研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

2016年

<原著論文>
No.1 Doki K, Sekiguchi Y, Kuga K, Aonuma K, Homma M: β1-Adrenergic receptor Arg389Gly polymorphism affects anti-arrhythmic efficacy of flecainide in patients with co-administration of β-blockers Pharmacogenet Genomics 2016; 26(10): 481-485  No.2 Ohgami M, Kaburagi T, Kurosawa A, Homma MDrug interaction between erlotinib and phenytoin for brain metastases in a patient with nonsmall cell lung cancer Lung Cancer. 2016;101:9-10  No.3     Ohgami M, Homma M, Suzuki Y, Naito K, Yamada M, Mitsuhashi S, Fujisawa F, Kojima H, Kaburagi T, Uchiumi K, Yamada Y, Bando H, Hara H, Takei K: A Simple High-Performance Liquid Chromatography for Determining Lapatinib and Erlotinib in Human Plasma Ther Drug Monit. 2016; 38(6): 657-662  No.4 Kimura K, Kanehira N, Takayanagi R, Minohara H, Homma M, Yamada Y: Prediction of Therapeutic Effect of Rasburicase on Hyperuricemia Associated with Chemotherapy Based on Theoretical Model Biol Pharm Bull. 2016; 39(5): 705-11  <総 説> No.1 青沼和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田隆徳, 市田蕗子, 上野和行, 越前宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下喜正, 土岐浩介, 戸塚恭一, 萩原誠久, 長谷川純一, 林 秀晴, 平尾見三,前田頼伸, 松本直樹, 渡邉英一, 笠井英史, 篠原徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友直方, 関口幸夫, 高橋尚彦, 野上昭彦, 橋口正行, 平田 純生, 松本宜明, 湯川栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江透, 篠崎公一, 田中一彦, 本間真人, 堀江 稔, 三浦崇則, 日本循環器学会, 日本TDM学会: 日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告) 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン 循環器病ガイドシリーズ 2015年度版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン, 3-54, 2016  No.2 青沼和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田隆徳, 市田蕗子, 上野和行, 越前宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下喜正, 土岐浩介, 戸塚恭一, 萩原誠久, 長谷川純一, 林 秀晴, 平尾見三, 前田頼伸, 松本直樹, 渡邉英一, 笠井英史, 篠原徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友直方, 関口幸夫, 高橋尚彦, 野上昭彦, 橋口正行, 平田 純生, 松本宜明, 湯川栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江透, 篠崎公一, 田中一彦, 本間真人, 堀江 稔, 三浦崇則, 日本循環器学会, 日本TDM学会: 日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン 循環器病ガイドシリーズ 2015年度版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン, 55-89, 2016  No.3 青沼和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田隆徳, 市田蕗子, 上野和行, 越前宏俊, 栄田敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下喜正, 土岐浩介, 戸塚恭一, 萩原誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾見三, 前田頼伸, 松本直樹, 渡邉英一, 笠井英史, 篠原徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友直方, 関口幸夫, 高橋尚彦, 野上昭彦, 橋口正行,平田純生, 松本宜明, 湯川栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎公一, 田中一彦, 本間真人, 堀江 稔, 三浦崇則, 日本循環器学会, 日本TDM学会: 日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン TDM研究 33(3), 123-157, 2016  No.4 黒木健志, 青沼和隆, 土岐浩介, 本間真人: 【病気とくすり2016 基礎と実践Expert's Guide】循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 循環器系疾患 不整脈 薬局 67(4), 824-844, 2016  No.5 本間真人: 生薬学担当教員による漢方教育に対する取り組み医療現場側から大学での漢方教育に期待すること 薬学雑誌 136(3), 417-422, 2016  No.6 本間真人: 【臓器移植における免疫調節とその臨床応用】 免疫抑制薬の後発医薬品使用に関する一考察 Organ Biology 23(2), 150-153, 2016  No.7 本間真人: タクロリムスとアゾール系抗真菌薬の薬物相互作用:アゾール系抗真菌薬の種類と投与ルートの影響 医薬品相互作用研究 40(1-2), 9-12, 2016  No.8 土岐浩介: 治療域が狭い・副作用が出やすい薬剤におけるDDIマネジメントの実践例!―Fメトトレキサート 薬局 67(8), 130-135, 2016  No.9 土岐浩介本間真人: 不整脈 治療薬の薬理と薬学管理上の注意点, 病気とくすり 基礎と実践 薬局増刊号 67(4), 361-372, 2016