研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

1998年


<原著論文:6件>
No.1 馬場泰行, 坂本岳志, 幸田幸直, 猪股伸一, 豊岡秀訓, 相良悦郎: 麻酔前投薬に用いる塩酸クロニジンキャンディーの調製と臨床効果 薬剤学 58(1):46-51, 1998 No.2 幸田幸直, 住谷賢治, 相良悦郎: 医学専門学群4年生を対象とした薬剤部実習-アンケート調査による評価- 病院薬学 24(3):59-265, 1998 No.3 Kohda Y, Kakiuchi Y, Miyabe M, Sato S: Simultaneous determination of lidocaine and its deethyl-metabolites in plasma and its application to drug level monitoring in infants J. Appl. Ther. Res 2(1):33-38, 1998 No.4 小山完二, 幸田幸直, 阿久沢尚士, 小山恭子, 後藤勝年: グルホシネートの薬物動態-ウサギを用いた基礎的研究- 日本救急医学会雑誌 9(10):566-567, 1998 No.5 Miyabe Y, Kakiuchi Y, Kihara S, Takahashi S, Kohda Y, Sato S, Toyooka H: The plasma concentrations of lidocaine's principal metabolite increases during continuous epidural anesthesia in infants and children Anesthesia & Analgesia 87 (5):1056-1057, 1997 No.6 Kakiuchi Y, Kohda Y, Sato S, Yamashita S, Sagara S: Lidocaine metabolites and visual disorders J. Appl. Ther. Res 2(1):157-162, 1998 <総 説:2件> No.1 幸田幸直: 新薬展望1998, 輸液製剤・経腸栄養剤 医薬ジャーナル 34(S-1):201-207, 1998 No.2 幸田幸直: 薬物間相互作用の臨床, 抗てんかん薬 治療学 32(3):348-351, 1998 <学会発表:11件> No.1 広瀬保夫, 小山完二, 幸田幸直, 小林美穂, 田中敏春, 本多拓: グルホシネート製剤経口中毒症例におけるグルホシネートのtoxicokineticsの解析 第12回日本中毒学会東日本部会(東京)1月, 1998 No.2 小山完二, 幸田幸直, 阿久沢尚士, 小山恭子, 後藤勝年: ウサギにおけるグルホシネートの薬物体内動態 第12回日本中毒学会東日本部会(東京)1月, 1998 No.3 馬場泰行, 垣内祥宏, 幸田幸直, 相良悦郎, 尾関哲也, 湯浅宏, 金谷芳雄: 粘膜付着性の放出制御型フィルムからのリドカインの放出 日本薬剤学会第13年会(甲府)3月, 1998 No.4 Koyama K, Kohda Y, Akuzawa H, Koyama K, Goto K: Toxicokinetics of glufosinate, an herbicide structurally analogous to glutamic acid, that causes severe CNS disorders in human acute oral poisoning The international Congress of Toxicology(ICT)-[(Paris) July, 1998 No.5 馬場泰行, 幸田幸直, 猪股伸一, 豊岡秀訓: 小児麻酔における塩酸クロニジンキャンディーの有用性 日本病院薬剤師会関東ブロック第28回学術大会(甲府)8月, 1998 No.6 住谷賢治, 幸田幸直: 医学専門学群4年生を対象とした薬剤部実習に対する学生の評価(第2報) 日本病院薬剤師会関東ブロック第28回学術大会(甲府)8月, 1998 No.7 林昭弘, 新井克明, 佐藤信一, 幸田幸直: 錠剤およびカプセル剤の包装変更の実状とその対応 第8回日本病院薬学会年会(横浜)9月, 1998 No.8 吉田直弘, 新井克明, 幸田幸直: 抱水クロラール水溶液の安定性 第8回日本病院薬学会年会(横浜)9月, 1998 No.9 坂井みどり, 加藤直人, 住谷賢二, 須賀肇, 幸田幸直: 治験薬の調剤における業務の改善 第8回日本病院薬学会年会(横浜)9月, 1998 No.10 Miyabe Y, Kakiuchi Y, Kohda Y, Sato S, Toyooka H: Plasma lodocaine and MEGX during cintinuous epidural anesthesia with and without epinephrine in children 1998 Annual Meeting, American Society of Anesthesiologists (Orland) October, 1998 <その他:4件> No.1 広瀬保夫, 小山完二, 幸田幸直, 小林美穂, 田中敏春, 本多拓: グルホシネート製剤経口中毒症例におけるグルホシネートのtoxicokineticsの解析 中毒研究 11(2):191-192, 1998 No.2 小山完二, 幸田幸直, 阿久沢尚士, 小山恭子, 後藤勝年: ウサギにおけるグルホシネートの薬物体内動態 中毒研究 11(2):192, 1998 No.3 Koyama K, Kohda Y, Akuzawa H, Koyama K, Goto K: Toxicokinetics of glufosinate, an herbicide structurally analogous to glutamic acid, that causes severe CNS disorders in human acute oral poisoning Toxicology Letters 95(S1):140, 1998 No.4 Miyabe Y, Kakiuchi Y, Kohda Y, Sato S, Toyooka H: Plasma lodocaine and MEGX during cintinuous epidural anesthesia with and without epinephrine in children Anesthesiology 89(3A):A879, 1998