臨床研究

患者様を対象とした臨床研究について

当研究室では、筑波大学附属病院で治療を受けている患者様の診療情報を用いた臨床研究を行っております。
個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、研究以外の目的でこれらの情報を用いる事はありません。
取り扱う情報はすべて匿名化し、研究結果は個人が特定できない形で学会発表や論文などの手段によって公開する予定です。
主な研究内容を以下に記載しましたので、研究に関する質問がある場合や、ご自身が調査対象であるか確認されたい
場合は各研究の担当者までご連絡下さい。調査対象となっている場合、お申し出によりいつでも対象から外れることが可能です。

<研究機関名>
筑波大学

<個人情報に関する取り扱いについて>
個人情報は、施錠できる附属病院のインターネットに接続しないパソコンに保管します。
データ解析作業は筑波大学附属病院内に限定し、解析後のデータ(図、表など)以外は病院外に持ち出しません。
調査の中止・終了後は、厚生労働省が定めた指針に従い、院内のルールに従って所定の期間保管します。
当該期間終了後にはデータを消去します。


主な研究内容について


・処方せんと診療記録に基づいた薬剤適正使用と薬効評価に関する研究    PDF
・抗不整脈薬の薬理遺伝学的解析   PDF
・オキシコドンの薬物相互作用と副作用に関する研究    PDF
・免疫抑制薬とアゾール系抗真菌薬の薬物相互作用に関する研究   PDF
・新規経口抗凝固薬の使用実態調査  PDF
・がん化学療法に伴う高尿酸血症対する個別治療の検討  PDF
・ワルファリンとトラマドールの薬物相互作用に関する研究 PDF
・甘草含有漢方薬投与患者における偽アルドステロン症の発症要因の研究 PDF
・B型肝炎ウイルス検査実施率向上のための薬剤師による情報提供に関する検討 PDF
・ワルファリンとプロトンポンプ阻害薬の併用に関する検討 PDF
・抗不整脈薬ベプリジルの副作用発症に及ぼす影響因子探索  PDF
・妊娠と薬授乳と薬外来における相談内容の解析  PDF
・メトトレキサートの薬物相互作用と副作用に関する研究 PDF
当研究グループの臨床研究は、厚生労働省の「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」に従っています。