スタッフ

教授

本間 真人博士(薬学) masatohあっとまーくmd.tsukuba.ac.jp

講師

土岐 浩介博士(医学) k-dokiあっとまーくmd.tsukuba.ac.jp

病院講師

鈴木 嘉治博士(医学) suzukiyoあっとまーくhosp.tsukuba.ac.jp

共同研究者(筑波大学附属病院薬剤部)

神林 泰行博士(医学)

細野 智美博士(医学)

大学院生: 4名

大神 正宏D4
嶋田 沙織D3
柳町 直哉D3
橋本 直明D1




大学院生OB・OG

博士課程修了: 8名

2013年 鈴木 嘉治 Effect of nucleocide transporter SLC29A1 activity on pharmacokinetics of ribavirin
2010年細野 智美 睡眠薬に対する患者の不満要因の解析に関する研究
2010年 百 賢二Effects of mexiletine, a CYP1A2 inhibitor, on tizanidine pharmacokinetics and phyarmacodynamics
2007年 千 文 Single nucleotide polymorphism of MDR1 and ACTH-R for evaluating HPA activity in schizophrenia and mood disorders
2007年 土岐 浩介 Effect of CYP2D6 genotype on flecainide pharmacokinetics in Japanese patients with supraventricular tachyrrhytimia
2006年 井上 洋一Effect of erythrocyte ribavirin concentration on hemoglobin reduction in interferon and ribavirin combination therapy
2005年 板垣 文雄Effect of CYP2C19 polymorphism on drug-interaction of immunosuppressants and proton pump inhibitors
2001年 神林 泰行Preparation and evaluation of pasty injectable devices consisting of biodegradable copolymer (ε-caprolactone/ glycolic acid) and lignocaine



修士課程修了: 7名

2010年大木 桜子ヒト末梢血単核細胞を用いたヌクレオシドトランスポーターの活性評価
  
2010年白山 祐輝プロパフェノンとその代謝物の血中濃度測定法の開発と臨床応用
  
2010年橋本 直明フレカイニドの新規代謝物に関する研究


2008年椎名 信允インターフェロン・リバビリン併用療法における避妊期間の検証のための
血中リバビリン濃度測定


2007年大澤 靖子芍薬甘草湯と牛車腎気丸の実態調査に基づく適正使用の検討
 
2007年小笠原 洋子末梢血単核細胞におけるPhosphatidylserine-PhospholipaseA1mRNA発現
 
2007年若江 麻理赤血球中リバビリンの動態解析に基づくインターフェロンとリバビリン併用療法の経過予測



大学院修士課程研究生修了者:10名

2010年藤井 美帆カテーテルアブレーション施行後の未分画ヘパリン持続投与が肝機能検査値に及ぼす影響
  
2010年小林 紀美A simple high-performance liquid chromatographic method for determining norfloxacin and enoxacin in human serum and urine
  
2009年大畑 瞳CYPを介したワルファリンの薬物相互作用に関する実態調査
  
2006年塚本 晶子芍薬甘草湯誘因性低カリウム血症発現に及ぼす種々の併用薬の影響
  
2005年嶋田 沙織胃癌術後患者の貧血に及ぼす十全大補湯投与の影響
  
2004年河田 健Liquid chromatographic determination of plasma ropivacaine for assessing pharmacokinetics of the viscous preparation
  
2003年江戸 知子ベクロメタゾン注腸により経口プレドニゾロンを減量できた潰瘍性大腸炎の小児例
  
2002年香取 久美Liquid chromatographic determination of unbound flecainide in therapeutic drug monitoring
  
2001年中川 励High performance liquid chromatography for routine monitoring of serum flecainide
  
2001年千 文Single nucleotide polymorphism of MDR1 and ACTH-R for evaluating HPA activity in schizophrenia and mood disorders