第23回ヒ素シンポジウム The 23rd Symposium of the Japanese Arsenic Society

開催概要

日 時 平成29年12月7日(木)〜 8日(金)
会 場 つくばイノベーションプラザ(茨城県つくば市吾妻1-10-1)

懇親会 スペインバル Bond(茨城県つくば市吾妻1-10-1)

特別講演

特別講演1
Dr. Yan AN (Medical College of Soochow University)
"Regulative role of transcription factor Nrf2 in arsenic-induced human keratinocytes transformation."

特別講演2
Dr. Pi JB(China Medical University)
"Involvement of adaptive antioxidant response in arsenic-induced pancreatic β-cell dysfunction and insulin resistance."

特別講演3
Dr. Narenmandula H(Zhejiang University)
"The role of zinc finger motifs in induction of nucleoplasmic PML toward nuclear matrix by arsenic trioxide."

シンポジウム

健康リスクが懸念される金属のシンポジウム

  1. MeHg
    黄基旭先生(東北大学)
  2. セレン
    鈴木紀行先生(千葉大学)
  3. スズ
    中西剛先生(岐阜薬科大学)
  4. アンチモン・テルル
    鍛冶利幸先生(東京理科大学)
  5. ヒ素、クロム
    保倉明子先生(東京電機大学)

発表分野

  1. ヒ素の生体影響
  2. ヒ素の代謝・排泄
  3. 生態系におけるヒ素の分布と化学形
  4. ヒ素の環境汚染
  5. 環境からのヒ素の除去
  6. ヒ素の分析法
  7. その他
    これらに関する一般講演および特別講演

大会組織

大会長・実行委員長 熊谷嘉人 (筑波大学)
実行委員      安孫子ユミ(筑波大学)

事務局       広瀬玲子 (筑波大学)