筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

疾患制御医学専攻(一貫制博士課程)(医学の4年課程)

教育目標

生命システム医学専攻との一体化教育を取り入れながら、先端的研究者マインドを持った専門医、あるいは高度医療技術を習得した医師、研究者・教育者を育成する医学大学院教育を行う。「疾患制御医学概論」により、治療医学における課題に関して研究する方法論を習得することを可能にしており、「医学特別演習」および「医学特殊研究」により、専門研究分野における先端性を涵養する。「国際実践医学研究特論」により、世界基準で活躍するための国際性を身に付けさせる。

求める人材

本専攻は、科学者としての資質を備えることに強い意欲を持つ医師・歯科医師・臨床薬剤師の中から有資格者を選抜し、その研究者育成を行う。また疾患制御の発展に寄与しようという旺盛な意欲を持つ修士号取得者にも門戸を開き、医学研究者として育成するための候補者を選抜する。

入学者選抜方針

英語能力を評価するための筆記試験と口述試験による専門分野についての能力検定を行っている。学生自身が作成する研究計画書を提出させ、その内容に沿った口述試験を行うことで、バックグラウンドの異なる受験生にも対応している。試験を日本語および英語で行うことで留学生に対応している。

各専攻ごとのアドミッションポリシーはこちら

  • フロンティア医科学専攻のアドミッションポリシー
  • 生命システム医学専攻のアドミッションポリシー
  • 疾患制御医学専攻のアドミッションポリシー
  • 看護科学専攻のアドミッションポリシー
  • 国際連携食料健康科学専攻のアドミッションポリシー