研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2015年


<原著論文>
No.1 Doki K, Sekiguchi Y, Kuga K, Aonuma K, Homma M: Serum flecainide S/R ratio reflects the CYP2D6 genotype and changes in CYP2D6 activity Drug Metab Pharmacokinet 30(4), 257-262, 2015 No.2 百 賢二: 化学・放射線療法誘発性の口腔粘膜炎に用いるインドメタシン噴霧製剤 薬学雑誌 135(8), 931-935, 2015    No.3 飯村美波, 土岐浩介, 嶋田沙織, 鶴嶋英夫, 松村 , 本間真人: 治験モニターの治験実施医療機関への訪問実態 ―治験効率化に向けた一考察― 臨床薬理 46(2), 71-75, 2015 <総 説> No.1 増田智先, 本間真人, 竹内裕紀, 葛谷孝文, 内藤隆文, 村木優一,岡田賢二, 谷川原祐介, 佐藤 滋, 原田 浩, 渡井至彦, 鳴海俊治, 三浦昌朋, 新岡丈典, 湯沢賢治, 高原史郎, 日本TDM学会免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン策定委員会, 日本移植学会免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン策定委員会: 免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン2014の策定〜STATEMENTS〜 TDM研究 32, 143-159, 2015    No.2 神林泰行, 本間真人: 副腎皮質ステロイドのキホン!化学構造と剤型から見た種類と特徴 @副腎皮質ステロイドの開発の歴史と化学構造による薬剤特性 薬局 66(5), 1704-1711, 2015   No.3 百 賢二, 本間真人: ベンゾジアゼピン系薬剤のファーマコキネティクスと薬物相互作用・副作用 薬局 66(12), 2967-2971, 2015 <受 賞> No.1 土岐浩介: プロパフェノンのTDMにおける採血時間の検討32回日本TDM学会・学術大会 優秀演題賞(口演)5月, 2015   No.2 百 賢二: 化学・放射線療法誘発性の口腔粘膜炎に用いるインドメタシン噴霧製剤の安定性 公益財団法人日本薬剤学会 2015年度優秀論文賞 受賞 5, 2015