成果発表

熊谷 嘉人

原著・総説

2020
  1. Suzuki T, Hidaka T, Kumagai Y, Yamamoto M. Environmental pollutants and the immune response. Nature Immunology 2020; 21: 1486-1495.
  2. Abiko Y, Okada M, Aoki H, Mizokawa M, Kumagai Y. A strategy for repression of arsenic toxicity through nuclear factorE2 related factor 2 activation mediated by the (E)-2-alkenals in Coriandrum sativum L. leaf extract. Food and Chemical Toxicology 2020; 145: 111706.
  3. Fujie T, Takahashi A, Takahashi M, Hara T, Soyama A, Makino K, TakahashiH, Yamamoto C, Kumagai Y, Naka H, Kaji T. Transcriptional induction of cystathionine γ-lyase, areactive sulfur-producing enzyme, by copper diethyldithiocarbamate in culturedvascular endothelial cells. International Journal of Molecular Sciences 2020; 21: E6053.
  4. 熊谷嘉人. 酸化ストレスを御する新たな鍵分子の発見. 医学のあゆみ 2020; 273: 256-257.
  5. 熊谷嘉人. エクスポソーム. 実験医学増刊号 2020; 38: 14-19.
  6. 新開泰弘,秋山雅博,熊谷嘉人.カドミウムによる親電子シグナル伝達経路の活性化と活性イオウ分子を介した制御.硫酸と工業 2020; 73: 41-48.
  7. 神田洋紀, 熊谷嘉人. 親電子ストレスを制御するレドックスシグナル伝達と活性イオウ分子. 薬学雑誌 2020; 140: 1119-1128.
  8. Akiyama M, Unoki T, Yoshida E, Ding Y, Yamakawa H, Shinkai Y, Ishii I, Kumagai Y. Repression of mercury accumulation and adverse effects of methylmercury exposure is mediated by cystathionine g-lyase to produce reactive sulfur species in mouse brain. Toxicology Letters 2020; 330: 128-133.
  9. Luong NC, Abiko Y, Shibata T, Uchida K, Warabi E, Suzuki M, Noguchi T, Matsuzawa A, Kumagai Y. Redox cycling of 9,10-phenanthrenequinone activates epidermal growth factor receptor signaling through S-oxidation of protein tyrosine phosphatase 1B. Journal of Toxicological Sciences 2020;45: 349-363.
  10. Akiyama M, Unoki T, Kumagai Y. Combined exposure to environmental electrophiles enhances cytotoxicity and consumption of persulfide. Fundamental Toxicological Sciences 2020; 7: 161-166.
  11. Zheng F, Gonçalves FM, Abiko Y, Li H, Kumagai Y, Aschner M. Redox Toxicology of Environmental Chemicals Causing Oxidative Stress. Redox Biology 2020; 34: 101475.
  12. Unoki T, Akiyama M, Kumagai Y. Nrf2 Activation and Its Coordination with the Protective Defense Systemsin Response to Electrophilic Stress. International journal of molecular sciences 2020; 21: 545.
  13. Henderson CF, Bica I, Long FT, Irwin DD, Stull CH, Baker BW, Vega VS, Taugher ZM, Fletes ED, Bartleson JM, Humphrey ML, Alverez L, Akiyama M, Kumagai Y, Fukuto JM, Lin J. Cysteine trisulfide protects E. coli from electrophile-induceddeath through the generation of cysteine hydropersulfide. Chemical Researchin Toxicology 2000; 33: 678-686.
  14. Shinkai Y, Ding Y, Miura T, Kumagai Y. Aggregation of β-crystallin through covalent binding to 1,2-naphthoquinone is rescued by α-crystallin chaperone. Journal of Toxicological Sciences 2020; 45: 37-43.
  15. Doka E, Ida T, Dagnell M, Abiko Y, Cong NL, Balog N, Takata T, Espinosa B, Nishimura A, Cheng Q, Funato Y, Miki H, Fukuto JM, Prigge JR, Schmidt EE, Arner ESJ, Kumagai Y, Akaike T, Nagy P. Control of protein function through oxidation and reduction of persulfidated states. Science Advances 2020; 6: eaax8358.
2019
  1. Kumagai Y, Akiyama M, Unoki T. Adaptive responses to electrophilic stress and reactive sulfurspecies as their regulator molecules. Toxicological Research 2019; 35: 303-310.
  2. Fujie T, Takenaka F, Yoshida E, Yasuike S, Fujiwara Y, Shinkai Y, Kumagai Y, Yamamoto C, Kaji T. Possible mechanisms underlying transcriptional induction of metallothionein isoforms by tris(pentafluorophenyl)stibane, tris(pentafluorophenyl)arsane, and tris(pentafluorophenyl)phosphane in cultured bovine aortic endothelial cells. Journal of Toxicological Sciences 2019; 44: 327-333.
  3. Nishimura A, Shimoda K, Tanaka T, Toyama T, Nishimura K, Shinkai Y, Numaga-Tomita T, Yamazaki D, Kanda Y, Akaike T, Kumagai Y, Nishida M. Depolysulfidation of Drp1 induced by low-dose methylmercury exposure increases cardiac vulnerability to hemodynamic overload. Science Signaling 2019; 12: eaaw1920.
  4. Akiyama M,Unoki T, Shinkai Y, Ishii I, Ida T, Akaike T, Yamamoto M, Kumagai Y. Environmental electrophile-mediated toxicity in mice lacking Nrf2, CSE, or both. Environmental Health Perspective 2019; 127: 67002.
  5. Shinkai Y, Kumagai Y. Sulfane sulfur in toxicology: A novel defense system against electrophilic stress.Toxicological Science 2019; 170: 3-9.
  6. Lin J, Akiyama M, Bica I, Long F, Henderson C, Goddu R, Suarez V, Baker B, Ida T, Shinkai Y, Nagy P, Akaike T, Fukuto J, Kumagai Y. The Uptake and Release of Polysulfur Cysteine Species by Cells: Physiological and Toxicological Implications. Chemical Research in Toxicology 2019; 32: 447-455.
  7. Bianco CL, Akaike T, Ida T, Nagy P, Bogdandi V, Toscano JP, Kumagai Y, Henderson CF, Goddu RN, Lin J, Fukuto JM. The Reaction of Hydrogen Sulfide with Disulfides: Formation of a Stable Trisulfide and Implications to Biological Systems. British Journal of Pharmacology 2019; 176: 671-683.
  8. Abiko Y, Nakai Y, Luong NC, Bianco CL, Fukuto JM, Kumagai Y. Interaction of quinone-related electron acceptors with hydropersulfide Na2S2: Evidence for one-electron reduction reaction. Chemical Research in Toxicology 2019; 32: 551-556.
2018
  1. Abiko Y, Kumagai Y. Preventive Agents and Phytochemicals for Reducing the Adverse Health Effects of Arsenic. Arsenic Contamination in Asia 2018; 151-161
  2. Unoki T, Akiyama M, Kumagai Y, Goncalves FM, Farina M, Telxelra Da Rocha JB, Ashner M. Molecular pathways associated with methylercury-induced Nrf2 modulation. Frontiers Genetics 2018; 9: 373.
  3. Nishimura A, Shimauchi T, Tanaka T, Shimoda K, Toyama T, Kitajima N, Ishikawa T, Shindo N, Numaga-Tomita T, Yasuda S, Sato Y, Kuwahara K, Kumagai Y, Akaike T, Ide T, Ojida A, Mori Y, Nishida M. Hypoxia-induced interaction of filamin with Drp1 causes mitochondrial hyperfission-associated myocardial senescence. Science Signaling 2018; 11:eaat5185.
  4. Kawaguchi H, Matsumoto I, Osada A, Kurata I, Ebe H, Tanaka Y, Inoue A, Umeda N, Kondo Y, Tsuboi H, Shinkai Y, Kumagai Y, Ishigami A, Sumida T. Identification of novel biomarker as citrullinated inter-alpha-trypsin inhibitor heavy chain 4, specifically increased in sera with experimental and rheumatoid arthritis. Arthritis Research and Therapy 2018; 20: 66.
  5. Fukuto JM, Ignarro LJ, Nagy P, Wink DA, Kevil CG, Feelisch M, Cortese-Krott MM, Bianco CL, Kumagai Y, Hobbs AJ, Lin J, Ida T, Akaike T.Biological Hydropersulfides and Related Polysulfides: A New Concept and Perspective in Redox Biology. FEBS Letters 2018; 592: 2140-2152.

招待講演

2020
  1. 熊谷嘉人. パースルフィドの新たな機能:親電子ストレスを制御する細胞外システム. 第73回日本酸化ストレス学会・第20回日本NO学会合同学術集会(Web開催)2020年10月
  2. 熊谷嘉人. タンパク質修飾能を有する化学物質を対象とした限定エクスポソームのモデル化.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年6月
  3. 熊谷嘉人. メチル水銀の毒性を制御する活性イオウ分子.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年6月
  4. 新開泰弘、熊谷嘉人.サルフェン硫黄によるレドックス制御と環境中親電子物質のフェーズゼロ反応.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年7月
  5. 新開泰弘、熊谷嘉人.環境中親電子物質の毒性防御に働くシグナル伝達経路と活性イオウ分子による制御.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年7月
  6. 熊谷嘉人. 複合曝露評価の新たな手法.日本学術会議公開シンポジウム 複合曝露とHuman Biomonitoring(東京)2020年1月
  7. 熊谷嘉人. メチル水銀毒性を制御する低分子の今昔.環境省 国立水俣病総合研究センターセミナー(水俣)2020年1月
2019
  1. Kumagai Y. Activation of redox signaling pathways mediated by xenobiotic electrophiles. The 10th International Conference on Nutrition and Physical Activity onAging, Obesity and Cancer(Bangsaen, Thailand)2019年12月
  2. 熊谷嘉人. 環境中親電子物質に対する生体応答とそれを制御する活性イオウ分子. 第22回日本環境ホルモン学会研究発表会 基調講演(東京)2019年12月
  3. 熊谷嘉人. メタロチオネイン研究のパラダイムシフト. メタルバイオサイエンス研究会2019、特別講演(東京)2019年10月
  4. Kumagai Y: Nrf2 and CSE: Two sides of the same coin in protection against electrophilic stress. The Environmental Response V / 17th JBS Biofrontier Symposium (Sendai, Japan) 2019年9月
  5. Kumagai Y: Role of sulfane sulfur in metallothionein-3 as a model zinc-binding protein. 1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine (Sendai, Japan) 2019年9月
  6. Kumagai Y: Activation of the Keap1/Nrf2 pathway through covalent modification of the2-alkenal group of aliphatic electrophiles in Coriandrum sativum L. IUTOX 15th International Congress of Toxicology (Hawaii, USA) 2019年7月
  7. 熊谷嘉人. フェーズゼロ反応:活性イオウ分子を利用した化学物質の不活性化というパラダイムシフト.第46回日本毒性学会、教育講演(徳島)2019年6月
  8. Kumagai Y: Understanding Adaptive Response to Electrophilic Stress. 2019 KSOT/KEMS Toxicology Workshop & Spring International Symposium, 基調講演 (Soul, South Korea) 2019年5月
  9. 熊谷嘉人. 酸化・親電子ストレスとそれを制御する活性イオウ分子.日本薬学会第139年会、特別講演(千葉)2019年3月
  10. Kumagai Y: Unique adaptive response to electrophilic stress. Seminar on biovailability of arsenic at Department of Toxicology of ZhejiangUniversity (Zhejiani, China) 2019年1月
2018
  1. 熊谷嘉人. サルフェン硫黄(sulfane sulfur)結合タンパク質としてのメタロチオネイン:レドックス制御に関する新たな提案.メタルバイオサイエンス研究会2018(仙台)2018年11月
  2. Kumagai Y: Undestanding unique adaptive response to electrophilic stress. BiomedicMedicine (Taipei, Taiwan) 2018年11月
  3. Kumagai Y: Electrophilic stress regulated by reactive sulfur species. The 10th International Conference on Home Oxygenase 2018 (Soul, South Korea) 2018年11月
  4. Kumagai Y: A variety of adaptive responses to atmospheric electrophiles. Tsukuba Global Science Week 2018(つくば)2018年9月
  5. Kumagai Y: Electrophilic stress: Good or Bad? Environmental Health Conference 2018 (Shenyang, China)2018年8月
  6. 熊谷嘉人:ケミカルバイオロジーを基盤とした酸化・親電子ストレスを生じる化学物質の毒性学的研究. 第45回日本毒性学会学術年会、学会賞受賞講演(大阪)2018年7月
  7. 熊谷嘉人:活性イオウ分子を基軸とする有害金属研究の新展開. 第45回日本毒性学会学術年会(大阪)2018年7月
  8. Kumagai Y: Electrophilic stress: Good or bad? The 6th Conference of the Japanese Association for Hypoxia Biology International Symposium for Innovative Areas "Oxygen Biology" and New Insights into Ion Channel Functions and Pharmacology(京都)2018年7月
  9. Kumagai Y: Environmental electrophiles and reactive sulfur species: implications to regulation of redox signaling and toxicity. The 8th International Congress of Asian Society of Toxicology(Pattaya, Thailand)2018年6月
  10. 熊谷嘉人:エクスポソームと生命環境応答・適応.第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会、日本NO学会企画シンポジウム 2018年5月
  11. 熊谷嘉人:環境中親電子物質エクスポソームと防御応答・適応.生理学研究所 研究会「生命のエネルギー獲得戦略における多様性と共通原理の理解にむけて」2018年4月
  12. Kumagai Y: Activation of redox signal transduction pathways mediated by electrophilic metals. 10th Congress of Toxicology in Developing Countries(Belgrade, Serbia) 2018年4月

学会発表

2020
  1. 青木はな子、安孫子ユミ、小野瀬祐輔、熊谷嘉人.親電子物質複合曝露によるKeap1/Nrf2システムの活性化および毒性の亢進.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年7月
  2. 秋山雅博、山川寛人、熊谷嘉人.親電子性金属を中心としてメタルエクスポソームのモデル化.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年7月
  3. 鵜木隆光、秋山雅博、新開泰弘、熊谷嘉人、藤村成剛.活性イオウ分子を介した親電子ストレス防御.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年7月
  4. 平岡秀樹、岩脇隆夫、熊谷嘉人、藤村成剛、上原孝.メチル水銀による部位特異的神経障害における小胞体ストレスの寄与.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年7月
  5. 新開泰弘、Yunjie Ding、秋山雅博、井田智章、赤池孝章、熊谷嘉人.サルフェン硫黄結合タンパク質の同定とその機能解析.第19回分子予防環境医学研究会(仙台)2020年3月
  6. 秋山雅博、鵜木隆光、蕨栄治、本橋ほづみ、赤池孝章、熊谷嘉人.活性イオウ分子の細胞外排出機構.第19回分子予防環境医学研究会(仙台)2020年3月
  7. 山川寛人、秋山雅博、熊谷嘉人.重金属/必須微量元素の複合曝露影響(メタルエクスポソーム)のモデル化.第19回分子予防環境医学研究会(仙台)2020年3月
  8. 小野瀬祐輔、秋山雅博、赤池孝章、熊谷嘉人.環境中親電子物質に対する細胞外生体防御機構の実証.第19回分子予防環境医学研究会(仙台)2020年3月
2019
  1. 新開泰弘、Yunjie Ding、秋山雅博、井田智章、赤池孝章、熊谷嘉人.サルフェン硫黄結合タンパク質の同定とその機能解析.第19回分子予防環境医学研究会(仙台)2020年2月
  2. 秋山雅博、鵜木隆光、蕨栄治、本橋ほづみ、赤池孝章、熊谷嘉人.活性イオウ分子の細胞外排出機構.第19回分子予防環境医学研究会(仙台)2020年2月
  3. 山川寛人、秋山雅博、熊谷嘉人.重金属/必須微量元素の複合曝露影響(メタルエクスポソーム)のモデル化.第19回分子予防環境医学研究会(仙台)2020年2月
  4. 小野瀬祐輔、秋山雅博、赤池孝章、熊谷嘉人.環境中親電子物質に対する細胞外生体防御機構の実証.第19回分子予防環境医学研究会(仙台)2020年2月
  5. 山川寛人.メチル水銀を中心としたメタルエクスポソーム.平成31年度「重金属等による健康影響に関する総合研究」メチル水銀研究ミーティング(東京)2019年12月
  6. 小野瀬祐輔.細胞外におけるメチル水銀毒性制御機構.平成31年度「重金属等による健康影響に関する総合研究」メチル水銀研究ミーティング(東京)2019年12月
  7. Akiyama M, Unoki T, Warabi E, Shinkai Y, Ishii I, Joseph Lin, Motohashi H, Yamamoto M, Jon M. Fukuto, Akaike T, Kumagai Y. Regulation of electrophilic stress by reactive persulfide released in outof cell:Phase-zero reaction. The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019) (Las Vegas, USA) 2019年11月
  8. Shinkai Y, Yunjie Ding, Akiyama M, Unoki T, Ida T, Akaike T, Jon M. Fukuto, Kumagai Y. Identification, characterization and a three-dimensional structure modelingof metallothionein-3 as a sulfane sulfur- and zinc-binding protein. The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019) (Las Vegas, USA) 2019年11月
  9. Hirose R, Abiko Y, Shinkai Y, Kumagai Y. 1,4-Naphthoquinone-mediated activation of PTEN/Akt/CREB signaling and cytotoxicity are negatively regulated by sodium tetrasulfide. The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019) (Las Vegas, USA) 2019年11月
  10. Kumagai Y, Abiko Y, Nho Cong Luong. S-Sulfuration of Cys215 is required for reversibility of PTP1B activity. The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019) (Las Vegas, USA) 2019年11月
  11. 新開泰弘、秋山雅博、鵜木隆光、石井功、熊谷嘉人.カドミウム誘導性の生体応答および肝毒性は活性イオウ分子によって抑制される.メタルバイオサイエンス研究会2019(東京)2019年10月
  12. 秋山雅博、山川寛人、小野瀬祐輔、熊谷嘉人.メタルエキスポソームのモデル化.メタルバイオサイエンス研究会2019(東京)2019年10月
  13. Yunjie Ding、新開泰弘、秋山雅博、熊谷嘉人.亜鉛結合タンパク質のモデルとしてのメタロチオネイン-3 におけるサルフェン硫黄の役割.メタルバイオサイエンス研究会2019(東京)2019年10月
  14. 平岡秀樹、藤村成剛、岩脇隆夫、熊谷嘉人、上原孝.メチル水銀誘発性神経障害における小胞体ストレスの寄与.メタルバイオサイエンス研究会2019(東京)2019年10月
  15. 笠松真吾、西田基宏、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章、居原秀.活性イオウ分子による親電子シグナル制御系の破綻に起因する有機水銀の神経毒性発現機構.メタルバイオサイエンス研究会2019(東京)2019年10月
  16. 秋山雅博、鵜木隆光、蕨栄治、新開泰弘、安孫子ユミ、石井功、山本雅之、赤池孝章、熊谷嘉人. 活性イオウ分子排出輸送機構によるレドックス制御. 第92回日本生化学会大会(横浜)2019年9月
  17. Shinakai Y, Yunjie Ding, Akiyama M, Jon M Fukuto, Akaike T, Kumagai Y. Metallothionein-3 as a sulfur binding protein: Identification, characterization and 3D structure modeling. The Environmental Response V / 17th JBS Biofrontier Symposium (Sendai, Japan) 2019年9月
  18. Akiyama M, Unoki T, Shinkai Y, Ishii I, Ida T, Akaike T, Yamamto M, Kumagai Y. Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for regulationof electrophilic stress in mice. The Environmental Response V / 17th JBS Biofrontier Symposium (Sendai, Japan) 2019年9月
  19. Abiko Y, Nho C. Luong, Jon M. Fukuto, Funato Y, Miki H, Éva Dóka, Markus Dagnell,Ida T, Noémi Balog, Belen Espinosa, Nishimura A, Justin R. Prigge, EdwardE. Schmidt, Elias S. J. Arnér, Akaike T, Péter Nagy, Kumagai Y. The obligatory role of the S-sulfuration in reversibility of PTP1B activity. 1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biologyand Medicine (Sendai, Japan) 2019年9月
  20. Akiyama M, Unoki T, Warabi E, Shinkai Y, Abiko Y, Ishii I, Joseph Lin, Motohashi H, Yamamoto M, Jon M. Fukuto, Akaike T, Kumagai Y. SS2-2 Phase-zero reaction as a primary defense systeme against electrophilicstress in out of cell: Involvement of reactive persulfides. 1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biologyand Medicine (Sendai, Japan) 2019年9月
  21. Shinakai Y, Yunjie Ding, Akiyama M, Jon M Fukuto, Akaike T, Kumagai Y. SS2-3 Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for repressionof environmental electrophile-mediated toxicity in mice. 1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biologyand Medicine (Sendai, Japan) 2019年9月
  22. 新開泰弘、Yunjie Ding、秋山雅博、熊谷嘉人.サルフェン硫黄結合タンパク質としてのメタロチオネイン-3 の機能と3 次元構造モデリング.フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー(京都)2019年9月
  23. 安孫子ユミ、黒澤航軌、山川寛人、熊谷嘉人.環境中親電子物質エクスポソームのモデル化:1,4-NQ 依存的なPTP1B/EGFRシグナル活性化における1,2-NQ 複合曝露影響.フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー(京都)2019年9月
  24. Yunjie Ding, Shinkai Y, Akiyama M, Kumagai Y.A 3D structure modeling of metallothionein-3 and its related function as a sulfane sulfur binding protein.フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー(京都)2019年9月
  25. 青木はな子、小野瀬祐輔、安孫子ユミ、熊谷嘉人.環境中親電子物質エクスポソームのモデル化: 親電子物質複合曝露によるKeap1/Nrf2 システム活性化の相加相乗的な変動.フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー(京都)2019年9月
  26. Abiko Y, Katayama Y, Kumagai Y. Persulfide and polysulfide species in plants to detoxify methylmercury. IUTOX 15th International Congress of Toxicology (Hawaii, USA) 2019年7月
  27. 新開泰弘、熊谷嘉人.重金属の毒性に対する血管内皮細胞の防御システム.第46回日本毒性学会学術年会(徳島)2019年6月
  28. 安孫子ユミ、片山優助、熊谷嘉人.活性イオウ分子との反応を介したメチル水銀の解毒・排泄における反応中間体としてのイオウ付加体.第46回日本毒性学会学術年会(徳島)2019年6月
  29. 秋山雅博、鵜木隆光、新開泰弘、石井功、山本雅之、熊谷嘉人.CSEとNrf2は異なる経路を介して親電子ストレスを抑制する鍵分子である.第46回日本毒性学会学術年会(徳島)2019年6月
  30. 黒澤航軌、山川寛人、安孫子ユミ、熊谷嘉人. A modeling 環境中親電子物質エクスポソームのモデル化:A431細胞における1,4-NQ依存的PTP1B/EGFRシグナル活性化に対する1,2-NQ複合曝露の影響. 第46回日本毒性学会学術年会(徳島)2019年6月
  31. 鵜木隆光、秋山雅博、熊谷嘉人、藤村成剛.メチル水銀の細胞傷害特異性に対する含イオウ求核低分子の影響.第46回日本毒性学会学術年会(徳島)2019年6月
  32. Yunjie Ding, Shinaki Y, Kumagai Y. Identification and characterization of metallothionein-3 as a pesulfide binding protein. Society of Toxicology 58th Annual Meeting (Boltimore, USA) 2019年3月
  33. Akiyama M, Unoki T, Shinkai Y, Ishii I, Jon M Fukuto, Akaike T, Yamamoto M, Kumagai Y. Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for regulation of electrophilic stress in mice. Gordon Research Conference (Ventura, USA) 2019年2月
  34. Kumagai Y. A paradigm shift to redox signal regulation by reactive sulfur speciesfrom metallothionein-3. Gordon Research Conference (Ventura, USA) 2019年2月
2018
  1. 新開泰弘、Yunjie Ding、熊谷嘉人. サルフェン硫黄(sulfane sulfur)結合タンパク質としてのメタロチオネイン-3の同定とその機能解析. メタルバイオサイエンス研究会2018(仙台)2018年11月
  2. 秋山雅博、鵜木隆光、新開泰弘、石井功、山本雅之、熊谷嘉人. CSEとNrf2は異なる経路を介して親電子性重金属毒性を抑制する鍵分子である. メタルバイオサイエンス研究会2018(仙台)2018年11月
  3. 毛塚彩、吉田映子、新開泰弘、熊谷嘉人、鍜冶利幸. 無機亜鉛の内皮細胞毒性に対する活性イオウ分子産生酵素の役割. メタルバイオサイエンス研究会2018(仙台)2018年11
  4. 新開泰弘、秋山雅博、鵜木隆光、石井功、熊谷嘉人. 活性イオウ分子によるカドミウムの不活性化を介した肝毒性の防御機構. 第91回日本生化学会大会(京都)2018年9月
  5. 安孫子ユミ、中井由実、Luong Cong Nho、Fukuto M Jon、熊谷嘉人. 新しいレドックス反応:パースルフィドはキノン系化合物を一電子還元する. フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー(佐世保)2018年9月
  6. 秋山雅博、鵜木隆光、新開泰弘、石井功、山本雅之、赤池孝章、熊谷嘉人. Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である. フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー(佐世保)2018年9月
  7. Yunjie Ding、新開泰弘、熊谷嘉人. メタロチオネイン-3の意外な機能:可動性イオウによるメチル水銀の捕獲・不活性化. フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー(佐世保)2018年9月
  8. Nho Cong Luong, Abiko Y, Kumagai Y. Persulfide as a protection factor to block peroxidation of protein cysteine residue. フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー(佐世保)、2018年9月
  9. 片山優助、安孫子ユミ、熊谷嘉人. マウスにおけるメチル水銀の生体内変換:活性イオウ分子で生じる代謝中間体を用いた検討. フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー(佐世保)2018年9月
  10. 鵜木隆光、秋山雅博、新開泰弘、石井功、山本雅之、赤池孝章、熊谷嘉人. Nrf2およびCSE は環境中親電子物質によるマウス肝細胞毒性の抑制に必須である. フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー(佐世保)2018年9月
  11. 宇田川直利、藤江智也、熊谷嘉人、山本千夏、鍜冶利幸. 鉛による内皮細胞の活性イオウ分子合成関連酵素の発現異常. フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー(佐世保)2018年9月
  12. 新開泰弘、秋山雅博、鵜木隆光、 石井功、 熊谷嘉人.ポリスルフィドによるカドミウムの不活性化を介した肝毒性の防御機構. 第45回日本毒性学会学術年会(大阪)2018年7月
  13. 安孫子ユミ、中井由実、 Nho Cong LUONG、Jon M FUKUTO、 熊谷嘉人.パースルフィド・ポリスルフィドとの反応を介した環境中電子受容体のレドックスサイクルで生じるチイルラジカル.第45回日本毒性学会学術年会(大阪)2018年7月
  14. 秋山雅博、鵜木隆光、 蕨栄治、 新開泰弘、石井功、 赤池孝章、 熊谷嘉人.活性イオウ分子:親電子ストレスに対する防御的役割とその細胞内過剰蓄積による還元ストレス.第45回日本毒性学会学術年会(大阪)2018年7月
  15. 片山優助、安孫子ユミ、 秋山雅博、 熊谷嘉人.食用植物に含まれる活性イオウ分子種がメチル水銀毒性を低毒性化する.第45回日本毒性学会学術年会(大阪)2018年7月
  16. 竹中福太、吉田映子、藤江智也、山本千夏、 藤原泰之、熊谷嘉人、 鍜冶利幸.血管内皮細胞のメタロチオネイン転写誘導機構の解析への有機−無機ハイブリッド分子の活用.第45回日本毒性学会学術年会(大阪)2018年7月
  17. 井田智章、守田匡伸、西村明、松永哲郎、居原秀、澤智裕、藤井重元、熊谷嘉人、本橋ほづみ、 赤池孝章.親電子解毒代謝系システインパースルフィドの新しい合成酵素の発見.第45回日本毒性学会学術年会(大阪)2018年7月
  18. 居原秀、北村篤志、笠松真吾、井田智章、 西田基宏、澤智裕、熊谷嘉人、 赤池孝章.メチル水銀による活性イオウ分子種依存的レドックスシグナルの破綻.第45回日本毒性学会学術年会(大阪)2018年7月
  19. Abiko Y, Katayama Y, Akiyama M,Kumagai Y. Persulfides and Polysulfides as Phytochemicals to Detoxify MeHg. The 8th International Congress of Asian Society of Toxicology(Pattaya, Thailand)2018年6月
  20. Luong Cong Nho, Abiko Y, Kumagai Y. Activation of Epidermal Growth Factor Receptor Signaling Through S-oxidation of Protein Tyrosine Phosphatase 1B in A431 Cells by Reactive Oxygen Species Produced from 9,10-Phenanthrenequinone. The 8th International Congress of Asian Society of Toxicology(Pattaya, Thailand)2018年6月
  21. 新開泰弘、秋山雅博、鵜木隆光、熊谷嘉人.活性イオウ分子によるカドミウムのイオウ付加体の生成を介した毒性防御.生理学研究所 研究会「生命のエネルギー獲得戦略における多様性と共通原理の理解にむけて」(岡崎)2018年4月

西田 基宏

原著・総説

2019
  1. Numaga-Tomita T, Shimauchi T, Oda S, Tanaka T, Nishiyama K, Nishimura A, Birnbaumer L, Mori Y, *Nishida M. TRPC6 regulates phenotypic switching of vascular smooth muscle cells through plasma membrane potential-dependent coupling with PTEN. FASEB J. 2019 Sep;33(9):9785-9796. doi: 10.1096/fj.201802811R.
  2. Nishimura A, Shimoda K, Tanaka T, Toyama T, Nishiyama K, Shinkai Y, Numaga-Tomita T, Yamazaki D, Kanda Y, Akaike T, Kumagai Y, *Nishida M. Depolysulfidation of Drp1 induced by low-dose methylmercury exposure increases cardiac vulnerability to hemodynamic overload. Science Signal. 2019 Jun 25;12(587). pii: eaaw1920. doi: 10.1126/scisignal.aaw1920.
  3. Nishiyama K, Numaga-Tomita T, Fujimoto Y, Tanaka T, Toyama C, Nishimura A, Yamashita T, Matsunaga N, Koyanagi S, Azuma YT, Ibuki Y, Uchida K, Ohdo S, *Nishida M. Ibudilast attenuates doxorubicin-induced cytotoxicity by suppressing formation of TRPC3-Nox2 protein complex. Br J Pharmacol. 2019 Sep;176(18):3723-3738. doi: 10.1111/bph.14777.
  4. Sudi SB, Tanaka T, Oda S, Nishiyama K, Nishimura A, Sunggip C, Mangmool S, Numaga-Tomita T, *Nishida M. TRPC3-Nox2 axis mediates nutritional deficiency-induced cardiomyocyte atrophy. Sci Rep. 2019 Jul 5;9(1):9785. doi: 10.1038/s41598-019-46252-2.
  5. Tanaka T, Nishimura A, Nishiyama K, Goto T, Numaga-Tomita T, *Nishida M. Mitochondrial dynamics in exercise physiology. Pflügers Archiv – Eur. J. Physiol. Feb 1. (2019). doi: 10.1007/s00424-019-02258-3.
  6. *Nishida M, Tanaka T, Mangmool S, Nishiyama K, Nishimura A. Canonical Transient Receptor Potential Channels and Vascular Smooth Muscle Cell Plasticity. J Lipid Atheroscler. (2020) Jan;9(1):e13. https://doi.org/10.12997/jla.2020.9.e13. (review)
  7. Nishiyama K, Tanaka T, Nishimura A, *Nishida M. TRPC3-based protein signaling complex as a therapeutic target of myocardial atrophy. Current Molecular Pharmacology, special issue “Prophylactic Pharmacology for Preemptive Medicine” (in press). (review)
  8. Numaga-Tomita T, *Nishida M. TRPC channels in cardiac plasticity. Cells (in press). (review)
  9. 西田基宏、西山和宏、田中智弘、西村明幸 (2019) 酸化/還元ストレスと心臓 臨床免疫・アレルギー科 72(1): 29-35.
  10. 西田基宏、田中智弘、西村明幸 (2019) ミトコンドリア品質管理と心筋老化制御 実験医学 37(12): 1959-1965.
  11. 西田基宏、小田紗矢香 (2019) TRPC3/C6蛋白質シグナル複合体形成の病態生理的意義 医学のあゆみ 270(10): 897-902.
  12. 西田基宏(2019) エレクトロンバイオダイナミクスが支える生命の生存戦略.月刊 細胞 51(8): 378-379.  特集号前書き
2018
  1. Masuda K, Tsutsuki H, Kasamatsu S, Ida T, Takata T, Sugiura K, Nishida M, Watanabe Y, Sawa T, Akaike T, Ihara H. (2018) Involvement of nitric oxide/reactive oxygen species signaling via 8-nitro-cGMP formation in 1-methyl-4-phenylpyridinium ion-induced neurotoxicity in PC12 cells and rat cerebellar granule neurons. Biochem Biophys Res Commun. Jan 15;495(3):2165-2170. doi: 10.1016/j.bbrc.2017.12.088.
  2. Sunggip C, Shimoda K, Oda S, Tanaka T, Nishiyama K, Mangmool S, Nishimura A, Numaga-Tomita A, Nishida M. (2018) TRPC5-eNOS axis negatively regulates ATP-induced cardiomyocyte hypertrophy. Front. Pharmacol. May 22;9:523. doi: 10.3389/fphar.2018.00523.
  3. Nishimura A, Shimauchi T, Tanaka T, Shimoda K, Toyama T, Kitajima N, Ishikawa T, Shindo N, Numaga-Tomita T, Yasuda S, Sato Y, Kuwahara K, Kumagai Y, Akaike T, Ide T, Ojida A, Mori Y, Nishida M. (2018) Hypoxia-induced interaction of filamin with Drp1 causes mitochondrial hyperfission-associated myocardial senescence. Science Signaling Nov 13;11(556). pii: eaat5185. doi: 10.1126/scisignal.aat5185.
  4. Parichatikanond W, Nishimura A, Nishida M, Mangmool S. (2018) Prolonged stimulation of β2-adrenergic receptor with β2-agonists impairs insulin actions in H9c2 cells. J. Pharmacol. Sci. Nov;138(3):184-191. doi: 10.1016/j.jphs.2018.09.007.
  5. Ihara H, Kakihana Y, Yamakage A, Kai K, Shibata T, Nishida M, Yamda KI, Uchida K. (2018) 2-Oxo-histidine-containing dipeptides are functional oxidation products. J. Biol. Chem. Nov 30. pii: jbc.RA118.006111. doi: 10.1074/jbc.RA118.006111.
  6. Sawa T, Ono K, Tsutsuki H, Zhang T, Ida T, Nishida M, Akaike T. (2018) Reactive Cysteine Persulphides: Occurrence, Biosynthesis, Antioxidant Activity, Methodologies, and Bacterial Persulphide Signalling. Adv Microb Physiol. 72:1-28. doi: 10.1016/bs.ampbs.2018.01.002.
  7. Numaga-Tomita T, Oda S, Nishiyama K, Tanaka T, Nishimura A, Nishida M. (2018) TRPC channels in exercise-mimetic therapy. Pflügers Archiv – Eur. J. Physiol. Oct 8. DOI: 10.1007/s00424-018-2211-3.
  8. 西村明幸、西田基宏 (2018) 活性イオウによる心筋早期老化制御 DOJIN NEWS 165: 1-5.
  9. 西田基宏、西村明幸、西山和宏、田中智弘 (2018) 活性イオウによるミトコンドリア品質管理と心疾患リスク制御 硫酸と工業 71(5): 65-72.
  10. 小田紗矢香、下田翔、冨田拓郎、西田基宏 (2018) アントラサイクリンによる心筋傷害のメカニズムUPDATE 循環器内科 83(6): 554-559.
  11. 西田基宏、西村明幸、下田翔 (2018) 活性イオウによるミトコンドリア機能制御 実験医学 36(5): 663-668.
  12. 小田紗矢香、冨田拓郎、西田基宏 (2018) 運動模倣薬の新たなストラテジー YAKUGAKU ZASSHI 138(10): 1257-1262.
  13. 宮本理人、西田基宏(2018年10月)食事、運動、睡眠~生活習慣から薬物治療と創薬を考える~.YAKUGAKU ZASSHI(特集号前書き) 138(10): 1255-1256.
  14. 西田基宏、西村明幸、西山和宏 (2018) 心臓リモデリングを制御するGタンパク質/受容体シグナリング 日本臨牀増刊「心不全(第2版) 上巻-最新の基礎・臨床研究の進歩-」 76(9).

学会発表

2019
  1. 西田基宏(2019年6月16日)「活性イオウによるミトコンドリア分裂を介した心筋早期老化制御」第19回日本抗加齢医学会(横浜) シンポジウム講演
  2. 西田基宏(2019年6月26日) 「環境化学物質による心疾患リスク増加の分子メカニズム」第46回日本毒性学会学術年会(徳島) シンポジウム講演
  3. 西田基宏(2019年7月19日)「Ca2+チャネル研究から見えてきたドラッグ・リポジショニング」日本薬学会九州薬学連合(九重) 招待講演
  4. 西田基宏(2019年8月2日)「タンパク質間相互作用に着目した心血管リモデリング制御と治療」(金沢大学) 大学院講義・腎臓UP-to-dateセミナー 招待講演
  5. 西田基宏(2019年8月5日)自然科学研究機構企画「⼼臓から健康を学ぶ」(佐世保)長崎県立大学・高校出前講義
  6. 西田基宏(2019年9月5日)「活性イオウによる心筋の環境ストレス応答制御」日本比較免疫学会第31回学術集会/第30回日本生体防御学会学術集会 シンポジウム講演
  7. 西田基宏(2019年9月19日)「システインパースルフィドを基盤とするミトコンドリア恒常性制御」第92回日本生化学会大会(横浜) シンポジウム講演
  8. 西田基宏(2019年11月15日)「心筋恒常性を維持するレドックスエネルギー代謝」第5回 内分泌代謝シンポジウム(群馬) シンポジウム講演
  9. 西田基宏、田中智弘、Sudi Suhaini、小田紗矢香、西山和宏、西村明幸(2019年11月16日)「心筋萎縮におけるTRPC3-Nox2タンパク質複合体形成の役割」薬理学会西南部会(沖縄) 口頭発表
  10. 西村明幸、田中智弘、下田翔、西山和宏、西田基宏(2019年11月30日)「ミトコンドリア分裂促進因子Drp1の脱イオウ化を介した心筋脆弱性機構」第29回日本循環薬理学会・第55回高血圧関連疾患モデル学会合同学会(香川、高松センタービル)口頭発表
  11. Akiyuki Nishimura, Kakeru Shimoda, Tomohiro Tanaka, Kazuhiro Nishiyama, Motohiro Nishida (2019年12月7日) 「pathology-dependent aberrant interaction between mitochondria and actin cytoskeleton causes cardiac fragility.」第50回生理研国際シンポジウム(愛知、岡崎コンファレンスホール)口頭発表
  12. Akiyuki Nishimura, Tomohiro Tanaka, Kakeru Shimoda, Kazuhiro Nishiyama, Motohiro Nishida (2019年12月6日) 「Depolysulfidation of Drp1 increases cardiac vulnerability to hemodynamic overload.」 第50回生理研国際シンポジウム(愛知、岡崎コンファレンスホール)ポスター発表
  13. Kazuhiro Nishiyama, Tomohiro Tanaka, Chiemi Toyama, Akiyuki Nishimura, Motohiro Nishida (2019年12月6日) 「Identification of a novel TRPC3-Nox2 complex inhibitor that attenuates anthracycline-induced cytotoxicity.」 第50回生理研国際シンポジウム(愛知、岡崎コンファレンスホール)ポスター発表
  14. Daiki Tomokiyo, Takumi Goto, Akiyuki Nishimura, Kazuhiro Nishiyama, Tomohiro Tanaka, Motohiro Nishida (2019年12月6日) 「Cigarette sidestream smoke induces mitochondrial fission-associated myocardial early senescence.」 第50回生理研国際シンポジウム(愛知、岡崎コンファレンスホール)ポスター発表
  15. Kosuke Sakata, Kazuhiro Nishiyama, Tomohiro tanaka, Asuka Inoue, Junken Aoki, Akiyuki Nishimura, Motohiro Nishida (2019年12月6日) 「Identification of G protein-coupled receptors that induce ligand-independent calcium oscillations.」 第50回生理研国際シンポジウム(愛知、岡崎コンファレンスホール)ポスター発表
  16. 冨田 拓郎、西村 明幸、西田 基宏(2019年3月14日)血管平滑筋の表現型スイッチにおけるTRPC6チャネルの重要性の解明.第92回日本薬理学会年会(大阪)ポスター発表
  17. 下田翔、西村明幸、田中智弘、冨田拓郎、西山和宏、西田基宏(2019年3月14日)圧負荷誘導性心肥大におけるP2Y6受容体シグナルの新奇制御機構.第92回日本薬理学会年会(大阪)口頭発表
  18. 小田紗矢香、スディビンティ スハイニ、田中智弘、冨田拓郎、西田基宏(2019年3月14日)TRPC3-Nox2複合体がATP刺激によるラット心筋細胞萎縮を仲介する.第92回日本薬理学会年会(大阪)口頭発表 学生優秀発表賞 受賞
  19. 田中智弘、西村明幸、下田翔、島内司、外山喬士、北島直幸、石川達也、進藤直哉、冨田拓郎、安田智、佐藤陽治、桑原宏一郎、熊谷嘉人、赤池孝章、井手友美、王子田彰夫、森泰生、西田基宏(2019年3月15日)⼼筋梗塞後のマウス心臓におけるミトコンドリアーアクチン相互作⽤の病態生理学的意義.第92回日本薬理学会年会(大阪)口頭発表
  20. 西山和宏、冨田拓郎、藤本泰之、田中智弘、遠山千恵実、西村明幸、東泰孝、西田基宏(2019年3月15日)抗がん剤の副作用を軽減する新規TRPC3-Nox2複合体阻害薬の同定.第92回日本薬理学会年会(大阪)口頭発表
  21. 西村明幸、田中智弘、西山和宏、冨田拓郎、西田基宏(2019年3月16日)低用量メチル水銀曝露によるDrp1の活性化は心臓の圧負荷脆弱性の原因となる.第92回日本薬理学会年会(大阪)ポスター発表
  22. 小田紗矢香、冨田拓郎、西田基宏(2019年3月21日)高血糖負荷マウス心臓におけるTRPC6の生理的役割.日本薬学会第139年会 幕張メッセ(千葉)大学院生シンポジウム
  23. Takuro Numaga-Tomita、Tsukasa Shimauchi、Naoyuki Kitajima、Akiyuki Nishimura、Motohiro Nishida. (March 29, 2019) Physiological and pathophysiological significance of TRPC3-Nox2 coupling in the heart. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019). PSJ Awards Presentations / 9th Hiroshi and Aya Irisawa Memorial Promotion Award for Young Physiologists: Section of heart and circulatory system.
  24. Sayaka Oda、Takuro Numaga-Tomita、Akiyuki Nishimura、Motohiro Nishida (March 29, 2019) Physiological role of TRPC6 upregulation in hyperglycemia-exposed mice hearts. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019). Poster presentation.
  25. Tomohiro Tanaka、Akiyuki Nishimura、Okiru Komine、Koji Yamanaka、Motohiro Nishida (March 29, 2019) Pathology-dependent mitochondria-cytoskeleton interaction in amyotrophic lateral sclerosis (ALS). The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019). Poster presentation.
  26. Kakeru Shimoda、Caroline Sunggip、Akiyuki Nishimura、Tomohiro Tanaka、Takuro Numaga-Tomita、Kazuhiro Nishiyama、Motohiro Nishida (March 29, 2019) P2Y6 receptor antagonist MRS2578 induces atypical signaling. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019). Poster presentation.
  27. Akiyuki Nishimura、Caroline Sunggip、Takuro Numaga-Tomita、Motohiro Nishida (March 30, 2019) Age-dependent dimer formation of AT1R and P2Y6R promotes angiotensin II-induced hypertension. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019). Symposium.
  28. Takuro Numaga-Tomita、Japmes W Putney Jr、Motohiro Nishida (March 31, 2019) Importance of receptor-activated Ca²⁺ influx in wound healing. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019). Symposium.
2018
  1. Motohiro Nishida. Mitochondrial metabolic regulation by RSS. Cardiovascular and Metabolic Week (CVMW) 2018 (東京、東京コンベンションホール). Dec. 7-8 (2018). シンポジウム
  2. 西田基宏(2018年5月18日)活性イオウによるDrp1多量体化を介した心筋リモデリング制御.第71回日本酸化ストレス学会/第18回日本NO学会合同学術集会(京都、京都ホテルオークラ)シンポジウム
  3. 西田基宏(2018年7月19日)活性イオウによるミトコンドリア品質管理の二面的制御.第45回日本毒性学会学術年会(大阪、大阪国際会議場)シンポジウム
  4. 西田基宏(2018年7月21日)Ca2+チャネル研究から見えてきたドラッグ・リポジショニング.第17回九州脳・高血圧・循環制御研究会(福岡・ホテル日航福岡)特別講演
  5. 西田基宏(2018年8月11日)TRPC3/C6チャネルタンパク質による筋柔軟性制御.第4回日本筋学会学術集会(岡山、川崎医科大学)シンポジウム
  6. 西田基宏(2018年8月17日)タンパク質中の活性イオウによるミトコンドリア品質管理制御.第72回日本細菌学会東北支部総会(仙台、東北大学星陵キャンパス)シンポジウム
  7. 西田基宏(2018年9月14日)レドックスシグナルから考えるプラズマ生物学.第一回プラズマバイオコンソーシアムワークショップ(福岡・九州大学伊都キャンパス)シンポジウム
  8. 西田基宏(2018年9月24日)酸素由来活性種によるタンパク質多量体化とその意義.第91回日本生化学会大会(京都、京都国際会館)シンポジウム
  9. Motohiro Nishida (2018年10月12日) TRPC channels in cardiac plasticity. 第22回日本心不全学会(東京、京王プラザホテル)シンポジウム
  10. 西田基宏(2018年10月22日)GPCR/Gタンパク質のレドックス修飾に着目した創薬.レドックス・ライフイノベーション第170委員会/日本におけるケミカルバイオロジーの新展開第189委員会合同シンポジウム(東京、東京大学弥生講堂)招待講演
  11. 西田基宏(2018年11月17日)Ca2+チャネル研究から見えてきたドラッグ・リポジショニング.第35回日本薬学会九州支部大会(福岡、九州大学薬学部)ランチョンセミナー
  12. 西田基宏(2018年11月18日)心臓にコミットする:心臓を鍛えるのに、いい薬はありませんか?.第71回日本薬理学会西南部会・市民公開講座「薬物治療の疑問に答える4つの話」(福岡、福岡朝日ビル)招待講演
  13. 西田基宏(2018年12月16日)Ca2+チャネル研究から見えてきたドラッグ・リポジショニング.Advans研究会2018(東京、ホテルグランドパレス)招待講演
  14. 冨田拓郎、島内 司、小田紗矢香、西村明幸、西田基宏Improvement of peripheral circulation after hindlimb ischemia by TRPC channel inhibition (2018年5月24日)TRP研究会2018 (愛知 岡崎コンファレンスセンター)
  15. 冨田拓郎、島内 司、小田紗矢香、西村明幸、西田基宏(2018年5月19日) NO依存的TRPC6リン酸化による下肢虚血後の血管成熟制御 第18回日本NO学会合同学術集会(京都、京都ホテルオークラ)
  16. 冨田拓郎、島内 司、小田紗矢香、西村明幸、西田基宏(2018年9月29日)Inhibition of TRPC6 promotes capillary arterialization during post-ischemic blood flow recovery 生理研・名大医合同シンポウム(愛知 名古屋大学医学部付属病院)
  17. 冨田拓郎、島内 司、小田紗矢香、西田基宏(2018年12月5日)Inhibition of TRPC6 promotes capillary arterialization during post-ischemic blood flow recovery 第49回生理研国際シンポジウム(愛知 岡崎コンファレンスセンター)
  18. 西村明幸、島内司、田中智弘、冨田拓郎、西田基宏(2018年5月18日)Drp1-Filamin A相互作用による心筋ミトコンドリアの品質管理機構.第71回日本酸化ストレス学会/第18回日本NO学会合同学術集会(京都、京都ホテルオークラ)YIAシンポジウム
  19. 西村明幸、田中智弘、冨田拓郎、西田基宏(2018年9月26日)親電子物質と活性イオウによる心筋ミトコンドリアの品質管理.第91回日本生化学会大会(京都、京都国際会館)シンポジウム
  20. 西村明幸、島内司、田中智弘、下田翔、冨田拓郎、西田基宏(2018年11月2日)ミトコンドリア-アクチン細胞骨格連携による心筋細胞の早期老化機構.心血管膜輸送研究会2018(愛知、岡崎コンファレンスセンター)口頭発表
  21. 西村明幸、西山和宏、田中 智弘、冨田拓郎、西田基宏(2018年11月17日)メチル水銀による心毒性と活性イオウ分子種による制御.メタルバイオサイエンス研究会2018(宮城、仙台市戦災復興記念館)ポスター発表
  22. 西村明幸、田中智弘、下田翔、冨田拓郎、西田基宏(2018年11月18日)Drp1-Filamin A複合体によるミトコンドリア過剰分裂を介した心筋細胞の早期老化機構.第35回日本薬学会九州支部大会(福岡、九州大学)口頭発表
  23. Kakeru Shimoda, Caroline Sunggip, Akiyuki Nishimura, Tomohiro Tanaka, Takuro Numaga-Tomita, Kazuhiro Nishiyama, Motohiro Nishida (Jul. 3, 2018) P2Y6 receptor exacerbates pressure overload-induced heart failure in mice. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018) (Kyoto, Kyoto International Conference Center) Poster Presentation
  24. 下田翔、西村明幸、田中智弘、西山和宏、津田誠、黒瀬等、西田基宏(2018年9月2日)Gタンパク質共役型受容体の親電子修飾を介したアティピカルな機能制御とその病態生理的意義.第17回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2018(熊本、熊本大学)口頭発表
  25. Kakeru Shimoda, Akiyuki Nishimura, Tsukasa Shimauchi, Tomohiro Tanaka, Takuro Numaga-Tomita, Motohiro Nishida (Sep. 22, 2018) Cilnidipine improves heart failure after myocardial infarction by suppressing mitochondrial fission. 第2回日本循環器学会基礎研究フォーラム(奈良、奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~)ポスター発表
  26. 小田紗矢香、冨田拓郎、西村明幸、西田基宏(2018年4月26日)心リモデリングにおける活性酸素の産生とTRPC3/6チャネルの役割.生理学研究所研究会「生命のエネルギー獲得戦略における多様性と共通原理の理解にむけて」(愛知、岡崎コンファレンスセンター)ポスター発表
  27. 小田紗矢香、冨田拓郎、西村明幸、西田基宏(2018年5月24日)心リモデリングにおける活性酸素の産生とTRPC3/6チャネルの役割.生理学研究所研究会「TRPチャネル~免疫・炎症応答の重要な媒介分子~」(愛知、岡崎コンファレンスセンター)ポスター発表
  28. Sayaka Oda, Takuro Numaga-Tomita, Akiyuki Nishimura, Motohiro Nishida (Jul. 3, 2018) Physiological role of TRPC6 upregulation in hyperglycemic rodent heart. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018) (Kyoto, Kyoto International Conference Center) Poster Presentation
  29. 小田紗矢香、Supachoke Mangmool、冨田拓郎、西村明幸、黒瀬等、西田基宏(2018年9月1日)心臓における脂質活性化型TRPC6チャネルの生理的役割.第17回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2018(熊本、熊本大学)口頭発表
  30. Sayaka Oda, Takuro Numaga-Tomita, Akiyuki Nishimura, Motohiro Nishida (Sep. 22, 2018) Physiological role of TRPC6 upregulation in hyperglycemic rodent hearts. 第2回日本循環器学会基礎研究フォーラム(奈良、奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~)ポスター発表
  31. Sayaka Oda, Takuro Numaga-Tomita, Akiyuki Nishimura, Motohiro Nishida (Dec. 7, 2018) Physiological role of TRPC6 upregulation in hyperglycemic rodent hearts. The 49th NIPS International Symposium (愛知、岡崎コンファレンスセンター)ポスター発表
  32. 西山和宏、赤司壮一郎、冨田拓郎、藤本泰之、田中智弘、西村明幸、東泰孝、西田基宏(2018年11月17日)新規TRPC3-Nox2複合体阻害剤の探索および効果の検証.第71回日本薬理学会西南部会(福岡、九州大学)口頭発表
  33. 西山和宏、赤司壮一郎、冨田拓郎、藤本泰之、田中智弘、西村明幸、東泰孝、西田基宏(2018年11月18日)抗がん剤の副作用を軽減する新規TRPC3-Nox2複合体阻害薬の探索.第35回日本薬学会九州支部大会(福岡、九州大学)口頭発表
  34. Tomohiro Tanaka, Akiyuki Nishimura, Okiru Komine, Koji Yamanaka and Motohiro Nishida(2018年7月10日)Pathology-dependent mitochondria-cytoskeleton interaction in amyotrophic lateral sclerosis (ALS). ExCELLS Frontier Bioorganization Forum 2018(愛知 生理学研究所・山手地区)ポスター発表および口頭発表
  35. Tomohiro Tanaka, Akiyuki Nishimura, Okiru Komine, Koji Yamanaka and Motohiro Nishida(2018年9月29日)The role of actin-binding protein Filamin A in neurodegenerative disease by modulating mitochondrial fission. 第8回生理研・名大医合同シンポウム(愛知 名古屋大学医学部付属病院)ポスター発表
  36. Tomohiro Tanaka, Akiyuki Nishimura, Okiru Komine, Koji Yamanaka and Motohiro Nishida(2018年11月1日)The role of actin-binding protein Filamin A in neurodegenerative disease by modulating mitochondrial fission. 心血管膜輸送研究会2018(愛知、岡崎コンファレンスセンター)ポスター発表
  37. 田中智弘、西村明幸、西田基宏(2018年12月5日)メチル水銀による心不全リスク増加の分子機構と予防治療薬の同定 環境省「重金属等による健康影響に関する総合的研究」メチル水銀研究ミーティング(東京 ワイム貸会議室 四谷三丁目)口頭発表

招待講演

2019
  1. Nishida M. A novel strategy of drug repositioning for the maintenance of mitochondrial quality. 2019 Korea-Yonsei-NIPS International Joint Symposium (Seoul, Korea). July 4 (2019).
  2. Nishida M. Protein-protein interaction (PPI) in cardiac tissue remodeling and metabolism. Special seminar in Seoul National University, Graduate School of Pharmaceutical Sciences (Seoul, Korea). July 5th (2019).
  3. Nishida M. Cardiac plasticity regulated by protein-protein interactions (PPIs). Frontier Bioorganization Forum2019 in KIAS (Seoul, Korea). July 8 (2019).
  4. Nishida M. Targeting protein-protein interaction (PPI) as a new strategy for drug repositioning (Eco-Pharma). The 5th Japan-Taiwan Joint Symposium for Pharmaceutical Sciences (Taipei, China). August 30 (2019).
  5. Nishida M. Protein cysteine persulfide regulates mitochondrial quality and stress resistance of the heart against environmental stress. The 1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine (Sendai, Japan). Sep. 9-11 (2019).
  6. Nishida M. Targeting protein-protein interaction (PPI) as a new strategy for drug repositioning. Mini-Symposium: Current Topic in Pharmacology: Focusing on Receptor Signal Transduction (Mahidol, Thailand). October 22 (2019).
  7. 西田基宏 Ca2+チャネル研究から見えてきたドラッグ・リポジショニング 第21回KAMOGAWA Cardiovascular Conference(京都) 特別講演 II(2019年5月17日)
  8. 西田基宏自然科学研究機構シンポジウム(研究最前線:環境適応を知る)「心臓の環境ストレス適応から健康長寿を考える」(東京) 講演(2019年2月22日)
  9. 西田基宏 心臓の可塑性を制御するレドックスシグナル伝達機構 日本酸化ストレス学会学術集会(札幌) 特別講演(2019年6月28日)
  10. 西田基宏 タンパク質間相互作用を標的にしたドラッグ・リポジショニング AMED主催BINDS公開シンポジウム(東京) 招待講演(2019年11月19日)
2018
  1. Motohiro Nishida. TRPC channels in cardiac plasticity. 2018 Annual Spring Scientific Conference of the Korean Society of Cardiology (Daejeon, Korea). April 21 (2018).
  2. Motohiro Nishida. Mitochondrial metabolic regulation by reactive sulfide species. IUBMB (Seoul, Korea). June 5 (2018).
  3. Motohiro Nishida. TRPC3 channels as a key regulator of cardiac plasticity. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018, Kyoto). July 2 (2018).
  4. Motohiro Nishida. Mitochondrial quality control and its metabolic regulation by reactive persulfide species. The International Conference of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology (KSMCB2018, Seoul, Korea). Sep. 18 (2018).
  5. Motohiro Nishida. New strategies of drug repositioning for the maintenance of mitochondrial quality. Symposium in Inje University ‘Interactions. Dynamic rescue of affected mitochondria (Dream)’ (Inje University, Busan, Korea). Dec. 10-12 (2018).

上原 孝

原著・総説

2020
  1. 中原健吾,上原 孝:タンパク質ニトロシル化,実験医学 (2020) 羊土社 印刷中
2019
  1. Nakahara, K., Fujikawa, K., Hiraoka, H., Miyazaki, I., Asanuma, M., Ito, A., Takasugi, N., and Uehara, T.* Attenuation of macrophage migration inhibitory factor-stimulated signaling via S-nitrosylation. Biol. Pharm. Bull. (2019) in press.
  2. Takasugi, N., Hiraoka, H., Nakahara, K., Akiyama, S., Fujikawa, K., Nomura, R., Furuichi, M., and Uehara, T.* Emerging role of electrophiles as a key regulator for endoplasmic reticulum (ER) stress. Int. J. Mol. Sci. (2019) in press.
2018
  1. Takasugi, N., Araya, R., Kamikubo, Y., Kaneshiro, N., Imaoka ,R., Jin, H., Kashiyama, T., Hashimoto, Y., Kurosawa, M., Uehara, T., Nukina, N., and Sakurai, T. TMEM30A is a candidate interacting partner for the β-carboxyl-terminal fragment of amyloid-β precursor protein in endosomes. PLoS One. 13(8):e0200988 (2018).
  2. Kaneshiro, N., Imaoka, R., Komai, M., Kashiyama, T., Sakurai, T., Uehara, T., and Takasugi, N. Functional analysis of juxta- and intra-membrane domains of murine APP by genome editing in Neuro2a cells. Biochem Biophys Res Commun. 501, 1023-1028 (2018).
  3. 高杉展正,上原 孝:軽いは重い?―神経変性疾患の発症における一酸化窒素の働きについて,実験医学36(5), 149-154 (2018)
  4. 奥田洸作,高杉展正,上原 孝:ガストランスミッターと神経機能のredox制御・神経細胞死,脳神経化学 脳はいま化学の言葉でどこまで語れるか, 194-203 (2018)
  5. 平岡秀樹,上原 孝:S―ニトロシル化,生体の科学 69(5), 444-445 (2018)

学会発表

2020
  1. 平岡秀樹、岩脇隆夫、熊谷嘉人、藤村成剛、上原孝.メチル水銀による部位特異的神経障害における小胞体ストレスの寄与.第47回日本毒性学会学術年会(web開催)2020年7月
  2. 森本睦, 中原健吾, 髙杉展正, 上原孝「メチルビニルケトンによるEGFシグナリング制御機構」日本薬学会第140年会(京都府京都市)2020.3.25-28
2019
  1. 平岡秀樹, 岩脇隆夫, 熊谷嘉人, 藤村成剛, 上原孝「小胞体ストレス応答可視化マウスを用いた脳内メチル水銀応答解析」メチル水銀研究ミーティング(東京新宿区)2019.12.24
  2. 平岡秀樹, 藤村成剛, 岩脇隆夫, 熊谷嘉人, 上原孝「メチル水銀誘発性神経障害における小胞体ストレスの寄与」メタルバイオサイエンス研究会2019(東京都新宿区)2019.10.29-30(2019.10.29)
  3. Kengo Nakahara, Hideki Hiraoka, Kyohei Hamada, Yoshito Kumagai, Takashi Uehara
    [Involvement of PI3K-Akt Signaling in Antiapoptotic Effect Evoked by 1,2-Naphthoquinone]
    Hawaii IUTOX ICTXV 2019(Hawaii Convention Center)2019.7.15-18(2019.7.17)アメリカ・ハワイ
  4. Hideki Hiraoka, Kengo Nakahara, Nobumasa Takasugi, Masatake Fujimura, Takao Iwawaki, Yoshito Kumagai, Takashi Uehara [Molecular Mechanism of Methylmercury-Induced Neurotoxicity via Endoplasmic Reticulum Stress.] Hawaii IUTOX ICTXV 2019(Hawaii Convention Center)2019.7.15-18(2019.7.17)アメリカ・ハワイ
2018
  1. 山地賢一、奥田 将、杉野英介、澤 智裕、赤池孝章、内田浩二、上原 孝:「タンパク質品質管理機構におけるポリサルファードナーの作用」 第18回日本NO学会 京都ホテルオークラ(京都府京都市)(2018.5.17-18)
  2. 秋山栞里、池尻七望、柴田万里、藤河香奈、高杉展正、柴田貴広、内田浩二、上原 孝:「小胞体レクチンシャペロン calreticulin の酸化による機能制御」第18回日本NO学会 京都ホテルオークラ(京都府京都市)(2018.5.17-18)
  3. 金城那香、上原 孝、高杉展正:「APP-βCTFを介した小胞輸送障害の解析」第59回日本生化学会 中国・四国支部例会 米子市文化ホール(鳥取県米子市)(2018.5.26-5.27)
  4. Hideki Hiraoka, Kengo Nakahara, Kosaku Okuda, Yoshito Kumagai, Takashi Uehara:Modulation of unfolded protein response by methylmercury. WCP2018 18th WORLD CONGRESS OF BASIC AND CLINICAL PHARMACOLOGY Kyoto International Conference Center (Kyoto, Japan)(2018. 7.1-6)
  5. Kengo Nakahara, Hideki Hiraoka, Kyohei Hamada, Yoshito Kumagai, Takashi Uehara:Molecular mechanism of Akt signaling evoked by 1,2-naphthoquinone. WCP2018 18th WORLD CONGRESS OF BASIC AND CLINICAL PHARMACOLOGY Kyoto International Conference Center (Kyoto, Japan)(2018. 7.1-6)
  6. Takashi Uehara:「A novel mechanism of nitric oxide-induced gene expreesion」WCP2018 KYOTO Satellite Symposia Regulating cell homeostasis: from small molecules (drugs, O2, ROS, and NO) to ion channels, receptors, and systems. 聞法会館・3F多目的ホール(京都府京都市)(2018.7.6-8)2018.7.6
  7. 上原 孝:「酸化/親電子ストレスによる新生タンパク質成熟機構制御」第45回日本毒性学会学術年会 大阪国際会議場(大阪府大阪市)(2018.7.18-20)2018.7.19
  8. 藤河香奈、伊藤昭博、上原 孝:「ユビキチン結合酵素UBE2D1のS-ニトロシル化修飾による機能変化」 第91回日本生化学会大会 国立京都国際会館(京都府京都市)(2018.9.24-26)2018.9.24
  9. H.HIRAOKA, K.NAKAHARA, M.FUJIMURA, Y.KUMAGAI, T.UEHARA:「Methylmercury(MeHg)-induced neuronal cell death via unfolded protein response」Society for Neuroscience 2018 (SfN 2018) San Diego Convention Center (San Diego,U.S.A.)(2018.11.3-7)
  10. K.NAKAHARA, H.HIRAOKA, A.ITO, T.UEHARA:「Function of novel S-nitrosylated proteins identified by biotin switch method with LC-MS/MS analysis」 Society for Neuroscience 2018 (SfN 2018) San Diego Convention Center (San Diego,U.S.A.)(2018.11.3-7) 2018.11.6
  11. 平岡秀樹、中原健吾、藤村成剛、岩脇隆夫、熊谷嘉人、上原 孝:「メチル水銀による小胞体ストレスを介した細胞死惹起機構」 メタルバイオサイエンス研究会2018 仙台市戦災復興記念館(宮城県仙台市)(2018.11.16-17)2018.11.16
  12. 金城那香、櫻井 隆、上原 孝、高杉展正:「アルツハイマー病特異的小胞輸送障害機構の解明」 第134回日本薬理学会近畿部会 神戸学院大学 ポートアイランドキャンパスD号館3階(兵庫県神戸市)(2018.11.23)

招待講演

2019
  1. 上原 孝:「酸化/ニトロソ化ストレスによる神経障害機構」第55回広島神経医科学研究会 広島大学 広仁会館(広島県広島市)(2019.2.18)
2018
  1. Takashi Uehara「A novel mechanism of nitric oxide-induced gene expreesion」WCP2018 KYOTO Satellite Symposia Regulating cell homeostasis: from small molecules (drugs, O2, ROS, and NO) to ion channels, receptors, and systems. 聞法会館・3F多目的ホール(京都府京都市)(2018.7.6-8)

基盤研究(S)環境中親電子物質エクスポソームとそれを制御する活性イオウ分子

Grants-in-Aid for Scientific Research (S)
Environmental electrophiles exsopome and reactive sulfur species as its regulator molecule

ご意見・訂正等がございましたら環境生物学研究室まで
Copyright © Environmental Biology, Univ. of Tsukuba All Right Reserved.