, 鈴木将貴, つくばネクストパートナーズ, 協力企業: 外来化学療法室における関連企業スタッフとの協働作業による高額医薬品在庫管理システムの構築 筑波大学附属病院 平成26年度ベストプラクティス 優秀賞 12月, 2014 <その他> No.1 土岐浩介: 臨床薬剤学シンポジウム, ホテルグランド東雲(つくば)3月, 2014 No.2 百 賢二: CYP1A2を介したチザニジンの薬物相互作用 臨床薬剤学シンポジウム, ホテルグランド東雲(つくば)3月, 2014 No.3 土岐浩介: 臨床研究の倫理と実施上の注意点 東京理科大学 臨床研究の実施及び倫理に関する講習会(野田)4月, 2014 No.4 本間真人: 日常診療で遭遇する問題点の気づき?臨床研究の進め方 平成26年度国公私立大学病院医療技術関係職員研修(東京)5月, 2014 No.5 土岐浩介, 本間真人: 心筋ナトリウムチャネル関連遺伝子解析に基づく抗不整脈薬の個別投与設計法確立に関する研究 大和証券ヘルス財団研究業績集 37, 14-17, 2014 No.6 久永明人, 本間真人, 古谷佳苗: 明日から使える漢方実践服薬指導シリーズ 第8回 精神神経科領域(座談会) 漢方医薬学雑誌 21(4), 114-122, 2014 No.7 神林泰行: 薬物治療の薬学的管理と指導   平成26年度リウマチケア専門職制度研修会 7月, 2014 No.8 神林泰行: リウマチ財団登録薬剤師制度とRA医療での薬剤師のかかわり方 平成26年度東海・北陸地区リウマチケアの治療とケア研修会 10月, 2014 No.9 本間真人: 漢方薬の適正使用における臨床薬剤学的課題と薬剤師の役割 東京薬科大学和漢薬物学講座開設記念シンポジウム 10月, 2014 No.10 本間真人: 漢方エキス製剤の副作用解析 第30回東京理科大学薬学講座 10月, 2014 No.11 本間真人: 日常診療で遭遇する問題点の気づき?臨床研究の進め方 第39回秋田県臨床薬学研究会 11月, 2014 No.12 本間真人: 関節リウマチ治療における薬剤師の役割 平成26年度関東・甲信越地区リウマチケアの治療とケア研修会 11月, 2014