本文へスキップ
筑波大学 医学医療系 環境生物学研究室
環境生物学研究室
〒305-8575 
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学医学医療系 
環境生物学研究室
TEL:029-853-3297

English

研究の動機

環境リスクの軽減による予防医学
〜環境中親電子物質によるシグナル伝達変動とその制御機構の解明〜

 環境生物学研究室にようこそ。当研究室を主宰している医学医療系の熊谷です。現在、私たちを取り巻く環境および食品中には多種多様な反応性の高い化学物質(環境中親電子物質)が存在しており、それらは生体内高分子と相互作用し恒常性の維持に影響することから、その曝露および摂取による健康リスクの上昇が危惧されています(図1)。そのため環境中親電子物質による健康リスクを軽減させることは病気の発症リスクを下げることに繋がると考えられます。一方、私たち生体には環境の変化に的確に応答し、恒常性を維持する様々なシグナル伝達経路が存在します。つまり、侵入してきた環境中親電子物質に対して、それを感知・応答する生体システムがあり、そのシグナル伝達の破綻が健康リスクの上昇に繋がります(図2)。このことは環境中親電子物質による健康リスクが生体応答の幅(図2黄色矢印)に支配されおり、この幅を広げる事で健康リスクを軽減出来ると考えています。これらの事から現在、我々は大きく2つの課題に取り組んでいます。1つは環境中親電子物質によって引き起こされる生体応答機構とその破綻メカニズムの解明です(図2-①)。もう1つは環境中親電子物質に対する閾値の制御メカニズムです(図2-②)。我々の研究は人々が日常的に持っている健康リスクを軽減させ、より健康的な(病気になりにくい)社会の構築に貢献できると考えています。