研究業績

<< 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 >>

<< 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 >>

<< 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 >>

1999年


<原著論文:6件>
No.1 宮本昌二, 鈴木勝, 幸田幸直: 調剤工程および服用時の薬剤損失-ジゴキシン製剤をモデルにして- 病院薬学 25:292-298, 1999 No.2 原田康, 垣内祥宏, 武田光志, 佐藤信一, 馬場泰行, 幸田幸直: 調剤時に一回量包装されたメサラジン錠の着色とその安定性 病院薬学 25:399-406, 1999 No.3 垣内祥宏, 馬場泰行, 幸田幸直, 堀哲夫, 井上成一朗, 本間満子: タクロリムス散剤投与時の薬剤の損失-生体肝移植患者のTDMにあたって- 病院薬学 25:422-427, 1999 No.4 Hirose Y, Kobayashi M, Koyama K, Kohda Y, Tanaka T, Honda H, Hori Y, Yoshida K, Kikuchi M: A toxicokinetic analysis in an patient with acute glufosinate poisoning Hum. Exp. Toxicol. 18: 305-308, 1999 No.5 Kihara S, Miyabe M, Kakiuchi Y, Takahashi S, Fukuda T, Kohda Y, Toyooka H: Plasma concentrations of lidocaine and its principal metabolites during continuous epidural infusion of lidocaine with or without epinephrine Reg. Anesth. Pain Med. 24: 529-533, 1999 No.6 Kakiuchi Y, Kohda Y, Miyabe M, Momose Y: Effect of plasma α1-acid glycoprotein concentration on the accumulation of lidocaine metabolites during continuous epidural anesthesia in infants and chilren Int. J. Clin. Pharmacol. Ther. 37: 493-498, 1999 <総 説:2件> No.1 板垣文雄, 幸田幸直: 胃炎(急性, 慢性)治療薬と患者への説明 薬局 50:465-473, 1999 No.2 富田隆, 幸田幸直: 睡眠薬とその適応 薬局 50:1965-1970, 1999 <学会発表:13件> No.1 三浦朱美, 新井克明, 林昭弘, 佐藤信一, 幸田幸直: 医薬品の包装変更の実情とその対応 第9回茨城県薬剤師学術大会(水戸)2月, 1999 No.2 幸田幸直, 原田康, 垣内祥宏, 武田光志, 佐藤信一, 馬場泰行, 山本由里子: 調剤時に一回量包装されたメサラジン錠の着色 日本薬剤学会第14年会(岡山)3月, 1999 No.3 垣内祥宏, 幸田幸直, 宮部雅幸: リドカイン持続硬膜外麻酔における血漿中リドカインおよびその活性代謝物濃度に及ぼすエピネフリン添加の影響 日本薬学会第119年会(徳島)3月, 1999 No.4 山本由里子, 垣内祥宏, 板垣文雄, 加藤茂, 佐藤重仁, 幸田幸直: リドカインの非結合型分率およびα1-酸性糖蛋白濃度がMEGX試験の成績に及ぼす影響 第16回日本TDM学会(横浜)6月, 1999 No.5 本田智靖, 中島光一, 東治道, 飯盛恵美子, 小山完二, 幸田幸直, 郡山一明, 田勢長一朗, 奥田孝範, 阿久沢尚士, 他: バスタ液剤蛍光中毒症例におけるグルホシネート(GLF)体内動態の解析 第21回日本中毒学会総会(東京)7月, 1999 No.6 坂本岳志, 新井克明, 吉田直弘, 佐藤信一,幸田幸直: 施用記録票を用いた血漿分画製剤の管理 日本病院薬剤師会関東ブロック第29回学術大会(長野)7月, 1999 No.7 幸田幸直, 垣内祥宏, 板垣文雄, 山本由里子, 岩崎信明, 長谷川誠, 松井陽: フェニトイン中毒症例のTDM 第9回日本病院薬学会年会(札幌)9月, 1999 No.8 垣内祥宏, 幸田幸直, 上村明, 宮部雅幸: 小児におけるリドカイン硬膜外麻酔時のリドカインおよびその活性代謝物濃度に及ぼす血中α1-酸性糖蛋白濃度の影響 第9回日本病院薬学会年会(札幌)9月, 1999 No.9 板垣文雄, 垣内祥宏, 山本由里子, 幸田幸直: 蛍光偏光免疫測定キットにおけるトレーサーロット変更がシクロスポリン濃度測定に与える影響 第9回日本病院薬学会年会(札幌)9月, 1999 No.10 住谷賢治, 馬場泰行, 幸田幸直: 院内製剤としての口腔内崩壊錠の調製 第9回日本病院薬学会年会(札幌)9月, 1999 No.11 飯盛恵美子, 山田嘉己, 井上雅子, 東治道, 本田智靖, 中島光一, 小山完二, 幸田幸直, 郡山一明: 除草剤バスタの服毒症例におけるグルホシネート体内動態の解析 第9回日本病院薬学会年会(札幌)9月, 1999 No.12 塚本晃子, 須賀肇, 武田光志, 佐藤信一, 幸田幸直, 久保田眞也: 筑波大学附属病院における院外処方箋発行の変遷 第10回茨城県薬剤師学術大会(水戸)11月, 1999 No.13 高橋宏, 小山完二, 幸田幸直, 松宮直樹, 戸立二剛他: バスタ液剤経口中毒における血液浄化法の効果-グルホシネートの薬物体内動態からみた症例検討- 第10回茨城県薬剤師学術大会(水戸)11月, 1999 <その他:4件> No.1 幸田幸直: TDMの臨床上での有用性 第22回日本TDM学会セミナー(前橋) 5月, 1999 No.2 馬場泰行, 幸田幸直, 猪股伸一, 豊岡秀訓: 小児麻酔における塩酸クロニジンキャンディーの有用性 茨城県病院薬剤師会会報 54: 55-56, 1999 No.3 住谷賢治, 幸田幸直: 医学専門学群4年制を対象とした薬剤部実習に対する学生の評価(第2報) 茨城県病院薬剤師会会報 54: 55-56, 1999 No.4 三浦朱美, 新井克明, 林昭弘, 佐藤信一, 幸田幸直: 医薬品の包装変更の実状とその対応 茨城県病院薬剤師会会報 55: 54-55, 1999