研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

1997年


<原著論文:2件>
No.1 原田彩織, 角田肇, 高橋秀人, 幸田幸直, 加納克己, 久保武士: 好中球減少症性発熱と抗生物質の使用頻度を指標としたG-CSF製剤の評価 臨床薬理 28(1):767-775, 1997 No.2 Kohda Y, Kobayashi H, Baba Y, Yuasa H, Ozeki T, Kanaya Y, Sagara E: Controlled release of lidocaine hydrochloride from buccal mucosa-adhesive films with solid dispersion Int. J. Pharmaceut. 158(2):147-155, 1997 <総 説:2件> No.1 幸田幸直, 馬場泰行: バルプロ酸投与と唾液腺型アミラーゼの上昇 日本醫事新報 3842:110, 1997 No.2 新井克明, 幸田幸直: 抗不整脈薬の注意すべき副作用, 留意すべき相互作用 薬局 48(4):601-608, 1997 <著 書:1件> No.1 小山哲夫, 幸田幸直 編(清水直容, 南原利夫 監修): 「日常会話医療用語集」第6版 ミクス, 東京, 1997 <学会発表:8件> No.1 加藤直人, 宮本昌二, 佐藤信一, 幸田幸直, 相良悦郎: 錠剤の包装からの取り出し易さに及ぼす形状の影響 第7回茨城県薬剤師学術大会(水戸)2月, 1997 No.2 番場和夫, 林昭弘, 佐藤信一, 幸田幸直, 相良悦郎: 医薬品回収措置の現状と対応 第7回茨城県薬剤師学術大会(水戸)2月, 1997 No.3 垣内祥宏, 幸田幸直, 相良悦郎, 宮部雅幸: 乳幼児におけるリドカイン持続硬膜外麻酔時の血中濃度の予測 日本薬学会第117年会(東京)3月, 1997 No.4 Miyabe Y, Kakiuchi Y, Kohda Y, Sato S: Plasma concentrations of lidocaine and its principal metabolite during continuous caudal anesthesia in infants International Anesthesia Research Society 71st Clinical and Scientific Congress (San Francisco) March, 1997 No.5 須田光明, 林浩一郎, 青木泰子, 中井利昭, 澤畑辰夫, 相良悦郎, 新井克明: 当院における黄色ブドウ球菌感染症の変遷 第20回日本骨・関節感染症研究会(大阪)7月, 1997 No.6 垣内祥宏, 幸田幸直, 宮部雅幸, 相良悦郎: 乳幼児におけるリドカイン持続硬膜外麻酔時の血中代謝物濃度に及ぼす血中α1-酸性糖蛋白濃度の影響 第7回日本病院薬学会(名古屋)9月, 1997 No.7 幸田幸直, 住谷賢治, 相良悦郎: 臨床実習としての薬剤部実習に対する医学生の評価 第7回日本病院薬学会(名古屋)9月, 1997 No.8 Miyabe Y, Kakiuchi Y, Kohda Y, Sato S: Plasma lodocaine and MEGX during cintinuous epidural anesthesia in infants and chilren 1997 Annual Meeting, American Society of Anesthesiologists (San Diego) October, 1997 <その他:8件> No.1 垣内祥宏, 幸田幸直, 相良悦郎, 佐藤重仁: キシロカインビスカスの投与により発現した視覚異常と血中代謝物濃度との関連 臨床薬理 28(1):301-302, 1997 No.2 小林仁, 大島宣雄, 幸田幸直, 馬場泰行, 相良悦郎, 湯浅宏, 尾関哲也, 金谷芳雄: 口腔粘膜への適用を目的にしたフィルム状製剤の開発 臨床薬理 28(1):407-408, 1997 No.3 原田彩織, 角田肇, 幸田幸直, 高橋秀人, 加納克己, 久保武士: G-CSF市販前後の抗生物質使用頻度の変化-婦人科癌における検討- 薬剤疫学 2(1):41-42, 1997 No.4 加藤直人, 宮本昌二, 佐藤信一, 幸田幸直, 相良悦郎: 錠剤の包装からの取り出し易さに及ぼす形状の影響 茨城県病院薬剤師会会報 50・51:85-87, 1997 No.5 番場和夫, 林昭弘, 佐藤信一, 幸田幸直, 相良悦郎: 医薬品回収措置の現状と対応 茨城県病院薬剤師会会報 50・51:88-92, 1997 No.6 Miyabe Y, Kakiuchi Y, Kohda Y, Sato S: Plasma concentrations of lidocaine and its principal metabolite during continuous caudal anesthesia in infants Anesthesia & Analgesia 84 (2S):S444, 1997 No.7 須田光明, 林浩一郎, 青木泰子, 中井利昭, 澤畑辰夫, 相良悦郎, 新井克明: 当院における黄色ブドウ球菌感染症の変遷 日本骨・関節感染症研究会雑誌 11:95-98, 1997 No.8 Miyabe Y, Kakiuchi Y, Kohda Y, Sato S: Plasma lodocaine and MEGX during cintinuous epidural anesthesia in infants and chilren Anesthesiology 87(3A):A792, 1997