本文へスキップ
筑波大学 医学医療系 環境生物学研究室
環境生物学研究室
〒305-8575 
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学医学医療系 
環境生物学研究室
TEL:029-853-3297

English

学会発表

2010

国内学会
  1. 小野勝彦、居原秀、三浦高、岩本典子、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章. 8-Nitro-cGMPによるGAPDHの基質依存的な酸化的不活性化の促進. 第83回日本生化学会大会,2010年
  2. 安孫子ユミ、Bui Hoang Phuc、岩本典子、新開泰弘熊谷 嘉人. ブチルヒドロキシアニソールの親電子代謝物によるKeap1/Nrf2 システムの活性化. フォーラム2010 衛生薬学・環境トキシコロジー,2010年
  3. 矢澤亜季、岩本典子、安孫子ユミ、浅井聡、三浦高、新開泰弘熊谷嘉人. S-トランスアルキル化を介した親電子修飾の自己制御タンパク質の同定. フォーラム2010 衛生薬学・環境トキシコロジー,2010年
  4. 新開泰弘、山本千夏、鍜冶利幸、熊谷嘉人. 血管内皮細胞において鉛はJNK-AP-1経路を介して小胞体シャペロンGRP78およびGRP94を誘導する. フォーラム2010 衛生薬学・環境トキシコロジー,2010年
  5. 三浦高、岩本典子、新開泰弘熊谷嘉人. 親電子修飾の自己制御能を有する解糖系酵素としてのグリセ ルアルデヒド 3-リン酸脱水素酵素. フォーラム2010 衛生薬学・環境トキシコロジー,2010年
  6. 岩本典子、Bruce A Freeman、熊谷嘉人. 生体内親電子性代謝物ニトロ化オレイン酸はPTP1Bの活性を阻害しEGFRシグナル伝達経路を活性化する. フォーラム2010 衛生薬学・環境トキシコロジー,2010年
  7. 小野勝彦、居原秀、三浦高、岩本典子、熊谷嘉人、澤智裕、赤池孝章. Glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenaseの基質依存的な酸化的不活性化. 第63回日本酸化ストレス学会学術集会,2010年
  8. 新開泰弘、山本千夏、鍛治利幸、熊谷嘉人. 血管内皮細胞においてNrf1はカドミウムに対する防御応答を担う転写因子である. 第37回日本トキシコロジー学会学術年会,2010年
  9. 新開泰弘、外山喬士、 安武章、 山本雅之、熊谷嘉人. メチル水銀の解毒排泄における転写因子Nrf2の役割. 第80回日本衛生学会学術総会,2010年
国際学会
  1. Kumagai Y, Toyama T, Shinkai Y, Yasutake. Nrf2-dependent protection against methylmercury toxicity in vitro and in vivo. XII International Congress of Toxicology(バルセロナ)2010年
  2. Iwamoto N, Akaike T, BA Freeman, Kumagai Y. Activation of EGFR coupled to reduction of PTP1B activity by nitrated oleic acid: an electrophile signaling. The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide(京都)2010年
  3. Iwamoto N, Nishiyama A, Shinyashiki M, Eiguren-Fernandez A, Hinds W, Kumagai Y, Froines JR, Cho AK. Biochemical and Cellular Effects of Ambient Vapor Electrophiles. AAAR Air Pollution and Health International Specialty Conference (San Diego) 2010年
  4. Eiguren-Fernandez A, Shinyashiki M, Schmit DAz, DiStefano E, Hinds W, Kumagai Y, Cho AK, Froines JR. Redox and electrophilic Properties of Vapor- and Particle-phase Components of Ambient Aerosols. AAAR Air Pollution and Health International Specialty Conference (San Diego) 2010年

2009

国内学会
  1. 岩本典子、中嶋瞬、熊谷嘉人. 大気中揮発相成分はPTP1Bの酸化及び化学修飾を介してEGFR/ERKシグナルを活性化する. フォーラム2009 衛生薬学・環境トキシコロジー,2009年
  2. 新開泰弘、山本千夏、熊谷嘉人、鍜冶利幸. 血管内皮細胞においてカドミウムの毒性防御機構を担う転写因子Nrf1. フォーラム2009 衛生薬学・環境トキシコロジー,2009年
  3. 安孫子ユミ、角大悟、熊谷嘉人. Nrf2/HO-1シグナルを介したヒ素の毒性軽減. フォーラム2009 衛生薬学・環境トキシコロジー,2009年
  4. 外山喬士、安武章、熊谷嘉人. 転写因子Nrf2はメチル水銀のリスク軽減因子である. フォーラム2009 衛生薬学・環境トキシコロジー,2009年
  5. 吉田映子、外山喬士、安武章、角大悟、荏柄祐子、熊谷嘉人. メチル水銀の毒性軽減における内因性硫化水素の役割. フォーラム2009 衛生薬学・環境トキシコロジー,2009年
  6. 若林美由紀、石井剛志、岩本典子、森大気、熊谷嘉人、中山勉. α-リポ酸による蛋白質システイン残基の酸化還元作用. 第82回日本生化学会大会,2009年
  7. 藤井重元、澤智裕、岡本竜哉、三浦高、岩本典子、熊谷嘉人、赤池孝章. 細胞内S-グアニル化蛋白質の同定と蛋白質S-グアニル化の生理機能の解明. 第82回日本生化学会大会,2009年
  8. 岩本典子、伊藤創平、小林麻己人、熊谷嘉人. 親電子物質による非触媒性Cys121 の翻訳後修飾を介したPTP1B/EGFR シグナルの活性化. 第82回日本生化学会大会,2009年
  9. 外山喬士、安武 章、熊谷嘉人. 転写因子Nrf2によるメチル水銀の毒性軽減. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会,2009年
  10. 吉田映子、外山喬士、安武章、角大悟、荏柄祐子、熊谷嘉人. 内因性硫化水素ガスによるメチル水銀毒性の軽減. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会,2009年
  11. 安孫子ユミ、角 大悟、熊谷嘉人. HepG2細胞における転写因子Nrf2を介したHO-1によるヒ素の毒性軽減. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会, 2009年
  12. 藤井重元、澤智裕、岡本竜哉、三浦高、岩本典子、熊谷嘉人、赤池孝章. 細胞内S-グアニル化蛋白質の同定とS-グアニル化制御機構の解明. 第62回日本酸化ストレス学会学術集会,2009年
  13. 岩本典子、伊藤創平、角大悟、熊谷嘉人. 1,2-NQのCys121修飾によるプロテインチロシンホスファターゼ1B(PTP1B)の構造および活性への影響. 日本薬学会 第129年会,2009年
  14. 外山喬士、角大悟、安武章、熊谷嘉人. 一酸化炭素によるメチル水銀の毒性防御機構. 日本薬学会 第129年会,2009年
  15. 三浦高. 親電子性環境化学物質1,2ナフトキノンの毒性発現におけるNrf2/Keap1システムの役割. 日本薬学会 第129年会,2009年
国際学会
  1. Iwamoto N, Ito S, Kobayashi M , Kumagai Y. Reduction of protein tyrosine phosphatase 1B activity caused by electrophiles is accompanied by a conformational alteration following covalent modification of Cys121. 21st Century Advances in the Molecular Toxicology of Environmental Chemicals and Pathogenesis of Disease (東京) 2009年
  2. Miura T, Jiang HY, Nishiyama A, Iwamoto N, Sumi D, Yamamoto M, Kumagai Y. Initial response and cellular protection against 1, 2-Naphthoquinone through Nrf2/Keap1 system. 21st Century Advances in the Molecular Toxicology of Environmental Chemicals and Pathogenesis of Disease (東京) 2009年
  3. Toyama T, Yasutake A, Kumagai Y. Protective role of Nrf2 against methylmercury toxicity. 21st Century Advances in the Molecular Toxicology of Environmental Chemicals and Pathogenesis of Disease (東京) 2009年
  4. Yoshida E, Toyama T, Sumi D, Yasutake A, Egara Y, Kumagai Y. Contribution of hydrogen sulfide derived from cystathionine β-synthase to reduction of methylmercury toxicity in SH-SY5Y cells. 21st Century Advances in the Molecular Toxicology of Environmental Chemicals and Pathogenesis of Disease (東京)2009年
  5. Abiko A, Sumi D, Kumagai Y. Reduction of arsenic mediated cytotoxicity through Nrf2/HO-1 signaling in HepG2 cells. 21st Century Advances in the Molecular Toxicology of Environmental Chemicals and Pathogenesis of Disease(東京)2009年
  6. Kumagai Y, Iwamoto N. Activation of EGFR/PTP1B signaling and cellular protection through Nrf2/Keap1 system during exposure to an atmospheric electrophile. The 5th International Congress of Asian Society of Toxicology (Taipei) 2009年
  7. Kumagai Y, Iwamoto N. Activation of EGFR/MEK/ERK/AP-1 signaling caused by 1,2-naphthoquinone. International Symposium 2009 on Signaling Functions of Reactive Oxygen Species (熊本) 2009年
  8. Iwamoto N, Ito S, Kobayashi M, Kumagai Y. Electrophile-mediated activation of PTP1B/EGFR signaling through post-translational modification of a non- catalytic Cys121 of PTP1B. International Symposium 2009 on Signaling Functions of Reactive Oxygen Species (熊本) 2009年
  9. Endo A, Sumi D, Kumagai Y. 1,2-Naphthoquinone disrupts CREB transcriptional activity through modification of Cys286. Society of Toxicology's 48th Annual Meeting (Baltimore) 2009年

2008

国内学会
  1. 外山喬士、角大悟、熊谷嘉人. メチル水銀によるソルビトール脱水素酵素の阻害機構. 第1回メタロミクス研究会,2008年
  2. 岩本典子、角大悟、熊谷嘉人. 1,2-ナフトキノンによるプロテインチロシンホスファターゼ1Bの活性阻害におけるCys121の役割. フォーラム2008 衛生薬学・環境トキシコロジー,2008年
  3. 遠藤亜希子、角大悟、岩本典子、熊谷嘉人. 1,2-ナフトキノンはCys286を介して転写因子CREBに共有結合しその機能を阻害する. フォーラム2008 衛生薬学・環境トキシコロジー,2008年
  4. 外山喬士、角大悟、熊谷嘉人. メチル水銀の分子標的としてのソルビトール脱水素酵素. フォーラム2008 衛生薬学・環境トキシコロジー,2008年
  5. 西山彰、岩本典子、外山喬士、角大悟、熊谷嘉人. 大気中に含まれる未知の親電子性物質とそれにに対する生体応答を評価するシステムの構築. フォーラム2008 衛生薬学・環境トキシコロジー,2008年
  6. 柴田貴広、中原広子、喜多なるみ、松原唯、森光康次郎、岩本典子、熊谷嘉人、青木直人、小鹿一、内田浩二. イソチオシアネートによるレドックス制御を介した神経細胞分化促進機構の解析. 第61回日本酸化ストレス学会学術集会,2008年
  7. 新開泰弘、山本千夏、熊谷嘉人、山本雅之、鍛冶利幸. カドミウムの毒性防御の細胞応答システムを担う転写因子Nrf2. 第35回日本トキシコロジー学会 学術年会, 2008年
  8. 石井剛志、岩本典子、熊谷嘉人. 環境化学物質によるタンパク質の翻訳後修飾:毒性発現機構の解明に向けた修飾タンパク質の検出とその構造解析. 第78回日本衛生学会総会,2008年

2007

国内学会
  1. 角大悟、新開泰弘、熊谷嘉人. ヒ素による細胞毒性におけるNrf2活性化剤スルフォラファンの効果. 第13回ヒ素シンポジウム, 2007年
  2. 外山喬士、角大悟、萬治愛子、新開泰弘、熊谷嘉人. 有機ヒ素化合物ジフェニルアルシン酸誘導アポトーシスにおける転写因子Nrf2とγーグルタミルシステイン合成酵素の役割. 第13回ヒ素シンポジウム, 2007年
  3. 岩本典子、角大悟、石井剛志、内田浩二、中村肇、淀井淳司、熊谷嘉人. 酸化ストレスを生じる1,2-ナフトキノンの分子標的としてのチオレドキシン. フォーラム2007 衛生薬学・環境トキシコロジー,2007年
  4. 姜海燕、角大悟、田口恵子、Kit I. Tong、山本雅之、熊谷嘉人. 1,2-ナフトキノンの解毒に関わるNrf2/Keap1システムの役割. フォーラム2007 衛生薬学・環境トキシコロジー,2007年
  5. 遠藤亜希子、角大悟、熊谷嘉人. 1,2-ナフトキノンは転写因子cAMP response element-binding proteinとの共有結合を介してその機能を抑制する. フォーラム2007 衛生薬学・環境トキシコロジー,2007年
  6. 熊谷嘉人、岩本典子、角大悟. 大気中親電子性物質によるPTP1B修飾に伴うEGFRリン酸化. 第7回分子予防環境医学研究会,2007年
  7. 角大悟、萬治愛子、新開泰弘、外山喬士、熊谷嘉人. 有機ヒ素化合物ジフェニルアルシン酸誘導アポトーシスにおける転写因子Nrf2とγ-グルタミルシステイン合成酵素の役割. 第34回日本トキシコロジー学会学術年会,2007年
  8. 岩本典子、張璧伊、角大悟、熊谷嘉人. 大気中微小粒子成分によるERK1/2シグナル伝達経路の活性化. 第34回日本トキシコロジー学会学術年会,2007年
  9. 外山喬士、角大悟、新開泰弘、田口恵子、山本雅之、熊谷嘉人. Nrf2/Keap1システムは神経細胞においてメチル水銀の解毒を促す. 第34回日本トキシコロジー学会 学術年会,2007年
  10. 本山ユミ、Sang Woon chung、亀山貴之、唐 寧、鳥羽陽、熊谷嘉人、早川和一. 多環芳香族炭化水素系キノンと酸化ストレス. 日本薬学会 第127年会,2007年
  11. 喜多秀樹、岩本典子、熊谷嘉人、山野茂. カタラーゼとNADPHはディーゼル排出微粒子成分 9,10-phenanthraquinoneによるHepG2 細胞の細胞死を抑制する. 日本薬学会 第127年会,2007年
国際学会
  1. Endo A, Sumi D, Kumagai Y. Covalent modification of cAMP response element-binding protein by 1,2-naphthoquinone causes its functional loss. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007年
  2. Iwamoto N, Sumi D, Ishii T, Uchida K, Kumagai Y. Arylation of protein tyrosine phosphatase 1B by 1,2-naphthoquinone through Cys-121 causes prolonged phosphorylation of epidermal growth factor receptor. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007年
  3. Jiang HY, Sumi D, Taguchi K, Tong KI, Yamamoto M, Kumagai Y. Detoxification of 1,2-naphthoquinone through Nrf2 activation in primary mouse hepatocytes. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007年
  4. Miura T, Sumi D, Kumagai Y. Protective effect of a-crystallin on aggregation of b-crystalline induced by 1,2-naphthoquinone. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007年
  5. Sumi D, Manji A, Shinkai Y, Toyama T, Kumagai Y. Activation of Nrf2 pathway, but decreased glutamylcysteine ligase catalytic subunit levels and caspase-3-dependent apoptosis during exposure of primary mouse hepatocytes. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007年
  6. Toyama T, Sumi D, Shinkai Y, Yasutake A, Taguchi K, Tong KI, Yamamoto M, Kumagai Y. Nrf2 has cytoprotective effect against methylmercury cytotoxicity. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007年
  7. Shinkai Y. Sumi D, Taguchi K, Yamamoto M, Kaji T, Kumagai Y. Role of Nrf2/Keap1 system in protection against arsenic-induced cytotoxicity. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007年
  8. Takayama N, Iwamoto N, Ishii T, Sumi D, Kumagai Y. Arylation of peroxiredoxin 6 by 1,2-naphthoquinone through Lys209 causes reduction of its phospholipase A2 activity. The 2nd JST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium(つくば)2007
  9. Iwamoto N, Sumi D, Ishii T, Uchida K, Kumagai Y. Covalent modification of protein tyrosine phosphatase 1B by 1,2-naphthoquinone. 14th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM) (Washington, DC), 2007

2006

国内学会
  1. Sang Woon Chung、本山ユミ、亀田貴之、鳥羽陽、熊谷嘉人、Hae Young Chung, 早川和一. 5-Lipoxygenase (5-LO) mediates in the acenaphthenequinone (AcQ)-induced ROS generation and NF-κB activation in A549 cells. フォーラム2006 衛生薬学・環境トキシコロジー,2006年
  2. 新開泰弘、角大悟、熊谷嘉人. ヒ素の細胞内蓄積とそれに起因する細胞毒性におけるアクアポリン9の役割. フォーラム2006 衛生薬学・環境トキシコロジー,2006年
  3. 岩本典子、角大悟、石井剛志、熊澤茂則、内田浩二、山野茂、熊谷嘉人. 大気汚染物質のケミカルバイオロジー(その2):1,2-ナフトキノンはHis25、Cys-121およびHis-214を介してPTP1Bに共有結合しEGFRのリン酸化を亢進する. フォーラム2006 衛生薬学・環境トキシコロジー,2006年
  4. 秋森雅子、角大悟、熊谷嘉人. 大気汚染物質のケミカルバイオロジー(その1):1,2-ナフトキノンはIKKβとの共有結合を介してLPS依存性NF-κBシグナルを抑制する. フォーラム2006 衛生薬学・環境トキシコロジー,2006年
  5. 沼澤由美子、角大悟、新開泰弘、熊谷嘉人. 内在性多環芳香族炭化水素カテコールによるヒ素の細胞毒性軽減 : 転写因子Nrf2活性化の関与. フォーラム2006 衛生薬学・環境トキシコロジー,2006年
  6. 高山尚之、岩本典子、角大悟、熊谷嘉人. 大気汚染物質のケミカルバイオロジー(その3):A549細胞において1,2-ナフトキノンと共有結合する12 kDaタンパク質. フォーラム2006 衛生薬学・環境トキシコロジー,2006年
  7. 三浦高、岩本典子、新開泰弘、角大悟、早川和一、熊谷嘉人. 大気汚染物質のケミカルバイオロジー (その4):ナフタレンの活性代謝物 1,2-ナフトキノンと共有結合する細胞内タンパク質を検出する免疫化学的方法. フォーラム2006 衛生薬学・環境トキシコロジー,2006年
  8. 孫洋、角大悟、熊谷嘉人. 2,4,6-トリニトロトルエンによる内皮型一酸化窒素合成酵素のリン酸化作用の解析. 第28回日本フリーラジカル学会,2006年
  9. 岩本典子、張璧伊、山野茂、角大悟、熊谷嘉人. 1,2-ナフトキノンによるシグナル伝達経路の活性化機構. 日本薬学会 第126年会,2006年
  10. 田口恵子、熊谷嘉人. 酸化ストレスを生じる大気中微小粒子成分. 第126年会日本薬学会(大学院生シンポジウム),2006年
  11. 田口恵子、嶋田恩美、山野茂、西山貴仁、平塚明、角大悟、熊谷嘉人. 酸化ストレスを誘発する9,10-フェナントラキノンの解毒排泄機構. 日本薬学会 第126年会,2006年
国際学会
  1. Iwamoto N, Sumi D, Kumagai Y. Covalent attachment of 1,2-naphthoquinone to protein tyrosine phosphatase 1B causes conformational alteration, resulting in loss of its activity: A possible mechanism for transactivation of epidermal growth factor receptor. Society for Free Radical Research International Congress in DAVOS (スイス), 2006年
  2. Taguchi K, Kumagai Y. Glucuronidation as a metabolic pathway terminating redox cycling of 9,10-phenanthraquinone associated with oxidative stress. Society of Toxicology's 45th Annual Meeting (San Diego) , 2006年

学会発表(2001-2005

このページの先頭へ