筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

生命システム医学専攻

教育目標

疾患制御医学専攻との一体化教育を取り入れながら、医学全般に関する幅広い科目学修と自立性、コミュニケーション能力、課題発見力・解決能力を涵養する。「国際実践医学研究特論」により、世界基準で活躍するための国際性を身に付けさせる。「医科学教育実習」では、大学教員に必要な基礎的知識と技能を学ぶ。

求める人材

ヒトの生命科学の理解を基盤として、医学研究を推進することで人類の未来に貢献する強い意志を持ち、自立性、独創性、国際性を重視する専攻の基本理念を理解し、自ら積極的に学修しつづけることができる学生を求めている。

入学者選抜方針

英語能力を評価するための筆記試験と口述試験による専門分野についての能力検定を行っている、学生自身が作成する研究計画書を提出させ、その内容に沿った口述試験を行うことで、バックグラウンドの異なる受験生にも対応している。試験を日本語および英語で行うことで留学生に対応している。

各専攻ごとのアドミッションポリシーはこちら

  • フロンティア医科学専攻のアドミッションポリシー
  • 生命システム医学専攻のアドミッションポリシー
  • 疾患制御医学専攻のアドミッションポリシー
  • 看護科学専攻のアドミッションポリシー
  • 国際連携食料健康科学専攻のアドミッションポリシー