本文へスキップ
Environmental Biology Laboratory Faculty of Medicine University of Tsukuba
Environmental Biology Laboratory 
Faculty of Medicine University of Tsukuba
1-1-1 Tennodai, Tsukuba Ibaraki,
305-8575, Japan

Japanese

Invited Lecture

2017

  1. Kumagai Y: Environmental electrophile exposure and health. National Conference of Toxicology2017(Bangkok, Thailand)2017年
  2. Kumagai Y: The phase-zero reaction: capture and inactivation of electrophiles by persulfides. フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー(仙台)2017年
  3. Kumagai Y: Is environmental electrophile an essential item for exposome? 第44回日本毒性学会学術年会(横浜)2017年
  4. Kumagai Y: The chemical biology of environmental electrophiles. Special seminar at University of Bordeaux school of Medicine.(Bordeaux, France)2017年
  5. 熊谷嘉人水銀が操る生体応答とトキシコロジー. 第17回日本抗加齢医学会学術総会(東京)2017年
  6. Kumagai Y: The chemical biolgy of environmental electrophiles. Special seminar at National Taiwan University of School of Medicine. (台北、台湾)2017年
  7. 熊谷嘉人Environmental electrophiles: Modulation of redox signaling and interaction with persulfides/polysulfides. 第90回日本細菌学会総会 国際シンポジウム(仙台)2017年
  8. 熊谷嘉人メチル水銀のケミカルバイオロジー. 基盤(S)公開シンポジウム メチル水銀研究の現状と展望(仙台)2017年

2016

  1. 熊谷嘉人フェーズゼロ反応:活性イオウ分子による親電子物質の捕獲. 第89回日本生化学会大会(仙台)2016年
  2. 新開泰弘、熊谷嘉人カドミウムによるレドックスシグナル伝達経路の活性化とその制御系. 第89回日本生化学会大会(仙台)2016年
  3. 新開泰弘熊谷嘉人活性イオウ分子によるカドミウムの毒性防御の分子機構. 第69回日本酸化ストレス学会学術集会(仙台)2016年
  4. 熊谷嘉人環境中親電子物質によるレドックスシグナル伝達の活性化と破綻. 第69回日本酸化ストレス学会学術集会(仙台)2016年
  5. 熊谷嘉人親電子物質/電子受容体で活性イオウ分子の役割を探る. 第12回レドックスイノベーションシンポジウム(熊本)2016年
  6. 熊谷嘉人環境中に存在する親電子物質および電子受容体で活性イオウ分子の役割を探る. オルガネラ研究会2016(岡崎)2016年
  7. 熊谷嘉人メチル水銀による活性イオウ分子の捕獲とそれに伴うレドックスホメオスタシスの破綻. 第43回日本毒性学会学術年会(名古屋)2016年
  8. Kumagai Y: A fusion of field and laboratory studies in the investigation of arsenic. ICCA-LRI and NIHS Workshop (Awaji Island)2016年
  9. 熊谷嘉人反応性環境物質によるタンパク質の化学修飾とそれに対する生体防御系. 第89回産業衛生学会教育講演(福島)2016年
  10. Kumagai Y: The phase-zero reaction: caputure of electrophiles by reactive sulfur species. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. Satellite Symposium on Chemical Biology of Reactive Persulfide(仙台)2016年
  11. Kumagai Y: Reactive sulfur species as a regulator molecule for the phase-zero reaction to attenuate reactivity of electrophiles. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan(仙台)2016年
  12. Kumagai Y: The chemical biology of electrophiles and reactive sulfur species. The special seminar for visiting professor of China Medical University(Shenyang, China)2016年
  13. 熊谷嘉人親電子シグナルを制御する活性イオウ分子. 日本薬学会第136年会(横浜)2016年
  14. Kumagai Y: Role of Reactive Sulfur Species in Detoxification of Methylmercury: Phase Zero Reaction for Electrophile Trapping and Detoxification. Society of Toxicology 55th Annual Meeting Society of Toxicology and Japanese Society of Toxicology Mini-Symposium (New Orleans, USA) 2016年
  15. 熊谷嘉人環境中親電子物質による活性イオウ分子の捕獲とそれに伴うレドックスホメオスタシスの撹乱. 第89回日本薬理学会年会 日本薬理学会・日本毒性学会共催シンポジウム (横浜)2016年

2015

  1. Kumagai Y: Contribution of the Keap1-Nrf2 pathway and CBS/CSE to produce reactive sulfur species to protection against methylmercury. The 9th Congress of Toxicology in Developing Countries(Natal, Brazil)2015年
  2. Kumagai Y: Chemical Biology of Electrophiles. CEPID-Redoxoma seminar in University of Sao Paulo (Sao Paulo, Brazil)2015年
  3. 熊谷嘉人: 親電子物質のケミカルバイオロジー:化学修飾を介したレドックスシグナル伝達および毒性発現とそれらを制御する活性イオウ分子. 持田製薬株式会社 創薬研究所セミナー(御殿場)2015年
  4. Kumagai Y: Activation of the Keap1/Nrf2 pathway through covalent modification of the 2-alkenal group of aliphatic electrophiles in Coriandrum sativum L. The 7th International Congress of Asian Society of Toxicology (韓国・チェジュ) 2015年
  5. 熊谷嘉人: 親電子物質の不活性化に関与する活性イオウ分子:フェーズゼロ反応の提案. 第42回日本毒性学会学術年会(金沢)2015年
  6. 熊谷嘉人: 環境中親電子物質によるタンパク質の化学修飾を介したシグナル伝達活性化. 第42回日本毒性学会学術年会(金沢)2015年
  7. Kumagai Y: Environmental electrophiles-mediated modulation of redox signal transduction pathways and toxicity regulated by reactive sulfur species. 2015 International Conference on Industrial Hygiene and Occupational Medicine(台湾)2015年
  8. 熊谷嘉人環境中親電子物質の化学修飾を介したレドックスシグナル伝達変動とそれを制御する活性イオウ分子. 東京大学・分子予防医学セミナー(東京)2015年
  9. 熊谷嘉人親電子物質のレドックスシグナル伝達変動とそれを制御する活性イオウ分子. 自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター心循環シグナル研究部門(生理学研究所)部門公開セミナー(岡崎)2015年
  10. 熊谷嘉人環境中親電子物質の化学修飾を介したレドックスシグナル伝達変動とそれを制御する活性イオウ分子. 第14回分子予防環境医学研究会大会(大阪)2015年


2014

  1. 熊谷嘉人: 環境中親電子物質のケミカルバイオロジー. 日本薬学会九州支部特別講演会(福岡)2014年
  2. 熊谷嘉人: 親電子物質の反応性を制御する活性イオウ分子:フェーズゼロ反応の提案. レドックスシンポジウム:酸素生物学の誕生(名古屋)2014年
  3. 熊谷嘉人: メチル水銀によるタンパク質のS-水銀化を制御する活性イオウ分子. 第41回日本毒性学会学術年会(神戸)2014年
  4. 熊谷嘉人: 環境中親電子物質のケミカルバイオロジー: 化学修飾を介したシグナル伝達の変動および毒性発現とそれらを制御する活性イオウ分子. 東北薬科大学創薬研究センターシンポジウム(仙台) 2014年
  5. Kumagai Y: Activation of PTP1B/EGFR signal transduction pathway mediated by environmental electrophiles. 2014 Spring Annual Convention of Pharmaceutical Society of Korea (ソウル) 2014年
  6. Kumagai Y: Cooperative role of the Keap1-Nrf2 pathway and CBS/CSE in methyl mercury toxicity. The Environmental Response Ⅳ(仙台) 2014年


2013

  1. 熊谷嘉人: メチル水銀と活性イオウ分子. 環境省 メチル水銀研究ミーティング(東京)2013年
  2. Kumagai Y: A unique redox signal transduction pathway regulated by reactive sulfur species. The 2nd Human Biology Symposium (つくば) 2013年
  3. 熊谷嘉人: タンパク質の化学修飾を生じる環境中親電子物質のケミカルバイオロジー. 衛生薬学・環境トキシコロジー学術賞受賞講演 (福岡) 2013年
  4. Kumagai Y: Adaptive response and detoxification of the environmental electrophile regulated by the Keap1/Nrf2 pathway. International Conference on Nutrition and Physical Activity in Aging, Obesity and Cancer (NAPA2013)(バンコク)2013年
  5. Kumagai Y: Role of the keap1/Nrf2 pathway in methylmercury-mediated neurotoxicity. The XIII International Congress of Toxicology(ソウル)2013年
  6. 熊谷嘉人: 硫化水素による親電子シグナルと毒性制御. 第13回日本NO学会学術集会 (那覇)2013年
  7. 熊谷嘉人: 環境中親電子物質の有害性を制御する活性イオウ分子. 第24回日本生体防御学会学術総会(熊本)2013年
  8. 新開泰弘、吉田映子、外山喬、石井功、赤池孝章、熊谷嘉人: 環境中親電子リガンドの毒性を制御するH2S/HS-系. 第66回日本酸化ストレス学会学術集会(名古屋)2013年


2012

  1. 熊谷嘉人: 環境中親電子物質によるタンパク質の化学修飾とそれに対する応答戦略. 第39回日本毒性学会学術年会シンポジウム(仙台)2012年
  2. 新開泰弘: 重金属毒性に対する防御応答システムを担うKeap1-Nrf2系. 第39回日本毒性学会学術年会シンポジウム(仙台)2012年
  3. 新開泰弘: 有害金属の毒性に対する防御応答を担う細胞応答システム. 第39回日本毒性学会学術年会 日本毒性学会奨励賞受賞講演(仙台)2012年
  4. Kumagai Y. Negative regulation of CBS to generate hydrogen sulfide on activation of an electrophilic signaling in human epithelial A431 cells. The 33rd Naito Conference on Oxygen, Oxidative Stress and Diseases(札幌)2012年
  5. Kumagai Y: Invasion of environmental electrophiles into cells, resulting in a modulation of cellular signal transduction pathways. UK-Japan Research Symposium. Molecular Mechanisms of Stress Response in Disease(つくば)2012年


2011

  1. 熊谷嘉人: タンパク質と共有結合する薬毒物の生体反応とそれに対する細胞の防御戦略. 安全性評価研究会セミナー(東京)2011年
  2. 熊谷嘉人: 大気中親電子物質:タンパク質の化学修飾を介した有害反応とそれに対する生体側の防御戦略. 日本自動車研究所講演会(東京)2011年
  3. Kumagai Y: Detoxification of an environmental electrophile by hydrogen sulfide: a function as a nucleophilic molecule. 第84回日本生化学会大会(京都)2011年
  4. 熊谷嘉人: 親電子物質によるタンパク質の化学修飾と心毒性. 八ヶ岳フォーラム(長野)2011年
  5. 熊谷嘉人: 環境中親電子物質によるタンパク質の化学修飾を制御する細胞内システム. 九州大学・生体防御医学研究所 共同利用 研究集会(福岡)2011年
  6. 熊谷嘉人: 環境中親電子物質の活性制御を担う硫化水素. 第64回日本酸化ストレス学会学術集会(北海道)2011年
  7. 熊谷嘉人: タンパク質の親電子修飾の制御に働く新奇求核分子としての硫化水素. 第11回日本NO学会学術集会(東京)2011年
  8. 熊谷嘉人: 親電子修飾の自己制御を司る解糖系タンパク質. 日本薬学会第131年会(静岡)2011年
  9. 吉田映子、外山喬士、 新開泰弘熊谷嘉人: 内在性ガス状物質によるメチル水銀の不活性化とそれに伴う毒性軽減. 日本薬学会第131年会(静岡)2011年
  10. 熊谷嘉人: メチル水銀の新奇リスク軽減因子としてのH2S産生酵素. メチル水銀研究ミーティング(東京)2011年
  11. 熊谷嘉人: 環境中親電子物質に対する生体応答およびリスク軽減戦略. 第4回エコファーマシンポジウム(熊本)2011年
  12. 熊谷嘉人: ヒ素の感知・応答センサーおよびリスク軽減因子としてのKeap1/Nrf2システム. 第16回ヒ素シンポジウム(旭川)2011年
  13. Toyama T: Keap1/Nrf2 system regulates cellular accumulation of methylmercury, thereby blocking its toxicity. NIMD Forum (水俣)2011年
  14. Kumagai Y: A unique protein mediating cellular protection against methylmercury. NIMD Forum(水俣)2011年


2010

  1. 熊谷嘉人: 親電子物質とその制御に係わる細胞内システム. 第27回臨床フリーラジカル会議(京都)2010年
  2. 熊谷嘉人: 環境化学物質によるシステイン残基を介したタンパク質の翻訳後修飾. 日本衛生学会総会シンポジウム(仙台)2010年
  3. 外山喬士、安武章、熊谷嘉人: メチル水銀によるセンサータンパク質の翻訳後修飾. 日本薬学会第130年会(岡山)2010年
  4. 新開泰弘熊谷嘉人、鍜冶利幸: 血管内皮細胞における鉛に対する小胞体ストレス応答機構の解析. 日本薬学会第130年会(岡山)2010年
  5. 熊谷嘉人: イオウ原子を利用したメチル水銀に対する生体の防御戦略. 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング(水俣)2010年


2009

  1. 熊谷嘉人: 親電子物質による翻訳後修飾とそれを制御する因子. 大阪大学蛋白質研究所セミナー「活性酸素のシグナル伝達」(大阪)2009年
  2. 熊谷嘉人: 大気中親電子物質によるレドックスセンサーの翻訳後修飾. フォーラム2009:衛生薬学・環境トキシコロジーシンポジウム(沖縄)2009年
  3. Kumagai Y: Atmospheric electrophiles causing oxidative stress and protein modification. JSPS Asia and Africa Platform Program International Seminar “Environment and Health”(金沢)2009年
  4. Kumagai Y: Regulation of ectrophile signaling and cellular protection through Nrf2/Keap1 system during exposure to an environmental electrophile. 21st Century Advances in the Molecular Toxicology of Environmental Chemicals and Pathogenesis of Disease(東京)2009年
  5. 熊谷嘉人: 親電子物質による翻訳後修飾:親電子シグナルとその制御系. 第82回日本生化学会大会(神戸)2009年
  6. 熊谷嘉人: Nrf2/Keap1システムを介したヒ素に対する細胞応答・毒性防御戦略. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会(東京)2009年
  7. Kumagai Y: Cellular proteins regulating electrophile signaling. SFRR International Free Radical School in Japan(新潟)2009年
  8. 熊谷嘉人: 新電子シグナルの制御機構. 第62回日本酸化ストレス学会学術集会シンポジウム(福岡)2009年
  9. 熊谷嘉人: 酸化ストレスを生じる大気中多環芳香族炭化水素. 日本衛生学会総会シンポジウム(東京)2009年
  10. 熊谷嘉人: 酸化ストレスおよび化学修飾を生じる環境物質を対象としたフィールドサイエンスと実験科学の融合. 日本薬学会129年会 日本薬学会学術振興賞受賞講演(京都)2009年
  11. 熊谷嘉人: 親電子性物質の化学修飾を介したシグナルならびに親電子シグナルの制御に関与する切断酵素. レドックスシンポジウム“レドックス研究とケミカルバイオロジー”(名古屋)2009年
  12. Kumagai Y:EGFR/PTP1B signaling and cellular protectionthrough Nrf2/Keap1 system during exposure toan environmental electrophile. JST- International Symposium:Molecular Mechanism of Environmental Response to Food and Oxygen III(仙台)2009年


2008

  1. 熊谷嘉人: 親電子性環境物質によるEGFR活性化機構. 第30回薬学会九州支部コロキウム「生命機能をつかさどるG蛋白質シグナリング」(福岡)2008年
  2. 角大悟、熊谷嘉人: 親電子性物質の化学修飾に起因するシグナル伝達の撹乱. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会シンポジウム(神戸)2008年
  3. 角大悟、外山喬士、熊谷嘉人: 親電子性金属類に対する生体防御系を担う転写因子Nrf2. 第1回メタロミクス研究会(東京)2008年
  4. 熊谷嘉人: メチル水銀の分子標的と細胞応答システム. 衛生薬学・環境トキシコロジー(熊本)2008年
  5. 熊谷嘉人: タンパク質に共有結合する環境化学物質の生体応答システム. 日本衛生学会総会シンポジウム(熊本)2008年
  6. 熊谷嘉人: 大気中親電子性物質とレドックスセンサーの共有結合に起因する細胞内シグナル伝達の撹乱. 日本衛生学会総会シンポジウム(熊本)2008年
  7. 熊谷嘉人: メチル水銀のケミカルバイオロジー:分子標的と生体応答. 国立水俣病総合研究センターセミナー(水俣)2008年


2007

  1. Kumagai Y: Sticky pollutants: chemical knockdown of redox sensors. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007
  2. 熊谷嘉人: 芳香族炭化水素キノン体によるPTP1Bの化学修飾とそれに伴うEGFRのリン酸化. 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング(岐阜)2007年
  3. 熊谷嘉人: ヒ素の細胞毒性発現における転写因子Nrf2の役割. 北陸大学学術フロンティア・サテライトシンポジウム(仙台)2007年


2006

  1. 熊谷嘉人: 人為起源大気汚染物質のケミカルバイオロジー. 日本大気環境学会ー韓国大気環境学会合同国際シンポジウム(東京)2006年
  2. 熊谷嘉人: 転写因子Nrf2の活性化を介したヒ素の毒性軽減. 日本衛生学会総会シンポジウム(東京)2006年
  3. Kumagai Y: Nrf2 as a transcription factor for adaptive response to arsenic. The Congress of Asia Society of Toxicology(珠海・中国)2006年
  4. 熊谷嘉人: 大気中に存在する多環芳香族炭化水素キノン類の分子標的. 日本薬学会年会シンポジウム(東京)2006年
  5. 熊谷嘉人: ヒ素汚染地域における健康障害. 東京女子医科大学公開医学講座(東京)2006年
  6. 熊谷嘉人: 大気中に存在する親電子性物質のケミカルバイオロジー:多環芳香族炭化水素キノン類の分子標的. 金沢大学21世紀COEプログラムセミナー(金沢)2006年
  7. 熊谷嘉人: 大気中に存在する親電子性物質のケミカルバイオロジー:多環芳香族炭化水素キノンの生体影響. 文部科学省学術フロンティア推進事業シンポジウム(金沢)2006年


2005

  1. Kumagai Y: Nrf2 as a transcription factor for reduction of oxidative stress and facilitation of arsenic excretion into extracellular space during exposure to arsenic. International Symposium for Risk Assessment of Arsenic in Environme(nソウル・韓国)2005年
  2. Kumagai Y: A strategy for the treatment of arsenic poisoning through Nrf2 activation. JST-ERATO Yamamoto Environmental Responce Project International Symposium for Molecular Mechanism of Environmental Response to Food and Oxygen(つくば)2005年
  3. 熊谷嘉人: 中国における慢性ヒ素中毒:実態と改善. 国際保健医療学会シンポジウム(東京)2005年
  4. 熊谷嘉人: 地下水および食物を介した慢性ヒ素中毒:実態と改善. 筑波産業医学研究会(つくば)2005年
  5. 熊谷嘉人: ヒ素による酸化ストレスとそれに対する細胞応答. 日本産業衛生学会・免疫毒性研究会シンポジウム(東京)2005年
  6. 熊谷嘉人: ヒ素の細胞毒性軽減におけるNrf2の役割. 分子予防環境医学研究会シンポジウム(東京)2005年
  7. 熊谷嘉人: ヒ素の毒性発現とその細胞応答機構. 日本トキシコロジー学会学術年会シンポジウム(東京)2005年
  8. 熊谷嘉人: 医学と環境科学からみた衛生薬学とその重要性. フォーラム2005:衛生薬学・環境トキシコロジーシンポジウム(千葉)2005年
  9. 熊谷嘉人: 地下水および食物を介した慢性ヒ素中毒:実態と改善. 日本薬学会年会シンポジウム(東京)2005年
  10. 熊谷嘉人: メチル水銀毒性におけるMn-SODの役割:Mn-SODの活性低下メカニズムとその高発現による毒性軽減. 北陸大学学術フロンティア・サテライトシンポジウム(熊本)2005年


2004

  1. 熊谷嘉人: 生体内ヒ素応答における転写因子Nrf2の役割. フォーラム2004:衛生薬学・環境トキシコロジーシンポジウム(千葉)2004年
  2. 熊谷嘉人: ユビキタス環境化学物質に対する生体の感知・応答. 環境応答の分子機構の解明シンポジウム(つくば)2004年


2003

  1. Kumagai Y: Oxidative stress and dysfunction of vascular tone induced by environmental pollutants. Special Seminar in Center for Vardiovascular Biology & Medicine, Kings Collage of London(ロンドン・英国)2003年


2002

  1. 熊谷嘉人: 循環器疾患に係わる環境汚染物質:酸化ストレス増加と生体内一酸化窒素の産生低下. 筑波産業医学研究会(つくば)2002年
  2. Kumagai Y: Quinones contained in diesel exhaust particles: oxidative stress and dysfunction of nitric oxide-dependent and -independent vascular tones. Special seminar in Southern California Particle Center & Supersite(ロサンゼルス・米国)2002年
  3. Kumagai Y: A potential mechanism for the impairment of nitric oxide formation caused by prolonged oral exposure to arsenate. American/Japan Conference on Arsenic in Medicine and Biology(ホノルル・米国)2002年
  4. Kumagai Y: Dysfunction of vascular tone caused by phenanthraquinone, a component of diesel exhaust particles. International Symposium for Redox Signaling & Oxidative Diseases(京都)2002年
  5. 熊谷嘉人: 酸化ストレスに起因する環境化学物質の毒性発現メカニズムの解明. 日本衛生学会年会(三重)2002年
  6. 熊谷嘉人: アジアでのヒ素汚染の実態とその毒性発現機構. アジア栄養科学ワークショップシンポジウム(福岡)2002年

RETURN TO TOP