本文へスキップ
Environmental Biology Laboratory Faculty of Medicine University of Tsukuba
環境生物学研究室
Environmental Biology Laboratory 
Faculty of Medicine University of Tsukuba
1-1-1 Tennodai, Tsukuba Ibaraki,
305-8575, Japan

Japanese

Conference Presentation

2015

Domestic Conference
  1. 新開泰弘、中井由実、熊谷嘉人. トリニトロトルエンの脱ニトロ化反応におけるNADPH-チトクロムP450還元酵素の役割. 第88回日本生化学会大会、2015年
  2. 井田智章、居原秀、魏范研、富澤一仁、長尾翌手可、鈴木勉、熊谷嘉人、澤智裕、笠松真吾、本橋ほづみ、赤池孝章. タンパク質ポリサルファ化の分子メカニズムの解明. 第88回日本生化学会大会、2015年
  3. 藤井重元、笠松真吾、居原秀、津々木博康、石崎健勝、井田智章、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章. 有機水銀の神経毒性発現における8-ニトロ-cGMPの役割と活性イオウ分子による制御. 第88回日本生化学会大会、2015年
  4. 赤司壮一郎、笠松真吾、ジョンミンギョン、松永哲郎、井田智章、藤井重元、澤智裕、熊谷嘉人、本橋ほづみ、赤池孝章. タンパク質poly-S-グアニル化を介した親電子シグナルの可逆的制御. 第88回日本生化学会大会、2015年
  5. 石井功、中埜信太郎、新村健、玉城香代子、菱木貴子、赤星軌征、井田智章、中西豪、鎌田祥太郎、熊谷嘉人、赤池孝章、福田恵一、佐野元昭、末松誠. 心虚血再灌流障害におけるホモシステインの新規作用機序. 第88回日本生化学会大会、2015年
  6. 新開泰弘. 環境化学物質の生体内運命とそれに対する防御応答の分子機構. 衛生薬学・環境トキシコロジー、2015年(部会賞・金原賞受賞講演)
  7. 新開泰弘、中井由美、熊谷嘉人. NADPH- チトクロムP450還元酵素による2,4,6- トリニトロトエンの脱ニトロ化反応機構の解明. 衛生薬学・環境トキシコロジー、2015年
  8. 安孫子ユミ、Luong Cong Nho、熊谷嘉人. 親電子性キノン化合物によるタンパク質修飾のBiotin-(PEAC)5-maleimide-ELISA を用いた検出. 衛生薬学・環境トキシコロジー、2015年
  9. 秋山雅博、外山喬士、吉田映子、鵜木隆光安孫子ユミ新開泰弘熊谷嘉人. メチル水銀露による健康リスクに対する活性イオウ分子の役割. 衛生薬学・環境トキシコロジー、2015年
  10. Luong Cong Nho、安孫子ユミ熊谷嘉人. A431細胞における9,10- フェナントラキノン曝露により生じる活性酸素種によるEGFR/ERK シグナルの活性化. 衛生薬学・環境トキシコロジー、2015年
  11. 増田章、新開泰弘熊谷嘉人. カドミウムの防御応答に関わるHSP/HSF1経路の活性化と活性イオウ分子によるその制御. 衛生薬学・環境トキシコロジー、2015年
  12. 新開泰弘鵜木隆光、鍜冶利幸、熊谷嘉人. カドミウムによる親電子シグナル伝達経路の活性化と活性イオウ分子による修飾. 第10回メタルバイオサイエンス研究会、2015年
  13. 安孫子ユミ、吉田映子、熊谷嘉人. メチル水銀による活性イオウ分子の捕獲とそれに伴う生体内レドックスホメオスタシスの変動. 第10回メタルバイオサイエンス研究会、2015年
  14. 石井功、安孫子ユミ、鎌田祥太郎、熊谷嘉人. システイン・活性イオウ分子産生酵素CSEのアセトアミノフェン肝障害における保護的役割. 第42回日本毒性学会学術年会、2015年
  15. 新開泰弘、三浦高、掛橋秀直、赤池孝章、熊谷嘉人活性イオウ分子と酸化ストレスが介在する1,2-ナフトキノンによる可逆的なKeap1-Nrf2経路の活性化.第42回日本毒性学会学術年会、2015年
  16. 安孫子ユミ、Nho Cong Luong、熊谷嘉人. Biotin-(PEAC)5-maleimide-ELISAを用いた親電子性キノン化合物によるタンパク質修飾の簡便アッセイの提案. 第42回日本毒性学会学術年会、2015年
  17. 鵜木隆光新開泰弘熊谷嘉人. 活性イオウ分子Na2S4はイオウ付加体形成を通じて1,4-NQによる細胞毒性を軽減する. 第42回日本毒性学会学術年会、2015年
  18. 秋山雅博、外山喬士、吉田映子、鵜木隆光安孫子ユミ新開泰弘熊谷嘉人. 生体内でのメチル水銀解毒代謝におけるCSEの役割. 第42回日本毒性学会学術年会、2015年
  19. 井田智章、居原 秀、澤 智裕、土屋幸弘、渡邊泰男、藤井重元、熊谷嘉人、本橋ほづみ、赤池孝章. 活性システインパースルフィドのメタボロミクスとプロテオミクス. 第68回日本酸化ストレス学会学術集会, 2015年
  20. 赤司壮一郎、笠松真吾、Jung Minkyung、松永哲郎、井田智章、藤井重元、本橋ほづみ、澤 智裕、熊谷嘉人、赤池孝章. タンパク質S-ポリチオール化による親電子シグナル制御. 第68回日本酸化ストレス学会学術集会, 2015年
  21. 安孫子ユミ、溝河真衣、里見綾香、熊谷嘉人. Corianderum sativum L.葉抽出液に含有される脂肪族親電子物質によるシグナル伝達の変動 その1:Keap1/Nrf2 システムの活性化と脂肪族親電子物質の同定. 第14回分子予防環境医学研究会大会, 2015年
  22. 里見綾香、安孫子ユミ、溝河真衣、熊谷嘉人. Corianderum sativum L.葉抽出液に含有される脂肪族親電子物質によるシグナル伝達の変動 その2:ヒ素の細胞毒性軽減と炎症シグナル抑制作用. 第14回分子予防環境医学研究会大会, 2015年
International Conference
  1. Kumagai Y, Abiko Y, Yoshida E. Glutathione adduct of methylmercury activates Nrf2 through covalent modification of Keap1in SH-SY5Y Cells. 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies. (Hawaii, USA) 2015年
  2. Shinkai Y, Miura T, Kakehashi H, Akaike T, Kumagai Y. Reactive sulfur species and reactive oxygen species-mediated reversible activation of the Keap1-Nrf2 pathway by 1,2-napthoquinone. The 7th International Congress of Asian Society of Toxicology (Jeju, Korea) 2015年
  3. Abiko Y, Yoshida E, Kumagai Y. Methylmercury glutathione adduct activates Nrf2 through S-transmercuration to Keap1 in SH-SY5Y cells. The 7th International Congress of Asian Society of Toxicology (Jeju, Korea) 2015年
  4. Abiko Y, Mizokawa M, Kumagai Y. Suppression of arsenite-induced cytotoxicity and activation of Nrf2 by aliphatic electrophiles from Coriandrum sativum L. leaf extract in HepG2 cells. Society of Toxicology 54th Annual Meeting (San Diego, USA) 2015年
  5. Shinkai Y, Miura T, Kakehashi H, Akaike T, Kumagai Y. Reactive sulfur species-mediated activation of the Keap1-Nrf2 pathway by 1,2-napthoquinone through sulfenic acids formation under oxidative stress. Society of Toxicology 54th Annual Meeting (San Diego, USA) 2015年
  6. Kumagai Y, Shinkai Y, Schopfer F. J., Akaike T, Freeman B. A. Sulfur adducts formation during interaction of nitro-oleic acid with polysulfides. Gordon Research Conference (Ventura, USA) 2015年

2014

Domestic Conference
  1. 新開泰弘、三浦高、掛橋秀直、赤池孝章、熊谷嘉人. 活性イオウ分子と活性酸素種が介在する可逆的な親電子シグナルの活性化. 第87回日本生化学会大会,2014年
  2. 赤司壮一郎、Jung Minkyung、松永哲郎、井田智章、藤井重元、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章. 8-ニトロ-cGMPによる新規タンパク質翻訳後修飾poly-S-グアニル化の検出法の確立.第87回日本生化学会大会, 2014年
  3. 井田智章、澤智裕、居原秀、土屋幸弘、渡邊泰男、熊谷嘉人、末松誠、本橋ほづみ、藤井重元、松永哲郎、山本雅之、Xian Ming、Fukuto Jon、赤池孝章. 活性システインパーサルファイドとS-ポリチオレーションが酸化ストレスを制御する.第87回日本生化学会大会, 2014年
  4. 新開泰弘、三浦高、掛橋秀直、赤池孝章、熊谷嘉人. 活性イオウ分子と酸化ストレスを介した 1,2-ナフトキノンによる親電子シグナルの活性化.衛生薬学・環境トキシコロジー,2014年
  5. 安孫子ユミ、溝川真衣、熊谷嘉人. HepG2細胞における Coriandrum sativum L. 葉抽出液中の脂肪族親電子物質による無機三価ヒ素細胞毒性の軽減. 衛生薬学・環境トキシコロジー,2014年
  6. 外山喬士、熊谷嘉人、鍜冶利幸、赤池孝章、西田基宏. メチル水銀による心臓リスク増大の分子メカニズム. 衛生薬学・環境トキシコロジー,2014年
  7. 新開泰弘、吉田映子、Bruce A. FREEMAN、西田基宏、澤 智裕、赤池孝章、熊谷嘉人. 活性イオウ分子産生酵素シスタチオニンβシンターゼによる親電子シグナル伝達系の制御. 第41回日本毒性学会学術年会,2014年
  8. 安孫子ユミ、溝河真衣、熊谷嘉人. 転写因子Nrf2の活性化を生じるCoriandrum sativum L.葉抽出物に含有される脂肪族親電子物質の実態解明. 第41回日本毒性学会学術年会,2014年
  9. 熊谷嘉人、吉田映子、新開泰弘、石井功、赤池孝章. Bismethylmercury sulfideアッセイを用いた活性イオウ分子を分子内に有するタンパク質の同定. 第14回日本NO学会学術集会,2014年
  10. 安孫子ユミ、Puga Alvaro、熊谷嘉人. 芳香族炭化水素キノン類による芳香族炭化水素受容体の活性化. 第13回分子予防環境医学研究会,2014年
International Conference
  1. Kumagai Y. Reactive sulfur species-mediated activation of the Keap1-Nrf2 pathway by an electrophile through sulfenic acids formation under oxidative stress. SFRBM 21st Annual Meeting (Seattle, USA) 2014年
  2. Kumagai Y, Yoshida E, Shinkai Y, Fukuto JM, Akaike T. Role of reactive sulfur species in detoxification of methylmercury: Phase zero reaction for electrophile trapping and detoxification. 8th International Nitric Oxide Conference & 6th International Nitrite/Nitrate Conference(Cleveland, USA) 2014年
  3. Shinkai Y, Nakajima S, Eiguren-Fernandez A, Stefano ED, Schmitz DA, Froines JR, Cho AK, Kumagai Y. Ambient Vaper Samples Acrivate the Nrf2-ARE Pathway but Not an Inflammatory Response in Human Bronchial Epithelial BEAS-2B Cells. S​ociety of Toxicology 53th Annual Meeting (Phoenix, USA) 2014年
  4. Hirose R, Miura T, Sha R, Shinkai Y, Tanaka-Kagawa T, Kumagai Y. Proteomics Analysis to Identify Sensor Proteins with Covalent Modification Associated with 1,4-Naphthoquinone-Induced Activation of Electrophilic Signal Transduction Pathways. Society of Toxicology 53th Annual Meeting (Phoenix, USA) 2014年
  5. Yoshida E, Toyama T, Kumagai Y. Role of Reactive Sulfur Species in Reduction of Methylmercury Toxicity In Vitro and In Vivo. Society of Toxicology 53th Annual Meeting (Phoenix, USA) 2014年
  6. Abiko Y, Kumagai Y. Regulation of Covalent Modification of 2-Tert-Butyl-1,4-Benzoquinone to Keap1 through Glutathione-Mediated S-Transarylation. Society of Toxicology 53th Annual Meeting (Phoenix, USA) 2014年
  7. Abiko Y, Mizokawa M, Kumagai Y. Identification of phytochemicals from Coriandrum sativum L. leaf extract to activate Nrf2 through electrophilic modification of the 2-alkenal group. The Environmental Response Ⅳ(仙台)2014年
  8. Shinkai Y, Kaji T, Kumagai Y. Activation of Nrf1/ARE pathway by cadmium in vascular endothelial cells. The Environmental Response Ⅳ(仙台)2014年

2013

Domestic Conference
  1. 安孫子ユミ. 親電子修飾を介したAhR-XRE経路の活性化. 第30回臨床フリーラジカル会議,2013年
  2. 安孫子ユミ、溝川真衣、熊谷嘉人. Coriandrum sativum L.葉抽出物に含有される脂肪族親電子物質による無機三価ヒ素の細胞毒性軽減. 第19回ヒ素シンポジウム,2013年
  3. 新開泰弘、沙亮、熊谷嘉人. 1,4ナフトキノンは親電子修飾を介して生存シグナル制御に関わるHSF90/HSF1系を活性化する. フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー,2013年
  4. 吉田映子、熊谷嘉人. メチル水銀の解毒を制御するタンパク質由来活性イオウ分子のプロテオミクス. フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー,2013年
  5. 安孫子ユミ熊谷嘉人. グルタチオン依存的 S-トランスアリール化反応は Keap1へのtert-ブチルベンゾキノンによる化学修飾を制御する. フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー,2013年
  6. 溝河真衣、安孫子ユミ新開泰弘熊谷嘉人. 転写因子Nrf2の活性化能を有するCoriandrum sativum L. 葉抽出物に含有される脂肪族親電子物質の同定. フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー,2013年
  7. 外山喬士、矢澤亜季、鍛冶利幸、熊谷嘉人. グルタチオンによるユビキチンC末端加水分解酵素L1の親電子修飾の可逆性. フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー,2013年
  8. 原崇人、新開泰弘、山本千夏、熊谷嘉人、鍛冶利幸. 血管内皮細胞においてビグリカンの発現制御はシンデカン-4の発現を誘導する. フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー,2013年
  9. 藤江智也、中寛史、立浪忠志、山本千夏、廣岡孝志、安池修之、新開泰弘熊谷嘉人、内山 真伸、鍜冶利幸. 有機-無機ハイブリッド分子による生体防御系の活性化. 日本薬学会 第133年会,2013年
  10. 牧野堅人、西屋禎、岩脇隆夫、外山喬士、熊谷嘉人、上原孝. メチル水銀によって惹起される神経細胞死における小胞体ストレスの関与. 日本薬学会 第133年会,2013年
  11. Raluca CONTUl、古武弥一郎、佐溝茂良、外山喬士、新開泰弘熊谷嘉人、太田茂. パーキンソン病関連脳内在性テトラヒドロイソキノリン誘導体のUCH-L1に対する結合とその影響. 日本薬学会 第133年会,2013年
  12. Sha R、Shinkai YKumagai Y. Activation of Heat Shock Response during exposure of human epithelial A431 cells to an environmental electrophile, 1,4-naphthoquinone. 第12回分子予防環境医学研究会,2013年
International Conference
  1. Abiko Y, Miura T, Bui H Phuc, Shinkai Y, Kumagai Y. GSH-mediates S-Transarylation regulates covalent modification of Keap1 by tert-butylbenzoquinone. The XIII International Congress of Toxicology (Seoul) 2013年
  2. Abiko Y, Kumagai Y. Removal of 2-tert-butyl-1,4-benzoquinone from Keap1-TBQ adduct by glutathione-mediated S-transarylation. The 8th Tsukuba Medical Science Research Meeting (つくば) 2013年
  3. Yoshida E, Toyama T, Kumagai Y. Detoxification of methylmercury by hydrogen sulfide producing enzyme in vitro and in vivo. The 8th Tsukuba Medical Science Research Meeting (つくば) 2013年
  4. AbikoY, Puga A, Kumagai Y. Electrophilic Metabolites of Aromatic Hydrocarbons Cause AhR Activation and Up-Regulation of CYP1A1 in HepG2 Cells: Involvement of S-Arylation of Cellular Proteins. Society of Toxicology 52th Annual Meeting (San Antonio, USA) 2013年

2012

Domestic Conference
  1. 新開泰弘、Bruce A. Freeman、西田基宏、澤智裕、赤池孝章、熊谷嘉人. 硫化水素産生酵素シスタチオニンβシンターゼによる細胞内親電子シグナル制御. 第85回日本生化学会大会,2012年
  2. 新開泰弘、三浦高、Bruce A. Freeman、赤池孝章、熊谷嘉人. シスタチオニンβシンターゼに由来するH2S/HS-は細胞内親電子シグナルを制御する. フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー,2012年
  3. 外山喬士、 上原孝、 鍜冶利幸、 熊谷嘉人. メチル水銀のS-水銀化を介したPI3K/Akt/CREBシグナル伝達の模倣および撹乱. フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー,2012年
  4. 吉田映子、熊谷嘉人. メチル水銀のグルタチオン結合体によるタンパク質のS-トランス水銀化の実態解明. フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー,2012 年
  5. 片山祐子、 外山喬士、 熊谷嘉人. メチル水銀の標的タンパク質の探索:S-水銀化を介したUCH-L1の機能破綻とそれに伴う細胞内モノユビキチン量の変動. フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー,2012年
  6. 掛橋秀直、 新開泰弘熊谷嘉人. マウス初代肝細胞における環境中親電子リガンド1,2-ナフトキノンのグルタチオン抱合体の意外な細胞内運命. フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー,2012年
  7. 外山喬士、矢澤亜季、三浦高、掛橋秀直、片山祐子、鍜冶利幸、熊谷嘉人. グルタチオンは1,2-NQによる UCH-L1の化学修飾をS-トランスアリール化により解除する. 第39回日本毒性学会学術年会,2012年
  8. 神田洋紀、外山喬士、熊谷嘉人. メチル水銀によるタンパク質のS-水銀化とそれに伴う機能破綻. 第39回日本毒性学会学術年会,2012年
  9. 新開泰弘. 環境中親電子物質の細胞内運命. 第28回臨床フリーラジカル会議, 2012年
International Conference
  1. Toyama T, Yazawa A, Miura T, Kakehashi H, Katayama Y, Kaji T, Kumagai Y. Glutathione releases S-arylation of ubiquitin carboxyl-terminal hydrolase L1 by 1,2-naphthoquinone; evidence for S-transarylation reaction. The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology(仙台)2012年
  2. Yoshida E, Toyama T, Shinkai Y, Kumagai Y. Bismethylmercury sulfide as a novel detoxificated metabolite of methylmercury in mammalian cells. The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (仙台) 2012年
  3. Abiko Y, Miura T, Bui H Phuc, Shinkai Y, Kumagai Y. Activation of Nrf2 caused by tert-butylbenzoquinone, a metabolite of butylated hydroxyanisole, requires electrophilic modification of Keap1 through its reactivethiols. The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology(仙台)2012年
  4. Kumagai Y, Shinkai Y, Miura T, Freeman BA, Nishida M, Sawa T, Akaike T. Negative regulation of CBS to generate hydrogen sulfide on activation of an electrophilic signaling in human epithelial A431 cells. The 33rd Naito Conference on Oxygen, Oxidative Stress and Diseases(札幌)2012年
  5. Shinkai Y, Miura T, Kakehashi H, Kumagai Y. Oxygen-mediated secondary electrophilic modification of Keap1 associated with Nrf2 activation by 1,2-NQ-SH adduct during interaction of 1,2-NQ with hydrogen sulfide. The 33rd Naito Conference on Oxygen, Oxidative Stress and Diseases(札幌)2012年
  6. Yoshida E, Toyama T, Shinkai Y, Kumagai Y. Novel Detoxification Pathway of Methylmercury Mediated by the Cellular Enzymes Producing Hydrogen Sulfide in Mammalian Cells. UK-Japan Research Symposium. Molecular Mechanisms of Stress Response in Disease(つくば)2012年
  7. Abiko Y, Miura T, Bui H Phuc, Shinkai Y, Kumagai Y. Activation of Nrf2 by tert-Butylbenzoquinone, an Electrophilic Metabolite of Butylated Hydroxyanisol, through Covalent Modification of Keap1 at Reactive Thiols. UK-Japan Research Symposium. Molecular Mechanisms of Stress Response in Disease(つくば)2012年
  8. Yoshida E, Toyama T, Shinkai Y, Kumagai Y. Inactivation of methylmercury by hydrogen sulfide producing enzyme in mammalian cells. Society of Toxicology 51th Annual Meeting (San Francisco, USA) 2012年

2011

Domestic Conference
  1. 新開泰弘、伊藤友里、山本千夏、鍜冶利幸、熊谷嘉人. カドミウムによる転写因子Nrf1の活性化とそれを介した細胞の適応機構. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会,2011年
  2. 吉田映子、外山喬士、新開泰弘熊谷嘉人. メチル水銀の解毒防御因子としての硫化水素. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会,2011年
  3. 藤江智也、中寛史、立浪忠志、山本千夏、廣岡孝志、 安池修之、新開泰弘熊谷嘉人、内山真伸、鍜冶利幸. ハイブリッド分子による血管内皮細胞のNrf2およびメタロチオネインの発現誘導. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会,2011年
  4. 新開泰弘、角大悟、外山喬士、熊谷嘉人. アクアポリン9はマウス初代肝細胞においてヒ素の細胞内蓄積とそれに伴う細胞毒性に関与する. 第17回ヒ素シンポジウム,2011年
  5. 藤江智也、中寛史、立浪忠志、山本千夏、廣岡孝志、 安池修之、新開泰弘熊谷嘉人、内山真伸、鍜冶利幸. 血管内皮細胞においてNrf2を活性化しメタロチオネインを誘導する銅錯体. フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー,2011年
  6. 外山喬士、神田洋紀、新開泰弘熊谷嘉人. メチル水銀によるS-水銀化を介したソルビトール脱水素酵素の機能破綻. フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー,2011年
  7. 三浦高、掛橋秀直、新開泰弘熊谷嘉人. グルタチオンの新たな機能:大気中親電子物質による細胞内タンパク質の化学修飾制御に係わるS-トランスアリール化. フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー,2011年
  8. 広瀬玲子、三浦高、新開泰弘、香川(田中)聡子、神野透人、熊谷嘉人. 大気親電子物質1,4-ナフトキノンによるタンパク質の化学修飾を検出する免疫化学的手法の開発. フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー,2011年
  9. 安孫子ユミ熊谷嘉人. ブチルヒトロキシアニソールの親電子代謝物による芳香族炭化水素受容体の活性化. フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー,2011年
  10. 吉田映子、外山喬士、新開泰弘熊谷嘉人. 哺乳類における硫化水素産生酵素が係わるメチル水銀の新奇解毒代謝物(MeHg)2S. フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー,2011年
  11. 伊藤友里、新開泰弘、山本千夏、鍜冶利幸、熊谷嘉人. カドミウムによる親電子物質応答配列を介した転写因子Nrf1の活性化. フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー,2011年
  12. 安孫子ユミ、岩本典子、Bui Hoang Phuc、新開泰弘熊谷嘉人. ブチルヒドロキシアニソールで生じるNrf2活性化はその親電子代謝物によるKeap1の化学修飾が関与する. 第38回日本トキシコロジー学会学術集会,2011年
  13. 小野勝彦、居原 秀、三浦 高、澤 智裕、熊谷嘉人、赤池孝章. 8-Nitro-cGMPによるGAPDHの酸化的不活性化の促進. 第11回日本NO学会学術集会,2011年
  14. 安孫子ユミ新開泰弘、角 大悟、熊谷嘉人. HepG2細胞においてNrf2/HO-1シグナルの活性化はヒ素の毒性の軽減に関与する. ヒ素シンポジウム,2011年
  15. 熊谷嘉人、外山喬士、新開泰弘、角大悟、山本雅之. Keap1/Nrf2 システムを介したメチル水銀に対する生体応答・毒性防御. 第10回分子予防環境医学研究会,2011年
International Conference
  1. Shinkai Y, Kumagai Y, Kimura T, Yamamoto C, Yamamoto M, Jinno H, Tanaka-Kagawa T, Kaji T. The Keap1-Nrf2 system regulates metallothionein expression and protects vascular endothelial cells from cadmium cytotoxicity. Society of Toxicology 50th Annual Meeting (Washington DC, USA) 2011年
  2. Miura T, Egara Y, Hirose R, Iwamoto N, Shinkai Y, Jinno H, Tanaka-Kagawa T, Cho AK, Kumagai Y. Mechanisms by which glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase protects itself against a chemical modification. Society of Toxicology 50th Annual Meeting (Washington DC, USA) 2011年
  3. Yoshida E, Toyama T, Shinkai Y, Kumagai Y. Detoxification of methylmercury by hydrogen sulfide producing enzyme in mammalian cells. The 6th Tsukuba Medical Science Research Meeting (つくば) 2011年
  4. Abiko Y, Miura T, Bui H Phuc, Shinkai Y, Kumagai Y. Contribution of covalent modification of Keap1 to the activation of Nrf2 by tert-butylbenzoquinone, an electrophilic metabolite of butylated hydroxyanisole. The 6th Tsukuba Medical Science Research Meeting (つくば) 2011年

2006-2010

RETURN TO TOP