本文へスキップ
筑波大学 医学医療系 環境生物学研究室
環境生物学研究室
〒305-8575 
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学医学医療系 
環境生物学研究室
TEL:029-853-3297

English

学会発表

2017

国内学会
  1. 新開泰弘秋山雅博鵜木隆光、石井功、熊谷嘉人活性イオウ分子はカドミウムの不活性化を介して生体応答および肝毒性の惹起を負に制御する.フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー、2017年
  2. Abiko Y, Kumagai Y. Environmental electrophiles activate redox signaling transduction pathways through covalent modification of sensor proteins.フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー 日韓次世代シンポジウム、2017年
  3. 安孫子ユミ、中井由実、Luong Cong Nho、熊谷嘉人環境中電子受容体とパースルフィドとの反応で生じるパーチイルラジカル.フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー、2017年
  4. 鵜木隆光安孫子ユミ新開泰弘広瀬玲子、上原孝、熊谷嘉人. ポリスルフィドNa2S4はイオウ付加体形成を通じて1,4-NQによる PTEN/ Akt/CREB シグナルの活性化と細胞毒性を抑制する.フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー、2017年
  5. 秋山雅博、蕨栄治、鵜木隆光新開泰弘、赤池孝章、熊谷嘉人CSE 欠損による親電子ストレスに対する感受性増強と CSE 高発現による還元 ストレスに対する生体応答.フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー、2017年
  6. Luong Cong Nho、安孫子ユミ熊谷嘉人9,10- フェナントラキノンにより生じた活性酸素種によるプロテインチロシンフォスファターゼ活性阻害に対するパースルフィドおよびポリスルフィドの保護効果.フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー、2017年
  7. 新開泰弘秋山雅博鵜木隆光、石井功、熊谷嘉人活性イオウ分子によるカドミウムの不活性化を介した肝毒性および生体応答の制御.第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  8. 安孫子ユミ新開泰弘鵜木隆光広瀬玲子、上原孝、熊谷嘉人ポリサルファイドモデル化合物Na2S4は1,4-NQ曝露によるPTEN/Akt/CREBシグナルの活性化を抑制する.第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  9. 広瀬玲子安孫子ユミ新開泰弘鵜木隆光、土屋幸弘、渡邊泰男、 赤池孝章、熊谷 嘉人活性イオウ分子およびその産生酵素は1,4-NQ曝露によるHSP90/HSF1シグナルの活性化を抑制する.第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  10. 鵜木隆光新開泰弘、増田章、秋山雅博、Ming XIAN、熊谷嘉人カドミウムによるHSP90の化学修飾を介した転写因子HSF1の活性化と活性イオウ分子によるその制御.第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  11. 秋山雅博安孫子 ユミ熊谷嘉人マウスにおけるアクリルアミドの神経毒性に対するCSEの役割. 第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  12. Luong Cong Nho, Abiko Y, Kumagai Y. Reactive oxygen species produced from 9,10-phenanthrenequinone activate epidermal growth factor receptor signaling through oxidative modification of protein tyrosine phosphatase 1B. 第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  13. Yunjie DING、安孫子ユミ秋山雅博熊谷嘉人ビスメチル水銀スルフィドの生成を介したニンニクのヘキサン抽出成分によるメチル水銀の毒性軽減.第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  14. 片山優助、安孫子ユミ秋山雅博熊谷嘉人メチル水銀を低毒性化する食用植物中生理活性物質としてのper/polysulfides.第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  15. 仁科隆史、出口裕、三浦亮介、山﨑創、新開泰弘、小島裕子、奥村康、熊谷 嘉人親電子リガンドによるIL-11産生機構とその生体における役割の解明. 第44回日本毒性学会学術年会、2017年
  16. 新開泰弘秋山雅博鵜木隆光、石井功、熊谷嘉人活性イオウ分子を介したカドミウムの肝毒性の防御機構.第70回日本酸化ストレス学会、2017年
  17. 安孫子ユミ新開泰弘鵜木隆光広瀬怜子、上原孝、熊谷嘉人1,4-NQ曝露によるPTEN/Akt/CREBシグナルの活性化はポリサルファイドモデル化合物Na2S4により抑制される.第70回日本酸化ストレス学会、2017年
  18. 鵜木隆光新開泰弘、増田章、秋山雅博、Xian Ming、熊谷嘉人カドミウムによるHSP90の化学修飾を介する転写因子HSF1の活性化と活性イオウ分子によるその制御.第70回日本酸化ストレス学会、2017年
  19. 秋山雅博安孫子ユミ熊谷嘉人マウスにおけるアクリルアミドの神経毒性に対する活性イオウ分子の役割.第70回日本酸化ストレス学会、2017年
  20. 熊谷嘉人. レドックスシグナル伝達の可逆性担保における活性イオウ分子の役割. 第4回新学術領域研究「酸素生物学」全体班会議・公開シンポジウム、2017年
  21. 安孫子ユミ、石井功、鎌田祥太郎、土屋幸弘、渡邊泰男、居原秀、赤池孝章、熊谷嘉人. アセトアミノフェン投与マウスにおけるアセトアミノフェンーイオウ付加体:新しい解毒機構. 第16回分子予防環境医学研究会、2017年

2016

国内学会
  1. 新開泰弘熊谷嘉人. NADPH- チトクロムP450 還元酵素による2,4,6- トリニトロトルエンの脱ニトロ化代謝反応. 環境ホルモン学会第19回研究発表会、2016年
  2. 安孫子ユミ、溝河真衣、里見綾香、熊谷嘉人. Coriandrum sativum L.葉抽出液中の脂肪族親電子物質によるNrf2活性化 および無機三価ヒ素の細胞毒性軽減. 第22回ヒ素シンポジウム、2016年
  3. 新開泰弘秋山雅博鵜木隆光、井田智章、赤池孝章、熊谷嘉人. 親電子プローブを用いたMRM-MS による生体試料中の活性イオウ分子の定量法の構築. フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー、2016年
  4. 安孫子ユミ、石井功、鎌田祥太郎、土屋幸弘、渡邊泰男、居原秀、赤池孝章、熊谷嘉人. アセトアミノフェンの新規イオウ付加体の同定. フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー、2016年
  5. 秋山雅博安孫子ユミ新開泰弘鵜木隆光、Ding Yunjie、外山喬士、吉田映子、熊谷嘉人. Cystathionine gamma-lyase はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である. フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー、2016年
  6. 鵜木隆光安孫子ユミ、外山喬士、上原孝、坪井康次、西田基宏、鍜冶利幸、熊谷嘉人. 親電子物質による生体影響の二面性:SH-SY5Y 細胞におけるメチル水銀曝露により生じるAkt/CREB/Bcl-2 経路の活性化と破綻. フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー、2016年
  7. Luong CN, Abiko Y, Kumagai Y. Paraquat-generated reactive oxygen species activate epidermal growth factor receptor signaling pathway in A431 cells. フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー、2016年
  8. 新開泰弘秋山雅博鵜木隆光熊谷嘉人. カドミウムの肝毒性に対する活性イオウ分子の防御的役割. オルガネラ研究会2016、2016年
  9. 新開泰弘、増田章、熊谷嘉人. カドミウムによるHSP90の化学修飾を介した転写因子HSF1の活性化とその防御的役割. 第43回日本毒性学会学術年会、2016年
  10. 安孫子ユミ、石井功、鎌田祥太郎、土屋幸弘、渡邊泰男、居原秀、赤池孝章、熊谷嘉人. アセトアミノフェンの新規代謝経路:イオウ付加体の同定. 第43回日本毒性学会学術年会、2016年
  11. 鵜木隆光新開泰弘、沙亮、広瀬玲子熊谷嘉人. 1,4-ナフトキノンによるHSF90/HSF1経路の活性化と活性イオウ分子によるその制御. 第43回日本毒性学会学術年会、2016年
  12. 秋山雅博、外山喬士、吉田映子、鵜木隆光安孫子ユミ新開泰弘熊谷嘉人. メチル水銀曝露による健康リスクを制御する活性イオウ分子の役割. 第43回日本毒性学会学術年会、2016年
  13. 安孫子ユミ 、吉田映子、熊谷嘉人. メチル水銀による活性イオウ分子の捕獲. 第15回分子予防環境医学研究会大会、2016年
  14. 鵜木隆光新開泰弘秋山雅博熊谷嘉人. 活性イオウ分子によるカドミウムの毒性防御. 第32回臨床フリーラジカル会議、2016年
  15. 安孫子ユミ新開泰弘熊谷嘉人. 親電子・活性イオウ分子付加体の化学と解析法. 新学術領域研究 「酸素生物学」 第3技術支援セミナー、2016年
  16. 安孫子ユミ. メチル水銀と活性イオウ分子との反応により生じるビスメチル水銀サルファイド. メチル水銀研究ミーティング、2016年
  17. 秋山雅博. メチル水銀に対する新奇リスク軽減因子としての活性イオウ分子. メチル水銀研究ミーティング、2016年
国際学会
  1. Abiko Y, Yoshida E, Ishii I, Fukuto JM, Akaike T, Kumagai Y. Capture of methylmercury by persulfides to form bismethylmercury sulfide. IUTOX2016 XIV International Congress of Toxicology and X Mexican Congress of Toxicology (Merida, Mexico) 2016年
  2. Unoki T, Shinkai Y, Sha L, Hirose R, Kumagai Y. 1,4-Naphthoquinone-mediated activation of the HSP90/HSF1 signal transduction pathway and its negative regulation by reactive sulfur species in human A431 cells. IUTOX2016 XIV International Congress of Toxicology and X Mexican Congress of Toxicology (Merida, Mexico) 2016年
  3. Kumagai Y, Unoki T, Abiko Y, Toyama T. Methylmercury activates and disrupts the Akt/CREB/Bcl-2 signal transduction pathway in SH-SYSY cells. The 52nd European Congress of the European Societies of Toxicology (Seville, Spain) 2016年
  4. Hirose R, Unoki T, Abiko Y, Shinkai Y, Sha R, Kumagai Y. An atmospheric electrophile activates heat shock factor 1 through S-arylation of heat shock protein 90. The 52nd European Congress of the European Societies of Toxicology (Seville, Spain) 2016年
  5. Kumagai Y. The phase-zero reaction: capture of electrophiles mediated by reactive sulfur species. Gordon Research Conference (Stowe, USA) 2016年
  6. Shinkai Y, Kikuchi T, Kumagai Y. NADPH-cytochrome P450 reductase as a denitrase of 2,4,6-trinitrotoluene. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry , and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan (仙台)2016年
  7. Abiko Y, Yoshida E, Ishii I, Fukuto JM, Akaike T, Kumagai Y. Capture of reactive sulfur species by methylmercury to form bismethylmercury sulfide: Implication of the disruptionof redox homeostasis. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry , and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan (仙台)2016年
  8. Akiyama M, Toyama T, Yoshida E, Unoki T, Abiko Y, Shinkai Y, Kumagai Y. Role of reactive sulfur species as a key molecule to diminish toxicity of the environmental electrophile in mice. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry , and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan (仙台)2016年
  9. Unoki T, Shinkai Y, Abiko Y, Hirose R, Kumagai Y. Sodium tetrasulfide, a reactive sulfur species, protects cells from 1,4-naphthoquinone induced cytotoxicity through sulfur adduct formation. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry , and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan (仙台)2016年
  10. Ida T, Ihara H, Wei F, Tomozawa K, Kasamatsu S, Morita M, Matsunaga T, Kumagai Y, Sawa T, Motohashi H, Fujii S, Akaike T. Translation-coupled protein polysulfuration, a unique biosynthesis pathway of cysteine persulfide. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry , and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan (仙台)2016年
  11. Akashi S, Kasamatsu S, Jung M, Matsunaga T, Ida T, Fujii S, Sawa T, Kumagai Y, Motohashi H, Akaike T. Protein poly-S-guanylation: Reversible post-translational modification regulated by protein polysulfur and 8-nitrocGMP. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry , and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan (仙台)2016年
  12. Warabi E, Kumagai Y. Generation of cystathionine γ-lyase overexpressing Tg mouse. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry , and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan (仙台)2016年
  13. Shinkai Y, Kikuchi T, Kumagai Y. NADPH-cytochrome P450 reductase- mediated denitration reaction of 2,4,6-trinitrotoluene to yield nitrite in mammals. Society of Toxicology 55th Annual Meeting (New Orleans, USA) 2016年
  14. Unoki T, Shinkai Y, Sha L, Kumagai Y. 1,4-naphthoquinone-mediated activation of the HSP90/HSF1 signal transduction pathway and its modulation by reactive sulfur species in human A431 cells. Society of Toxicology 55th Annual Meeting (New Orleans, USA) 2016年
  15. Hirose R, Unoki T, Shinkai Y, Abiko Y, Kumagai Y. Protective effect of sodium tetrasulfide on covalent modification of cellular proteins and cellular toxicity mediated by 1,4-naphthoquinone, an atmospheric electrophile. Society of Toxicology 55th Annual Meeting (New Orleans, USA) 2016年
  16. Akiyama M, Toyama T, Yoshida E, Unoki T, Abiko Y, Shinkai Y, Kumagai Y. Role of cystathionine gamma-lyase in the health risks of methylmercury. Society of Toxicology 55th Annual Meeting (New Orleans, USA) 2016年
  17. Abiko Y, Yoshida E, Kumagai Y. Activation of Nrf2 through S-transmerculation of methylmercury glutathione adduct to Keap1 in SH-SY5Y cells. Society of Toxicology 55th Annual Meeting (New Orleans, USA) 2016年

学会発表(2011-2015

このページの先頭へ