研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

1995年


<原著論文:2件>
No.1 Sato S, Baba Y, Tajima K, Kimura T, Tsuji M, Kohda Y, Sato Y: Prolongation of epidural anesthesia in the rabbit with the use of a biodegradable copolymer paste containing lidocaine Anesth Analg 80: 97-101, 1995 No.2 垣内祥宏, 馬場泰行, 堀内学, 佐藤信一, 幸田幸直, 相良悦郎, 永沼利博, 岩井美佐, 佐藤重仁, 水山和之, 内藤裕史: 薬剤管理指導業務を志向した合同回診 日本病院薬剤師会雑誌 31(5):597-599, 1995 <総 説:1件> No.1 幸田幸直: 広範囲血液・尿化学検査, 免疫学的検査-薬物分析検査, バルプロ酸- 日本臨床 53(増刊号, 上巻):918-920, 1995 <学会発表:6件> No.1 馬場泰行, 幸田幸直, 相良悦郎, 佐藤重仁, 福崎裕延: 生体内分解性ペースト状ポリマーを素材とした徐放性製剤の試作(第3報) 日本薬学会第115年会(仙台)3月, 1995 No.2 馬場泰行, 幸田幸直, 相良悦郎, 村上純一郎, 中村和郎, 福崎裕延: 生体内分解性ペースト状ポリマーを素材とした徐放性製剤の試作(第4報) 第11回日本DDS学会(広島)7月, 1995 No.3 渋谷文則, 嶋田修治, 青山隆夫, 中島克佳, 中村幸一, 伊賀立二, 澤田康文, 新井克明, 幸田幸直, 相良悦郎, 宇田明洋, 原田保正: 遠隔地からの兵庫県南部地震災害救援医療団での薬剤師の活動 第5回日本病院薬学会年会(東京)7月, 1995 No.4 堀内学, 馬場泰行, 幸田幸直, 相良悦郎: 皮膚局所の疼痛緩和を目的としたリドカインクリームの調製 第5回日本病院薬学会年会(東京)7月, 1995 No.5 須賀肇, 豊島玲子, 佐藤信一, 幸田幸直, 相良悦郎: 医薬品の発売地域と二次試料収載状況の確認 日本病院薬剤師関東ブロック第25回学術大会(千葉)8月, 1995 No.6 原田康, 垣内祥宏, 佐藤信一, 幸田幸直, 相良悦郎: 調剤用麻薬返納の現状分析 日本病院薬剤師関東ブロック第25回学術大会(千葉)8月, 1995 <その他:4件> No.1 幸田幸直, 須賀肇, 相良悦郎, 柏木平八郎: ロベンザリット二ナトリウムによる腎障害-自経三症例の報告と文献的考察- 日本医事新報 No3691:43-48, 1995 No.2 馬場泰行, 幸田幸直, 相良悦郎, 村上純一郎, 中村和郎, 福崎裕延: 生体内分解性ペースト状ポリマーを素材とした徐放性製剤の試作(第4報) Drug Delivery System 10(4):299, 1994 No.3 幸田幸直: 薬物相互作用, その服薬指導への活かし方 第13回昭和大学薬学部卒後教育セミナー(東京) 6月, 1995 No.4 幸田幸直: 薬の特性とその使い方, 相互作用 東京薬科大学第43回卒後教育講座(東京) 11月, 1995