各種疾患領域における臨床研究を通じて、疾病制御に関するエビデンスを提示してゆきます。

生物統計学グループ

教員

  • 五所 正彦

    五所 正彦教授

    研究業績の詳細はこちら→TRIOS

    主たる研究領域は、生物統計学あるいは医学統計学と呼ばれるものです。具体的にいうと、化合物の有効性・安全性を検証・探索するための臨床試験を計画すること、臨床試験実施においてデータマネージメントを行うこと、得られたデータから適切な結論を得るための解析を行うこと、結果を整理し誤りなく報告をすること、すでに得られている医学的根拠を評価することについての統計学的問題を解決することです。また、経時測定データや生存時間データを評価・解析するための新しい統計手法の開発や、統計手法の使い分けと手法適用における注意点、などを研究課題にしています。
    筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(Tsukuba Clinical Research & Development Organization: T-CReDO)では、試験統計家の立場から、試験計画の立案、統計解析の実施、論文作成・査読対応、統計相談等の業務を通じて、医学研究を支援しています。

  • 丸尾 和司

    丸尾 和司准教授

    研究業績の詳細はこちら→TRIOS

    主な研究領域は医学統計学(あるいは生物統計学)です。臨床研究においては、デザイン、実施、データ解析のすべての過程において統計的思考・実践が必要であり、これらの過程における効率の上昇を狙った臨床試験デザイン・統計解析手法の開発を行っています。具体的には、医学データの解析における統計的変換モデルの開発及び応用や、パラメトリックな統計モデルのモデル誤特定下における推測問題を取り扱っています。 筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(Tsukuba Clinical Research & Development Organization: T-CReDO)では、試験統計家の立場から、試験計画の立案、統計解析の実施、論文作成・査読対応、統計相談等の業務を通じて、医学研究を支援しています。

学生

  • 佐藤 彩子

    佐藤 彩子博士課程 4年

    医薬品開発の経験から、臨床試験のデザインに興味を持ち研究テーマとしています。
    Adaptive designを用いた臨床試験の調査や新しいデザイン開発に関する研究を行っています。

    論文
    1. Sato A, Shimura M, Gosho M. Practical characteristics of adaptive design in phase 2 and 3 clinical trials. J Clin Pharm Ther. 2017 Aug 28. doi: 10.1111/jcpt.12617.
  • 志村 将司

    志村 将司博士課程 2年

    私の研究領域は生物統計学です。臨床試験における薬剤の有効性を正確に評価するための統計的手法の開発に興味があります。標準治療に対する試験治療の有効性を正確に推定することは、医療における意思決定では重要です。しかしながら、中間解析を伴う臨床試験において、一般的に使用される最尤推定量はバイアスを含むことが知られています。そうした状況において、治療効果を正確に推定するための統計的研究により、臨床研究に何か貢献したいと考えています。

    論文
    1. Shimura M, Maruo K, Gosho M. Conditional estimation using prior information in 2-stage group sequential designs assuming asymptotic normality when the trial terminated early. Pharmaceutical Statistics. 2018; in press.
    2. Shimura M, Gosho M, Hirakawa A. Comparison of conditional bias-adjusted estimators for interim analysis in clinical trials with survival data. Statistics in Medicine. 2017 Jun 15;36(13):2067-2080.
    3. Sato A, Shimura M, Gosho M. Practical characteristics of adaptive design in phase 2 and 3 clinical trials. Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics. 2017 Aug 28; in press.
    4. Takashima A, Shitara K, Fujitani K, Koeda K, Hara H, Nakayama N, Hironaka S, Nishikawa K, Kimura Y, Amagai K, Fujii H, Muro K, Esaki T, Choda Y, Toshimi T, Chin K, Sato A, Goto M, Fukushima N, Hara T, Machida N, Ohta M, Boku N, Shimura M, Morita S, Koizumi W. Peritoneal metastasis as a predictive factor for nab-paclitaxel in patients with pretreated advanced gastric cancer: An exploratory analysis of the phase III ABSOLUTE trial. Gastric Cancer. 2018; in press.
    5. Takahashi M, Takahashi S, Araki N, Sugiura H, Ueda T, Yonemoto T, Morioka H, Hiraga H, Hiruma T, Kunisada T, Matsumine A, Shimura M, Kawai A. Efficacy of Trabectedin in Patients With Advanced Translocation-Related Sarcomas: Pooled Analysis of Two Phase II Studies. The Oncologist. 2017 May 18;22(8):979-988.
  • 石井 亮太

    石井 亮太博士課程 1年

    私の研究領域は生物統計学です。私の関心はモデルに基づく統計的推測です。これは、統計解析において、解釈の容易な結果を与えますが、様々な仮定を必要とする制限があります。私は、このような仮定に対して頑健な手法の考察と新規の提案を進めたいと考えています。また、製薬企業にて臨床解析業務に携わっており、さまざまな疾患分野の臨床試験の計画や解析を行っています。

    論文
    1. Gosho, M., Maruo, K., Ishii, R., and Hirakawa, A. (2016). Analysis of an incomplete longitudinal composite variable using a marginalized random effects model and multiple imputation. Statistical Methods in Medical Research, doi: 10.1177/0962280216677879.
    2. Maruo, K., Tada, K., Ishii, R., and Gosho, M. (2017). An efficient procedure for calculating sample size through statistical simulations. Statistics in Biopharmaceutical Research, doi: 10.1080/19466315.2017.1349689
  • 多田 圭佑

    多田 圭佑博士1年

    私の研究は薬剤の安全性を統計学的手法を用いて評価することです。新薬が承認されるまでに行われる臨床試験のみでは安全性の評価は不十分であり、市販後臨床試験や自発報告等により薬剤の安全性情報を幅広く収集して評価を継続する必要があります。承認された薬剤数と服用する患者数の増加により、収集される情報が膨大になってきたため、効率良く情報を処理する手法が望まれています。現在はいくつかの手法が提案されており、各国の規制当局等で使用されておりますので、それらの改良を試みています。

    論文
    1. Maruo, K., Tada, K., Ishii, R., & Gosho, M. (2018). An efficient procedure for calculating sample size through statistical simulations. Statistics in Biopharmaceutical Research, 10(1), 1-8.
    2. Gosho, M., Maruo, K., Tada, K., & Hirakawa, A. (2017). Utilization of chi-square statistics for screening adverse drug-drug interactions in spontaneous reporting systems. European journal of clinical pharmacology, 73(6), 779-786.

TOP