准教授:松本 功 Isao Matsumoto

出身:
東京都杉並区生まれ、育ち
東京学芸大附属高校卒

生年月日:
1965年 7月 7日

趣味・特技:
テニス,飲み会,スキー&温泉

性格:
やるときはやる(かな?)
研究業績一覧(英語のみ)
【経歴】
1991年 3月 北海道大学医学部卒業
1991年 5月 医師免許取得 
      
.千葉大学医学部第二内科入局(研修医)
1992年10月
,成田赤十字病院内科医師
1994年 9月 千葉大学医学部第二内科研究生
1995年 4月 千葉大学大学院医学研究科(内科学専攻)
1998年 7月 フランス・IGBMC研究所 リサーチフェロー
1999年 9月 ハーバード大学医学部ジョスリン糖尿病センター リサーチフェロー
2001年10月 筑波大学臨床医学系内科講師
2002年11月 科学技術振興事業団さきがけ研究研究員兼任
        生体と制御領域 
2008年1月  筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)准教授


学位:2001年3月 医学博士(千葉大学)


資格:日本臨床免疫学会 理事、評議員
   日本リウマチ学会 評議員、専門医、指導医、財団登録医
   日本内科学会 認定内科医、指導医
   日本免疫学会 評議員

賞等:平成29年 日本リウマチ学会学会賞 受賞
   平成23年 ブリストル・マイヤーズ関節リウマチ研究助成 受賞
   平成23年 ノバルティス・リウマチ医学賞 受賞
   
平成20年 筑波大学附属病院臨床医学研究奨励賞 受賞
   平成17年 フラテ研究奨励賞 受賞
   平成16年 上原記念財団研究奨励金 授与
   平成15年 日本リウマチ財団研究奨励金 授与
   平成15年 藤沢薬品工業30周年記念 研究奨励金 授与
   平成15年 日本内科学会奨励賞 受賞
   平成14年 難病医学財団医学研究奨励助成金 授与
   平成13年 アメリカリウマチ財団リサーチフェローシップ 授与
   平成11年 内藤財団海外留学助成金 授与
   平成10年 日本リウマチ財団海外派遣研究奨学金 授与


専門分野:免疫学・リウマチ膠原病学・内科学


所属学会:日本内科学会、日本リウマチ学会、日本免疫学会、日本炎症・再生医学会、
     日本臨床免疫学会、日本シェーグレン症候群研究会


研究テーマ:関節リウマチの自己免疫機序の解明
研究テーマ:膠原病自己抗体産生の制御 

Editorial Board : 2008〜The open arthritis journal(Bentham open)
        2013〜International Scholarly Research Network (ISRN) Immunology
        2017〜Modern Rheumatology Transmitting Editor


臨床・研究に対する一言:
膠原病・リウマチは、臨床医学の中で近年最もめまぐるしく変化している分野です。病因細胞や、炎症を惹起するタンパク質を直接のターゲットとした生物学的製剤の登場により、治療法は大きく変わりつつあります。我々はその先の医療に進むために、病態の根本的な解明、そして疾患治癒を目指した創薬に向けての医療・臨床研究にも励んでいます。是非、一緒に臨床、研究を行っていきませんか?